古城教授の近代ボート競技歴史研究所

千葉県流山市の江戸川大学でボート(漕艇・Rowing)の競技を歴史研究しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

古城教授、発表論文集

2020年06月20日 02時00分00秒 | ボート
2009:日本におけるボート競技の起源についての考察
2010:昭和15年東京オリンピック招致活動成功についての研究―若槻禮次郎と岸清一の果たした役割について
2011:ボート競技が行った遠漕についての研究
2012:体操伝習所と操櫓術
2013:長崎におけるボートレースに関する研究
2014:ボート競技の全日本選手権大会に関する研究
2015:F.W.ストレンジ(Frederick William Strange)の署名に関する研究
コメント

「幻の東京オリンピックの夢にかけた男~日本近代スポーツの父・岸清一物語」を出版

2016年09月13日 00時38分02秒 | 小説
江戸川大学社会学部経営社会学科の古城庸夫准教授(現教授)が著書「幻の東京オリンピックの夢にかけた男~日本近代スポーツの父・岸清一物語」(春風社)がこのほど出版されました。

文明開化の華咲きほこる東京で、庶民の娯楽として人気を博した「ボード競技」。そのボートに情熱を傾け、「スポーツ」と「平和」に半生を捧げた男の壮大な〝夢〟は、やがて暗雲と激動の時代に飲み込まれていきます。しかしその夢は、確かに、未来へとつながれていきました。「東京オリンピック開催は岸の偉業である」と、1964年(昭和39年)、時のIOC会長A.ブランデージに言わしめた岸清一の、歴史に残る偉業の知られざる軌跡を追う、古城庸夫准教授渾身のドキュメントになっています。

▼詳細はこちら▼
「岸清一物語」



◆古城庸夫准教授プロフィール
江戸川大学社会学部准教授、近代ボート競技歴史研究家。
現在、日本ボート協会において、指導者育成委員会委員・広報委員会スタッフを兼務。
コメント

近代ボート競技歴史研究展示会を開催

2015年10月05日 22時48分15秒 | ボート

11月2日(月)と3日(月)の2日間、午前9時から午後3時まで千葉県流山市の江戸川大学D棟122教室で『2015年度近代ボート競技歴史研究展示会』を開きます。展示内容は次の通りです。

【五輪特集】
・1964東京五輪「公式ポスター」
・1964東京五輪「カナダ代表クルー・スイープオール」
・1964東京五輪「日本代表クルー・記念ブレード」
・1936ベルリン五輪「日本代表クルー・お土産手ぬぐい」
・1940幻の東京五輪「ボート競技会場候補水域・手賀沼漕艇場測量地図」

【ボート競技公式ポスター】
・世界ボート選手権、国体、インターハイなど

【貴重な動画(映像)】
・1959第37回全日本選手権(8mmフィルム記録映像)
・1955第6回全日本実業団選手権(8mmフィルム記録映像)
・1934関西漕艇選手権など(8mmフィルム記録映像)
・1927邦画「漕艇王」(日活・大将軍撮影所)

【その他の展示物】
・明治-大正期の漕艇錦絵
・戦前のレガッタ・競漕大会の優勝メダル・参加賞
・戦前のボート競技を扱った絵葉書
コメント

近代ボート競技に関する歴史研究論文

2015年09月01日 00時00分00秒 | 小説
こちらをご覧ください。
http://iss.ndl.go.jp/books?any=%E5%8F%A4%E5%9F%8E%2F%2F%E5%BA%B8%E5%A4%AB
コメント

近代ボート競技歴史研究展示会を11月2日-3日に開催

2014年10月28日 14時52分53秒 | ボート
2014年11月2日(日)と3日(月)の2日間、千葉県流山市の江戸川大学で開かれる学園祭「第8回駒木祭」で、「近代ボート競技歴史研究展示会」を催します。

今回のテーマは「五輪特集」です。前回の1964東京五輪とその50周年記念、1998長野冬期五輪、1984ロサンゼルス五輪のポスターを中心に公開するほか、1960ローマ五輪のテレビ番組表や、前回の東京五輪で実際に使われたボート競技日本代表のオールと役員票などを展示します。

時間は午前10時から午後4時まで。会場は江戸川大学キャンパス内 D棟211教室。

▼問い合わせはこちらまで▼
http://www.edogawa-u.ac.jp/koukai/komakisai.html
コメント

ボート競技の歴史

2013年05月13日 22時30分00秒 | ボート
5月13日(月)に原宿の岸記念体育館で「ボート競技の歴史」を講義しました。
コメント

宇和島、松山、今治、丸亀「近代ボート歴史文化財 探求の旅」

2013年05月13日 04時30分00秒 | ボート
4月20日(土)に東京・巣鴨の三菱養和会で「宇和島、松山、今治、丸亀 近代ボート歴史文化財 探求の旅」を講演しました。
コメント

ボート競技の近代歴史展

2012年10月07日 10時00分00秒 | 小説
10月7日(日)まで岐阜国体代表者会議・表彰式会場(川辺町中央公民館)で「ボート競技の近代歴史展」を開催しました。
前回の岐阜国体写真をはじめ、国内最古のボート競技の写真、日本最古のボート競技パンフレット、浮世絵師による明治時代のボート大会図、歴代大会の豪華副賞品などを展示しました。
コメント

岸清一物語 ― 我死して美田を残さず ― 第3章、東京大学入学 「その3、初の国際ボートレース」

2011年08月20日 15時32分00秒 | 小説
それからしばらくはストレンジ先生によるメンバーの選考に時間が費やされたのだが、やがてストレンジ先生によりメンバーの発表が行われた。メンバーはいずれもストレンジ先生から直伝の教えを受けた者ばかりで、それぞれが腕に覚えのあるメンバーであった。
「それでは今度のボートレースにおけるシートポジションを発表しよう。選考は身長体重のみではなく技術力とやる気をあわせて行った。選ばれた者も選ばれなかった者もともに自分ができることをよく考え、オアーズマンシップに則って試合に臨んでもらいたい。
ボートレースは試合に勝つことが真の目的ではない。なによりもジェントルマンとしての素養の育成が目的であるのだから。つまりベストを尽くせということであり、結果はあとから付いてくるものなのだからね。」
一同の割れんばかりの喝采の中、順次メンバーが発表された。
「まず舵手(コックス)はMBC(メンバー・オブ・ボート・クラブ。東京大文学部の学生たちが中心のクラブ)の中から阪倉銀之助君、整調は同じくMBCの日高真実(ひだか・まさね。後に3年間のドイツ留学後、高等師範学校教授兼文科大学教授。明治27(1894)年急逝、後日、高文庫設立)3番もMBCの山口鋭之助君。この3人はともにMBCのメンバーで春季競漕会の選手競漕では日高、阪倉君でよいリズムで漕いでいることから日高君に整調をお願いし、阪倉君には舵が非常に上手なところからコックスの大役をお願いした。また山口君には自慢の体力でしっかりと整調を助けていただき確かなリズムを後ろに伝えていただきたい。
また2番と舳手(じくしゅ。バウ)はともにORCから武田千代三郎君と(後に山口、秋田、山梨の県知事、大阪市立商業高校校長、日本体育協会副会長)、神崎東蔵君(後に弁護士)にお願いしたが、武田君は春季競争の5番レースで坂倉君の舵手で整調を漕いでいるから気心も知れているだろうし、神崎君は武田君に合わせて漕ぐのはお手の物であるだろうからこのメンバーでいくこととした。
なおSRCからは岸君に総務全般ともしもの時の補漕(予備漕手)をお願いしたい。漕手の体重は以下の通りである。(1ポンド=約454g)

整調・日高(134ポンド=約60.8kg)
3番・山口(167ポンド=約75.8kg)(約6尺=180cm)
2番・武田(128ポンド=約58.1kg)
舳手・神崎(129ポンド=約58.6kg)
補漕・岸(138ポンド=約62.7kg)

(正漕手4人の体重平均は、139.5ポンド、約63.3kg)

試合は明治18(1885)年11月3日に「横浜アマチュア・ローイング・クラブ(YARC)」の外人クルーとクリンカー艇で行われることになった。クリンカー艇とは4人漕ぎで鎧張り(よろいばり。外板が鎧の直垂(ひたたれ)のように少しずつ重なり合ってできている。かなり昔、公園にあった貸しボートの外板と同じような構造)の滑席艇である。
コースは横浜港内で山下町のフランス波止場に立つオリエントホテル前の「ボートハウス」の沖からの1000mであった。したがってYARCから競漕に使う「ペトレル」という名前の艇を借用して、横浜から伝馬船で運ばせて浅草にある井生村楼(いぶむらろう)という料亭の貸し席がある広い縁側を借りてペトレル艇を置かせてもらった。
毎日学校からストレンジ先生は人力車に乗り、漕手たちは歩いて3週間の乗艇練習を厳格にこなしていった。井生村楼に着くとストレンジ先生は漕手全員と艇を運んだ。こういう場合はさすがストレンジ先生であってもコックスの号令にしたがって行動するのがボート部であった。
「両舷(りょうげん)いいかー。両舷、手をかけて。持とう!一、二、三!。」
両舷とは、船尾から船首に向かって右側と左側、つまり右舷「スターボードサイド(starboard side)」と左舷「ポートサイド(port side)」の両サイドを指す。日本のボート競技ではそれぞれ「バウサイド」「ストロークサイド」といわれている。号令の場合は「漕手全員」という意味で使われる。
この号令にしたがってストロークサイドという整調と同じ偶数番号の漕手全員も、バイサイドという1番(バウ)サイドと同じ奇数番号の漕手も、コーチのストレンジ先生であっても艇を水面に出すために艇の下部にあるキールに手をかけて、腰に力を入れ阿吽の呼吸を合わせて一律にきびきびと動いて艇を水面近くに移動した。
したがってオアーズマンシップとは、このように一つの目的に向かって利害を度外視して行動するということなのであり、このことは驚くべきことにその後100年以上経った現在でも美しいトラデショナルとして受け継がれているのである。
「降ろそう、一、二、三!」
応援に来たものも見守る中でコーチとクルー全員でコックスの号令にしたがってきびきびと行動した。それを見ていた清一は心から、レギュラーになりたいと願った。
クルーは号令に従い全員でかなり重いペトレルを持ち上げると静かにポチャン、ポチャンと水に浮かべると絶妙のタイミングで補漕の清一がトップに付けられたロープを手繰って引き寄せた艇を桟橋に固定して押さえた。ペトレルへは各自のポジションの横から順次艇に乗り込んで、両手は両サイドのガンネルを持ちながら片足を桟橋に残したままでコックスのほうを注視する。コックスはクルーの体調と精神状態を満遍なく何気なく注意深く観察して、何事もないことをクルーの表情から確認して号令を発する。
「蹴ろう!一、二、三!」
その号令に従いクルーは息を揃えて桟橋を蹴り出す足に力を込めるのだ。やがて桟橋からすっと蹴り出されてゆらゆらと水面に漂うパトレルが安定を取り戻すころを見計らって、両舷は静かに艇に揺れを与えないように腰を下ろすのであった。さらに、コックスは安全と艇内での練習環境確保のために準備を促す。
コックスはいつも思う。号令は「両舷、良いか!」というもので一辺に済ませばよさそうなものなのに、必ず各ポジションに安全確認を行わなければならないのだ。でもそんな時、コックスはストレンジ先生のボートの基本は安全であるという言葉を思い出して、面倒臭そうな顔をしているクルーに確認を取るのであった。
クルーに向かってコックスは辛い練習においてさらに元気が充満するように、自らの身体を動かせないことによる冷えを隠しながら自らを奮い立たせつつ、高らかに声を張りつつ水面に響き渡るように号令を出すのであった。
「整調、いいか?」「ハイ!」
「3番、いいか?」「ハイ!」
「2番、いいか?」「ハイ!」
「バウ、いいか?」「ハイ!」
元気の良い声で返事をするクルーは上級生、下級生の区別はない。あるのは艇長としてのコックスへの全幅の信頼のみであった。なお練習時におけるストレンジ先生の練習方針は次のとおりであった。

1、オールを見ないで前の漕手の肩を見て漕げ
2、首をふるな
3、クイック、オブ、チェスト(ブレードを素早く反転する)
4、スペースを長く(水中を長く漕ぐ)
5、波のないときは水面より3インチ(約7.62cm)の高さ、波が高いときは5インチ(約12.7cm)より高くするな

また試合に用いる1分間に漕ぐ本数であるコンスタントレートは毎分27回を指示して、漕いでいる時の掛け声は常に「クイック、オブ、チェスト」であり、バウの後ろにコックスのほうに向かって陣取って座ったストレンジ先生の掛け声に合わせて漕手は厳しい練習を積んでいったのであった。ときには有り余る体力からピッチを一分間に30回以上に上げようものならストレンジ先生からこっぴどく叱られたし、座りなれない動くシートがどこかに飛び出したりしたので内緒でシートをレールに縛り付けて動かないようにしているところを見つかってこれまたひどく叱られたりしていた。
しかし執念というのは恐ろしいものであれほど手こずっていたスライディングシートも何とか漕ぎこなせるようになってきたので試合の数日前にはタイムトライアルを行うと、かなりの好タイムを出したのでストレンジ先生や漕手たちは安心して東京日日新聞(現・毎日新聞)に掲載された端舟大競漕会について書かれた記事を呼んだりしながら休養を取っていた。
やがて初の国際試合の当日になったが前日の天候は暴風雨であったため、ストレンジ先生が日頃から荒天時にはレースをするものではないと教えていたので試合は無いものと一同は安心しきっていた。
しかし暫くすると清一が青い顔をしてみんなの元に明治2(1868)年横浜-東京間に開通していた電報を握り締めて走ってきたのであった。
「大変です!大変です!先方は悪天候によらずボートレースを決行するといってきましたよ。どうしましょう。ストレンジ先生には既に知らせておきましたが、急がないと間に合いませんよ。」
「なにー。そりゃあ大変だ。それは急がなければならんぞ。」
一同は大慌てで荷物を作り身支度を整えて陸蒸気の新橋駅まで急行すると、ストレンジ先生は既に到着してにこやかに待っていた。
「ボーイズ。何も心配することは無い。ボートレースは人生と同じで何が起こるか解らないから愉快なんじゃないか。さらに主賓(しゅひん)である私たちが行かなくては、レースは始まらないんだ。ゆっくり行こう。」
ストレンジ先生の話にようやく得心した一同はしばしの旅行を楽しむのだったが、次第に汽車から海が見えるようになってくると海が時化(しけ)ているのがわかるようになってきて一同は自然に無口になるのであった。
横浜駅からレースの会場に急行する前は新聞に取り上げられていることもありかなりの人出を予想していたが、会場には仏国軍艦の軍楽隊が演奏するマーチだけが鳴り響いているだけで意外にも悪条件に災いされ人手は多くなかった。
会場は風こそ少なかったものの、前日の暴風雨のせいでかなり大きくうねっていたが、東京大学のクルーは揃いの浅黄色の帽子を着用したのに対しYARCクルーは紅白の帽子を着用していた。
数回の野次レースのあとはもう本番である。両艇が船首を揃えた所でスタートのゴー!という号令が掛かり、両クルーのレースが始まったのであった。
しかし練習の甲斐なく大きなうねりに翻弄されて東京大のクルーはオールを波にとられたりするので、オールが水にもぐって水圧を受けるので腹部にハンドルが食い込んで漕げなくなり艇速を止めてしまう状態で通称腹きりをする漕手が続出したり、キャッチでオールが水をつかめなかったり、漕ぎ終わってオールが水を出る「フャイナル」でオールが空を切ったりする漕手が続出して全く日頃の練習のいい所が出せなかったのに対し、YARCは日頃から海で練習している地の利を生かした滑らかな漕ぎで順調にトップを占めるレース展開を最後まで繰り広げ4艇身の大差をつけてのゴールであったが、一方の東京大クルーは最後まで良い所なくレースを終了したのであった。
その後あまりの敗北に意気消沈したクルーは応援していただいた皆様に申し訳ないとして、一同頭を丸めて坊主頭になり帰校し教師や学友に陳謝して回ったのであった。

【この話は史実を基にした小説(フィクション)です】

----------------
【参考】
三重大ボート部Web「ボートの漕ぎ方」
http://sky.geocities.jp/rowingmieuniv/whatsboat-kogikata.html

愛知県東郷町ボート教室

コメント

岸清一物語 ― 我死して美田を残さず ― 第1章、カラカラ橋を渡って 「その11、For East、もう一つの船出」

2011年08月14日 01時30分00秒 | 小説
明治8(1875)年の初め1人の英国人がロンドンから遥か遠く離れた極東の島国、日本に向かう船のデッキに立っていた。乗っていた汽船は英国のP&O汽船会社の所有するOrissa号であった。
当時はそれまで英国からアジアの国々を経て日本まで旅する場合、アフリカの喜望峰を回っておよそ半年と、気の遠くなるような時間がかかっていた。
しかし明治2(1869)年に地中海とインド洋を結ぶスエズ運河が10年の月日を経てエジプトに完成していたので、その行程は約2ヶ月と大幅に縮小されていた。
この20代前半で立派な口髭を蓄え少し物憂げな青年の名前は、ストレンジ(嘉永5年(1852)頃ロンドン生、身長約5尺7~8寸(約175cm)、体重約17~18貫(約67kg))といった。
汽船の中でストレンジはテームズ川で見たヘンリーレガッタの風景の中で紳士淑女が着飾り、男達は誇らしげにそれぞれ揃いのクラブのネクタイをしたりブレザーの胸に倶楽部や団体ごとのエンブレムを付けていたりすることに憧れを覚えていたことを思い出していた。
そしてそれぞれのクラブごとにブレードの先端部分に異なった色が塗られているブレードカラーを見れば、一目でそのメンバーであるクルーがどこに所属しているのかがわかるし、大会で優勝したクルーはそれぞれ記念のメダルを胸から下げて歩いていたのでどこのクルーが優勝したのかということもすぐにわかった。
またクラブごとにテントを張りブレードカラーと同じ旗を掲げていたので関係者はその旗のもとに集い歓談していたし、それぞれのクルーの父も母も兄弟も皆一様に我がことのように喜色をあらわにしていた。
そして試合で力漕を終えた選手たちは汗に濡れたユニホームのまま誇らしげに会場を歩き回っていた。
ストレンジはそんな中を所在無げに歩き回っていた。
時には見知った顔を見出しても彼らは大学ボート部の選手や卒業生である以上、ボート部の集まっている所にいるので関係者ではない自分が声を掛けるのもはばかられた。
また時にはクラブの先輩達が後輩クルーの力漕と健闘を称えあっているところに出くわすと、ビールが肩にかかってしまうこともあったし優勝したクルーのコックスが恒例行事の一つとして大きな選手によってテームズ川に投げ入れられたときの飛沫(しぶき)がかかることもあった。
しかしストレンジはそれらの事柄を嫌いではなかった。なぜならばヘンリーレガッタの会場はそのまま巨大な英国の社交場であったからで、多くの外国人たちも見物にきていたので広く世界を感じることができたからであった。
ストレンジはレガッタ会場での煌(きら)びやかで華やかなようすを思い出しながら、当時英国を覆い始めていたアスレティシズム思想の強い影響下で受けた授業の中で覚えた、ボートを漕ぐ楽しさや陸上競技での勝利の喜び、時には球技の持つ偶然のスリルなどを懐かしく感じていた。
しかし大学を卒業はしてみたものの、ストレンジにはこれといってなりたい職業もなく大きな夢もなかった。
あるのはただ新聞で読んだ遥か東にある英国と良く似たような小さな島国の日本という国で、英国人たちが神戸や横浜の外国人居留地でローイングクラブを作ってボートを漕いでいるという記事に心を惹かれたことがあったというだけであった。
そこでストレンジは漠然と自分というものの存在意義を探すための旅に出ることにしたのであったが、頼るべき人もいないので特に仲間意識が強く面倒見が良いことで知られているオアーズマン達に横浜のアマチュア・ローイング・クラブへの紹介を依頼してこの船に乗ったのであった。
そして遥かな波頭を越えてストレンジはとうとう東洋の小さな島国の港「横浜」にたどり着いたが、それは明治8(1875)年の3月22日のことであり、やがて岸清一とは運命的な出会いをすることになるのである。
ストレンジの正式な名前はフレデリック・ウイリアム・ストレンジといい、その言葉の意味のようにかなり奇妙で不思議な雰囲気を持つ青年であった。
というのも彼はやがて日本に芽生える近代スポーツの中でも、特に初期に人気が高まったボート競技と陸上競技の恩人と称えられるようになるが、これらの種目がその後の日本人のスポーツに対する考え方にまで大きく影響を及ぼしていくことを今だ知らないからであった。
むしろ彼自身もこれから成すであろうことや、何に対して希望を抱いて日本まで来たのかということについては理解していなかったに違いない。
しかしやがて教師として彼ほど情熱を傾けて日本の学生にスポーツを指導したお雇い外国人はいなかったし、彼ほどここに至るまでの半生を知られていないものも少ない。また意外なことに彼の教えた教科は体育ではなく英語だったのである。

【この話は史実を基にした小説(フィクション)です】
コメント