九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しらびそ高原

2010年05月25日 18時16分34秒 | Weblog
実業団ヒルクライムレースでしらびそ高原に行った。
そして試走、わずか2kmで小娘にぶっちぎられ、ひたすらクラブの山藤さんと山頂を目指す、それにしても体が重い、脂肪という荷がこんなに重いとは、そして山頂を目前にして、このまま上り続けるとまずいと考え即Uターン、後は選手たちに任せたぜと逃げをカマス、そして迷いもなく俺は、ニュートンの法則に従い弾丸のような速さで落ちていった。
半分も下ると、悲壮な顔の女が地蔵になっていた、余りの悲壮感が漂い、自殺するのではと思い声をかけたら真美ちゃんだった。
やっかいな奴に見られたと悲壮感を隠そうとするがもう遅い、おーさっさと下るぞ、このまま登り続けると天に召されるからやめとけ。心臓爆発するぞと強制的に下らせた。
下り始めると、寒さも増して手が動かない、安全に下るが弾丸には変わりがない、そして駐車場に降り立ったら頂上から電話が、パンクして寒いです、迎えに来てください、その後電話は繋がらなくなった。
瞬間的に車に飛び乗り頂上を目指そうとする視界に、地蔵の真美ちゃんの姿が見えた。
こんなに早く下りてきた?もしかして俺について下って来たのか?
登りは遅いが下りは速いじゃん?
そして俺は車で救出に向かった。寒い寒すぎる、しらびそ恐るべき、レースに出なくて良かった、色々考えながら車で登るが、今度は自分で運転する車に酔った、最悪。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« おーーー | トップ | 生きとったか »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事