kimitsuku独り言

日々の暮らしから感じたあれこれを
ひとりブツブツ独り言

・♡❤♡・・母の100年・・♡❤♡・

2018年02月25日 | 日記
  
 故郷の母が100歳の誕生日を迎えました。ひと口に100歳と言うけれど…大正7年2月25日生まれの100歳よぉ~
激動の大正・昭和・平成の三時代を生き抜いた母の100年を振り返ってみました。母は北海道の小さな寒村で10人兄弟の
次女として生まれ、20歳で父と結婚、二男二女の子供を育てました。父の出征中は幼い女児二人を抱えて母はそれなりに苦労したのでしょうが、Kimitsukuが覚えているのは「戦争ごっこ」や「浪花節のレコード」で遊んだこと位の長閑な子供時代
でした。復員してきた父に暫く馴染めず、“おじさん”と呼んで叱られたことを記憶しています。やがて弟二人が生まれ、父の商売が忙しくなり母も仕事を手伝いながら充実した生活を送っていたと思われます。子供たちが巣立ち、父と二人ダンスや
カラオケを楽しんでいましたが、父が94歳で亡くなってから気力が無くなり、近くに住む末弟夫婦の世話になることが多くなりました。100歳を迎えた現在、オツムの方はかなり怪しいけれど生来の穏やかな人格を保っており、食欲も充分にあり、我が母なれど立派なものと感心します。昨年末に体調を崩し心配しましたが脱水症だったらしく、数日の入院で今は完全復活。
弟夫婦の話によると頭脳は以前より、シャッキリ冴えているそうで何とも有難いことです。
 さて100年前の話題と言えば、『米騒動』と『シベリア出兵』と『スペイン風邪』。『宵待草』『浜辺の歌』が流行し、ロシアのロマノフ王朝が滅亡した時代です。此の年に生まれた有名人は、田中角栄・高橋圭三・高峰三枝子などですが、中曽根康弘氏がご存命なのは目出度い限りです。今日は母を訪ねることは出来ませんでしたが、義妹の計らいで電話で話しましたら案外しっかりした話しぶりで安堵しました。暖かくなったら顔を見に行くからネと話すと、うん待っているヨとのこと。幾つになっても優しい母の言葉に心がホッコリ温かくなります。やっぱり母娘ってイイわねぇ
 ところで北海道の最高齢女性は111歳だそう…、さて母には記録更新を目標に これからも元気で頑張って貰いましょう。
コメント (4)

ヽ(^o^)丿 平昌メダルラッシュ ヽ(^o^)丿

2018年02月21日 | 日記
   
 連日の如く熱戦が続いている平昌オリンピック、日本は史上最多のメダルラッシュで此処まで金3銀5銅3を獲得しました。
大会前、アメリカの権威あるスポーツ専門誌によると日本のメダル数は金3、銀4、銅7と予想されていたそうです。
金3個とは小平奈緒の500m・1000mの2個、高木美帆の1500m。此の予想数は専門家の意見などを聞き取り、それぞれの
部門の専門記者が書く根拠ある内容になっているそうです。
 銀メダル予想は故障明けのフィギュア羽生結弦、髙木美帆の1000m、女子パシュートなど、銅メダルはジャンプ高梨沙羅 
複合ラージヒル渡部暁斗などの名が挙がっていました。さすが実績あるスポーツ誌、当らずと言えども遠からず…
メダルを胸にした選手たちの言葉には、今日まで支えてくれた人々への感謝の気持ちが溢れていました。また望み叶わず
会場を去る者、早くも4年後を見据える者、此処で得た経験を心に刻み新たな一歩を踏み出してくれることを願っています。
 日本勢初の4強入りした女子カーリング、フィギュア女子シングル、複合団体など、まだまだ続く平昌オリンピック。
選手の皆さん、残りの競技を悔いなく最後までベストを尽くして下さいね。
                   
 25日のフィギュア・エキシビションも楽しみあのヴァーチュ&モイアーの華麗なステップを再び観られるなんてぇ
コメント

!(^^)! 此処までの平昌オリンピック !(^^)!

2018年02月15日 | 日記
            
                     ≪テッサ・バーチュー&スコット・モイアー≫
 平昌オリンピックも第6日を終えて日本は銀メダル4銅メダル3を獲得しています。此の日を目指して血の滲むような努力を重ねてきた選手とスタッフに感謝と慰労の拍手を贈ります。みごと努力が報われた選手、残念ながらそうでなかった選手にも変わらぬ賞賛を…。
 フィギュアスケート・ファンKimitsuku、此処までの前半戦を振り返って最も感動したのは10チーム代表による団体戦でした。
此の種目は2014年ソチオリンピックから導入された冬季オリンピック正式種目で、日本チームは堂々のソチ3位でしたね。
今回は5位でしたが、まぁ順当な結果じゃないでしょうか 個人戦と違い4種目合計となると、まだまだ世界とは大差があるような…。
 それにしても優勝したカナダチームは本当に強かった 特にアイスダンスは圧巻でしたね。テッサ・バーチュー&スコット・
モイアーの完璧なパフォーマンスには SDもFDも他チームの追随を許さぬ滑りで、此の演技の裏にはどれだけの努力があったことかと…。素晴らしかったフリーダンス『ムーランルージュ』の動画がありましたのでまぁご覧くださいませな。
 これから羽生くん宇野くん田中くん宮原さん坂本さん等が出場するフィギュアスケート個人戦も楽しみですねぇ
コメント (2)

(~o~) 美味しく楽しく賑やかに…(~o~)

2018年02月13日 | 日記
               
 ボランティア仲間の懇談会が行われ出席しました。J老人ホームが地域サービスとして解放している『木洩れびの家』で
“茶屋のおばさん”をしているメンバー12名と施設職員が親しく懇談・交流する楽しいイベントでした。
ボランティアメンバーは地域住民5名と元施設職員7名からなり、それぞれ1ヶ月2~3日の割で活動しています。
これまで施設入所者と家族の方、地域町内会の打ち合わせ、藻岩山登山者の休憩、 実習生の昼食やカンファレンス等
利用されていますが、新たにコミュニティカフェをオープンしたいとのこと。当日は福祉の専門職が常駐し相談を受けたり
アドバイスを行なったり専門窓口を紹介したりするそうです。私たちボランティアの役割も多様化してきそうですね。
  
 何はともあれ美味しいお弁当タイム ワインビールで乾杯し、豪華三段弁当を頂きました。美味しく楽しく賑やかな
雰囲気が伝わってくるでしょ 懇談の中で、此の近辺に住んでおられる方々の地域愛OG職員たちの職場愛
強く感じられ心がホッコリ温まりました。ホント同じ志を持つ仲間ってイイねぇ。有難いねぇ。
これからも“茶屋のおばさん”を続けながら、地域の絆・仲間の絆を大切に少しでも尽力できるよう頑張ろう~っと
コメント (2)

さっぽろ雪まつり 2018

2018年02月09日 | 日記
                 
 ず~っと真冬日が続いていた札幌も今日は朝からポカポカ陽気で、絶好の雪まつり見物日和となりました。
大雪像も良いけれど大通り公園11丁目の国際コンクール会場を楽しみに出掛けました。雪まつり会場は毎度の
ことながら凄い人込みで、英語や中国語が飛び交い国際色豊か。トルコケバブやソーセージ屋台には長い列が
出来て、笑顔と笑い声で賑わっていました。
          
 13ヵ国から参加した国際コンクール、今回の優勝はタイ代表の『闘鶏・ガイチョン』でした。
2羽の鶏が向かい合って勇敢に闘う姿を迫力たっぷりに表しています。鶏冠や羽毛の細かな彫刻が見事でした。
          
 昨年の作品『木の夢』と『鶴の舞い』も素晴らしかった。年々参加国が増え精緻な技が冴えて、雪まつりのレベル
アップに寄与してくれています。今日は時間が無く全部を観ることは出来なかったので、12日までの会期中に もう
一度ゆっくり出掛けるとしましょう。
コメント (2)

2月3日…今日は何の日?

2018年02月03日 | 日記
        
 今から46年前の今日 1972年2月3日に、第11回冬季オリンピック札幌大会が開幕しました。35の国・地域から1006人が
参加し10日間にわたり6競技35種目で技を競ったアジア初の冬季オリンピックは天候に恵まれ、終了後に外国の関係者が
「札幌は見事に天候もコントロールした」と賞賛したとか… 大会テーマソング『虹と雪のバラード』は今も北海道の人々に
愛され未だ此の時期になると時折りラジオで流れます。あのオリンピックの後、札幌は大都市へと変貌し現在は200万人が
住む近代都市になりました。札幌市は今また2026年大会を招致しようと考えているようですが、平昌北京と続いた後では
どうでしょうかねぇ~ 
                
 ところで2月3日は、1901年-福澤諭吉、2013年-12代市川団十郎の忌日になります。偶然おふたりとも66年の生涯でした。
雪も寒さもピークの2月、おふたりの偉業に感謝 しつつ暖かい春を待ちわびる今日この頃です…合掌…
コメント (2)

(~o~)…2月の楽しみ…(~o~)

2018年02月01日 | 日記
                  
 今日から如月2月、『行く・逃げる・去る』の例え通り、年明けの1ヵ月は全速力で行ってしまいました。この分だと28日しか
無い2月は更に… あなおそろし。さて2月といえば3日の『節分』、14日の『バレンタインデー』ですね。恵方巻き食べてマイチョコ食べて…メタボ爆進あなおそろし。そして札幌の2月と言えば『雪まつり』でしょ つどーむ会場は今日から、大通り会場では5日から12日まで開催されますが…札幌名物の味噌ラーメン始めホタテやカキの海鮮焼き、鮭とイクラの親子丼
スープカレー、ウニ飯、豚丼、ジンギスカンetc、北国グルメが手ぐすね引いて待ってま~すこれまた おそろし。
 札幌以外でも、支笏湖の氷涛まつり、小樽では雪明かりの路、定山渓温泉の雪灯路、旭川の氷瀑まつり、オホーツク沿岸の流氷クルーズ、陸別町しばれフェスティバル等々、道内各地で盛りだくさんのイベントを通して厳冬を楽しもうと 張り切っています。まさに逞しいドサンコパワー炸裂で~す
 日ハムもキャンプインし、9日には平昌オリンピック開幕、月末25日には東京マラソンもあり、楽しみ尽きない2月になりそうですよ~
コメント