きつけ塾 いちき

「きもの」の袖に手を通す時に、「ときめき」を感じる日本の女性たち。
この「胸の高まり」は、いったい何なのでしょうか。

福岡・「舞踊と振袖の、着付け専門講座」、今年後半の日程

2018-08-07 10:04:19 | 舞踊と振袖の着付け

今年後半、4ヶ月間の日程表です。
10年以上にわたって行っている、「舞踊と振袖の、着付け専門講座」。
2018年の予定も、3分の2が終了し、残り4ヶ月間の日程を残すのみとなりました。

後半は、「振袖着付け専門講座」の参加者も…
現在は、多くが「日本舞踊の着付け講座」に参加されている方です。
しかし来年に向けて、成人式のための「振袖着付け専門講座」も参加者を募集いたします。
お問合せは、090-4489-9745 いちき まで。






 

 

     
      
   

コメント

明日(8月3日)は、「舞踊と振袖の、着付け専門小倉講座」

2018-08-02 22:09:48 | 舞踊と振袖の着付け

舞台裏の実践編/資格者から衣裳方へ…
「きつけ塾いちき」は、秋口から冬にかけて、舞踊の会の着付けのご依頼を多く承っております。
一通り技術の分かった資格者でも、現場の雰囲気や実践での対応力は別物です。
舞踊の会の会主にご迷惑をかけずに、現場で技を磨く機会をもらえないと、趣味の世界に終わってしまいます。
舞踊着付けの資格者が、衣裳方に成長していく現場が今年は多くあります。
巾が広く、奥行きの深い日本舞踊の世界。
日本舞踊に貢献出来る力量は、現場の実践の中でしか成長できません。

あす(8月3日)の小倉講座では、現場に対応できる実践編が、資格者を対象に行われます。

当日の見学は自由です。
講座当日の見学者を大歓迎いたします。
お問合せは、090-4489-9745 いちき まで。





 

 

     
      
   

コメント

「ももち文化センター」講座の技術を、佐賀のお祭りで…

2018-08-02 15:58:41 | 舞踊と振袖の着付け

外国の方に浴衣を着せるためにも…
佐賀県から日本舞踊の着付けを学びに着ている江口さんは、近く行われるお祭りで、外国の方中心に浴衣を着せることになりました。
日本人と比べて体格も異なる皆さんに着せるためには、タオルだけでなく、サラシなどの補整も必要です。
帯結びも、少しでも喜ばれるものを…とお稽古されました。

お祭りを盛り上げるために、着付けでがんばる江口さん。素晴らしいですよね。



 

 

     
      
   

コメント

「ももち文化センター」講座で、11月の舞踊会に向けて

2018-08-02 15:46:56 | 舞踊と振袖の着付け

「ももち文化センター」講座で特訓
「ももち文化センター」講座に参加している守田さんは、これまでに学んできた技術を現場で生かす特訓をされました。
11月の予定されている、述べ79名の舞踊の会には、多くの帯結びが予定されています。
これまで、お勉強してきた技術を現場で生かします。

両角の後見と袴の着付けをおさらいする守田さん。





 

 

     
      
   

コメント

福岡の「舞踊と振袖の、着付け専門講座」…8月1日から

2018-07-30 20:15:34 | 舞踊と振袖の着付け

福岡と小倉で3日間/着付け一座が参ります
気候の変動で、これまでになかった自然災害が頻発しています。
被災地の皆さまには言葉もございません。
台風12号の動きなどは、台風銀座といわれた宮崎出身の私でも、70年で初めての事でした。

さて、いま夏休みの最中ですね。
お子さまサービスの主婦の皆さまも、多忙のようです。
おけいこにも少しお休みが増えているのはそのせいかも知れませんね。
一年に一度きりの夏休み。ご家族で楽しい夏の思い出をお作り下さいませ。

暑い夏ではございますが、「きつけ塾いちき」の「着付け一座」は、8月1日(水)から3日までの3日間、福岡県にお伺いします。
日程は下記の通りとなっています。

興味のある方はお問合せくださいませ。(090-4489-9745 いちき まで)
ご一緒に楽しくお勉強いたしましょう。
お待ち申し上げております



 

 

     
      
   

コメント

福岡と浅草の「特別講座」…日程決まる!

2018-07-25 09:26:37 | 舞踊と振袖の着付け

福岡…月初め。浅草…月の後半に開催
毎日記録的な気候で、言葉に出来ないほどの災害も多発して…。
受講生やお世話になっている皆さまには、どのようにお過ごしかと案じる日々が続いております。

ところで、毎月開始されている、浅草と福岡の、「舞踊着付けと振袖着付けの特別講座」の日程が決まりました。
詳しい内容は下記の画面をご覧ください。

福岡の「舞踊と振袖の、着付け専門講座」は10年以上の歴史を重ね、舞踊や振袖の着付けのプロフェッショナルが育ってきています。
また浅草では、開講以来7ヶ月。芸妓さんや着付けの先生方、花嫁着付け専門の方などが参加され、楽しい講座になってきています。

今月も、福岡は4名で、浅草は3名の専門講師で指導させて頂きます。
当日の講座でお会い出来るのを楽しみにしています。

講座には、見学のお問い合わせもありますので、、楽しい講座もご覧頂く予定です。
受講される皆さまは、猛暑の中での講座でございますので、充分お気をつけてお越しくださいませ。
体調の優れない方には、くれぐれもご無理をなさいませんように。





 

 

     
      
   

コメント

小倉講座/男の角帯五種と、舞台メイク

2018-07-13 23:42:52 | 舞踊と振袖の着付け

午前の講座は、角帯の結び方五種!



「きつけ塾いちき」の「舞踊と振袖の、着付け専門講座」三日目の内容は、「男の着付け…角帯の結び方」でした。
角帯の結び方はいろいろありますが、そのうちの五種類について学びました。
角帯の結び方は、手先のとり方が命です。
「貝の口」を基本に変化させていく各種の帯結び三種(浪人結び・与一結び・神田結び)と、「虚無僧結び」が今回の課題でした。
ごまかしの効かない角帯の帯結び…結び手の感性で、粋にも野暮にもなるこの角帯の講座は、有意義なものになりました。

舞台化粧の今回の講座、は「白塗り」
以前このブログでも、「2018京都ミスきもの」さんををモデルに、「関東芸者の着付けショー」を行った記事を掲載いたしました。
芸者の着付け…芸者のメイク…カツラ…と、全てを「きつけ塾いちき」で学び、着付けショーを成功させた古谷野さん。
今回も引き続き、舞台化粧を真剣に学ばれました。
今日の課題は「白塗り」(水化粧)。
センスのいい男性の顔師が生まれそうですよ。





 

 

     
      
   

コメント

7月12日(木)の「ももち講座」…後見・町娘・裃など

2018-07-12 13:03:10 | 舞踊と振袖の着付け

カリキュラム以外の、「着付け番外編」も指導!!
「ももち文化センター」の「舞踊と振袖の、着付け専門講座」二日目は、…
帯が短くて、足りなかったときの「つの出し」結び各種。
いろいろな舞台や演目で違う「裃」の着付け方法。など、カリキュラム以外の着付けの指導を行いました。

参加者のみなさんは、相モデルをしながら午前午後の講座を真剣に学んで、実践に活かせるお勉強をされていました。

明日は、小倉の「KMMビル」で講座が行われます。

 



 

 

     
      
   

コメント

「ももち文化センター」の、夜の講座

2018-07-12 00:09:46 | 舞踊と振袖の着付け

江戸の町娘」、「着流しと角帯三種」などをおけいこ
福岡市早良区の「ももち文化センター」で行われている、「舞踊と振袖の、着付け専門講座」も、一日目の夜の部を迎えました。
講座では、「つの出しの変化」、「着流しの着付け」、「角帯三種(貝の口、片ばさみ、神田結び)」などを学びました。

四名の指導講師は、「つの出し」や「角帯」の帯結びの大切なところを、実際に結んで見せて指導。
また、「はしょり着付け」や「着流し着付け」でも、さまざまな基本を楽しく指導して、笑いの絶えない講座となりました。

明日は、午前10時からと、午後1時半からの二講座を予定しています。





 

 

     
      
   

コメント

はしょり着付けに、つの出し結び…/福岡

2018-07-11 17:24:12 | 舞踊と振袖の着付け

昼の部を延長して、真剣におけいこ!
「舞踊と振袖の、着付け専門講座」、昼の部で、「つの出し」を学んだ大内田さん。
おけいこ時間を延長して、きものの着付けと帯結びを学びました。

黄八丈のきものを着せて、帯結びは「つの出し」。
舞踊の着付け講座に入って、初めて結ぶ「町娘の着付け」です。

これから本格的な衣裳方のお勉強が始まります。





 

 

     
      
   

コメント