九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平井栄一

2008年06月03日 21時47分56秒 | Weblog
初めて受け持ったジュニアのメンバーに平井栄一はいた。
その時のメンバーの名前が刻まれたナンバープレート、ここに名前を刻んだ少年達の数人はナショナルチームメンバー入りを決めている。
平井、この名前を数年前に俺は覚えた。ジュニアカップで逃げを決めた瞬間、こいつ良い走りするな、センス抜群だなと感じだ、これは絶対誰か指導者が居ると直感した。その少年を見るとそばに横浜ナンバーの車がとまっている、即座に師匠に電話したらやはり師匠の弟子、と言うことは俺の孫でしか。
それから数年してまさか一緒に海外遠征に行くとは思わなかった。
栄一何か元気が無く大人しいそうな感じ、大丈夫か走りとうせるかそんなんで?
それがだ、集団で落車して血だらけで倒れている平井、メカが自転車を治してスタンバイ。ここで攻撃モードに入らないとすべてが終わると思った時少年は変身した。
行くぞ平井。車を引く俺はアクセルに力が入る、速度はどんどん上がる、無線機が使えないためにメカに危険を知らせてもらいながら先頭を追う、エリートでも音を上げるトラブル後の誘導を完璧にこなして、もうすぐ追いつくと言う時に周回に路に入り集団復帰は出来なかった。
佐賀のインターハイでも逃げまくるが結果にはつながらない、でも逃げる。
アジア選手権の選考会では1次でもれ2次合宿にその姿は無かった。
なんとなく師匠には聞いていた悔しかったろ。でもそれが競技の世界だぞ自分で勝ち取るしかないんだ。ある意味プロの世界より高校生のほうが厳しい世界だ。
そして今回の全日本でチャンピオンに輝いた。
運が良かっただけですと答えた平井は今後何処まで伸びるか?もしかして素質型かもしれない。
高校の場合高校の先生の情熱と練習量で力を発揮している場合が多い、しかし一人で練習していても強い選手がちらほら居るのだ。
そいつらは多分素質型で将来伸びる可能性を秘めている、少年達よ今勝てなくても諦めるな、問題はエリートになってからが勝負だからな。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 逃げ出すつもりが | トップ | 女子レーサー »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (横浜の平井です。)
2008-06-04 21:51:06
横浜の平井です。ありがとうございます。これからも、もっと頑張ります。
Unknown (king)
2008-06-04 22:10:35
そうだ小さなチャンピオンではなく大きなチュンピオンを目指せ。
師匠から弟子に受け継がれる不屈の闘志と不屈の精神を今の内に磨き上げろ。
速度域を極限まで持っていけるように修行だ。
それがレースの要になるから。
栄一頑張って! (川辺町議会議員)
2009-07-07 23:36:33
岐阜県川辺町議会議員の桜井真茂も応援してます。

Weblog」カテゴリの最新記事