みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

【自民党の朝鮮暴力団コネクション】 安倍晋三と 山口組の金庫番。小泉純一郎と稲川会。トヨタ!!

2012-12-08 23:26:57 | 脱原発

【自民党の朝鮮暴力団コネクション】 安倍晋三と 山口組の金庫番。小泉純一郎と稲川会。トヨタ!!

◆何がなんでも安倍晋三政権を誕生させたい人々が、

いろいろなことを画策しているということです。

◆新規原発を建造するだけでなく、海外に原発を輸出し、

さら核武装化を明言している、あの安倍晋三です。

◆徴兵制復活論議については、早くから自民党周辺から出ているので すが、安倍晋三も賛同しているのかは分かりません。

自民党と暴力団の闇が、、よくわかるブログを。。。

image

カレイドスコープより引用
============================

【自民党の朝鮮暴力団コネクションと「B層洗脳」】

「山口組の金庫番」である韓国籍の永本壹柱(右側の男)と安倍晋三。

議員会館の安倍事務所にて撮影。


ブラックジャーナリズム・週刊文春は「小泉 進次郎総理」の誕生を渇望する

週刊文春が、小沢一郎夫人の手紙を捏造して、

小沢一郎を表舞台か ら引き摺り下ろしたのは、今年の6月。

以来、マスコミの前から姿を 消しています。

そして、週刊文春は、今度は、維新の会の橋下(ハシシタ)徹代表 の

「生長の家・7億円裏献金」疑惑で、維新の会の支持率低下にいっそう拍車をかけました。

在日コリア(民潭)のために、

「民主も自民も、ついでに財界もぶっ潰す」といきまいていた橋下ですが、

なんと、その傲慢さに よって自分のほうから自滅してしまいました。

週刊文春の「生長の家からの7億円裏献金疑惑」については、

橋下が提訴するといっているので、成り行きを見守りたいと思います。

週刊文春は、これらにタイミングを合わせるように、

9月、読者メル マガ・アンケート行いました。 タイトルは

「橋下徹、小泉進次郎、細野豪志 総理にしたいのは 誰?」。

結果は誰もが想像していたとおりで、あまりにもできすぎです。

オリジナル制作ですので転載自由です。

小泉進次郎(31歳:稲川会から支援・CSISのマインド・コントロー ルにかかっている)、

橋下徹(43歳:民潭の走狗・日本解体を目指 す)、

細野豪志(41歳:環境利権屋に利益誘導・IAEA原発カル ト)。

稲川会、統一教会、成長の家…。てんこもり議員たちです。

これを見て、ピンッときたことでしょう。

他の二人と並べるのは、あまりにも不自然な小泉進次郎を持ってき たのは、

自民党若手のシンボル的な存在である進次郎の一見、

ク リーンなイメージに自民党を重ね合わせるためです。

細野などは、お飾りの数合わせ。

橋下は当て馬。 橋下と拮抗するようにアンケート結果を操作して、

わざわざ僅差で あるように見せかけて進次郎を勝たせたのは、

自民党の支持率が高 いように人々に印象付けることが目的なのです。

要するに、橋下の維新の会は、「切り捨て」が決まったということ です。

政党支持率では、自民党がトップ、維新の会は2%を割り込んで、も う絶望的。

民主党などは、言うに及ばず、で、次期衆議院選挙では、

何がなんでも安倍晋三政権を誕生させたい人々が、

いろいろなことを画策しているということです。

新規原発を建造するだけでなく、海外に原発を輸出し、

さら核武装化を明言している、あの安倍晋三です。

徴兵制復活論議については、早くから自民党周辺から出ているので すが、安倍晋三も賛同しているのかは分かりません。

いつまでたっても山口組と手が切れない岸信 介の孫・安倍晋三

安倍晋三の祖父は、ご存知・岸信介です。

岸信介は、広域暴力団・山口組と市場を奪いあうようにして満州で 阿片を売りまくり、

戦後はA級戦犯容疑者となって逮捕され死刑が執 行される予定でしたが、

その後、東西冷戦激化によって、アメリカ に利用価値を見出されて釈放された男。

安倍晋三は、そんな祖父の代からのつながりで、今でも暴力団・山 口組と手が切れず、

事実、過去何度か、その関係が報道されてきま した。

週刊ポスト2012年10月26日号で、逮捕された「山口組の金庫番」と

一緒の写真をスクープされ、少なからず政権奪取に燃える

安倍にとってはダメージとなっているようです。

週刊ポストは、「黒い交際写真の謀略」と、

「謀略」の文字を加え ることになって、安倍擁護であるかのように見せかけています。


この額縁に入れられた写真の右側のひと目で暴力団関係者と分かる白いスーツの男は、

韓国籍の山口組関係者、永本壹柱という男。

写真は4年前の6月に、議員会館の安倍事務所で撮られたもので、

今 は、世田谷の永本壹柱の豪邸に飾られているもの。

安倍晋三が、統一教会の合同結婚式に祝電を送ったことは事実だ し、

安倍の2000坪もある通称「パチンコ御殿」といわれている邸宅 の土地が、

パチンコ・チェーン店を経営する元在日朝鮮人(現在は 帰化)から、

ほとんど無償で永久的に借り受けていることは有名です。

このように、「安倍と朝鮮コネクションと山口組との関係は」、

もうどうやっても切れない関係にあるのですが、どういうわけか、

過 熱しないのです。 これが、民主党の議員なら、

マスコミはたいへんな騒ぎにするで しょう。

ちなみに、左側のアメリカ人は、前にも、ちょこっとだけ書いた

マ イク・ハッカビー(Mike Huckabee)議員です。

この人は、前アーカンソー州知事で、

2008年の大統領選にも出馬し た福音派の牧師さんです。

なぜ安倍の後援者が、聖職者のハッカビーと、

韓国籍の山口組系暴 力団の永本壹柱を引き合わせたのか謎です。

この写真が表に出てきたきっかけは、永本が今年3月に逮捕されたこ によるものですが、

それにしても、安倍が自民党の総裁に決まった後に。

永本壹柱の自宅に招かれたマスコミの誰かが発見したのが、

つい最 近だったから? でも、この写真が撮られてから4年も経つのに、

なぜ、今頃になっ て?

週刊ポストが、本当に安倍晋三のイメージダウンを狙っているとすれば、

自民党総裁選の直前に出すべきでしょう。

中吊り広告の見出しの「謀略」という、とってつけたような文字。

週刊ポストは、安倍が総裁に決まるまでこの写真の公開を手控えて いたのではないか。

そして、いずれ出てしまうのであれば、解散総選挙の前に出してし まえば、

安倍・自民党政権へのダメージは低く抑えることができる だろう、

そんな読みがあるような気がします。

つまり、橋下徹に致命的なダメージを与えた週刊文春、週刊朝日 も、

ノコノコ今頃になって暴力団との黒い交際写真を出してきた週 刊ポストも、

狙いはどうであれ、結果的には「安倍政権誕生」に誘導するものです。

もし、この一連のスキャンダルに背後関係があるとすれば、

それは 自民党が仕掛けたというより、

野田佳彦政権に見切りをつけた財界 とアメリカ勢でしょう。 それ以外にありえません。

自民党の週刊誌を使った「B層洗脳戦術」 は、今でも国民に使われている

さて、東電とズブズブの石破茂幹事長ですが、とうとう、
これも暴力団との黒い交際が発覚した田中慶秋法相を辞任に追い込めそうで す。

田中慶秋法は、現在入院中です。

さらに、ここでも週刊文春の活躍目覚しく、

今度は城島光力財務相 が稲川会系暴力団のフロント企業から

応援を受けていたことをすっ ぱ抜きました。

最初は、「私が暴力団関係者から選挙応援を受けたという、という 文春の記事は、

推測や伝聞で虚偽、著しい名誉毀損だ」とお怒りの ご様子でしたが、今はトーンダウン。

どうせ、野田佳彦は、政党助成金がもらえるまで解散を延期できれ ばいいのだから、

この二人の議員のスキャンダルなど、開き直った 野田にとっては痛くも痒くもないはずです。

自民党幹事長の石破茂にとっては、これは追い風です。

しかし、石破のほうも、

自身が代表を務める党支部が在日韓国人が 経営する会社から献金を受け取っていたことが

発覚、民主党の閣僚 を追及する矛先が鈍ってしまったようです。

第一、田中法相の暴力団との黒い関係を言うなら、

祖父の代からの 、どす黒い暴力団との関係を断ち切れない安倍晋三は、

いったいどう なるのか、ぜひ石破茂の納得のいく説明が欲しいところです。

安住淳民主党幹事長代行は、民主党の一期、二基の各議員を集め て、

選挙活動資金として一人当たり300万円ずつ支給したと言いま すから、

暮れが押し迫ってからか、年明け早々か、間違いなく衆議 院解散総選挙が近いようです。

あと5人離党すれば過半数割れで、

完全に民主党の息の根を止められ ると胸勘定をはじている自民党ですが、

彼らはますます過去の人と なりつつあるようです。

数の論理、イデオロギーの論理ではないところで、

国民の政治参加 は始まっているのに、何も気がついていないというのは、

この政党 が終っていることを意味しています。

自民党が再び「時代を取り戻す」ためには、福島第一原発事故の元 凶を作り、

アメリカに言われるまま、震災復興もままならないほど 借金を膨らまし続けてきた

責任を自ら問い、それを有権者の前で説 明することです。

そうすれば、一気に支持率は回復するのに、

まだ「B層・愚民化戦略」を実行した小泉政権時代の

世耕弘成に知恵を借りているようで は、この政党は時間の問題で消滅するでしょう。

「国民の生活が第一」の中村てつじ(中村哲治)議員が、

小泉時代 の世耕の「B層洗脳計画書」の存在を暴露しています。

「いわゆるB層について、これが原資料です。

2005年6月22日衆院郵政特理事会資料。

小泉政権は郵政民 営化広報のため「B層」をターゲットにしてビラを作成。

その意図を小泉政権が隠していたことについてマスコミは ほとんど報じませんでした」。

クリックで「日本国民B層洗脳計画」のフローチャートへ

世耕弘成(参議院)は、

「放射能に汚染されたホウレンソウをどん どん食べてください」と、

去年3月から4月にかけて、宮根誠司の番 組に何度も出演して、

国民を内部被曝させることをやっていた伊藤 哲夫教授のいる

近畿大学の理事長を努めている男です。

伊藤哲夫が所長を努める近畿大学研究用原子炉には安倍晋三が訪れ ています。

安倍は、「原子力」というより「核」フリークです。

自民党は、まるで機関車トーマスのような、

一丸となって怒涛のご とく原発を推進する政党であることは、

これだけの大事故を起こし た今でも、まったく変わっていません。

マスメディアも、自民党の原発政策について報道すると

支持率がガ タ落ちになることがわかっているので、

週刊ポストの「安倍の暴力団コネクション」などの

ゴシップやスキャンダルの類を意図的に流 して、国民の関心を他所に向けているのです。

これぞ「肉を切らせて骨を切る」戦法。

形を変えたものの、今でも「B層洗脳」は功を奏しているようです。

自民党が、すでに国民の利益に合わない政党になっていることに気 がつかないのは、

とりもなおさず自民党の議員自身なのです。

そして、フジテレビの平井文夫のような大メディアの論客が、

再び原発推進に国民を引きずり込もうとしています。

彼らは「日本病」という重い病気に冒されていて、

そこから脱出す ることができないのです。

カレイドスコープより引用
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1623.html


格差階級社会をなくそうブログより 引用
===============================

【財務省、小泉元首相、 広域暴力団稲川会、トヨタ自動車の闇】

●広域暴力団稲川会の幹部であった小泉元首相の祖父は、

ブッシュ大統領の祖父プレスコット・ブッシュと共に、

●日本の自衛隊向けの米国製兵器の「輸入商社」を共同経営して来た

■こうして、トヨタ等は、

4兆円もの「余剰資金を人材派遣サラリーマンの使い捨て」

によって生み出し、それをデリ バティヴ等のギャンブル投機に使って来た。

★これが「日本国家と言う物の、ほんとうの姿」である★

==========================================

広域暴力団=財務省幹部達の「闇ビジネス」

広域暴力団稲川会の幹部であった小泉元首相の祖父は、

ブッシュ大統領の祖父プレスコット・ブッシュと共に、

日本の自衛隊向けの米国製兵器の「輸入商社」を共同経営して来た 。

兵器の売人=「死の商人」である。

稲川会の幹部である、ある暴力団の組長は、こうして生み出された

兵器販売の利益800億円を「個人資産」として 、大手地銀に預け運用を委託している。

この大手地銀の社長を筆頭とした経営幹部のイスは、

日本の財務省を始めとした中央官庁の幹部OBによって独占さ れ、

その「指定席」になっている。

日本の首相一族と暴力団が行う「兵器販売=死の商人」=闇ビジネスの利益を、

財務省を中心とした中央官庁の最高 幹部達が「運用担当」して来た。

これが「日本国家と言う物の、ほんとうの姿」である。

拙稿「無差別通り魔殺人の深層」で記載したように、

トヨタ自動車は4兆円もの莫大な余剰資金をデリバティヴ・ ヘッジファンド等の形で、

ブッシュ=ロックフェラーの投資銀行等に「与えて来た」。

外国企業との「競争に打ち勝つために」技術研究に資金が必要であると言う「口実」の下、

賃金の安い「使い捨ての 労働力」として派遣サラリーマンを使い捨てにし、

年収200 万円以下の「将来に夢も希望も無い、結婚して家庭も 築けない」

人間達が、サラリーマン全体の3分の1になると言う、

「社会の崩壊、人間個々人の人生の崩壊」が生み 出されて 来た。

自暴自棄になった人材派遣の「犠牲者」達が、

無差別通り魔殺人を引き起こす社会が作り出されて来 た。

こうして、トヨタ等は、

4兆円もの「余剰資金を人材派遣サラリーマンの使い捨て」によって生み出し、

それをデリ バティヴ等のギャンブル投機に使って来た。

技術開発に資金が必要、などと言うのは「嘘」であった。

他人の人生を破壊し、「若者達」の夢を奪って作った資金で、

ギャンブル投機を行って来た。

この使い捨て人材派遣を可能にした派遣業法は、

日本の高級官僚達によって「作文」され、小泉元首相によって「国会」を通過させられた。

そしてJR、トヨタ等に派遣される「使い捨ての派遣社員達」は、

稲川会=小泉の経営する人材派遣会社等によって 「使い捨てられて来た」。

そして、そのトヨタの利益は

ブッシ ュ=ロックフェラーの投資銀行でギャンブル投機されて来た。

小泉=高級官僚が作った派遣業法により小泉=稲川会が人材派遣会社を経営し、

トヨタが、その人材派遣で利益を上 げ、小泉=ブッシュ・ロックフェラーに、

その利益を「上納」 する、と言うシステムである。

財務省官僚が兵器購入の予算を組み、その高級官僚が窓口となり、

小泉=稲川会=ブッシュ・ロックフェラーの兵器 商社から兵器を購入し、

その利益を稲川会が大手地銀に蓄積し 、財務省等の高級官僚が大手地銀で、

その利益を運用する。

この軍事産業の作り出した「循環」の拡大コピーが、派遣・アルバイト・パート等の、

「人間使い捨て」政策であっ た。

これこそが「日本国家と言う物の、ほんとうの姿」である。

日本の人材派遣企業の多くは、表向き普通の会社に「見せかけ」られている。

その経営者トップも、スーツ にネクタイ姿、テイネイで上品な言葉使い、腰が低く、

どこか ら見ても堅実なサラリーマンに見えながら、

しかし実 態は暴力団員のケースがある。

暴力団のメンバーだと言う事は、その経営トップ本人しか知らない。

側近も秘書も会 社役員も知らない。

本人も20歳代で、暴力団から「フロント企業専門」と言う事で、

形式上、「暴力団を破門」され、20年以上経過 しているケースが多い。

そのため、警視庁等の暴力団対策担当 者も、

全く人材派遣会社のトップが暴力団だとは知ら ない。

ただ本人が、お酒の席など「ボソッ」と、

「自分が~組の人間だ」と話し分かるケースが多い。

人材派遣会社からの暴力団への上納金も、大学出身の頭脳優秀な暴力団員が、

組の命令で勉強し公認会計士、税理士 の資格を取っているケースが、

各暴力団には必ず何人かづつ居 る。

その組員=会計士等が帳簿を操作し、記帳してい るため、

上納のシステムも「闇の中」である。

格差階級社会をなくそうブログより 引用
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/33709de1ac634012db51fe4ed6f522f5



コメント   この記事についてブログを書く
«  女性の風か【桑名市長選では... | トップ | 日本列島はほぼ全域で大地震... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事