真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

ゆっくり食事『減量効果」

2014年05月31日 | Weblog
ダイエットビジネスは留まるところを知らないが、どんなダイエット方法をとろうとも、大体が挫折すると相場は決まっていると言ってよい。私は食べる事が大好きで、お酒も飲めないし、楽しみと言えば美味しい物を食べることだから、少し油断すると太ってしまう。

食事制限をして太らない様にするのは不健康極まりないと思って、それに食べる事が大好きだから食事制限なんて考えられない。前にも書いたけど、私が気をつけているのは1週間単位でウエイトコントロールすることだ。仕事の会食や友達と会うときは、美味しい物を我慢せずに食べ、その週の総カロリーを考えながら過ごす方法だ。

これだとストレスは溜まらないし、何を食べるかを考えるので良い方法だと思う。さらに、太らない食べる順番があると聞き、まずは野菜、主菜、最後にご飯を食べるというものだが、私は基本的に穀類は1日1回だけで余り摂取しないので、野菜を採ってから肉を食べる様にしている。肉を食べないと痩せないとも言う。

そうしたら、新聞に、ゆっくりよく噛んで食べると減量効果があると書いてあった。早食いは肥満になりやすい事が知られているけど、食べ過ぎてしまうのが原因だと考えられている。

東京工業大学の林教授らの研究チームが学会で発表した結果によると、急いで食べたときは体重1キロ当り平均7キロカロリーだったが、ゆっくり食べたときは、平均180キロカロリーと高くなっていたそうだ。

随分と値が違う気がするけど、研究チームはよく噛むことで消化・吸収が活性化され、それに使うエネルギー消費が増えた可能性があるとみている。でも、仕事をしていると食事速度が早くなる。長い間、男性の中に女性1人という状態で仕事をし、一緒に食事をしていたので、食事速度が男性並みになってしまった。

今日もアメリカ人ご夫妻とお食事をしたら、私は男性と同じ速度で、奥様は最後だった。ゆっくり食べる習慣をつけなくちゃね。1つ特技は、海外出張で身仕度の速さに男性達に感心されていた。でも部屋の中を走り回っている姿を男性陣は知らない。
コメント

時給1500円有れば・・

2014年05月30日 | Weblog
阿倍政権が掲げたアベニミクスの3本の矢で景気が上向いていると言う人も入れば、全く実感出来ないと言う人もいる。消費税が4月から8%に上がったから、モノを買うのを控えるとか、8%に上昇後の物価についても色々言われている。

今迄は内税だったものが、今は表示価格に8%上乗せして請求されるので、時々えっと驚く事がまだあるけど、まっ、こんなものかなと思っている。

景気が上向いた事で、外食産業で人手不足が起きているというニュースを読んだ。『和民」といえば若いものを使い潰す企業、つまり、ブラック企業の代表格みたいに言われているし、実際「和民」では人手不足のために60店舗の閉鎖に追い込まれている。

ファストフードは非正規雇用に依存する職場で、非正規社員がいないと成り立たない。低賃金で長時間働かなければならない。しかし、この人手不足は働く若者にとってはチャンスなのだという研究者もいる。待遇改善に繋がるからだと。

失業率が高ければ労働者は失業する事を恐れるが、失業率が下がり景気が回復すれば、人手不足がおこり今迄劣悪な条件や環境で働いていた非正規社員にとってはチャンスだと言う考えだ。でも日本では今非正規社員で働く人たちが4割もいる。

例えば、ファストフード店の時給を1500円にすれば、貯蓄も出来るというのだが、日本の地域別最低時給は、東京が一番高くて869円、一番安いのが沖縄、九州、東北地域の664円、全国平均は764円だから、1500円は途方も無く高額だと言える。

翻って世界の最低賃金は、2008年のデータによると、アメリカは連邦では7.25ドル、州政府単位でも定められていてカリフォルニア州で8ドル、ニューヨークで7.15ドルだった。ハワイは7.15ドル、グアムは5.85ドル。

ドイツに至っては、法定最低賃金は無く、多くの場合、最低賃金は団体交渉によってセクターごとに締結されて、法的強制力を持つ。

いずれの国も非正規雇用は増大しているし、それも若者を直撃していることが問題なのだ。
コメント

2ヶ月が過ぎるけど

2014年05月29日 | Weblog
年が明けた1月1日から新たに何かを始めるのではなく、4月1日の新年度から新たに何かを始めた人は多いだろうと思う。年明けを機にという人もいれば、新年度にと、日本では2回新たに何かを始めるチャンスがあるように思う。

語学等の講座は4月から開始の所が多いのだが、3月にシンガポールに行き、4月に台湾に行って、中国語をなんとかしなければならにという状況になった。そこで一代決心をして、毎日欠かさず、中国語講座を続けている。

1日たった15分の講座を毎日毎日欠かさず聞いている。ところがである。たった15分の講座なのに、その日に学ぶべき文法や用法が2~3あるのだ。当初から15分だけの勉強では絶対にマスター出来ないと思って、CDも購入し、予習と復習を欠かさずやってきた。

ラスベガスにいる間も、1週間以上空けたらもうついて行けなくなると思って、旅先に迄テキストとI-Pad Airに音源を入れて毎日欠かさず勉強していた。15分のテキストを少なくとも1日1時間は自習してきた。

それでも、全てを理解し覚える事は出来ない。私は相当我慢強いし、一度始めたら絶対に投げ出さない。特に語学についてはしつこいのだ。中国語で苦労しているのは、やはり発音だ。英語教育専門の教授にご意見を伺ったら、専門ではないからといいながら、中国語の発音は、個人レッスンが良いとアドバイスしてくれた。

昨日の内容もまたまた新たな文法と用法が出てきて、ついに私は頭にきて、NHKのラジオ局に電話をした。この講座は誰を対象に、そしてどのくらい予習、復習すればマスター出来ることを想定して作ってあるプログラムなのか聞きたかったのだ。対応して下さった女性は、担当ではないからと言って当方の質問には答えてくれなかった。

やり始めたからには、止めるつもりはないけど、これでは挫折しなさいと言わんばかりの内容だ。友人にこの事を話すと、「この講座を聞いて、これでは駄目だと思って、語学学校に行こうと決心させるための講座なんじゃないの?」と言った。まさかっ!!

テキスト販売数が毎月減っていくというのが充分過ぎるほど理解できる。


コメント

もうすぐブラジルでW杯

2014年05月28日 | Weblog
アジアカップで優勝したなでしこジャパンがベトナムから帰国した。宮間選手が来月から始まる男子のW杯の励みになれば、そして、サッカーというスポーツがもっと注目が浴びればというようなことを言っていた。

昨日、埼玉スタジアでキリンチャレンジカップ2014があり、 キプロスと対戦し1-0で勝った。ブラジル出発前最後の代表戦だった。日本はかろうじて勝利したけど男子サッカー代表チームが国から支援されている金額や待遇を考えると、ちょっとな~~。

数週間後にブラジルでワールドサッカーが始まるのだが、この開催に反対するブラジル市民がデモやストなどによる反対活動をしている。反対理由は、諸施設建設のために多額の国の予算が投入されブラジル財政を圧迫しているからだ。

ブラジル市民にとってはW杯チケットは高く、市民には遠いW杯でということもあり、ワールドカップは諦めて教育と医療にこそお金をと言うわけだ。警備は15万7千人が担当するようなのだが、開催が危ぶまれる。デモに拍車をかけているのは、ブラジルの賃上げは5月で、W杯の機会を捉えて賃上げデモ感もあるらしい。

ブラジル代表の23人の選手たちは26日、バス2台に分かれリオデジャネイロ郊外の町、テレゾポリスにあるキャンプ地に入り、沿道に詰めかけたファンから熱烈な歓迎を受ける一方で、反対の声も上がる異例の事態となっている。

キャンプ地の施設は今大会に合わせて全面改装されたもので、到着した選手たちは関係者に出迎えられ、エースのネイマール選手も明るい表情で握手を交わしたり記念撮影に応じたりしていた。

この日も、選手たちのバスがリオデジャネイロで反対の人たちに取り囲まれたうえ、キャンプ施設に入る際にも「ワールドカップは諦めて教育と医療にこそお金を」と大声で叫ばれるなど、代表選手たちに対しても反対の声が上がる異例の事態となった。

代表選手達には罪は無いと思うんだけど、ブラジル開催中に何事も無いことを祈るばかりだ。
コメント

工事が9時開始の理由が分かった日

2014年05月27日 | Weblog
先週の月曜から外壁の塗り替え、雨戸や樋など全て塗り直している。もう1週間が過ぎた。まだ、数日かかると聞いているのだが、始めから少し気になっていることがあった。

通常、工事の職人さんや庭師が入る場合朝は8時から始まり、午前10時と午後3時の休憩、昼休み1時間を含めて大体5時で終わる。ところが今回の職人さんたちは、朝9時開始で、昼休みは1時間半くらいとるのだ。

月曜日の夕方5時過ぎに、「今日の工事は終了しました」という報告があった時、私は2階で仕事をしていたので玄関迄出て行かなければならなかった。今年の2月に大雪が降った日、家の中には雪は無かったのに、階段からすべって落ちた経験が有り、それ以来、階段を駆け下りるのが恐いので早くを降りられないといいながら出た行った。

すると、職人さんの1人が「うちも子どもだけで家にいるので、階段から落ちないか心配なんです」と言った。お子さんは小学校5年生と1年生だそうで、二人きりでお父さんが帰ってくるのを待っているのだそうだ。

お母さんが家にいない事は分かったが、理由はもちろん聞けないので「ご心配ですね」とだけ言うと、その方がやおら、子どもとご自身の問題を話し始めた。お1人で子育てをしているようだ。

そうか、だから朝9時からの工事開始なのだと分かった。家の事をして、子どもたちを学校に出し、それから現場に出てくるときっと9時近くになってしまうのだろうと思う。だから、この職人さんたちは朝10時のお茶はしない。

シングルマザーが増えている事はよく取り沙汰されるが、シングルファーザーも同様に増えている。2010年総務省の統計データによると、我が国の「シングル・ファーザー」の総数は、20万4千人で、「シングル・ マザー」は108万2千人となっている。

総数から分かる事は、離婚時に夫が子の親権を 行う件数が、妻が行う件数の約6分の1となっていることで、 すなわち、離婚時に、「シングルファーザー」が出現する割合は、「シングル・マザ ー」の約6分の1だということである。
コメント