きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

もっと高いレベルの着付けを…花嫁衣裳を目指して

2018-06-12 10:27:18 | 自装の着付け

18年前の着付け忘れず➠もう一度基本から…
今日からお稽古を始めた高木さんは、若い頃(失礼)に…とある「有名着付け教室」で資格を取られたほどの方。
18年振りに着てもらうと、忘れずに着付けていらっしゃいました。
目指すは「花嫁の着付け」ですが、ご本人の要望で、「もう一度基本から学びたい」とのこと。
そのために自装の講座からスタートすることになったわけです。

講師との信頼関係こそ、早期習得のカギ
もともと、つちかったものがあるだけに、またたく間に習得されることでしょう。
ただし、これまでの技術は少し脇において、真っ白な状態で学ぶことが大切です。
指導を任された講師と、学ぶ生徒さんとの信頼関係が有れば、技術を手にすることは容易だと思われます。
私たちも、高木さんの能力を、最大限引き出す指導をしてまいります。

第一回目の教室の感想をお聞きすると、「思い出しながら…楽しい教室です」とのことでした。





 

 

     
      
   

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
« 舞踊の補整➠クリーニング完了... | トップ | 博多人形師、石田哲志さんが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自装の着付け」カテゴリの最新記事