きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

博多人形師、石田哲志さんが福岡市長賞受賞!

2018-06-12 17:08:08 | 人形

第53回西部伝統工芸展にも出品
2018年6月5日(火)~10日(日)にかけて、福岡三越9階ギャラリーで「第53回西部伝統工芸展」が行なわれました。
会場には、陶芸・染織・漆芸・金工・木材工・人形・諸工芸部門が展示されていました。
人形部門では、博多市長賞を受けた、石田哲志(いしださとし)さんの作品が展示。

若手の博多人形師・石田さんは、人形の作品とも関連のある「きものの着付け」、とりわけ「歌舞伎や日本舞踊の衣裳の着付け」を学んで来られました。
衣裳の着付けの中の構造や、衣裳の決まりごとを学んできた石田さん。
その彼が、人形師として、福岡市長賞という形で評価された事は、「きつけ塾いちき」で学ぶ仲間として、この上ない喜びです。

今後のご活躍をみんなで祈っています。

写真は、博多人形師・石田哲志さんの作品。(福岡市長賞、陶胎彩色「縁側」






 

 

     
      
   

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
« もっと高いレベルの着付けを…... | トップ | 今日から、福岡・小倉の「専門... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人形」カテゴリの最新記事