木村草太の力戦憲法

生命と宇宙と万物と憲法に関する問題を考えます。

ご質問について

これまでに、たくさんのご質問、コメントを頂きました。まことにありがとうございます。 最近忙しく、なかなかお返事ができませんが、頂いたコメントは全て目を通しております。みなさまからいただくお便りのおかげで、楽しくブログライフさせて頂いております。これからもよろしくお願い致します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

制度的保障について

2018-05-05 21:42:46 | Q&A 憲法上の権利
制度的保障について (あや)
2018-04-21 23:22:09
木村先生 こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
早速ですが、制度的保障について質問です。
先生は以前ブログにて「『制度的保障』というのは、個人の権利を保障したものではなく、客観法原則として保障されるにすぎない(したがって、その違反について個人の主張適格が認められない)という意味の言葉」と記載されていました。
とすると、司法試験の論文などでは住民訴訟の途がある政教分離以外は、制度的保障を論じる場面はないのでしょうか。
例えば、制度的保障である大学の自治なども論じる場面は想定されないでしょうか。
お時間ありましたら、ご回答宜しくお願い致します。


大学の自治については、「客観保障・制度的保障」ではなく、
大学という団体としての権利だという理解もあり得ます。
その場合には、大学が法主体として、自治権の侵害を訴えることができるでしょう。

また、ポポロ事件では、
問題の「警察官の公務」が適法(客観法違反がない)だったかどうかが問題になり、
正当防衛などを扱う中で、客観法としての大学の自治が議論されております。

なので、住民訴訟以外でも
大学の自治について争われる場面は多くあります。

辰巳の過去問本で確か
客観法問題は検討しているはずですので、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

過去問集について

2018-01-20 22:29:14 | 作品情報 『Live講義』
辰巳の過去問集 (大志)
2018-01-17 21:59:14
木村先生こんばんは。
辰巳の司法試験過去問集はアップデートされる予定はありますか?
よろしくお願いします。



どうもありがとうございます。
新しい問題も蓄積したので、なんとかしたいなとは思っているのですが、
タイミングが難しいところです。

辰巳さんの方では出版以降も毎年、その年度の問題を検討する講義(執筆答案例も)
をやっておりますので、
そちらで補充していただく手もあります。

また、辰巳さんの方に、アップデートをしてくれと要望を出してもらえますと
動きがでるかもしれません。

ではでは、がんばってください~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新年のはつしごと

2018-01-07 23:02:37 | お知らせ
明けましておめでとうございます。

さて、今年は1月5日が所属大学での初講義。

その後、明日は辰巳法律研究所で政教分離の講義です。

政教分離関係の判例は、難しいのですが、
丁寧に読み解いてゆきましょう。

ではでは、本年もよろしくお願いします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

毎日小学生新聞

2017-08-27 00:20:47 | ちょっと一言
さて、この半年、毎日小学生新聞で、
連載をすすめております。

いただいたお便りをテーマに憲法について語る
というのが記事の内容ですので、
ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ご質問をいただきました

2017-07-06 07:55:55 | お便りコーナー
9条改正の方法について (nyk)
2017-07-04 21:46:45
表題の件について質問です。

先月のBSの番組で、9条改正の提案方法について3つの案を提案されていましたが、例えば1.改憲反対護憲30、2.改憲個別的自衛権のみ30、改憲個別的自衛権+集団的自衛権40、となった場合、3案で改憲ということになるのでしょうか?

そうすると、集団的自衛権の行使に関して6割の国民が反対しているにもかかわらずその民意が無視されてしまうことになります。
「護憲の民意が分断」される形になってしまうのでは?と思いましたが、どのようにお考えでしょうか?

(そもそも現政権にできるかは怪しいですが)より望ましい提案の形があればお聞かせ頂ければと思います。


>お答えです。

①護憲派が30%
②個別的自衛権までを任務にした自衛隊明記派が30%
③個別的自衛権OKかつ集団的自衛権もOK派が40%という世論状況の場合に、
第一投票で「自衛隊明記+個別的自衛権OK」条項の可否、
第二投票で「集団的自衛権もOK]条項の可否を問うとします。

*単純化のため、③集団的自衛権の行使範囲での立場がいろいろあることは
 ひとまずカッコに入れます。

この場合、まず、
第一投票「個別的自衛権までOK」条項が②+③の賛成で可決します。

他方、
第二投票「集団的自衛権もOK」条項は①+②で否決されます。

結果、集団的自衛権はNOという憲法条項になるので、ご指摘のような事態にはならないはずです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加