九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

カザフスタンからの着信

2020年01月04日 20時33分53秒 | Weblog

12月31日海外からの電話がかかってきたが、直ぐに切れた。

2回目、ロシア語を聞いた瞬間にSergeyからだと確信したが切れた。

3回目で、Sergeyが俺の名前を呼んで、ハローと言った後は、ロシア語で嬉しそうに話す,声のトーンで元気とわかるが、ちんぷんかんぷん。

SergeyはキルギスタンのTTチャンピオン、その力を買われカザフスタンに親を残し移り住んだ。

少しでも裕福になる為に国を変えるなんて俺達にはわからない。

家族の為に外貨を稼ぎ母国に持ち帰る指名、腹減りはチャイに砂糖を入れて紛らす、武骨で余り話さない、旧ソビエト時代の秘密主義が染みついた男だった。

ロシア語しか話せないがチームメートのオギ(モンゴル人)がロシア語が出来たので意思の疎通は出来た。

ある時ウッカを飲んで酔っ払い、一気に仲良くなって打ち解けた。(さすが酒の力)

知らない国、カザフやキルギスの事も色々聞いたし、ロシア語も習ったりした。

使わないポットがあるからプレゼントすると、自動でお湯が出るのに感激して、ホテルの廊下でお茶会を始め自慢していた。

使わなくなったユニホームや部品をあげると、自国に持って帰えって、ジュニア選手にあげるんだとバックに詰めた。

何でもある俺達は物の大切さを教わり、何でもある生活を考えさせられた。

sergeyとは自分が怪我で、レースから離れている間にカザフに帰国したから、最後がどのような状態だったかわからない。

一緒に居た、ウズベキスタンのモミノフは韓国まで一緒だったらしいが、モミノフは国に帰るお金が無いから韓国に住み着いた。

その後モミノフは連絡してきた(10年後、今は韓国語バリバリで国に帰っていない)

Sergeyはカザフに帰国して一度手紙はもらったが、その後は音信不通17年。

カザフの知り合いに所在を聞いたが皆知らないと言うから、もう連絡はつかないだろうと半ば諦めていた。

そんなSergeyは今。カザフでコーチをして選手を育てているとの事。

家族もバラバラになって無いから一安心、お互いが元気なうちに会ってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 調子の波が戻って来た | トップ | 戦争はやってはいけない »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事