みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で免疫力アップ、若返り、老化防止、筋肉強化。

自衛隊がイラン戦争に動員される危険が高まる!#WWⅢ【第三次世界大戦】を世界が危惧!トランプ政権は米戦争屋好戦派(CIAネオコン)の支配下に組み込まれたのか!米軍がイランの国民的英雄を殺害!戦後日本を

2020-01-05 09:19:14 | 政治
自衛隊がイラン戦争に動員される危険が高まる!#WWⅢ【第三次世界大戦】を世界が危惧!トランプ政権は米戦争屋好戦派(CIAネオコン)の支配下に組み込まれたのか!米軍がイランの国民的英雄を殺害!戦後日本を闇支配する米国戦争屋とは何者か!トランプは戦争を防ぐためというが!


「第三次世界大戦」を世界が危惧。米軍がイランの国民的英雄を殺害、日本も遅れてトレンド入り (記事は下記に)

戦後日本を闇支配する米国戦争屋とは何者か:2020年、自衛隊がイラン戦争に動員される危険が高まる! : 新ベンチャー革命(記事は下記に)



トランプ氏【戦争を防ぐため】イラン司令官殺害!イランは【厳しい復讐】誓う!安倍日本の対応次第では自衛隊どころか日本国民が危うくなる!だが安倍がトランプ大統領を中立の立場で説得するのは無理!東京五輪どころではない!- みんなが知るべき情報/今日の物語




戦後日本を闇支配する米国戦争屋とは何者か:2020年、自衛隊がイラン戦争に動員される危険が高まる! : 新ベンチャー革命


戦後日本を闇支配する米国戦争屋とは何者か:2020年、自衛隊がイラン戦争に動員される危険が高まる!


2020/01/04 16:46

新ベンチャー革命2020年1月4日 No.2563

 タイトル:戦後日本を闇支配する米国戦争屋とは何者か:2020年、自衛隊がイラン戦争に動員される危険が高まる!

 1.今年、イラン戦争を起こそうとしている米国戦争屋に、今の日本は属国支配されている

  2020年初頭、米国は国家として、イランの軍幹部を殺害しています(注1)。これは紛れもない米国の国家犯罪そのものです、到底、許されません!

  この事実から、今年は米国がイランに戦争を仕掛ける可能性が大です。

  今の米国において、イランと戦争したがっている勢力を本ブログでは米国戦争屋と名付けています。この米戦争屋は、戦後日本を半永久的に属国支配していると本ブログでは観ています。

  そのため、本ブログでは、これまで上記、米国戦争屋をメインテーマとしてきました。

  そして、その米国戦争屋とは何者かについて、過去にすでに定義しています(注2)。

  本ブログでは今の日本が、なんとか、彼らによる闇支配から自立できる日が来ることを願ってきました。

  ところが、現実はその真逆であり、今の安倍政権は、戦後日本でもっとも、米戦争屋の言いなりになる究極の隷米政権であると観ています。

 2.戦後日本を半永久的に闇支配する米国戦争屋とは何者か

 本ブログがこれまで定義してきた米国戦争屋とは、米国最大の財閥であったロックフェラー(以下RFと略す)財閥のボス・デビッドRFが実権を握ってきた軍産複合体勢力または米国寡頭勢力を指していました。そして上記、米国戦争屋は、RF財閥を頂点に形成されてきた米国の軍産複合体を中核に据えて、米国および日本を闇支配してきたと観ています。なお、米国戦争屋勢力は過激な好戦派ネオコンおよびCIAの中の謀略工作部隊を含んでいるものとみなします。

  さて、上記、デビッドRFは2017年3月20日に、その死去が発表され、米戦争屋ボスとしての地位が失われたことが確実になっています。その前提で、新・米戦争屋ボスのポジションは、RF財閥の番頭・キッシンジャーとともに、ジョンRF四世(ジェイRF)によって継承された可能性が非常に高いと観てきました(注2)。

 にもかかわらず、2020年初頭の現在、RF財閥から正式に、ジョンRF四世がRF財閥の覇権を継承したという公式発表は一切ありません。したがって、新・米戦争屋のボスはジョンRF四世かもしれないというのはあくまで、本ブログの推測です。

  これまで、本ブログでは、ジョンRF四世配下の新・米戦争屋は、米戦争屋内の好戦派(CIAネオコンを含む軍産複合体系)と米戦争屋・非・好戦派(石油ガス利権屋系)に分裂すると推測してきました。なぜなら、ジョンRF四世は、故・デビッドRFと違って、強大な軍産複合体を支配する覇権力を持たないとみなしているからです。

  そして、上記、ジェイRF配下のRF財閥は、欧州寡頭勢力との連携を強化すると観てきました。なぜなら、ジェイRFはデビッドRFに対抗するため、欧州寡頭勢力からの支援を受けてきたからです。そして、欧州寡頭勢力は第三次世界大戦を企てる米戦争屋好戦派を弱体化する方向に動こうとするので、今後、米戦争屋の好戦派は逆境に陥るであろうと、これまで本ブログでは観ていました。

  このような新体制下にて、逆境に陥った米戦争屋好戦派(CIAネオコンを含む)が、今のトランプ政権下でどのように悪あがきするかは、当初は未知数でしたが、2017年4月、トランプ政権は突然、シリア先制攻撃を実行した事実から、上記、戦争屋CIAネオコンは巧妙にトランプ政権に食い込んだことが判明しています。

  そして、2020年初頭の今、上記、トランプ政権は、イランの幹部がイラクに出張中、勝手に、攻撃して殺害しています(注2)。

  この事実から、今のトランプ政権は、完全に、米戦争屋好戦派(CIAネオコン)の支配下に組み込まれていると思われます。

  以上より、米戦争屋CIAネオコンはトランプ政権下で完全復活したとみなせますが、そのボスはジョンRF四世ではないと思われます。しかしながら、しぶとく復活した米戦争屋CIAネオコンの陰のボスが誰か、いまだに不明です、残念ながら・・・。

 3.安倍政権下の日本は、米戦争屋CIAネオコンに隷属する安倍一派に支配されているが、安倍一派は悪徳ペンタゴン勢力とみなせる

  今の安倍政権は、戦後最悪の隷米政権とみなせますが、安倍一派は、上記、米戦争屋CIAネオコンに完全に牛耳られています。

 本ブログでは彼ら安倍一派を含む隷米日本人を悪徳ペンタゴン日本人と呼んでいます。

 ちなみに、上記、悪徳ペンタゴン勢力とは元・早稲田大教授・植草一秀氏の造語です。

 さて、それでは、上記、悪徳ペンタゴン勢力とはいったい何者でしょうか。

 その悪徳ペンタゴン勢力とは、日本に蠢く一部の(1)政治家、(2)官僚、(3)マスコミ人、(4)財界人を指し、日本国民の利益より、米国寡頭勢力のうち、特に、日本を闇支配する米戦争屋の利益(私益)を優先する(あるいは優先させられる)買弁家的日本人、および(5)米戦争屋ジャパンハンドラー(買弁日本人をコントロールする米戦争屋系米国人)を指します。

 上記、米戦争屋ジャパンハンドラーを除く悪徳ペンタゴン日本人勢力は、米戦争屋による対日支配下で、しぶとく生き残っています。

 そこで、本ブログでは、この悪徳ペンタゴン勢力を日米安保マフィアと呼ぶこともあります。

  戦後日本がいまだに、対米自立できないのは、安倍氏を筆頭に、上記、悪徳ペンタゴン勢力が日本を支配しているからであると、本ブログでは観ています。

 さらに付け加えれば、上記、悪徳ペンタゴン(5者の呼び名)勢力を本ブログでは、悪徳ヘキサゴン(6者の呼び名)勢力と呼ぶときもあります。

 その場合の悪徳ヘキサゴンの6番目は米戦争屋CIAネオコンの極東謀略部隊の下請け組織を指し、半島系宗教団体や日本の親米右翼・ヤクザ(反社会勢力)がそれに該当します。

 4.悪徳ペンタゴン勢力に乗っ取られている自民党を支持する国民は、彼らの正体に気付くべき

  今の安倍自民党は、完全に、上記、悪徳ペンタゴン勢力に乗っ取られています。

  したがって、彼らは、日本国民より、彼らを支配する米国戦争屋の利益を優先するために日本を支配しています。

  いまだに、安倍自民党にだまされて、自民を支持する国民は、安倍自民の正体に早く気付くべきです。

  安倍自民党に対する国民支持率を下落させれば、安倍自民を闇支配する米戦争屋も、日本支配がやりにくくなるのです。

  いまだに安倍自民を支持する国民は、安倍自民の正体に早く気付いてください、是非、お願いします。

 注:時事通信“米非難相次ぐ イラン司令官殺害”2020年1月3日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010300499&g=int

注2:本ブログNo.1655『米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない』2017年4月13日
http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2017-04-13.html 


「第三次世界大戦」を世界が危惧。米軍がイランの国民的英雄を殺害、日本も遅れてトレンド入り


「第三次世界大戦」を世界が危惧。米軍がイランの国民的英雄を殺害、日本も遅れてトレンド入り

イランの国連大使「間違いなく報復する」

2020/01/04 13:11

瀬谷健介 BuzzFeed News Reporter, Japan

ドナルド・トランプ米大統領の命令で、米軍がイラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ司令官を空爆により殺害した。

ソレイマニ氏は、イランの国民的英雄ともされており、両国間の緊張が高まっている。

世界のTwitterトレンドには、「第三次世界大戦」を意味する言葉がトレンド入り。戦争を危惧する声があがっている。

米軍による空爆は1月2日夜、イラクのバグダッド国際空港であった。

トランプ大統領は3日、ソレイマニ司令官を「全世界ナンバーワンのテロリスト」とし、米外交官や兵士を攻撃しようと企てていたと説明。

「戦争を止めるために行動した。戦争を始めるために行動したのではない」などと殺害を正当化した。

「#WWIII」が世界のトレンドに

ソレイマニ司令官殺害を受け、Twitterの世界中のトレンドでは4日未明には、第三次世界大戦を意味する「#WWIII」や「#worldwar3」がランクインした。

日本では遅い時間だったためか、午前4時頃、「第三次世界大戦」が遅れて12位にトレンド入りした。

午後0時半現在、この件に関連するツイートと見られるものでは、世界のトレンドは1位「Trump」、2位「Iran」、4位「America」である一方で、日本は7位に「アメリカ」が入っている。

米CNNによると、イランのラバンチ国連大使は、「我々は、起きた事実に目を閉じていられない。間違いなく報復する。厳しい報復だ」と宣言した。

アメリカによる殺害行為を「軍事戦争を始めた」と非難し、「私たちは黙っているわけにはいかない」とも述べている。

トランプ大統領は、イラン政府の転覆を狙ってはおらず、戦争を望んでいないとも強調したが、中東地域に約3500人の部隊を増派する方針を明らかにしている。

 

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

アホン人【ツイッター】世界のトレンド【WWⅢ(第3次世界大戦)】日本のトレンド【BABA嵐】日本人の民度の低さが話題に!安倍日本の対応次第では自衛隊どころか日本国民が危うくなる!五輪も危うく!だが安倍がトランプ大統領を中立の立場で説得するのは無理!米空爆による司令官殺害にイラン反発!- みんなが知るべき情報/今日の物語


戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争勢力のボス【デビッド・ロックフェラー】が死去!手下の安倍政権、日本官僚、日米関係に大きな変化が起こる可能性が大! - みんなが知るべき情報/今日の物語




『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します




コメント   この記事についてブログを書く
« アホン人【ツイッター】世界... | トップ | イラン緊急時に…安倍首相は映... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。