みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

安倍政権で【北朝鮮破産】米国高額兵器、言い値で購入!医療や年金などの社会保障費が真っ先にカット!戦争がしたくてたまらない安倍首相と米国の軍事産業との利益が一致した結果が際限ない軍事費の膨張!

2017-09-02 22:53:57 | 政治
安倍政権で【北朝鮮破産】

米国高額兵器、言い値で購入!

医療や年金などの

社会保障費が真っ先にカット!

戦争がしたくてたまらない

安倍首相と米国の軍事産業

との利益が一致した結果が、

際限ない軍事費の膨張!

迎撃システムが役に

立つかどうかも分からない!





【血税8千億円~1兆円】茶番八百屋の北朝鮮脅威で!地上型迎撃ミサイル「イージス・アショア」3基、追加の「イージス艦」5隻!子育て資金が消え、社会保障削減!米国奴隷の安倍政権!実効性さえ不明! 米国奴隷の安倍政権!1基1,000億円以上、維持費年数十億円!役に立たない米国製兵器ミサイル!北朝鮮が予告なしにミサイル攻撃したら役に立たないシステムだ!- みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍政権で防衛費は青天井 シャレにならない北朝鮮破産(日刊ゲンダイ) 赤かぶ


自分で危機を呼び入れておいて、北の脅威をことさら煽って軍拡を進める。米国の言い値で高額兵器を次々と購入する。

米国の軍事産業と、戦争がしたくてたまらない安倍首相の利益が一致した結果が、際限ない軍事費の膨張ということです。

その原資は、税金や国債なのですよ。国民が気づかないうちに、税金や預貯金が武器に化けている。

■憲法に反する経費もシレッと計上

軍事予算が聖域化し、何でもかんでも通るようになっている印象です。しかし、軍事費が膨らんだ分、国家予算はどこかを削ることになるのです。

真っ先にカットされるのが、医療や年金などの社会保障費です。

財政難だからと消費税を上げておきながら、国民の福祉を充実させるのではなく、米国製の高額武器を購入して、米国の軍事産業を喜ばせている。こんなの、どう考えてもおかしいでしょう。

概算要求には、専守防衛の原則とする憲法9条に抵触するような危うい経費も計上されています。

ミサイルにも“消費期限”があり、予算獲得のためにも、いったん購入したら使い切る必要があります。

米国が数年おきに戦争や爆撃を仕掛けるのは、武器消費のためともいわれている。公共事業と同じです。

日本もミサイル防衛システムを導入すれば、常に新たな技術を購入し続けるというサイクルから逃れられなくなる。

しかも、その迎撃システムが本当に役に立つかどうかも分からないのです。こんな防衛予算の編成に持続可能性があるとは思えません。

全文は下記に…


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


======★=====

安倍政権で防衛費は青天井 シャレにならない北朝鮮破産(日刊ゲンダイ) 赤かぶ



安倍政権で防衛費は青天井 シャレにならない北朝鮮破産
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212806
2017年9月2日 日刊ゲンダイ 文字お越し


高額兵器を言い値で購入(C)日刊ゲンダイ

 4年連続で過去最大を更新だ。防衛省が8月31日に決定した2018年度の概算要求は5兆2551億円。17年度の当初予算から1300億円(2・5%)増やした。現在の中期防衛力整備計画(14~18年度)で見込む年平均0・8%の増加を大幅に上回る水準だ。

 とりわけ目立つのが、北朝鮮の弾道ミサイルに対応するための「ミサイル防衛」関連経費の増加だ。今年度予算から1142億円アップの1791億円を計上している。

 8月17日に行われた日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で“お買い上げ”を決めてきた陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の整備費も盛り込むが、驚くのは、要求額が「未定」ということ。米国との協議を経て、年末に金額を確定させるという。

要するに米国の言い値で買うわけだが、米ロッキード・マーチン社製のイージス・アショアは本体だけで1基800億円といわれ、日本列島をカバーするには少なくとも2基が必要とされる。この最低1600億円分は今回の総額に反映されていないから、実際の予算増額は1300億円どころじゃない。3000億円規模になる。

 安倍政権は中国の海洋進出を口実に毎年、防衛費を増やしてきたが、北朝鮮のミサイル危機は「千載一遇のチャンス」とばかりに、ますますやりたい放題だ。海自のイージス艦に搭載する改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の購入に472億円、空自の地対空誘導弾PAC3の改良型「PAC3MSE」に205億円。

最新鋭ステルス戦闘機「F35」の6機買い増しに881億円。高高度無人偵察機「グローバルホーク」の取得に144億円、新型護衛艦2隻に964億円……。国内外で事故が多発しているオスプレイも4機の取得と関連経費に971億円を計上。これで配備予定のオスプレイ17機すべての取得経費計上が完了するが、その総額は3113億円に上る。

 見境ないまでの“爆買い”には、一体どこにそんなカネがあるのかと言いたくなるのだ。

■憲法に反する経費もシレッと計上

「軍事予算が聖域化し、何でもかんでも通るようになっている印象です。しかし、軍事費が膨らんだ分、国家予算はどこかを削ることになるのです。真っ先にカットされるのが、医療や年金などの社会保障費です。

財政難だからと消費税を上げておきながら、国民の福祉を充実させるのではなく、米国製の高額武器を購入して、米国の軍事産業を喜ばせている。こんなの、どう考えてもおかしいでしょう。概算要求には、専守防衛の原則とする憲法9条に抵触するような危うい経費も計上されています。

例えば、尖閣諸島などの離島防衛を名目にした『高速滑空弾』の研究費に100億円、長射程の『対艦誘導弾』の研究費に77億円を要求していますが、これらは敵基地攻撃能力に転用できるものです。国会で審議することもないまま、なし崩し的に敵基地攻撃能力を保有することには問題があると言わざるを得ません」(経済アナリスト・菊池英博氏)

 日本は軍国化に舵を切った――。国際社会がそう判断するのは当然かもしれない。30日付の米紙ニューヨーク・タイムズは「日本が数十年間の平和主義の後に軍事力を受け入れ始めた」と題する特集を組んでいた。憲法改正を目指す安倍政権が、北朝鮮情勢の緊迫化を受けたミサイル防衛の強化などで防衛予算を拡大させていること。

国民の間から平和憲法との矛盾を感じる声が出始めていること。日本専門家の「日本人は憲法の平和主義と防衛政策の矛盾を考えないようにしている」というコメントも紹介している。


カリアゲの暴発は奇貨(C)AP

集団的自衛権の行使容認で危機を高めるマッチポンプ
「安倍政権がやっていることは、マッチポンプとしか言いようがありません。集団的自衛権の行使を容認するなど、次々と戦争法を強行し、米国と一緒に戦争をする仕組みを整えたことで、地域の緊張を高めた。それによって、日本を敵視したことはなかった北朝鮮からも、標的にされるようになったのです。

自分で危機を呼び入れておいて、北の脅威をことさら煽って軍拡を進める。米国の言い値で高額兵器を次々と購入する。米国の軍事産業と、戦争がしたくてたまらない安倍首相の利益が一致した結果が、際限ない軍事費の膨張ということです。その原資は、税金や国債なのですよ。国民が気づかないうちに、税金や預貯金が武器に化けている。

たしかに国防は大切ですが、国民の不安を煽るのは目くらましに過ぎません。自分たちの社会保障は削られてもいいから、その分、ミサイルを買ってくれと頼んだ覚えはないはずです。こんな戦争屋首相は一刻も早く引きずり降ろさないと、この国は破滅に向かって一直線です」(菊池英博氏=前出)

 社会保障制度審議会初代会長を務め、国民皆保険や国民皆年金の創設などを答申した経済学者の大内兵衛は、大蔵省発行の「昭和財政史」の編纂に携わり、こう指摘している。

「軍備の拡大は、経済上の困難や不景気を一時的に先へ延ばすことはできても、経済上の困難を根本的に解決するものではなく、かえって困難を大きくし、問題を複雑にする」

「軍拡は必然的に戦争への道を促し、戦争はまたさらに次のより大きな戦争を不可避にするものである」

■政府債務のGDP比は敗戦直後と同レベル

 軍事増強は地域の緊張を生み、軍拡競争にはまって、軍事費は青天井になっていく。そして、最新鋭の武器を手に入れれば、使いたくもなる。北朝鮮がグアムに向けて弾道ミサイルを発射すると予告した際に、小野寺防衛相が迎撃に言及したのも、そういうことなのだろう。

 シグマ・キャピタルのチーフエコノミスト、田代秀敏氏が言う。

「ミサイルにも“消費期限”があり、予算獲得のためにも、いったん購入したら使い切る必要があります。米国が数年おきに戦争や爆撃を仕掛けるのは、武器消費のためともいわれている。公共事業と同じです。日本もミサイル防衛システムを導入すれば、常に新たな技術を購入し続けるというサイクルから逃れられなくなる。しかも、その迎撃システムが本当に役に立つかどうかも分からないのです。こんな防衛予算の編成に持続可能性があるとは思えません」

 冷静に考えてみれば、安倍政権が4年間でやってきたことは、アベノミクスと称して国債を大量に発行し、軍事費を増強してきただけではないか。その結果、庶民の生活は貧しくなり、一方で、大企業の内部留保は約124兆円も積み上がった。

 この政権がやっていることは、無謀な戦争に突き進んだ戦前の「戦時国債」と変わらない。庶民に負担を強いて、財閥を儲けさせた構図も同じだ。

「戦前の日本政府は、軍事費調達のために外貨建て国債を発行しましたが、不良債権処理や景気対策のために国債残高は増え続け、さらに軍事費の膨張にも歯止めがかからなくなった結果、国債残高は1920年以降、恒常的に国家予算を上回り、戦時中に3倍以上も膨張しました。敗戦より先に国家財政が完全に破綻していたのです。今の政府債務のGDP比も、敗戦直後とほぼ同じレベルになっています。17年度末の国債発行残高は865兆円を見込んでいて、これは税収の約16年分に相当します。さすがに、日経新聞も1日付の社説で『水膨れ予算に諮問会議は歯止めかけよ』と懸念を表していました。北朝鮮ミサイル危機を奇貨とする防衛予算の膨張を許すことは、財政破綻の引き金の安全装置を外すことになりかねません」(田代秀敏氏=前出)

 安全保障だ、国防のためだと国債を乱発し、軍事費を積み上げた結果、国家が破綻では元も子もない。

“北朝鮮破産”なんて、シャレにもならないのである。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

【血税8千億円~1兆円】茶番八百屋の北朝鮮脅威で!地上型迎撃ミサイル「イージス・アショア」3基、追加の「イージス艦」5隻!子育て資金が消え、社会保障削減!米国奴隷の安倍政権!実効性さえ不明! 米国奴隷の安倍政権!1基1,000億円以上、維持費年数十億円!役に立たない米国製兵器ミサイル!北朝鮮が予告なしにミサイル攻撃したら役に立たないシステムだ!- みんなが知るべき情報/今日の物語





平和主義の日本が【軍事力】を受け入れ始めた!米NYタイムズ特集/防衛費が過去最大【5兆円超】 地上配備型迎撃「イージス・アショア」は金額を示さない「事項要求」として記載! - みんなが知るべき情報/今日の物語



※上記の記事が停止中の時はコチラから↓
平和主義の日本が【軍事力】を受け入れ始めた!米NYタイムズ特集/防衛費が過去最大【5兆円超】地上配備型迎撃「イージス・アショア」は金額を示さない「事項要求」として記載! 『道草』今日の物語/ウェブリブログ

北朝鮮ミサイル発射、安倍総理は知っていた!前日には必ず公邸に宿泊!8月29日ミサイルは安倍日本側が依頼!板垣英憲氏【Jアラート茶番】国民の危機感をあおり「戦」へ備えさせるための国のツール!「反撃」やむなしとの意識を高めるため!安倍晋三、トランプ、金正恩が「何がしか利益を得ている」という「闇の情報」あり!ー安倍総理は普段は公邸に宿泊しません!ー - みんなが知るべき情報/今日の物語



※上記の記事が停止中の時はコチラから↓
北朝鮮ミサイル発射、安倍総理は知っていた!前日には必ず公邸に宿泊!8月29日ミサイルは安倍日本側が依頼! 板垣英憲氏/【Jアラート茶番】国民の危機感をあおり、「戦」へ備えさせるための国のツール!「反撃」やむなしとの意識を高めるため! 安倍晋三、トランプ、金正恩が「何がしか利益を得ている」という「闇の情報」あり!ー安倍総理は普段は公邸に宿泊しません!ー『道草』今日の物語/ウェブリブログ

北朝鮮こうも都合よくミサイル!もりかけ問題で追い詰められた安倍晋三!私たちに与えられた時間は4分!ミサイルの動きは完全に把握していた!というならカムチャッカに着弾するのもわかってたわけで、長野以東の東日本全域という粗い精度でJアラート出す必要もない!本当の危機はいまだに【原発54基】のミサイル防衛対策スッカスカ状態!テレビはミサイル騒動一色! みんなが知るべき情報/今日の物語










日本国民は米朝の軍事対立はすべて【八百長と知るべき】北朝鮮の核技術の開発資金の一部は【日韓国民の血税】北のミサイル技術もCIAネオコンから密かに供与!米軍横田基地と北朝鮮・平壌空港間には航空ルート! - みんなが知るべき情報/今日の物語


北朝鮮は米戦争屋にとって核・ミサイル実験場であると同時に、米戦争屋の核・ミサイル基地でもあるのです!米軍三沢基地の米国人が事前に緊急避難しない限り日本本土に落下する危険はないはず!事前に緊急避難しない限り、日本本土に落下する危険はないはず!日本国民は米朝の軍事対立はすべて【八百長と知るべき】 北朝鮮の核技術の開発資金の一部は【日韓国民の血税】北のミサイル技術もCIAネオコンから密かに供与!米軍横田基地と北朝鮮・平壌空港間には航空ルートがある!- 新ベンチャー革命 - /- みんなが知るべき情報/今日の物語



日米合同【弾道ミサイル迎撃実験】に失敗していた!2017年6月21日/対【北朝鮮ミサイル】米国製ミサイル迎撃システムはガラクタの証明!血税で【ガラクタ兵器】イージス艦追加、イージス・アショアを購入するという!事前通告があっても迎撃不可能!茶番劇の北朝鮮脅威【米国製ガラクタ兵器列島日本】 - みんなが知るべき情報/今日の物語


安倍晋三首相は【第3次世界大戦】を勃発させようとしている【悪霊】に未だに憑りつかれているようだ!第3次世界大戦を企むオバマやヒラリーの【悪霊】に未だに憑りつかれているようだ! - みんなが知るべき情報/今日の物語

安倍晋三首相は【第3次世界大戦】を勃発させようとしている【悪霊】に未だに憑りつかれているようだ!第3次世界大戦を企むオバマやヒラリーの【悪霊】に未だに憑りつかれているようだ! - みんなが知るべき情報/今日の物語

※上記の記事が停止中の時はコチラから↓
安倍晋三首相は【第3次世界大戦】を勃発させようとしている【悪霊】に未だに憑りつかれているようだ!「第3次世界大戦」を勃発させようとしているオバマ前大統領やヒラリー・クリントン元国務長官という「悪霊」に未だに憑りつかれているようだ!『道草』今日の物語/ウェブリブログ

日本の末路は【日米軍事同盟破産】日刊ゲンダイの絶妙な造語!安倍晋三が【米国製の武器爆買い】を約束!国民は戦争で犠牲になる前に生活苦で殺される!茶番・北朝鮮危機を煽り、増税や年金削減、保険費負担増で搾り取った金を米国の武器購入につぎ込む!これが現実であるのに、大手メディアはそのことを書かない!自民党政権が続くかぎり、この構造は変わらないのだ!それは、そういう政権を選んで支持してきた国民の責任でもある! - みんなが知るべき情報/今日の物語

※上記の記事が停止中の時はコチラから↓
日本の末路は【日米軍事同盟破産】日刊ゲンダイの絶妙な造語!安倍晋三が【米国製の武器爆買い】を約束!国民は戦争で犠牲になる前に生活苦で殺される!茶番・北朝鮮危機を煽り、増税や年金削減、保険費負担増で搾り取った金を米国の武器購入につぎ込む!これが現実であるのに、大手メディアはそのことを書かない! 『道草』今日の物語/ウェブリブログ

プーチン大統領、もし米国が北朝鮮を攻撃したらワシントンエリート層の【子供の売買・小児性愛】(ペドフィリア)人物名を公表すると警告した!おそらくこの警告で、彼らは動きが取れなくなる!オバマをリーダーとする連中は、アメリカ全土で暴動を起こし、トランプ大統領を非難し、弾劾に持ち込みたいのだと思いますが、このことも含めて決着がつくと思います! - みんなが知るべき情報/今日の物語



プーチンは真っ当!北朝鮮ミサイル「条件のない対話をすべき…圧迫は効果がない」NHK世論調査では日本人の半数が攻撃賛成!安倍政権と日本人半数が戦争を崇拝する!北朝鮮戦争になれば原発も狙われ一巻の終わり!プーチンは第三次世界大戦を避けるため、できる限りのあらゆることをしている! - みんなが知るべき情報/今日の物語




クズ産経新聞【東京新聞・望月記者】を批判【北朝鮮】圧力でなく、冷静かつ慎重な対応してはと…望月記者は迫った!産経は真っ当な質問も理解出来ないメディア!Jアラート、安倍総理が公邸に泊まると思ったら、次の日はミサイルが飛ぶのか!とも追及した! - みんなが知るべき情報/今日の物語




年金支給【75歳引き上げ検討】働けば働くほど高い医療費払わされる!安倍政権と小泉進次郎らの棄民政策!高齢者の医療費にも影響!年金【75歳受給】とセットで懲罰的な「死亡消費税」導入か!年金をもらっても「国に召し上げられる?」歳を重ねるほど体は不調をきたすことが多くなり、医療費の負担がかさんでくるという事実は変わらない!年金を渡さないばかりか、大きなケガや病気をしても働いて稼いでいるのだから【自分で払え】と見捨てられるのである。- みんなが知るべき情報/今日の物語



※上記の記事が停止中の時はコチラから↓
年金支給【75歳引き上げ検討】働けば働くほど高い医療費払わされる!安倍政権と小泉進次郎らの棄民政策!高齢者の医療費にも影響!年金【75歳受給】とセットで懲罰的な「死亡消費税」導入か!年金をもらっても「国に召し上げられる?」『道草』今日の物語/ウェブリブログ


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« クズ産経新聞【東京新聞・望... | トップ | 9月2日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事