みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

血圧は200でもセーフ!降圧剤で脳梗塞に!コレステロールには『上限値は必要ない』ダマされるな医者と医療マフィア!血糖値は100でもアウト…この数値が「病気のボーダーライン」高血圧の嘘

2017-02-12 21:12:51 | 健康
血圧は200でもセーフ!

降圧剤で脳梗塞に!

コレステロールには

『上限値は必要ない』

ダマされるな医者と

官僚と医療マフィア!

血糖値は100でもアウト…

この数値が「病気のボーダーライン」

高血圧の嘘

(週刊現代)



血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」(週刊現代) 赤かぶ

ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」(週刊現代) 赤かぶ


血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39292

2014年07月20日(日) 週刊現代 :現代ビジネス

"血圧・血糖値・コレステロール"これが正常と異常の分岐点です【第2部】



■高血圧には意味がある

医者の言うことを信じて病院に通い、毎日欠かさず薬を飲んできた身からすれば、今まさに繰り広げられている、「病気のボーダーライン」をめぐる争いに失望するのは当然だろう。

かたや、ひたすら基準値を厳しくして一人でも病人を増やそうとする製薬会社と、その手先となって動く医者たち。

かたや、今までの基準値をご破算にしてでも病人を減らし、医療費削減を目論む国と官僚―彼らの目には、国民の不安も混乱も、憤りも映ってはいない。自らの利益と保身がすべてなのだ。

いったい「健康」とは何なのか?いったいどこからが「病気」なのか?本誌は正常と異常、健康と病気を分かつ真の分岐点を探るべく、総力取材を行った。

まずは、従来の129と比べて大幅に高い147というボーダーラインが示され、最も大きな話題になっている血圧である。

「かつて、高血圧の基準値は上が180、下が100でした。それが年代が下るにつれ、140、さらに130と厳しく変更されてきたわけです。以前はそもそも『高血圧は病気であり、治さなければならない』という考え自体、私たち医師の間にも薄かったのですが……。薬屋さんは、実にうまくやったもんですよ」

第1部にも登場した、松本光正医師はそう語る。埼玉県で40年間内科診療に従事し、10万人以上の患者を診てきた松本氏は、高齢の患者を長年診察し続けるうち、こんな疑問にぶつかったという。

「なぜか血圧を下げる薬を飲んでいた患者さんばかり、脳梗塞になるんです。

庭のホースの中にゴミが詰まったらどうするか。蛇口を開き、水を勢いよく出して押し流すでしょう。薬で無理に血圧を下げると、血流の勢いが弱いので血栓が流れていかず、脳梗塞を引き起こす。高血圧にも、こういう役割があるということに気付いたのです。

しかし、誰もそれを指摘せず、頭ごなしに『高血圧は悪だ』と決め付けているのが医学界の現状です」

事実、東海大学医学部が'06年に行った調査では、降圧剤を飲んでいる高血圧患者が脳梗塞になる確率は、飲んでいない高血圧患者のおよそ2倍に達するとの結果が出ている。

「'60年代には脳卒中が死因のトップで、そのうち8割が脳出血でした。しかし現在、脳卒中は死因の第4位まで後退し、その内訳のほとんどが脳梗塞になっています。

昔に比べて栄養状態が良くなった現代人の血管は、めったなことでは破れませんから、血圧が上がっても脳出血は起きづらい。それよりも、ムリに血圧を下げることによって脳梗塞になることを心配すべきです。

今回新たに出された基準値も、緩和されたとはいえ、まだ厳しいですね」(松本氏)

では、本当の「高血圧のボーダーライン」はどこなのか。彼はこう断言する。

「高血圧の目安は『年齢プラス90』が基本だと考えてください。60歳ならば150、70歳なら160、80歳は170。この数字に10%をそれぞれプラスしても、まだ誤差の範囲といえます。40代から下の人は、血圧を気にする必要はありません。

年齢を重ねると、老化で血管が硬くなるのは仕方がない。その分、血液を体のすみずみまで送るために、自然と血圧は高くなってくるものなんです。それに、血圧はストレスや環境、運動などで簡単に変動します。たとえば70代の方なら、検査のとき一時的に200を超えるのは何の問題もありません。

60歳手前まで高血圧で悩んでいた患者さんが、定年で仕事のストレスがなくなった途端に血圧が下がったということもありました。血圧の変化は、体を守るために必要なものなのです」

■コレステロールも上方修正

医師でジャーナリストの富家孝氏も、こうした見解に賛同している。

「少し前までは、年齢に90を足したのが血圧の正常値というのは内科の常識でした。日本高血圧学会などが『正常』とする130は、あまりに厳しい値です」

実は、WHO(世界保健機関)が定める高血圧の国際基準は、'99年以降ずっと140のままだ。しかし、日本の医療関係者はこれを黙殺し、「日本では130以上が高血圧ということになっています」としか言わない。当然、どの文献を読んでも国際基準の扱いはとても小さい。

「上限が10変われば、1000万人単位で患者数が変わる。彼らは高血圧患者を可能な限り量産して、薬漬けにしようと考えているのです。数字を操作することによって高血圧患者が増やされてきたという事実を、日本人はもっと知らなければなりません」(富家氏)

医薬品業界には「ブロックバスター」という言葉がある。たった1種類で数千億円もの売り上げを叩き出すような、メガヒット薬を指すいわば隠語だ。ノバルティスファーマの不正によって知られるようになった降圧剤は、その代表格。降圧剤を売りさばこうという製薬会社の思惑が、高血圧のボーダーラインをどんどん厳しくしてきた。

降圧剤と並び称されるブロックバスターが、コレステロールや中性脂肪を下げる高脂血症治療薬である。実はこれらのボーダーラインについても、今回の新基準値発表を受けて「今までの基準値は不当に厳しかったのではないか」という疑問の声が上がっている。

従来、総コレステロール値の上限は全年齢の男女で一律199とされてきた。しかし、新たな基準値を見ると、男性は254、65歳以上の女性ではなんと280まで大幅にアップしている。さらにLDLコレステロール、いわゆる「悪玉コレステロール」でも、従来の上限119をはるかに上回る178(男性)、190(65歳以上の女性)という値が示された。諸悪の根源のように言われている悪玉コレステロールさえ、このありさまなのだ。

「今回示された数字はかなり踏み込んだものであり、評価しています。ただし、コレステロールに関してはもっと緩めてもいい」

富山大学名誉教授で、元日本脂質栄養学会理事長の浜崎智仁医師が言う。

「実は、コレステロールが本当に健康に悪影響を与えるかどうかは、きちんと解明されていないのです。

コレステロールが高いと心筋梗塞になりやすいと言われますが、これは調査対象の患者に『家族性高コレステロール血症』、つまり遺伝的要因で、生まれつきコレステロール値が450程度と高い人が含まれているのが原因だと考えられます」

■定説が次々に崩れる

家族性高コレステロール血症の患者は、そうでない人に比べて心筋梗塞になりやすいため、よく「コレステロールが心臓病の原因である」という定説の根拠として紹介されるが……。

「その原因はコレステロールではないことが分かってきていて、定説には疑問符が付く。むしろ全体の死亡率で見ると、総コレステロール値が高いほうが明らかに死亡率は低いのです。

さらに悪玉コレステロールには、体内に入った細菌やウイルスにくっついてブロックする性質があります。肺炎などの感染症や、バクテリアが引き起こす内臓疾患を防ぐのに役立ってさえいるわけです」(浜崎氏)

高血圧と同じく、高ければ高いほど危険とされ、良いイメージのないコレステロール。だが近年、「血液をドロドロにして血栓を作る」「動脈硬化の原因になる」という定説に疑義が示されているほか、海外では「女性ならば総コレステロール値300でも問題ない」という見方も出てきている。

「コレステロールは細胞ひとつひとつを包む細胞膜の材料であり、免疫を司っている重要な物質です。こう言うと抵抗があるかもしれませんが、私はコレステロールには『上限値は必要ない』と考えています。

総コレステロール値は死亡率と無関係であるというデータが出た後、日本動脈硬化学会は悪玉コレステロールに罪を被せたのですが、最近ではその悪玉コレステロールの害も否定するような研究結果が出始めている」(前出・浜崎氏)

かつて総コレステロールの上限値は260だった。しかし、'87年にこれを220に引き下げることが提唱され始め、その2年後に高脂血症治療薬の「メバロチン」が発売されたという事実がある。メバロチンは、ピーク時の'99年度には国内だけで年間1288億円を稼ぐメガヒット薬となった。

「今後、大幅に基準値が緩和されるとすれば、製薬会社には大打撃です。

メバロチンなどの『スタチン系』と呼ばれる薬には、発がん性やうつ症状といった副作用も報告されている。こんな薬を飲み続けてまで、無理をしてコレステロールを下げる必要は全くありません」(同・浜崎氏)

そのほか、特に今回の新基準値で気になるのは、糖尿病のボーダーラインとなる空腹時血糖とHbA1c(ヘモグロビンA1c、過去1~2ヵ月間の平均的な血糖レベルを表す)の値だろう。

新基準値では、空腹時血糖が従来の99から114(男性)106(女性)、HbA1cが従来の5・5から6・03(男性)6・20(65歳以上の女性)と大幅に緩和された。しかし、オハイオ州立大学助教授などを経て、北海道の愛し野内科クリニック院長を務める岡本卓医師はこう考える。

「すでに糖尿病を患っている人は、インスリンで無理に血糖値を下げると低血糖になり、心筋梗塞などを誘発するおそれがあるため、数値目標は緩めに設定すべきだと思います。

一方で、まだ健康な人の場合は、従来の値にならってやや厳しめに、空腹時血糖が100を超えたら気を付けたほうがよいでしょう。軽い糖尿病の場合は、食事や運動といった生活習慣を改善すれば、1年ほどで普通の生活に戻れる人が多いためです」

■それでも予防は大切です

つまりは、健康な人ならば空腹時血糖の新上限値として示された114(男性)、106(女性)は高すぎるので、予防のためにもこれまで通り99以下に抑えるべき、というわけである。

本誌は今回発表された新しい健康基準値が妥当なのかどうか、そしてこれまでの基準値と新たな基準値のどちらを信じればよいのか、信頼できる医師への取材にもとづいて独自に検証し、本当の「病気のボーダーライン」を算出した。

すでに紹介したとおり、高血圧・コレステロールに関しては「まだまだ緩められる」という結論に達した。しかし血糖値のほかにも、痛風の原因となる尿酸の値、そして肝機能障害の目安とされるγ-GTPの値については、「新基準は少し緩すぎるのではないか」との意見を述べる医師も少なくなかった。結果をまとめたものを次ページの表に示したので、参照してみてほしい。

さて、われわれ一般人ははたして、こうした病気の基準値とどのように付き合ってゆけばよいのか。前出の岡本氏が言う。

「患者を数値で切り分け、何でもかんでもすぐに薬に頼る医療には問題があります。しかし、早めに病気の芽を見つけて健康を維持することもやはり大切。今回、突然新しい基準値が出てきたことに戸惑う人も多いと思いますが、そうした基本を忘れないでほしいですね」

誰が健康で、誰が病人か―病気のボーダーラインは医療関係者や国の力でコロコロ変わり、それがカネ儲けに利用された例は数知れない。現に彼らは、いまも駆け引きの真っ最中だ。

しかし時代が変われど、人間のカラダがそう簡単に変わるはずがない。目先の数値に右往左往するのではなく、自分にとっての健康とは何か、落ち着いて見極めることが肝心である。

「週刊現代」2014年5月10日・17日号より


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します


ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!

癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。


純ココアが【癌から身を守る】&良質ビターチョコ!糖尿病や心臓疾患など生活習慣病の軽減!ダイエット効果…がん予防に簡単便利…/カカオの抗酸化物質が正常細胞の損傷を予防するという!不飽和脂肪酸オメガ3も豊富…/普通のチョコレートは純ココアに砂糖など混ぜものを入れて作ります。また無糖ビターチョコレートより純ココアの方が安価です。砂糖、ミルクなしが癌予防に効果的です。ただし、バランスの取れた食事の一部としてチョコを使用する場合に限ります!



癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!ガン予防、再発防止にも味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌、糖尿病、ダイエットなど「みそスープ」/ 腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区二日町



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!がん対策情報多数あり

砂糖の害について「まんが」で分かりやすく!子育て、両親に砂糖の害を伝える為に描いた漫画です!著作権フリーです…

アルツハイマー病・認知症は【脳の糖尿病?】砂糖、炭水化ー血糖値急上昇~食べる順番で予防~モーニングB



健康とダイエットの秘策「食べる順番」ガン、糖尿病、痴呆症など生活習慣病「血糖値太り」秘策…



乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


『抗がん』万能の薬効スパイス 『ターメリック』生活習慣病、抗腫瘍、抗潰瘍、消炎作用、肝臓、胆嚢、腎臓、心臓、糖尿病、認知症、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘、冷え性、貧血…二日酔い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全 、血栓予防、アレルギー、血液浄化、ピロリ菌除菌など


『100円ショップサプリ健康術』食物繊維とギムネマ!万病の元【血糖値スパイク】対策に!便秘、ダイエット、腸内環境、糖尿、癌予防など生活習慣病、体調維持!キャンドゥ、ダイソー!私の体験…

抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!

副作用のない抗がん剤【がん治療革命】誕生秘話!全身転移のがんが消えた…魔法の弾丸【PーTHP】誕生!しかし、なぜ保険薬にならないのだろうか…製薬会社が儲からない!P-THPに使われた抗がん剤は、企業にとって大きな利益をもたらさないということである!


がん治療に新たな光!近赤外線照射『 光免疫療法』相当量の癌、転移した癌、末期癌でも治せる!小林久隆主任研究員・米国国立保健研究所、がんの3大療法、外科手術、抗がん剤、放射線治療の弱点、すべてクリア!早ければ3年後に臨床試験開始!




トランプの「メキシコの壁」は【麻薬の流入を阻止】するため!ヒラリー、ブッシュ、安倍晋三も麻薬密売人!フィリピンでも米国でも、今や麻薬やくざを軍隊で「駆除」する時代!安倍日本では麻薬暴力団を放置!日本人の成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査!



卵のウソホント、1日2個以上はNG?=コレステロールを気にして=「卵を控えるのは間違い」コレステロールは、生命の根幹をなす人体の細胞膜の材料として、不可欠でホルモンの材料にもなる栄養素。

コレステロールの制限で『ガン・心臓障害』の死亡率2倍以上!厚生省の制限値は「死亡させるため」武田邦彦 - みんなが知るべき情報/今日の物語


トランプの公約【医療マフィアの粛清】大量ワクチン接種で自閉症の件!トランプ大統領は口だけで吠えているのではない!トランプの革命力「アメリカ大変身」日米マスメディアは報道しない - みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


  

コメント   この記事についてブログを書く
« ASKA【クズマスコミ】報道批... | トップ | 2月12日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。