きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

第37回認定式に向けて③

2017-09-20 23:44:42 | 認定式

きものと帯に思いをのせて/今回のテーマは「きものの歳時記」
第37回講師資格者の認定式典が滞りなく幕となると、パーティーに入っていきます。
毎年「テーマ」を決めて、きものの着付けと帯結びで表現する「きものショー」。

第37回目は、「きものの歳時記」。
モデル・着付け・帯結びと意気を合わせて、生徒や講師など約20名が、テーマを演出してまいります。
昨年の違ったきものの魅力をご覧頂きたいと思います。。




コメント

第37回認定式に向けて②

2017-09-20 13:53:43 | 認定式

幕開きは、小3と小1の可愛い姉妹の日本舞踊 「義経」
今回初お目見え。日本舞踊を披露する、小学校3年生と1年生のかわいい姉妹。
お母さまは、「全日本きもの文化研究協会」の指導する、日本舞踊の着付け講座の卒業生で、大衆演劇「いろは座」の役者。「大空 涼」さん。
「大空 涼」さんのお譲さん姉妹が、このパーティーの幕開きを演じてくれます。

カエルの子はカエル(失礼)といいますが、、現在原田流で、踊りを猛勉強中だとか…。
踊る演目は、「義経」。
今年のフェスティバルの幕開きでは、かわいい姉妹の息のあった踊りを楽しめそうです。






コメント

第37回認定式に向けて①

2017-09-20 12:34:34 | 認定式

参加者は、九州、中国地方からも…。
2017年11月8日(水)、「全日本きもの文化研究協会」主催の、「第37回認定証授与式及び、秋のきものフェスティバル」が行なわれます。
開催場所は、宮崎市下原町の「ガーデンテラス宮崎」です。

鹿児島県からは、「きつけ塾いちき」鹿児島の認定者の皆さまが多数参加されます。
また、沖永良部島から一週間泊まり込みで、花嫁衣裳やプロ着付けわ学んで実践で美容室を経営している二人の美容師さん。
佐賀県からは、福岡の「ももち文化センター」で、衣裳方のお勉強している、日本舞踊家の皆さん。、
熊本市内から、福岡講座に毎月お越しになって、衣装方を学んでいらっしゃる方。
福岡の、「舞踊と振袖の着付け専門特別講座」で学んでいらっしゃる皆さん。
小倉の、「舞踊と振袖の着付け専門特別講座」でお勉強を重ねていらっしゃる山口県の受講生。
そのほか、まだ未定ですが、博多の人形師の方や岡山から小倉におけいこにみえている方の参加も予定されています。
宮崎の認定者や卒業生の皆さまは勿論参加されます。

この認定式典のあと、認定者を祝福するパーティーが、「秋のきものフェスティバル」です。




コメント