みんなが知るべき情報gooブログ

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で免疫力アップ、若返り、老化防止、筋肉強化。

安全性高い【コロナ予防薬=ワクチン?】はすでにある!急性膵炎治療薬東大発【カモスタットやナファモスタット】診療クリニックあり!悪魔のマイクロチップ入りではありません!コロナが怖くてしかたない方に朗報

2020-07-03 14:20:58 | 健康
安全性高い【コロナ予防薬=ワクチン?】はすでにある!急性膵炎治療薬東大発【カモスタットやナファモスタット】診療クリニックあり!悪魔のマイクロチップ入りではありません!コロナが怖くてしかたない方に朗報!新型コロナも普通の風邪ですが!PCR検査は【感染症検査】は出来ない開発者が言う!感染報道は意図的な大嘘!果物、ただの綿棒、自動車オイルなどでも陽性反応!




新型コロナウイルスの世界唯一の感染予防薬【カモスタット】の販売開始!急性膵炎の薬!日本国内の【新型インフルエンザ】は終焉しそうです!東大開発の感染予防薬!新型肺炎で亡くなった大多数は【解熱剤】イブプロフェン系のアドビルなどを服用していました【カモスタット】1ケ月分3000円・検査及び診察料金2000円(税別) 国際和合医療学会及び、医療法人社団癒合会高輪クリニック! - みんなが知るべき情報/今日の物語

新型コロナウイルス感染初期のウイルス侵入過程を阻止、効率的感染阻害の可能性がある薬剤を同定|東京大学医科学研究所/ウイルスの侵入過程を効率的に阻止する可能性がある薬剤としてナファモスタット(Nafamostat mesylate、商品名フサン)を同定した。ナファモスタット、カモスタットともに急性膵炎などの治療薬剤として本邦で開発され、すでに国内で長年にわたって処方されてきた薬剤である。安全性については十分な臨床データが蓄積されており、速やかに臨床治験を行うことが可能である。(記事は下記に)


新型コロナウイルスの世界唯一の感染予防薬【カモスタット】の販売開始!日本国内の【新型インフルエンザ】は終焉しそうです!東大開発の感染予防薬!新型肺炎で亡くなった大多数は【解熱剤】イブプロフェン系のアドビルなどを服用していました【カモスタット】1ケ月分3000円・検査及び診察料金2000円(税別) 国際和合医療学会及び、医療法人社団癒合会高輪クリニック! - みんなが知るべき情報/今日の物語

新型コロナウイルス感染初期のウイルス侵入過程を阻止、効率的感染阻害の可能性がある薬剤を同定|東京大学医科学研究所/ウイルスの侵入過程を効率的に阻止する可能性がある薬剤としてナファモスタット(Nafamostat mesylate、商品名フサン)を同定した。ナファモスタット、カモスタットともに急性膵炎などの治療薬剤として本邦で開発され、すでに国内で長年にわたって処方されてきた薬剤である。安全性については十分な臨床データが蓄積されており、速やかに臨床治験を行うことが可能である。


新型コロナウイルス感染初期のウイルス侵入過程を阻止、効率的感染阻害の可能性がある薬剤を同定|東京大学医科学研究所


新型コロナウイルス感染初期のウイルス侵入過程を阻止、効率的感染阻害の可能性がある薬剤を同定
東京大学医科学研究所
発表のポイント

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスSARS-CoV-2の感染の最初の段階であるウイルス外膜と、感染する細胞の細胞膜との融合を阻止することで、ウイルスの侵入過程を効率的に阻止する可能性がある薬剤としてナファモスタット(Nafamostat mesylate、商品名フサン)を同定した。

本年3月初めにドイツのグループはナファモスタットの類似の薬剤であるカモスタット(Camostat mesylate、商品名フォイパン)のSARS-CoV-2に対する有効性を発表したが(参考文献1)、カモスタットと比較してナファモスタットは10 分の1以下の低濃度でウイルスの侵入過程を阻止した。

ナファモスタット、カモスタットともに急性膵炎などの治療薬剤として本邦で開発され、すでに国内で長年にわたって処方されてきた薬剤である。安全性については十分な臨床データが蓄積されており、速やかに臨床治験を行うことが可能である。 

発表者
井上 純一郎(東京大学医科学研究所 分子発癌分野 教授、アジア感染症研究拠点北京拠点長)
山本 瑞生(東京大学医科学研究所 分子発癌分野 助教)
合田 仁(東京大学医科学研究所 アジア感染症研究拠点 特任講師)
松田 善衛(東京大学医科学研究所 アジア感染症研究拠点 特任教授)
川口 寧(東京大学医科学研究所 ウイルス病態制御分野 教授、アジア感染症研究拠点 拠点長、研究開発代表者)
 
発表概要
東京大学医科学研究所アジア感染症研究拠点の井上純一郎教授と山本瑞生助教は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスである SARS-CoV-2が細胞に侵入する最初の過程であるウイルス外膜と細胞膜との融合を、安全かつ定量的に評価できる膜融合測定系を用いて、セリンプロテアーゼ阻害剤であるナファモスタットが、従来発表されている融合阻害剤に比べて10 分の1以下の低濃度で膜融合を阻害することを見いだした。

SARS-CoV-2が人体に感染するには細胞の表面に存在する受容体タンパク質(ACE2受容体)に結合したのち、ウイルス外膜と細胞膜の融合を起こすことが重要である。コロナウイルスの場合、Spikeタンパク質(Sタンパク質)がヒト細胞の細胞膜のACE2受容体に結合したあとに、タンパク質分解酵素であるTMPRSS2で切断され、Sタンパク質が活性化されることがウイルス外膜と細胞膜との融合には重要である。井上らはMERSコロナウイルスでの研究結果(参考文献2)をもとに、ナファモスタットやカモスタットの作用を調べたところ、ナファモスタットは1-10 nMという低濃度で顕著にウイルス侵入過程を阻止した。このことから、ナファモスタットはSARS-CoV-2感染を極めて効果的に阻害する可能性を持つと考えられる(本研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)による感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)の支援を受けた)。
 
発表内容
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が原因となる感染症(COVID-19)は、2019年暮れに中国・武漢で世界で初めて患者が確認されてから、2ヶ月あまりで世界152カ国に拡散し、世界保健機構(WHO)も2020年3月11日にパンデミックを宣言した。日本では、感染者の多くが無症候性キャリアもしくは軽症であるものの、重症化しさらに高齢者や基礎疾患がある人の場合には死に至ることがある。しかしながら現時点で効果が確認された治療薬は存在せず、その開発は急務である。既に全世界的にSARS-CoV-2の感染が拡大している現状を鑑みると、安全性が確認された既存の薬から治療薬を探すいわゆるドラッグリポジショニング(注1)は極めて有効と考えられる。

SARS-CoV-2などのコロナウイルスは、脂質二重層と外膜タンパク質からなるエンベロープ(外膜)でウイルスゲノムRNAが囲まれている。SARS-CoV-2はエンベロープに存在するSpikeタンパク質(Sタンパク質)が細胞膜の受容体(ACE2受容体)に結合したあと、ヒトの細胞への侵入を開始する。Sタンパク質はFurinと想定されるヒト細胞由来のプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)によりS1とS2に切断される。その後S1が受容体であるACE2受容体に結合する。もう一方の断片S2はヒト細胞表面のセリンプロテアーゼであるTMPRSS2(注2)で切断され、その結果膜融合が進行する。HoffmannらによりSARS-CoV-2の感染にはACE2とTMPRSS2が気道細胞において必須であることが発表された(参考文献1)。

 井上らは、2016年にMERS-CoV Sタンパク質、受容体CD26、TMPRSS2に依存した膜融合系を用いてセリンプロテアーゼ阻害剤であるナファモスタットが膜融合を効率よく抑制してMERS-CoVの感染阻害剤になることを提唱した(参考文献2)。そこで今回、293FT細胞(ヒト胎児腎臓由来:注3)を用いてSARS-CoV-2 Sタンパク質、受容体ACE2、TMPRSS2に依存した膜融合測定系(注4)を用いて、ナファモスタットがSARS-CoV-2 Sタンパク質による膜融合を抑制するかどうか検討した。その結果ナファモスタットは10から1000 nMの濃度域で濃度依存的に抑制した。つぎにACE2やTMPRSS2を内在的に発現し、ヒトで感染が起こるさいに重要な感染細胞と考えられる気道上皮細胞由来のCalu-3細胞(注5)を用いて同様の実験を行ったところ、さらに低濃度の1-10 nMで顕著に膜融合を抑制した。この濃度域はMERS-CoV Sタンパク質による膜融合に対する抑制濃度域とほぼ同じである。さらに井上らはナファモスタットと類似のタンパク質分解阻害剤であるカモスタットの作用を比較検討したところ、SARS-CoV-2 Sタンパク質による融合において、ナファモスタットはカモスタットのおよそ10分の1の濃度で阻害効果を示すことが明らかになった。

以上から、臨床的に用いられているタンパク分解阻害剤の中ではナファモスタットが最も強力であり、COVID-19に有効であると期待される。ナファモスタット、カモスタットともに膵炎などの治療薬剤として本邦で開発され、すでに国内で長年にわたって処方されてきた薬剤である。ナファモスタットは臨床では点滴静注で投与されるが、投与後の血中濃度は今回の実験で得られたSARS-CoV-2 Sタンパク質の膜融合を阻害する濃度を超えることが推測され、臨床的にウイルスのヒト細胞内への侵入を抑えることが期待される。カモスタットは経口剤であり、内服後の血中濃度はナファモスタットに劣ると思われるが、他の新型コロナウイルス薬剤と併用することで効果が期待できるかもしれない(本研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)による感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)の支援を受けた)。
 
参考文献
Hoffmann et al. Cell 181, 1-10 (2020)
Yamamoto et al. Antimicrob Agents Chemother 60, 6532-6539 (2016)
用語解説
(注1)ドラッグリポジショニング
ヒトでの安全性や体内動態が臨床で充分に確認されている既存薬から、新たな薬効を見つけ出し実用化へつなげていこうとする試み。↑
(注2)TMPRSS2
Transmembrane protease, serine 2。細胞膜に存在するセリンプロテアーゼで SARS-CoV-2コロナウイルスSタンパク質は宿主受容体に結合後、TMPRSS2によるタンパク質分解を受けるとされており、このタンパク質による分解を受けないと膜融合能を獲得できない。ナファモスタットは TMPRSS2活性を阻害することでSタンパク質による膜融合を阻害していると考えられる。↑
(注3)293FT細胞
ヒト胎児腎臓由来の不死化細胞株で細胞増殖が速く遺伝子導入が簡便などの優れた性質を持つ。↑
(注4)膜融合測定系
膜融合測定にはDSP(Dual Split Protein)というレポーターを用いる。DSPは、分割レニラルシフェラーゼと分割GFPのキメラタンパク質(DSP1-7, DSP8-11)でそれぞれ単独では活性を持たないが、分割GFPドメインを介して自己会合しGFP 活性並びにルシフェラーゼ活性を回復する。この特性を用いて、それぞれを別々の細胞に発現させておくと、GFP 活性並びにルシフェラーゼ活性をもとにそれらの細胞間の融合を定量できる。293FT細胞(ヒト胎児腎臓由来)またはCalu3細胞(ヒト気道上皮由来)にDSP1-7, ACE2, TMPRSS2を発現させ、さらに片方の293FL細胞にはウイルスの持つSARS-CoV-2 Sタンパク質とDCP8-11を発現させた。293FT細胞はSARS-CoV-2 Sタンパク質、ACE2、TRMSS2のいずれもそのままでは発現していないことからこれらを人為的に発現させた。Calu3細胞はそのままでACE2とTMPRSS2を発現している。2種類の細胞を同時に培養し、膜融合が起こるとそれぞれの細胞が持っているレポータータンパク質が反応しあって蛍光と光を発することから、定量的に膜融合を観察することができる。この実験系で同定した融合阻害剤の標的がSARS-CoV-2 Sタンパク質、ACE2、TMPRSS2のいずれかであった場合、明確なPOC(Proof of Concept)を有することになる。↑
(注5)Calu-3細胞
ヒト肺がんから樹立されたヒト気管支上皮細胞由来の不死化細胞。呼吸器細胞の機能解析に使用されており、SARS-CoV2やMERS-CoVが実際に感染する細胞のモデルと想定できる。↑
[解説] 新型コロナウイルスのスパイク (S)タンパク質とは? : crisp_bio/以前流行したSARSコロナウイルス(SARS-CoV)に関する長年の研究に基づき、現在流行している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への対策が早急に進められている。このウイルスのスパイクタンパク質(spike protein)は、ウイルスに対抗する免疫の元となる抗体の主な標的となるため、感染症対策においてまず第一に研究対象となるタンパク質である。コロナウイルスは、表面がこのスパイクで覆われているため、電子顕微鏡で見た外観は独特な王冠状になっている。スパイクは受容体と結合し、細胞膜と融合してウイルスゲノムを細胞の中に放出することで一連の感染過程が始まる。他のエンベロープを持つウイルスも多くがこれに似たスパイク様のタンパク質を使って細胞に感染する。例えば、インフルエンザウイルスの赤血球凝集素、そしてエイズウイルス-1(HIV-1)やエボラウイルスのエンベロープ糖タンパク質が挙げられる。









重大情報! PCR検査は感染症の検査は出来ないと【PCR検査発明者自身】が言う【感染病診断】には使うな!ノーベル賞受賞者キャリー・マリス氏!何の病気でも無い人が5人に4人はコロナ陽性になる!存在証明の無い物のワクチンは作れない!コロナ詐欺を暴露!PCR検査なるものはデタラメです!受けると、ほとんど誰でもコロナ陽性になります!絶対に受けてはいけません!コロナは真っ赤なウソ!拡散希望! - みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナ【単なる風邪】をどう否定するのか?小林よしのり!朝日新聞らは新コロを単なる風邪じゃないと思っているようだが、死者数がまだ1000人に達してないことでも、インフルエンザの毎年の死者数3000人~10000人に及ばないのだから、単なる風邪だろう!朝日新聞や感染症の専門家の皆さん、新コロが【日本において】インフルエンザを上回る恐怖のウィルスであることを、わしに【サイエンス】で解説していただきたい!無意味な恐怖の煽り方はやめよう!もう【自粛】はできない?経済への打撃が巨大すぎた!今も国民の【精神的自粛】は続いている!マスク警察が暗躍して、臆病者の天下になっている! - みんなが知るべき情報gooブログ



ビルゲイツ支援!英製薬会社開発【コロナワクチン】国内供給に向け協議開始【アストラゼネカ】安倍政府!マイクロチップ入り5Gとセットで脳を破壊、白痴、不妊、病気、ゾンビ化!人間の遺伝暗号を書き直し、もう人間ではないようにする!すでに予防薬=ワクチンは【アビガン】や【カモスタット】急性膵炎の薬!がある!管理人のワクチンはタマゴです!- みんなが知るべき情報


ビートたけ【コロナ】っていうのは普通の【インフルエンザと同じで…】これ、言っちゃ怒られるんだけど!TVタックル!厚労省は【ウイルス性の風邪の一種】PCR検査は感染症の検査は出来ないと【PCR検査発明者自身】果物、自動車オイル等からも陽性反応!風邪、インフルエンザ、あらゆる病気、常在性ウィルスなどが陽性反応!新型コロナは存在しない! - みんなが知るべき情報






新型コロナウィルスは存在しない【大橋眞・徳島大教授】PCR検査で新型コロナ病原体を検出しているか不明!緊急事態宣言、営業自粛は効果なし【中野貴志・大阪大教授】新型コロナ騒動はPCR検査によって創出されている!新型コロナ遺伝子をもったウィルスの存在は未確認!中国の論文はコロナウィルスの細胞分離、感染の検証がされていない!動画あり- みんなが知るべき情報/今日の物語


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200625-00000102-kyodonews-soci


コロナワクチンが国内初の治験へ 近く人に投与、大阪市大計画承認
6/25(木) 16:55 

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 製薬ベンチャー「アンジェス」(大阪府茨木市)は25日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの安全性や効果を調べるため、国内で初めて人に投与する治験を始めると発表した。大阪市立大の審査委員会が計画を承認し、正式に実施が決まった。アンジェスは被験者を募集し、近く投与を始める。

 感染や重症化を防げる安全性の高いワクチンだと治験で示すことができれば、来年春から秋には国の製造販売承認を取得したいとしている。

 アンジェスによると、使うのはDNAワクチンと呼ばれるタイプで、ウイルス表面にある「スパイクタンパク質」を作る遺伝子を投与する。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter




日本政府は知っていた【新型コロナは存在しない】PCR検査は感染症の【検査は出来ない】事を!テレビ新聞のコロナ感染報道は意図的洗脳報道!信じられない人は、大橋眞・徳島大名誉教授【PCR検査開発者】ノーベル賞キャリー・マリス氏!の発言を! - みんなが知るべき情報/今日の物語


アビガンはすべてのRNAウイルス兵器【新型コロナ】を無効化する最強の万能薬!生物兵器テロが不能に!地球上から疫病の大半が消滅!投与で新型コロナはただの風邪に!ロシアがアビガン同等品を緊急承認!新型コロナ・テロで覇権回復を狙うDS裏社会が、必死にアビガン登場を阻止!DS安倍晋三は、アビガン奨励を偽装!専門家の反対等を口実に認可を断念! - みんなが知るべき情報/今日の物語


死ねよ大嘘コロナマスク【夏もマスク着用】75%【猛暑日】でも6割!タニタ調査!マスク熱中症…厚労省は屋外でマスクを外すよう推奨を約50%が知らなかった!コロナは【ただの風邪】いや存在しない【PCR検査】果物、自動車オイル等からも陽性反応!PCR検査開発者は【感染症検査】は出来ない!- みんなが知るべき情報


RUITYさんはTwitterを使っています 「数百万人が打ったワクチンにエイズやガン化ウィルスを混入させていた事をワクチン科学博士モーリスハイルマンが認めるhttps://t.co/AyiihDlcQx https://t.co/zUotlBnY4m」 / Twitter


食事療法 - 人気ブログランキング/クリックお願い致します

政治・社会問題 人気ブログランキングとブログ検索 - 政治ブログ/クリックお願い致します

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter



メインブログ

→画面に貼り付けるか、ブラウザにブックマークを!!
整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/





コメント (1)   この記事についてブログを書く
« なんでも陽性反応するPCR検査... | トップ | 東京の感染者数が減らない本... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほのか)
2020-07-03 18:25:37
面白い記事が盛りだくさんなので応援ポチしていきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。