ニャンコ所長の近代ボート競技歴史研究所

ボート(漕艇・Rowing)の競技を歴史研究しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

隅田川ボートレース風景

2009年07月16日 00時00分00秒 | 日記
この写真には、隅田川ボートレースと書かれていましたが、何年ごろとか、団体名が書かれていないので、困りました。
そこで、隅田川の艇庫が映っている東京大学漕艇部百年史などを見てみました。すると東大の向島艇庫が出来たのが明治二十年です。また11月3日には高等商業学校が第一回競漕大会を4人漕ぎフィックスで廻航レースをしたという記録もありました。フィックスというと6人漕ぎと思い込んでいましたが、4人漕ぎのフィックスがあったのです。

ここの左に写っているのが、4人漕ぎフィックスが本当にあったという証拠になりますね。本邦初確認ではないでしょうか?

しかしこの艇庫はどこでしょう?一橋大学の艇庫ができたのは、明治39年です。東京大学漕艇部百年史に写っている東大と商大の二つの艇庫を見比べてみると、一橋大学の艇庫に見えます。右側の建物は東大の隣にはありませんから、やはり商大艇庫に見えますね。つまり、この写真は明治39年から関東大震災で焼失した大正12年
での間に写されたものではないでしょうか。

先日ご寄贈いただいた学習院大学輔仁会漕艇部の歩みの中には、詳細な隅田川の艇庫があった地図が掲載されていましたが、各艇庫の写真は載っていませんでした。この夏には、その地図に艇庫の写真をつけてみるという作業をしてみようかと思います。

う・・・む。
大変な作業になるでしょうが、まず艇庫の写真だけを集めなくてはなりませんね。これが大変なことになるような気がします。
ジャンル:
スポーツニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 一高端艇部後援会 会報 | トップ | 謎の鍋敷き? »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事