ぼちぼちぽつぽつ

ブログなるものにちょうせん。
いい加減な思い付き、感想を裏付けもせず書き流します。

ごちゃ混ぜ幻想今日想局…ん、違う

2018-05-06 20:19:26 | LIVE
にゃごや~にゃごや~


金髪に軍配。
勝負事では全然ないんですが、んー二日間のパフォーマンスは金髪さん。
ホントに手弾きアレンジ、アドリブ、ミックスが揃ってハマってた。


手弾きのアドリブがメロディもコードで弾いてく時も
マイナーな感じのを重ねてくるんですけど、
それがめっちゃきまってて、カッコ良くて堪んなかったです。
LET~とかelectlic~とか
アドリブ以外のツマミプレイもさーキレッキレで、
なんなのその刻みは!とか、
グッジョブ消音とかー、
最高オブ最高だったのはBeat~(だったはず…)のアウトロ…だったはず…
音を上げていくにつれて音色
が絞られて音色が減っていくんだけど、
残った音がさー繊細な金糸みたいな音で、
それだけを細ーく残して引っ張てたんですけど(多分伝わってないとは思うが)
あのアウトロ最高だった。
シュンって消えちゃっけど蜘蛛の糸みたいだった。
あれでご飯三杯イケます。
ぬぉーーって静かに興奮してました。
でも、この時歌のお兄さんも相当良い高音艶々ロングトーンかましてた気がするんだよなぁー海馬~どんなもん?


friend~のさーハモンドオルガン(かな?)っぽい音色でさー間奏も間奏以外もさー最高にジャズってたじゃないですか。ミスタッチっぽいのも気になるの全然なかったし。たまに荒々しくねじ伏せていく時あるじゃない、名古屋ではクリアでした(多分ね)
タマランデスヨネ。
ホントに美味しい。
名古屋二日とも最高にクールにきめてました!(個人的見解)
おい、いつの間に習得したのですか?


electlic~からさーもう良かったからねー。初めからですよ。
二日目は最初に若干荒ぶり過ぎかな?とか思ったけどハマってたねー。

あとねー!

歌のお兄さんは、二日目の方が喉やわらかかった気がするー
1日目たまに喉ツラそって思ったんだよね。硬い咽、力んでんなーって。
二日目は開いてた感があった。重心真ん中に来てたかなー。
ただ、歌う量は1日目より減ってましたが(笑)
あーでもさー、ロングトーンよくやってくれるんですけど、
地声でどこまで出せるようになってるんですか?
調子よいと(笑)相当の高音までだしてるときあるよねぇ。
裏声も安定して出してるので、
地声だけとかー裏声混ぜてとか色んな種類の聞けて嬉しいです。
ごちそうさまです。

edgeの入り込み方が凄かったなー。
あれ、ホントに最初の歌い出し綺麗な発音で入ってくれると個人的にテンション上がる(笑。 理由は分からない)
踊る曲と弾く曲は段々ぎごちなさが取れてきてて面白い。

あー二人のやりとりでmoon~だと思うんだけど
今回なりを潜めていたエグいリアルタイムミックスをやりまして、
リズムもメロディも崩してたんだけどお兄さんズレずに歌ってたんです!惑わされず(笑)
でも途中であまりのメロディもリズムも戻ってこないんて不安になったんでしょうね、
金髪さんの方をガッツリ見て「ねーあってる?」的な目線会話で確認してたように見えました。
金髪さん大丈夫っていう感じで笑って頷いてたもん。(多分ね。)
どっちの日かな。1日目かな。

まーなんだかんだ妄想、幻想入り乱れて書いてるけど公演としても凄く楽しかったんです。
金髪さんのバチコーンウィンク2回も見られたし、
お尻フリフリもちゃんとみれたし、
なんか謎の序盤でのビーチク攻撃あったし、
海老反りジャンプ見られたし、
まだアウトロ延ばすの?止めないの?っていう言葉のないやりとも見られたし、
歌のお兄さんは自転車の立ち漕ぎの極めた話しをしてくれて面白かったし、
MCでお兄さんに(なんでだっけ?言いくるめられたんだっけ?)「あ゛~?あ゛~?」言いながら詰めよる金髪さん見られたし、
やたら反省会議題が多産され、
こんにちはー!って挨拶して
なんだか二人に凄く勢いのあった公演でしたね。
ちょっと不思議なお客さんがいらしたようですが…まぁ、それは帳消しにされちゃうくらい二人のパフォーマンス良かったです!

公演後残してたメモ打ちを基に。
んー興奮してたから半分以上違うんだろうなー(大笑)
私的千秋楽になる有明…どっちのセットリストくんのかなー
Beat~最後にもう一回聞きたいけどーheart~で腕ふりたいしなー
楽しみ~
あ、ニコ生さん放送してくれるんだった!いつもありがとうございまーす!
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エビフライではないかな。 | TOP | 連休終わっちゃったー »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | LIVE