みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

怖い内部被爆、50歳以上でも。 たとえ微量でも。 食品から低線量被爆。ユーリー・バンダジェフスキー氏

2013-08-21 19:10:50 | 脱原発
怖い内部被爆、50歳以上でも。

  たとえ微量でも。 食品から低線量被爆。

ユーリー・バンダジェフスキー氏


image

週刊実話より

たとえ微量であっても、
セシウムなど放射性物質が含まれる
食品を継続的に食べ続けると、
健康被害を誘発する恐れがある。

内部被ばくと健康被害には、相関関係がある

チェルノブイリ原発事故で
最大の被害を被ったベラルーシで
死亡者を解剖し、臓器ごとの
放射性セシウムを測定した病理解剖学者、

ユーリー・バンダジェフスキー氏(56)が
7月に来日し、低線量被ばくと健康被害について

警鐘を鳴らした。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ
にほんブログ村

2013年8月21日 週刊実話より
……………………………………………………………

【50歳以上でも怖い内部被ばく】

2013年8月21日(水)15時0分配信 週刊実話

 「たとえ微量であっても、セシウムなど放射性物質が含まれる食品を継続的に食べ続けると、健康被害を誘発する恐れがある。内部被ばくと健康被害には、相関関係がある」

 チェルノブイリ原発事故で最大の被害を被ったベラルーシで死亡者を解剖し、臓器ごとの放射性セシウムを測定した病理解剖学者、ユーリー・バンダジェフスキー氏(56)が7月に来日し、低線量被ばくと健康被害について警鐘を鳴らした。

 バンダジェフスキー氏は'96年から'98年、ホメリ市内の複数の病院で心臓血管系の疾患や感染症が原因で死亡した高齢者を含む大人や子供123人を調査。

その結果、心臓、肝臓、腎臓からセシウム137が検出されたという。

セシウム137は特に心筋細胞に蓄積しやすく、心筋障害や不整脈が起きやすくなる。

つまり、“低線量被ばくは50歳を過ぎると健康に害を及ぼさない”という、これまでの定説は誤りだった可能性を示したわけだ。

 「WHOはチェルノブイリ事故で、放射性ヨウ素による小児がんの発生しか認めていないが、克明に調査したわけではない。ところが、同氏が被ばくの論文を発表するや、政府に突然逮捕され禁固8年の刑を言い渡された。政治犯扱いのようなものです」(社会部記者)

 日本も、福島県が県民を対象に実施した甲状腺調査で27人が甲状腺ガンと診断されたが、県は「被ばくの影響は考えにくい」としている。

 「結局、時の政府にとって都合の悪い研究は排除され、放射性物質による健康被害を訴えようとすると、『差別だ、復興の妨げだ』と異端視される。被災地への帰還が実現し農業が再開されたら、健康被害の問題が噴出するのでは」(ジャーナリスト・窪田順生氏)

 目をそらし続けてはならない。

@niftyニュース 2013年8月21日週刊実話より
http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/jitsuwa-20130821-4495_1.htm


バンダジェフスキー博士が警告!「チェルノブイリよりペースが非常に早い」 「微量のセシウムでも健康被害を誘発する可能性あり」 - 真実を探すブログ
↓↓YouTube
バンダジェフスキー(元ゴメリ大学長)会見~内部被ばくに警鐘 - YouTube


汚染水300トン、タンク底から漏れる? 【 保管計画破綻寸前 】タンク漏出1カ月前から

↓↓ポッチお願いします。
ブログランキング・にほんブ ログ村へ
にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 汚染水300トン、タンク底... | トップ | 安倍偽総理が統一教会の雑誌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事