みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

日航機JAL123便墜落【ミサイル事故説】生存者は火炎放射器で息の根を止められた【国家機密】この事件のあと日本は以前にもまして対米全面服従になった!日本の安定成長が失われた大きなきっかけとなった!

2017-09-21 14:00:22 | 政治
御巣鷹・日航機JAL123便墜落

【ミサイル事故説】

生存者は毒ガス、

火炎放射器で息の根を止められた!

【国家機密】この事件のあと、

日本は以前にもまして

対米全面服従になった!

日本の安定成長が失われた

大きなきっかけとなった!

森永卓郎氏、 青山透子著…

日本航空123便墜落の新事実 

目撃証言から真相に迫る


ジャンボ機を追尾する

自衛隊ファントム2機と

赤い物体の目撃者!

自衛隊の訓練用ミサイルなどの

飛行体はオレンジ色で塗られていた!

何らかの理由で、その飛行体が

123便の尾翼を破壊したため、

123便は制御不能に陥ったのだ!

訓練中の標的機(オレンジ色)が

123便にぶつかった!

残骸の回収を優先…

JAL123便墜落事故は

国家機密である!

実際の事故機墜落現場は

早くからわかっていたが…!

現場の遺体は、通常の事故では、

あり得ないほど

完全に炭化していたという!

*日航機JAL123便墜落事故には

いろいろな考証、説あり、

米国の陰謀説など!

ジャンボ機を追尾する

ファントム2機と

赤い物体の目撃者!

赤い物体の窓際からの写真、

墜落現場にミサイル片…

は、揺るぎない真実の証言!






日本航空123便墜落の新事実 

目撃証言から真相に迫る

青山透子著 (河出書房新社)



内容紹介

日航機123便墜落事故原因に迫る新事実! 
この事故は「事件」だったのか!? 

1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。

「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション! 

当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者は、この「事故」に今なお疑問を抱き、数々の目撃者の証言をもとに真相に迫っていく。
前著からさらに探査の精度が深まり、頁をめくるごとに次々と新事実が明らかになっていく迫真の展開力で一気読み必至! 

*本書が追求する問題点
●公式記録にはないファントム二機の追尾が目撃されている。
●日航機に付着した赤い形状のものが目撃されたが、それは何か。
●地元群馬県上野村の小中学校の文集に寄せられた子どもたちの目撃証言。
●米軍機が墜落地点を連絡したにもかかわらず、なぜ現場の特定が遅れたのか。
●ジェット燃料の火災ではありえない遺体の完全炭化から考えられるある種の武器使用の疑い。
●事故原因はなぜ意図的に漏洩されたのか。
●圧力隔壁修理ミス原因説への疑問。

疑惑の証拠隠滅につながる数々の証言をもとに、今まで隠蔽されてきた問題が次々と明らかとなり、この事故が「事件」であった可能性が浮かび上がっていく。

【目次】
序 章 あの日に何が見えたのか
● 日航123便墜落事故に関する略年表
第一章一九八五年八月十二日の記録
1 スチュワーデスの視点から
2 政治家の視点から
● 中曽根康弘総理大臣の場合
● 山下徳夫運輸大臣の場合
3 日本航空の視点から

第二章新たに浮かび上がるあの日の証言
1 遺族となった吉備素子氏の体験と記憶
2 山下徳夫運輸大臣の記憶
3 目撃者たちの証言
● ファントム二機と赤い物体の目撃者

第三章『小さな目は見た』というもう一つの記録
1 上野村小学校、中学校の文集が語る二百三十五名の目撃証言
2 横田基地への取材ノートから
3 ガソリンとタールの臭いが物語る炭化遺体と遺品
● 検死に関わった医師たちの証言
● 山口悠介検事正による異例の説明会
● 上野村に眠る遺骨と尾根に残る残骸から見えてくるもの

第四章三十三回忌に見えてきた新たな事実 ~目撃証言からの検証~
1 事故原因を意図的に漏洩したのは米国政府という記事
● ガソリンとタールの異臭について
● 墜落現場不明という誤報とファントム二機の追尾
● 人命救助よりも大切だったのは赤い物体か?
2 未来に向けて私たちができること

終 章未来の目は見た
● 事実関係時系列表

内容(「BOOK」データベースより)

事故ではなく事件か!?墜落現場特定と救助はなぜ遅れたのか。目撃された戦闘機の追尾―あの事故で仲間を失った元客室乗務員が解き明かす!鎮魂のノンフィクション。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


======★======

第76回:日航123便はなぜ墜落したのか(森永卓郎) | マガジン9(記事は下記に)


【森永卓郎】日航機墜落※事実を隠蔽した可能性が高い!自衛隊機が2機追尾していた!謎のオレンジ色の物体~画像解析で判明!ダイバー発見の垂直尾翼!中曽根首相と防衛費GNP1%問題~123便墜落の真相に迫る - YouTube


日航123便墜落事件の『真実』と日本は米国支配層の【戦争マシーン】に組み込まれている!日米同盟「アーミテージ報告」バラク・オバマ政権は侵略のためにアル・カイダ系武装集団やそこから派生したISダーイッシュを傭兵として使ったが、東南アジアでもそうした動きがある!ネオコンの世界制覇戦争に組み込まれ日本!中東、北アフリカ、ウクライナで行ったような侵略をアメリカは、東/東南アジアでも実行、アメリカ軍や自衛隊が直接、戦争を始めることもありえる!《櫻井ジャーナル》- みんなが知るべき情報/今日の物語


御巣鷹、日本航空123便墜落事故/狙いは日本のOSトロンの技術者だった/Windows躍進、米世界戦略/「トロン」が完成していれば、Windowsの躍進は無かった!日本航空が墜落した現場からミサイル片が発見されており… - みんなが知るべき情報/今日の物語(抜粋引用)


ジャンボ機のあとを、戦闘機(ファントム機)みたいなのが2機追いかけていった。

マンションのベランダから西空を眺めていたところ、突然雲の透き間から太陽が射すようなオレンジ色の閃光を見た。

双眼鏡で覗くと両側から青、真ん中から赤い光を発した大型機が北の方に消えた。



下記にも記事…


<近代日本最大の謎と怪!!> 【JAL123便墜落事故】毒ガスで息の根を止められた生存者(抜粋引用)


JAL123便墜落事故は国家機密である。真相を追っていた佐宗邦皇氏、お茶を一口飲んだわずか30秒~1分程で突然倒れ、翌日死去。

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、火炎放射器で生きたまま焼かれていた

国家機密を守るため、特殊部隊が編成され事故処理にあたった。

123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。

殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか?

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、 火炎放射器で生きたまま焼かれた。

待機命令に反し、人命救助に急いだ隊員は射殺された。 精神状態がおかしくなる隊員も少なくなかったという。

口外すれば家族にまで危害が及ぶと言う事を暗にほのめかされ・・・・

下記にも記事…


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

第76回:日航123便はなぜ墜落したのか(森永卓郎) | マガジン9

森永卓郎の戦争と平和講座

第76回:日航123便はなぜ墜落したのか(森永卓郎)

By森永卓郎

 2017年8月30日

 ニュース番組にかかわるようになって20年以上、私の心のなかには、もやもやした疑問がずっとつきまとってきた。それは日本航空123便の墜落原因だ。

1985年8月12日18時12分に、大阪に向けて羽田空港を飛び立った日航123便は、同日18時56分に御巣鷹の尾根に墜落した。乗客乗員524人中、520人が死亡するという、一機では、世界最大の航空機事故となった。

 事故の原因は、その後の運輸省の調査で、機体後部の圧力隔壁が破損し、そのときの圧力で尾翼の一部が吹き飛んで、油圧装置も破壊され、そのことで機体のコントロールが不可能になったことだとされた。

機体は、過去に伊丹空港で尻もち事故を起こしており、そのときに破損した圧力隔壁をボーイング社が修理した際、十分な強度を持たない方法で行ったため、それが破損につながったとされたのだ。いまでも、この公式見解は一切変更されていない。

 しかし、この事故原因に関しては、当初から様々な疑念が呈されてきた。例えば、圧力隔壁が破損すれば、急減圧で機内に濃い霧が発生する。

それは、過去の機体破損の事故で共通して起きている。しかし、123便では、薄い霧は発生しているものの、機内が見通せなくなるほどの霧は、発生していないのだ。

そしてこの事故で最大の疑問は、墜落現場の特定が大幅に遅れたことだ。墜落時間は、8月12日の18時56分だが、地元の消防団員が生存者の落合由美さんを発見したのは、翌日午前10時54分だった。自衛隊が現場を特定したのも、公式には翌朝になってからということになっている。

すぐに救出に向かえば、多くの人命が救えたにもかかわらず、現場の特定が大幅に遅れたのだ。

 しかし、内陸部に墜落したのだから、機体は直前まで、確実にレーダーで捉えられていたはずだし、近隣住民も火の手が上がるのを目撃している。

当時、地元の自治体からは県や国に通報もなされているのだが、なぜか墜落現場は、現場とは無関係の長野県とされるなど、翌朝まで報道が二転三転し、特定されなかったのだ。

もっと不思議なことは、米軍が墜落直後に横田基地から輸送機を現場に飛ばし、上空から山が炎上するのを確認し、自衛隊に通報するとともに、米軍輸送機の誘導で厚木基地を飛び立った米軍の救難ヘリが現場に到着しているのだ。

だが、救援ヘリは、救助開始寸前に作戦中止を命じられ、何もせずに引き返している。つまり米軍は最初から墜落現場を完全に特定していたにもかかわらず、何故か日本政府には伝わっていないことになっているのだ。

 なぜこんな話を書いているのかというと、今年7月に青山透子氏が『日本航空123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』(河出書房新社)という本を出版したからだ。

青山氏は当時日本航空で働いていた客室乗務員で、事故機には彼女が一緒に仕事をしていた同僚たちが乗り込んでいたこともあって、事故の真相を探ろうと、あらゆる文献を収集整理し、目撃者証言を集めて、いわば人生をかけた調査に取り組んできた。そして、書籍のなかで、重大な事実を指摘したのだ。

 予め断っておくと、123便の墜落事故に関しては、これまでもあらゆる陰謀説が唱えられてきた。しかし、青山氏の今回の指摘は、そうした根拠不明の陰謀説とは一線を画すものだ。

青山氏は、東京大学の大学院を出て、博士の学位も取っている。東大を出ているから正しいというのではない。博士論文は厳密な審査が行われる。そのため論文には明確な根拠が求められる。

憶測で書くことは許されないのだ。その論文作成の姿勢は、この本でも貫徹されている。証拠となる文献、そして実名での証言を集めて、青山氏は厳密な論証を行っているのだ。

 この本のなかでまず注目すべきことは、墜落直前の123便を2機の自衛隊のファントム機が追尾していたという複数の目撃証言だ。

この証言のなかには、当時の小学生が事故の状況を綴った文集のなかでの証言も含まれている。子どもたちがうそをつくはずがない。しかし、この証言を前提にすれば、日本政府は、当初から墜落現場を完全に把握していたことになる。

 それでは、公式に機体を発見したとされる翌朝まで、自衛隊は一体何をしていたのだろうか。本書に掲載された証言によると、現場にはガソリンとタールをまぜたような強い異臭がしていたそうだ。

また、現場の遺体は、通常の事故では、あり得ないほど完全に炭化していたという。自衛隊を含む軍隊が使う火炎発射機は、ガソリンとタールを混合したゲル状燃料を使用している。

つまり、墜落から翌朝までの間に、何者が証拠隠滅のために強力な燃料で焼き尽くしたのではないかということだ。

 消すべき証拠とは何か。青山氏の著書によると、123便から窓の外を撮った写真を解析すると、オレンジ色の物体が飛行機に向かって飛んできているという。それは地上からも目撃されている。



 青山氏は、次のような可能性を提示している。自衛隊の訓練用ミサイルなどの飛行体は、オレンジ色で塗られていた。何らかの理由で、その飛行体が123便の尾翼を破壊したため、123便は制御不能に陥ったのだ。



 もしこの推測が正しいとすると、日本政府としては、とても受け入れられる事故原因ではなかっただろう。

というのも、事故当時、私は経済企画庁総合計画局で働いていたのだが、国会では、防衛費がGNP比1%以内に収まるのかどうかが、連日、議論の的となっていたからだ。総合計画局の産業班は、「防衛班」と呼ばれるほど、1%問題の国会答弁作成に追われていた。

当時は、野党が防衛費の膨張を強く非難し、国民の自衛隊に対する感情も、いまほど理解あるものではなかったのだ。そうした環境のなかで、自衛隊の不祥事は許されない状況だった。

 しかし事件から30年以上経過したのだから、政府は国民に真相を明かすべきだ。それは、森友学園や加計学園よりも、はるかに重要な問題だと私は思う。

なぜなら、この事件のあと、日本は以前にもまして対米全面服従になったからだ。事故の翌月には、ニューヨークのプラザホテルで「プラザ合意」が結ばれ、協調介入によって極端な円高がもたらされ、日本は円高不況に突入した。

日本の安定成長が失われた大きなきっかけとなったのだ。それだけではない。

1993年には宮澤総理とクリントン大統領の間で年次改革要望書の枠組みが決められ、それ以降、日本の経済政策はすべてアメリカの思惑通りに行われるようになった。

事故の原因を作ったとされるボーイング社は、もしこれが事件だとすると、罪をかぶった形になったのだが、その後、着々と日本でのシェアを高め、いまや中型機以上では、ほぼ独占状態といってもよい状況を作り上げている。

 123便の事故に関しては、これまで、何度も事故原因の再調査が政府に申し入れられたが、日本政府や日本航空はまったく動く気配がない。

しかし、2年前、私の心に希望の光が差し込んできた。あるニュースが飛び込んできたからだ。そのときに保存していたニュースを再掲する。

123便の残骸か…相模湾海底で発見 日航機墜落30年

テレビ朝日系(ANN) 2015年8月12日(水)11時47分配信

 乗客乗員520人が犠牲となった日本航空機の墜落事故から12日で30年です。墜落した123便は羽田空港を離陸した後、相模湾の上空で圧力隔壁が壊れました。垂直尾翼など吹き飛んだ機体の多くは海に沈み、今も見つかっていません。

ANNは情報公開請求で得た資料などから、残骸が沈んでいるとされる相模湾の海底を調査し、123便の部品の可能性がある物体を発見しました。

 先月29日、静岡県東伊豆町の沖合約2.5km、123便の推定飛行ルートの真下にあたる水深160mの海底で撮影された映像です。右側のパネル状の部分は四角形に見え、側面にある黒い部分には数字などが書かれています。

カメラとの距離などから調査にあたった専門家は、1.5mから2mほどの大きさではないかとしています。当時、事故調査委員会のメンバーとして墜落の原因を調べた斉藤孝一さんは「この映像だけでは分からない」としたうえで、123便の残骸である可能性を指摘しました。

当時の事故調査官・斉藤孝一さん:「仮に航空機の部品だとすると、『APU』のまわりに取り付いている『コントロールボックス』といわれてるようなもの」

 APUは機体後部にある補助エンジンで、客室に空気を送ったり電気を付けたりする役割があります。斉藤さんは圧力隔壁の破壊という事故原因は変わらないとしたうえで、残骸が見つかれば事故の状況がより詳細に分かる可能性があるとしています。

123便を巡っては、相模湾上空でのトラブルの際に機体から落ちた垂直尾翼の大半やAPUを含む機体後部の部品が見つからないまま、事故から1年10カ月後に調査が終了しています。国の運輸安全委員会はこの映像を見たうえで、「当委員会としてのコメントは差し控えさせて頂きます」としています。

 相模湾の海深く沈んでいると言われてきた翼も、この近辺の浅い海に沈んでいる可能性が高いのだ。尾翼が見つかれば、事故原因がはっきりする。もしも、訓練用のミサイルが尾翼を直撃したのであれば、尾翼の残骸にオレンジ色の塗料が付着していると考えられるからだ。

ところが、日本政府や日本航空は残骸の引き上げに動こうとしない。それどころか、これだけ重大なニュースであるにもかかわらず、テレビ朝日も、その他のメディアも一切続報を出さないのだ。

 日米関係がいったい何に立脚しているのか。本当のことを追及していかなければならない。それが、私を含めたメディアで働く人間の義務だろう。

森永卓郎

経済アナリスト/1957年生まれ。東京都出身。東京大学経済学部卒業。日本専売公社、経済企画庁などを経て、現在、独協大学経済学部教授。著書に『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)、『年収120万円時代』(あ・うん)、『年収崩壊』(角川SSC新書)など多数。最新刊『こんなニッポンに誰がした』(大月書店)では、金融資本主義の終焉を予測し新しい社会のグランドデザインを提案している。テレビ番組のコメンテーターとしても活躍中。

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


御巣鷹、日本航空123便墜落事故/狙いは日本のOSトロンの技術者だった/Windows躍進、米世界戦略/「トロン」が完成していれば、Windowsの躍進は無かった!日本航空が墜落した現場からミサイル片が発見されており… - みんなが知るべき情報/今日の物語(抜粋引用)


【JAL123便墜落事故】

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、火炎放射器で生きたまま焼かれた 

国家機密を守るため、特殊部隊が編成され事故処理にあたった。

123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。

殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか?

彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、

火炎放射器で生きたまま焼かれた。

待機命令に反し、人命救助に急いだ隊員は射殺された。

精神状態がおかしくなる隊員も少なくなかったという。

口外すれば家族にまで危害が及ぶと言う事を暗にほのめかされ・・

乗客は、墜落時にはまだ生きていたのです。

奇跡的に助かった落合由美さんと川上慶子さんの証言からもそれが分かります。

☆☆☆

<落合由美さんの証言>



『墜落の直後に、「はあはあ」という荒い息遣いが聞こえました。ひとりではなく、何人もの息遣いです。

そこらじゅうから聞こえてきました。まわりの全体からです。 

「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。 

次に気がついたときは、あたりはもう暗くなっていました。どのくらい時間がたったのか、わかりません。

すぐ目の前に座席の背とかテーブルのような陰がぼんやり見えます。私は座ったまま、いろんなものより一段低いところに埋まっているような状態でした。

左の顔と頬のあたりに、たぶんとなりに座っていたKさんだと思いますが、寄りかかるように触っているのを感じました。すでに息はしていません。冷たくなっていました。 

シート・ベルトはしたままだったので、それがだんだんくいこんできて、苦しかった。右手を使って、ベルトをはずしました。

動かせたのは右手だけです。頭の上の隙間は、右手が自由に出せる程度でしたから、そんなに小さくはなかったと思います。

右手を顔の前に伸ばして、何か固いものがあったので、どかそうと思って、押してみたのですが、動く気配もありません。それを避けて、さらに手を伸ばしたら、やはり椅子にならぶようにして、三人くらいの方の頭に触れました。

パーマをかけた長めの髪でしたから、女性だったのでしょう。冷たくなっている感じでしたが、怖さは全然ありません。 

どこからか、若い女の人の声で、「早くきて」と言っているのがはっきり聞こえました。

あたりには荒い息遣いで「はあはあ」といっているのがわかりました。まだ何人もの息遣いです。 

それからまた、どれほどの時間が過ぎたのかわかりません。意識がときどき薄れたようになるのです。

寒くはありません。体はむしろ熱く感じていました。私はときどき頭の上の隙間から右手を伸ばして、冷たい空気にあたりました。

突然、男の子の声がしました。「ようし、ぼくはがんばるぞ」と、男の子は言いました。

学校へあがったかどうかの男の子の声で、それははっきり聞こえました。しかし、さっき「おかあさーん」と言った男の子と同じ少年なのかどうか、判断はつきません。 

私はただぐったりしたまま、荒い息遣いや、どこからともなく聞こえてくる声を聞いているしかできませんでした。

もう機械の匂いはしません。私自身が出血している感じもなかったし、血の匂いも感じませんでした。吐いたりもしませんでした。 

やがて真暗ななかに、ヘリコプターの音が聞こえました。あかりは見えないのですが、音ははっきり聞こえていました。それもすぐ近くです。

これで、助かる、と私は夢中で右手を伸ばし、振りました。けれど、ヘリコプターはだんだん遠くへ行ってしまうんです。

帰っちゃいやって、一生懸命振りました。「助けて」「だれか来て」と、声も出したと思います。ああ、帰って行く・・・・・。 

このときもまだ、何人もの荒い息遣いが聞こえていたのです。しかし、男の子や若い女の人の声は、もう聞こえてはいませんでした。 

体は熱く、また右手を伸ばして冷たい風にあたりながら、真暗ななかで、私はぼんやり考えていました。

☆☆☆☆☆☆☆

証言を箇条書き
・13日午前4時、公式発表ではまだ発見され
 ていないはずの墜落現場に自衛隊員が既に100名程度は来ていた
・自衛隊員は人命救助よりも何かの回収を優先していた
・4~50名の生存者の声が聞こえた
・1時間後には生存者の声が全く聞こえなくなった。

~中略~

日本自衛隊・人命救助に急ぐ隊員を射殺! JAL123便墜落時には、

「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、当日のNHKニュースで発表

これもまた鋭い資料だ!!!

]2007年08月27日

●衝突6分前から気付いていた操縦クルー(EJ第1056号)

 JAL123便の操縦クルーは、謎の飛行物体にぶつかる少し前に気がついていたのではないかと思われるフシがあります。

 JAL123便が羽田空港を離陸したのは、午後6時12分のことです。

そのまま順調に飛行を続け、水平飛行に移行した午後6時18分過ぎ、右側に富士山と江ノ島が見えます。

高度は、約3500メートル。富士山と眼下の相模湾が一望できる風光明媚な場所で、この場所を飛行するパイロットたちがホッと息をつく瞬間だそうです。

 そのとき、右前方から奇怪な飛行物体が飛行機に近づいてきたのです。

あり得ないことであるだけに、操縦クルーに緊張がはしります。「危ない!衝突する!」

 それとほぼ同時に、座席中央部分の最後部から5番目に座っていた小川哲氏(当時41歳)も、その飛行物体に気がつき、それをカメラに収めているのです。

この写真は、JAL123便事件の謎を解く、唯一の貴重な物的証拠として後世に遺ることになるのです。

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


…………………★………………

<近代日本最大の謎と怪!!> 【JAL123便墜落事故】毒ガスで息の根を止められた生存者(抜粋引用)


■尋常ならざる遺体の状況

 参考ウェブサイト:http://www.asaho.com/jpn/bkno/2010/0809.html

ジェット燃料は高くて1400℃に到達するというが、それは灯油の1100℃とたいして変らない。

実体はほとんど灯油と同じと考えてよい。写真の子供は頭部の輪郭が崩れる程激しく燃えており、ジェット燃料(灯油)が原因ならば、まとまった燃料が本人にかかり燃えた、あるいは近くで激しく燃えていたことになる。しかし、子供の遺体に寄り添うように生えた木立にはほとんど焦げ跡がない。

しかも雑誌の文面には「紙幣や書類が周囲に散乱していた」(写真誌フォーカス)と記載されている。ジェット燃料はこの子だけをめがけ飛び散り、この子だけを燃やして火は収まったというのだろうか?

この不自然な状況を説明する理由を私はこう考える、「この子はごく間近から火炎放射器で焼かれたのだ」と。

元記事 当時、遺体の歯形で本人確認を行った大國勉氏(歯科医師、群馬県警察医会副会長)に、青山さん(元日航客室乗務員、青山透子氏)は何度もインタビューを試みている。

「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は白いままだし、骨もそこまで燃えていない。なのに、あの事故の時は骨の奥まで炭化するほど燃えていた。…二度焼きしたような状況だ」。

周囲の木々が幹の中までは燃えていないのに、遺体だけが骨の芯まで焼かれているのはなぜか。群馬県の検視報告書において担当医が「二度焼き」という言葉を使ったことは、ただごとではない。

女性4人の生存者が見つかったスゲノ沢の上流で発見された携帯用VXガス兵器と思しき容器。

20数年経って、瓶には微量の液体が残っていた。持ち帰る際、念のため何重にもビニール袋で密封したが、調査に当たった方達2人は、密封を解いた途端気分が悪くなり、数日間寝込んでしまったという。


………………………………

<近代日本最大の謎と怪!!> 【JAL123便墜落事故】毒ガスで息の根を止められた生存者(抜粋引用)


実際の事故機墜落現場は早くからわかっていたが、 訓練中の標的機(オレンジ色)が123便にぶつかった残骸の回収を優先

この”重大事件”を隠蔽しようと画策し、123便の横田基地への着陸を拒否し、2機の自衛隊機を発進させ、遠く御巣鷹(=地元)の尾根まで同機を誘導させた、その命令権者としての中曽根元総理は、当日、一体、何を考え、何を命令したのか? 2機の自衛隊機が、ミサイルで123便を撃墜したという説(池田昌昭氏)もある。また、二つの原爆の様な「きのこ雲」が湧き立つのを見たという、多くの目撃証言もある。さらには、墜落した123便の機体後部(尾翼付近)に、ミサイルAIM4(オレンジ色の機体)が突き刺さっていたという証言(佐宗邦皇氏の言)さえもある。実際、ご遺体の識別や鑑識に関わった医師や歯科医師が、「単なる墜落事故の遺体とは思えない」と語っているのを、われわれは、すでに聞いている。

My First JUGEM! 平和立国さんより http://heiwarikkoku.jugem.jp/?day=20100601

<転送開始> 「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。ナゾの自衛隊のチームのナゾの10時間の行動。かれらは何をしていたのか。

狭い空間に三人もいて高浜(機長)さんだけ木っ端微塵になったのはなぜですか。コックピット部分には燃料タンクはないのに焼け爛れていたといわれます。それは、まるで火炎放射器で焼いた跡のようであったといいます。

当時、突然垂直尾翼が大破し、不可解な「攻撃されているというSOS信号」が発信され(JAL123便の「スコーク77」の発信) 自衛隊機2機がスクランブル発信しました(自衛隊のマッチ・ポンプ?)。

そのあと墜落までの数十分間 管制塔との交信がされていて、レーダーでも捕捉されています。そして空中でナゾの爆発が2回起こり(前後に付き添う2機の自衛隊機が目撃されています)とうとう御巣鷹山に墜落。

「奇跡的四人の生存」の件だが、これは現場自衛隊員による、上官命令に逆らった「名誉ある反乱」の結果だろう。軍事隠蔽からすれば「全員死亡」がシナリオだった筈だ。

御巣鷹山墜落現場に辿り着いた消防・救命救急及びアメリカ軍・救命救急まで「軍事拒否」している訳だし。

自衛隊員の告白 本当の話です。事故原因も分かっていない時期に、私に、いずれは分かると思うんだけど(直ぐに真の原因が分かると言う意味だったんだと思います)…と言って話してくれた事は、「123便の事故は、本当は○○隊が○落させたんだよ。

当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便にぶつかったんだ。墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸があったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ」と。

実際の事故機墜落現場は早くからわかっており、地元民らは救出に向かおうとしていたのに、わざと違う事故現場を報道させ、また地元民らにも救出に向かうことを禁止した。

日本自衛隊・人命救助に急ぐ隊員を射殺!JAL123便墜落時には、「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、当日のNHKニュースで発表 これもまた鋭い資料だ!!! 2007年08月27日

●衝突6分前から気付いていた操縦クルー(EJ第1056号)JAL123便の操縦クルーは、謎の飛行物体にぶつかる少し前に気がついていたの ではないかと思われるフシがあります。 JAL123便が羽田空港を離陸したのは、午後6時12分のことです。

そのまま順調に飛行を続け、水平飛行に移行した午後6時18分過ぎ、右側に富士山と江ノ島が見えます。高度は約3500メートル。富士山と眼下の相模湾が一望できる風光明媚な場所で、この場所を飛行するパイロットたちがホッと息をつく瞬間だそうです。

そのとき、右前方から奇怪な飛行物体が飛行機に近づいてきたのです。あり得ないことであるだけに、操縦クルーに緊張がはしります。

「危ない!衝突する!」 それとほぼ同時に、座席中央部分の最後部から5番目に座っていた小川哲氏(当時41歳)も、その飛行物体に気がつき、それをカメラに収めているのです。

この写真は、JAL123便事件の謎を解く、唯一の貴重な物的証拠として後世に遺ることになるのです。 (抜粋引用終了)

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter



【報道されないニュース】 米国と自衛隊が撃墜した日本航空123便 1/2 ※核兵器運搬の証拠隠滅だった : 世界の真実や報道されないニュースを探る地球なんでも鑑定団

待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を射殺
NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。
現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。

経済が危機的状況下にあるアメリカがしかけたテロ
「富士山を噴火させるぞ!」
「日本を海の底に、沈めるぞ!」
と、連日のように恫喝し日本政府から資金を引き出そうとしていました。
またアメリカは、「年次改革要望書」という形で、毎年、日本に資金を要求しており
大臣や、官僚の人事にまで、口を出しています。
これにあわてた中曽根は、40日後の昭和60年9月21日に、プラザ合意をし
1ドルが、250円に決まりました。
皆さんもご存知の通り中曽根のアメリカへの加担は枚挙にいとまがありません。
JAL事件以外にも歯磨き粉に不妊剤を混入させたりしたアメリカの飼い犬で
日本国民をアメリカに売ってきた売国奴です。

【JAL123便】攻撃は日本を倒すミサイルだった - YouTube


墜落機、確認直後の映像 日航事故、陸自が空撮 - YouTube


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

東日本大震災3・11人工地震は【純粋水爆】か!?関与の自衛隊技術者12人が暗殺!米ペンタゴン要請だった!? HAARP…


東日本大地震、 3.11事件【人工地震】は石原慎太郎ら『核武装派』への米戦争屋の警告恫喝!という説!日本に核武装させたくない米国戦争屋ネオコンからの強い要求!もんじゅ廃炉は日本を乗っ取っている戦争勢力からの強い要求!



日本の対米債権1000兆円規模を踏み倒すため、北朝鮮を使った水爆EMPによる対日ステルス攻撃の危険が急浮上!さらなる米国債購入を要求されているかもしれない!2017年9月末に米国連邦政府の債務上限引き上げ期限が迫る!- 新ベンチャー革命 -- みんなが知るべき情報/今日の物語


福島原発事故での冷却注水は【ほぼゼロ】だった?AI解析によって判明!さらにメルトダウンは注水前に起きた!大量に発生したデブリが今後の廃炉作業の大きな障害となる!それでも安倍政権は原発再稼働、再稼働、輸出に狂気する!- みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« みんな思い出して!社会保障... | トップ | 韓国、北朝鮮9億円相当の人... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事