真面子の社会観察日記

社会で起きている様々なできごとを真面目に言いたい放題!

何十年ぶりとか言うけれど

2014年02月09日 | Weblog
何十年ぶりの大雪警報が都内に発令されたといい、昨日から本当に雪がしんしんと降り、今朝起きたら玄関と門扉まで沢山積もって、郵便受けに新聞を取りに行けないほどだった。

昨年は1月14日にも大雪が降ったのを覚えているだろうか?確か月曜だったと思う。母が老健施設でパーマをかけて頂く予約をしていたので、朝9時に行くとに既に凄い雪が降り、車では帰れなくなると思って、一度車で引き返した。

通常徒歩で20分もあれば着く所を、雪の中、30分以上かけて転ばない様にとぼとぼ人気の無い通りを歩いて、再度施設に行き、母のランチを見守ってから、家に帰る時には、縁石と歩道の境目が分からないほど積もっていた。

歩道なのか車道なのか分からないな~と思いながら歩いていて、縁石から足を滑らせて転倒してしまった。それ以来、右膝と右股関節が痛むのだが、今年の雪も相当なものだ。高校生の時、バスケットで左膝を骨折して以来、右足に負担をかけているので、右足が痛むと私にとっては大事なのだ。

昨日よりも今日と明日の方が怪我や転んだりする方が多いのだそうだ。今朝、家の雪はパウダースノウで柔らかく、水分も服んでいないので、軽かった。

車の上に積もった雪は、場所によっては30CM、多い所には50cmくらい積もっていて、今日は運転はしないが、明日からどうなるのだろうかと少し心配だ。

都知事選挙のこともあるし、寒くなって身体と危険だからと思いながら、出かける勇気が無い。昨年の雪が降る中大転倒をしたことを思い出し、膝と腰が異常に痛むのは寒さのためだと思いながら、出かける勇気がない。

昨日も帰りが危険だなと思ったから合唱の練習をキャンセルした。今、転倒し骨折でもしたら大事になってしまうので、じっと我慢がいいかな。無理は禁物とは思いながら、さて、どうしたものか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加