おひさま日記 (*^。^*)~♪

大好きな言葉 日々是好日 母のちょっとしたメモ帳

秋鮭

2017-10-31 | Weblog

子どものころおばあちゃんの家に遊びに行くと必ず出るのが鮭。

鮭とネギを煮たもの。

子どもにはちょつと渋いおかずだが…

私は大好きだった。

一人ひとり自分の木のお膳をもらって食べるのが

なんか大人扱いされているようでとてもうれしかった。

この時期になると必ず食べたくなる。

今日は鮭。

コトコトストーブで大根も追加。


おばあちゃん。。。上で味見してね。。


コメント

待つ。

2017-10-11 | Weblog
今日は虹は仕事はお休みの日。

あさからリハビリに走る。

ただいま役場に書類を出しに。

缶コーヒーを飲みながら待ってます。

お兄ちゃんが小さいときここには池があって

アヒルがいたなぁ~(^O^)

興味深く

見ていたお兄ちゃん

柵に顔が挟まって取れなくなって

親子で必死に顔を抜いたのだった。

懐かしい。

たしか6ヶ月検診のときタイムカプセル埋めたな。

お兄ちゃん。

50年後だったか?

ふつうせめて20年ではなかろうか。

わたしは75才か。

元気にがんばろうっと(^_^)v
コメント

編みかけの毛糸

2017-10-11 | Weblog
おとといケイコが毛糸を持ってきた。

それは亡くなった大ちゃんMAMAの編みかけの毛糸だった。

出産の入院のときMAMAのお母さんと妹さんが

ちびちゃんに会いにきてくれて

続きを編んでちびちゃんに着せてと約束したものだった。


サーモンピンクの糸。

MAMAが姪っ子に編んでいたと聞いていた。

袋の中には編み針がいっぱい入っていた。


本も三冊。

なにげなくMAMAがどれを編んでいたのか

知りたくてパラパラ。

あれ?

これ?

見たことあるぞ。


あ〜!私もこの本見てケイコにベスト編んだ!

その本は育児雑誌の付録。

あの頃は今のように沢山育児雑誌は無くて。

定番の本だった。

薄い黄緑色の毛糸にクリーム色でキツネを編み込んだ。

ある ある。


え?ってことはMAMAは大ちゃんに編んでいたんだ。

大ちゃんは一月生まれ。

一歳のお誕生日に編んでいたのかな?


こころがキュンとした。

三歳ころお母さんは亡くなっている。


後ろ身頃。

毛糸が抜けないように留めてあった

輪ゴムは28年の歳月に溶けて固まっている。


網目からこれかなと目星をたてた。

あ!

MAMAのメモしたベストの製図が。

涙が出た。

大ちゃんにに渡そう。

大切なお守りだ。


生きていられるということは紙一重かもしれない。

私はナオコを産んだ時出血の原因をインターンの

先生がわからず危なかったのだ。

ギリギリで原因がわかり輸血を受けいまがある。


MAMA、ちゃんと編んでちびちゃんに着せるからからね。

ネコちゃんの模様は飼い猫のみりんで。


写真で見たことがあるきれいなMAMAの顔がうかんだ。


一緒に見ていこうね。

ちびちゃんと若い2人の成長を。

今日の空はいつもより鮮やかな色に見えた。




コメント

くるみちゃん

2017-10-04 | Weblog
三毛猫のくるみ。

我が家に来てからまもなく一年。

昨日はフレンチブルまち子の命日。

くるみは会社で一緒に働いている人との縁でいただいた

まち子がいなくなり泣いてばかりいた。

夜中ボーッと座っている私を見たときは怖かった。

と後で虹に言われた。

一番反対していたパパさんが今ではメロメロなのだ。

時々

まち子~♪と抱いてしまうことがある。

癒される。

お兄ちゃんも帰ってくると一番最初に く~\(^o^)/ となる(笑)

毎日笑いと癒しをありがとうね。
コメント