真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

漢字が書けない中国人

2013年08月31日 | Weblog
中国人はよく「一生のうちに全部はできない三つのこと」という話をするそうだ。「全部の食べ物を食べることはできない」「全国すべてを旅行することはできない」「文字を全部覚えることはできない」の三つだ。

中国の漢字は8万5000字を上回るという。あまりにも多くて複雑なため、国の発展を妨げているという声もあるほどだ。20世紀初めに『阿Q正伝』を書いた文学者で思想家の魯迅も臨終前に「漢字不滅 中国必亡(漢字が滅びなければ中国が滅ぶ)」と嘆いた。

今年6月末、中国福建省廈門(アモイ)市の新聞が習近平国家主席のニュースを伝える際、名前の真ん中の漢字を「進」と書いた。「近」と「進」の中国語の発音は「jin」で四声も全く同じため混同したもので、編集責任者が懲戒処分を受けたという。

中国ではコンピューターや携帯電話に漢字を入力する時、アルファベットの発音記号で入力するそうで、「北京」と入力するには「bei jing」という発音記号のうちbとjさえ入力すれば単語が出てくる。だから文字を知らなくてもそれほど不便ではない。

国営テレビ局「中国中央電視台」で放送されている番組『漢字の書き取り大会』を見ると簡単な漢字も書けない人が多い、と香港紙が報道した。無作為に選んだ観覧客のうち、「厚」という字を正確に書けた人は半数にもならなかった。

難しい漢字「蟾(ヒキガエル)」が書けた人は30%だった。同紙は「デジタル時代で中国人の漢字を書く能力が衰えている」と報じた。「提筆忘字」という新造語も生まれた。「ペンを手に持ったのに文字が思い出せない」という意味だ。

中国人の漢字能力は共産政権発足後の「簡体字化」で急激に低下した。現在の簡体字すらきちんと書けないという現象は「第2次断絶」とも言える。デジタル機器が日常を支配し、言語生活を壊しているのは中国だけではない。韓国も日本も「デジタル時代に文字を忘れた人」に頭を抱えている。

この話しを聞いて、耳が痛い人は多いだろうと思う。私も同様に、読めても書けない漢字が多くなった。
コメント

日本製が大人気

2013年08月30日 | Weblog
私は全く飲酒をしないのだが、面白い記事を見つけたので紹介したい。韓国のビール業界が、汚名返上に躍起だ。韓国の輸入ビール市場では日本製のシェアは33%と最大の輸出国となり、日本のビール大手が設置した期間限定店には、若者らが長蛇の列をつくる人気となっている。

背景には「水っぽく味が薄い」と評される現地のビールの味に対する不満がある。韓国のビール大手は危機感をバネに、新種のビールへの参入や原材料表示制度の変更などで巻き返しを図る。

ソウル江南区に、8月9日にオープンしたアサヒビールの期間限定店「アサヒスーパードライ・エクストラコールド・バー」や、キリンビールも江南区で今年6月に開設した期間限定店「キリン 一番搾り フローズンガーデン」は、わずか1カ月間で3万人の来場者があり、最長で90分待ちの列ができたという。

韓国関税庁によると、日本製ビールの輸入額は今年1~6月で1322万ドル(約13億円)と2位のオランダ(約5億円)、3位のドイツ(約4億円)に大差をつけ、輸入ビール市場の3割を握ったという。

日本製ビールが人気を集める要因のひとつが、韓国ビールとの「味」の違いだ。英経済誌エコノミストは昨年11月、「ビールの味は北朝鮮が韓国を上まわる」と韓国のビールを酷評する記事を掲載した。当然、韓国国内では反発の声が上がったが、消費者からは「味が薄い」「炭酸はきついが味がない」など批判の声も少なくなかった。

韓国の宴会では焼酎やウイスキーをビールで割って飲む「爆弾酒」という飲み方が一般的だ。「輸入ビールに比べて韓国ビールは3~5割安い。爆弾酒で飲むなら味も分からない」というように、味よりも価格を優先する消費者が大半を占める。早く、安く酔えることを優先する“爆弾酒文化”が幅を効かせていては、汚名返上に向けた改革も“看板倒れ”となりそうだ。

いずれにしても、韓国人の酒量は私には想像を絶する。
コメント

古着リサイクル

2013年08月29日 | Weblog
日本は古着の再利用率が低く、リサイクル後進国と言われている。原宿辺りに行けば、若者向けのリサイクルショップを見かけるので、ある決まったメーカーの特定の古着が若ものの間に人気があって、リサイクルショップが成り立っているのかなと思っていた。

最近、街道筋のリサイクルショップは、家具や家電品、未使用のタオルや食器などを取り扱っているのを見かけることも多くなった。確かにギフトで頂いたタオルや食器などが未使用のまま戸棚に仕舞ってあって、その処理に困ることがあるので、こういうところに持ち込めば良いのだなと思っていた。

今迄、ギフトで頂いたものは友人のお嬢さんが通っていた私立中学・高校のバザーに寄附していたので家の中の整理が出来た。家の中を整理すると相当数のものが押し入れの中にあったので、引っ越しでもしない限り、品物は溜まるのだと思う。

以前なら使用しなくなったものは捨てれば良かったが、今は捨てるにも役所に電話したり、あるいは民間業者に引き取ってもらうのだが、いずれもお金がかかる時代だから、捨てれば良いというものでもない。

このたび、要らなくなった服や靴をカジュアル衣料店などの回収ボックスに入れると、その店の割引券がもらえる古着リサイクル仕組みをもつスイスの大手企業アイコレクトが日本法人をつくるらしい。

H&Mはスウエーデンのカジュアル衣料ショップだが、3月から回収ボックスをおき、古着を持ち込むと500円のクーポン券をもらい、3000円以上の買い物をすると使える。これはアイコレクトがH&Mと契約して始めた古着リサイクルシステムだ。

古着はアイコレクトが総て買い取り、グループの工場に運び古着として使えるものは別の衣料品店等に売り、使えないものは断熱材等にリサイクルして別の会社で売る。今後は日本法人『アイコジャパン」を作って売り込む予定らしい。
コメント

日本ではどうなんだろう?

2013年08月28日 | Weblog
「知人が払ったタクシー代、差額は乗客に返すべき」か?という裁判が韓国であった。タクシーが発車する前に乗客の知人があらかじめ運転手に渡した料金が、実際の料金を上回った場合、運転手は乗客が降りる際に差額を支払うべきだという裁判所の判決が下った。

昨年5月、50代の個人タクシー運転手は、ソウル市永登浦区の永登浦区役所駅近くから汝矣島駅に向かう男性を乗せた。男性の同僚がタクシーの外から、運転手に「○○さん(乗客の男性)を目的地までよろしく頼む」と言って1万ウォン(約890円)を渡した。目的地の汝矣島駅にタクシーが到着したとき、メーターに表示された料金は3200ウォン(約280円)だった。男性は運転手に対し、1万ウォンから3200ウォンを差し引いた6800ウォン(約600円)を返すよう求めた。

運転手は差額を返すのを拒否したところ、旅客自動車運輸事業法違反罪に問われ、昨年9月にソウル北部地裁から科料20万ウォン(約1万8000円)の略式命令を受けた。運転手は直ちに異議を申し立てたが、結局10万ウォン(約8900.円)の科料が確定した。

運転手は「男性を目的地まで乗せるという旅客運送契約を、男性や同僚との間で締結し、1万ウォンを受け取ったため、その金の一部を男性に返す義務はない」と反論した。

ソウル北部地裁民事1部(徐泰煥〈ソ・テファン〉裁判長)は25日「男性の同僚たちが、男性を目的地まで連れていってほしいと依頼したのは、男性の意思を代わりに伝えたものであり、同僚たちが契約の当事者として権利を行使したり、義務を果たそうとしたりしたと見なすのは困難だ。旅客運送契約の当事者は乗客の男性と見なすのが妥当だ」として、冒頭のような判決を下した。

この判決は日本だったらどうだろう?第一に運転手さんに直接現金を渡すかどうかだ。日本だったら知人に現金を渡して、「これで支払って」というだろうと思う。

運転手に直接渡すか、あるいは知人に渡すか、そこが問題なのかな。
コメント

本当に失望した2日間だった

2013年08月27日 | Weblog
母が12日に入院し、左肺と心臓の一部に水が溜まっており、その水が引かず、微熱が続く毎日だった。2週間も過ぎ、担当医が1日も早く病院からグループホームに帰してあげたいとおっしゃって下さっていたのだが、鼻からの酸素が取れないままだ。

先週、酸素を着けたままなら今月一杯で退院出来るとおっしゃってくださったので、グループホームに事情を説明に行った。グループホームの1階がクリニックになっているし、退院後に戻れる場所もあると安心ししていたのだ。

ところが、土曜日に報告に行くと、酸素を着けて退院することになると言うと、医療行為となるのでグループホームでは受け入れられないと母の担当でない主任の人から言われた。余りのショックに家に帰るなりお腹をくだし、胃痛になり、その夜は殆ど眠れなかった。

月曜に担当医に事情を説明すると、担当医ご自身が直接グループホーム、クリニックのドクターに電話して説明をしますと言ってくれた。病院に入院しているよりも、グループホームの方が母にとってベストな環境だとおっしゃるのだ。

月曜夜に、ホームのセンター長と面会したところ、総て話しが通じていて、クリニックの先生とも母の対応を既に考えていてくれた。自宅酸素という方法があることや、何かが有った時には、今、入院している病院に搬送してくれること、そして、病院の担当医が母の最後迄責任をもってくださることを約束して下さった。

つまり、グループホームとクリニックと入院先の病院との連携が出来たということなのだ。母の命は後何週間か何ヶ月か全く分からないと担当医から言われている。

だからこそ、母のために一番環境の良い所で過ごさせてあげたいと病院の担当医もホーム長もおっしゃって下さった。土曜の夜から月曜の夜迄の2日間、失望の中にいた私は、やっと心の霧が晴れた思いだ。この2日間悲しくて涙ばかり流していたのだが、今度は安堵の涙がこぼれた。

体調が崩れ気味だけど、今は私が頑張らなければ、母も頑張れない。後悔の無い様に母との時間を大切に過ごしたい。



コメント