きもの和らいふスタッフブログ/札幌を中心に北海道で振袖をレンタル&販売の日々

大正元年創業の老舗呉服店とは思えない(◎_◎;)スタッフのゆるーい日常を綴っています。

カラスの仕業

2019年07月08日 | がーでにんぐ

事業部のHです。

今日は気温が上がるらしい、ここ札幌は、

ずーっとが続いていて、

気温もそれほど上がらず、

天気予報はなのに、結局、降らなかったり、

お湿り程度だったり...で、

農作物の心配をしてしまいます。

 

さて、ボランティアで河川敷の遊歩道の

花壇の手入れをしています。

長い遊歩道で、花壇の水やりも大変だと、

町内会長が、水をためるコンテナを用意して下さいまして、

折角なので、そのコンテナに、

スイレンとオモダカの鉢を沈めてみました。

 

先週、コンテナから水を取ろうとしたら、

中にネズミの死骸が浮いていたんです

当然、ギャーと叫んで、後ずさり...

もう、無理、無理

と、その日の作業は止めてしまい、

翌日、(ネズミを取り除くべく)意を決して

長い火挟みを持って、コンテナを覗いたら...

ネズミの死骸が2匹に増えていたんです

当然、ギャーと叫んで、後ずさり...

もう、無理、無理、無理、無理

ずぅえ~ったい無理

こんな調子で、

明日は3匹になっていたらどうしよぉ~

とか、

これはいったい、誰の仕業なのか~

自分で落ちた

キツネの仕業 まさか、アライグマとか

悩む...。

結局、コンテナに近づくことが出来なくなり、

もう自分では片付けられる気がしなくて、

町内会長に連絡しようかと思ったのですが、

一晩悩んで

もう一度、確かめることにして、

3日目の朝、コンテナを覗いたら、

いない...1匹もいない

私は幻を見たのかしら

念のため、その翌日は、コンテナを洗って、

きれいな水に入れ替えましたが、

確かに、異物は何も入っていませんでした。

 

更に、翌日、

町内会の婦人部長さんが、

カラスがミミズ銜えて水瓶に止まってて、

睨まれちゃったぁ

と言うので、

犯人はカラスかも...

 

コンテナとは別に、水瓶もあるのですが、

底にミミズの死骸が残ってるんです。

 

カラスって、食べ物を隠す習性があるそうなので、

(まさかとは思いますが)

水の中に隠したつもりなのかもしれません...。

 

・・・あまりキレイなお話では無かったので、

今、花壇でひっそり咲いているホタルブクロ

画像でお許し下さい。

 

ちょっとレアな白もあります

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« モロッコから | トップ | 夏フェス 新作・新柄 札幌... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

がーでにんぐ」カテゴリの最新記事