kimitsuku独り言

日々の暮らしから感じたあれこれを
ひとりブツブツ独り言

一輪ほどの…

2018年11月12日 | 日記
                  
 『梅一輪 一輪ほどの 暖かさ』は、早春に咲いた一輪の梅に春の訪れを感じ取った句ですが、我が家の
咲き遅れたバラの蕾が漸く開きました。『バラ一輪 一輪ほどの ・・・』、何と詠みましょうか。『暖かさ』でも
悪くないけれど、『愛らしさ』は、どうでしょう。他に、『愛おしさ』とか、『健気さよ』も 良さそう~。
 え~と他には、『花ごころ』なんてのは、どうでしょネ つくづく歌心なき我が身が情けないわねぇ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« NHK-BS   ♪・ 駅ピアノ ・ ... | トップ | ヽ(^o^)丿 大谷翔平選手⋆☆⋆新... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ちっぷ)
2018-11-12 21:01:13
”尊とさや”は、どうでしょうか?
GOOD !(^^)! (kimitsuku)
2018-11-12 23:35:15
“バラ一輪 一輪ほどの 尊とさや”…大変GOODですね、有難うございます。座布団献上
ちっぷさんは、スイス旅行が憧れなのですね。
2011年の夏に、駆け足ツアーしてきましたが、とても楽しかったですよ
予算もそれだけあったら大丈夫 実現すると良いですね。
待ってました🌹 (midori)
2018-11-12 23:38:25
雪が降る前に咲いて良かったぁ〜👏
気になっていたので、開花のブログにホッとしました(笑)
それにしても、綺麗ですね😊
お待たせ~ !(^^)! (kimitsuku)
2018-11-12 23:54:44
大変お待たせ致しました。
お天気が悪くて気温も上がらず心配していましたが、何とか咲いてくれました。
今年最後の一輪と思えば、より綺麗に見えますね。
水曜日あたり初雪が… 早くも滑り止め砂が用意されて、冬の足音が聞こえてくるようです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事