きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

和装花嫁/今日から着付けに入ります。

2019-06-09 13:17:30 | 花嫁の着付け



補整作りから長襦袢の着付けへ

「和装花嫁の着付け」を学んでいる肥後さん。
おけいこも今日で二回目の授業です。
着付けの前に衿を「めがね縫い」にします。



いよいよ着付けですよ。
まず花嫁さんに、前回作った補整を付けていきます。
結び目のないガーゼを使った花嫁の補整ですよ。…etc…etc…

襦袢の衿あわせは、着付けの命
いよいよ長襦袢の着付けです。
花嫁さんの着姿は、衿あわせの造りにつきるのです。
難しいからこそ大切なところ。
振袖は経験している肥後さんも、花嫁は始めての経験…、真剣さに気合いが入ります。


#日本舞踊着付け #舞台のメイク #振袖の着付け #花嫁の着付け #美容師の着

#日本舞踊着付け #舞台のメイク #振袖の着付け #花嫁の着付け #美容師の着付け

          


コメント   この記事についてブログを書く
« 6月11日(火)から、日本舞踊着... | トップ | あす(6月11日)、広島で「日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花嫁の着付け」カテゴリの最新記事