kimitsuku独り言

日々の暮らしから感じたあれこれを
ひとりブツブツ独り言

平成30年9月6日

2018年09月07日 | 日記
               
 6日未明3時08分、突然の激しい揺れに慌てて飛び起きました。未だかつて経験したことが無い大きな地震で、時間は10数秒ほどだったでしょうか。揺れが収まり電気を点けて家の中を確認すると左程のこともなく、再び布団に潜り込みました。
いつものラジオから緊迫したアナウンサーの声が、震源地は胆振地方の厚真町で札幌の震度は5強と伝えています。そのうち停電したようで何も聞こえなくなり、小さな電池式ラジオがあるのを思い出して引っ張り出しました。恐らく余震があるだろうとビクビクしながら、非常時の持ち出し品を準備していないことを反省したり、先ほど見た家の中の様子では心配いらないだろうなど呑気に構えていました。その後、何度かグラッと来ましたが一瞬のことで、いつの間にかウトウトしてしまって…。
 長野に住むMidoriさんから電話があり、北海道が酷いことになっていますよとのこと。TVが観られないので震源地の惨状が今ひとつ実感できません。とにかく我が家は何も被害が無かったと伝えて安心して貰いました。その後よく見ると、飾り棚のマトリョーシカが転んでいたり、本箱の上から紙袋が落ちていたり…程度でした。電気は来ていないけれど水道やガスは使用できます。 ただ困ったのはトイレ、ウォッシュレットが使えず水が流れない。でも大丈夫、使用する毎に浴槽の残り湯をバケツで運べば良いでしょ。冷蔵庫は素早く開閉すること。レンジもポットも炊飯器もトースターも使えないけれど、何とか大丈夫。携帯電話も充電済み。まぁ2日間くらいは電気無しでも暮らせます。食事は冷蔵庫の備蓄食品で済ませ、夜は懐中電灯とローソクで凌ぎました。
 7日朝には通電しており初めてTVで各地の無惨な被害状況を観ましたが、かつて阪神で、東北で、熊本で眼にした光景が北海道で繰り返されていました。いつも通る故郷への道、緑豊かな山林、小さなゴルフ場など、見覚えがある長閑な景色が一変していました。10数名の人々が亡くなり、安否不明の方も多く、懸命な救出作業が続いています。どうぞ一人でも多くの方が無事に見つかるよう祈るばかりです。自然は多くの恵みを齎すけれど、その反面で恐ろしい“しっぺ返し”を見せることがあります。静かな山間地に起きた自然災害の前で今は何も出来ず無力感に立ちすくむだけですが、いつの日か人々の尽力で再びあの山々が深い緑で覆われるよう、心から願っています。
コメント (6)