みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

炭水化物、糖質の食べすぎが 老化、肥満、うつなどの原因。らしい・・!!

2013-06-30 16:41:52 | 健康
炭水化物、糖質の食べすぎが

老化、肥満、うつなどの原因。らしい・・!!

甘いもの、砂糖も炭水化物です。。

参考までに。。。こんな本が、、。


image

image

若返りスイッチをOnにする食べ方

: オーガスト・ハーゲスハイマー著
: 小学館 / オンライン書店
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5874096

image

image

50歳からは「炭水化物」をやめなさい。
http://i.bookmeter.com/b/4479782532


☆なぜ腸は野菜を好み、ガン細胞は糖を好むのか

☆中高生になって、糖を摂りすぎてはいけない

☆脳が喜ぶ糖質はうつ気分を誘導

☆糖質を食べ過ぎると‥‥

☆食欲をコントロールする脳細胞が傷つく

☆脳は糖を欲しがり、腸は糖の摂りすぎを嫌がる

☆腸は可愛がれば、脳がよくなる



脳からうつが消える低糖質レシピ - 溝口徹

image

「脳の栄養不足」を解消する基本の献立。
レンジでチンするだけのスピードレシピ。
買い置き食材でつくれる簡単レシピ。

毎日食べ たい栄養いっぱいのレシピと
「うっ」がよくなる食べ方のコツを紹介。

●目次

1章 糖質中心の食事が「うつ」を引き起こす!
(「心の病」には食べ物がかかわっている切っても切れない

「脳と栄養」の関係 「脳の栄養不足」には7つあるほか)

2章 脳から「うつ」が消える!低糖質レシピ

(「脳の栄養不足」を解消する基本の献立レンジで
チンするだけのスピードレシピ 買い置き食材でつくれる簡単レシピ)

3章 今日から実践!「うつ」にならない毎日の習慣
(消化・吸収のトラブルが、脳のトラブルを招く!

脳にやさしい「食べ順」がある
一日3食より一日5食がいい理由 ほか)


http://calamel-books.jp/?pid=3495349

image

食べる順番を変えるだけでダイエット、健康【飲み会を断らない究極のオヤジダイエット】


①食物繊維の食べ物から食べる

②次にタンパク質の食べ物を食べる

③最後に炭水化物の食べ物を食べる


食べる順、「まず野菜」がおすすめ 血糖値抑制に効果。ダイエット!!


「腸を温める」と体の不調が消える/ 本‥冷え性にカレー粉。認知症、ピロリ菌にオリーブオイル


『脳はバカ、腸はかしこい』本

‥‥腸は野菜を好み、ガン細胞は糖を好む!

糖を食べ過ぎると‥‥



『脳はバカ、腸はかしこい 』

藤田 紘一郎 [著] 腸を鍛えたら、脳がよくなった


image

に‥‥

image
image
image


なぜ腸は野菜を好み、ガン細胞は糖を好むのか

中高生になって、糖を摂りすぎてはいけない

脳が喜ぶ糖質はうつ気分を誘導

糖質を食べ過ぎると‥‥

食欲をコントロールする脳細胞が傷つく

脳は糖を欲しがり、腸は糖の摂りすぎを嫌がる

腸は可愛がれば、脳がよくなる


と‥‥‥。

糖質(炭水化物)砂糖の摂りすぎは肥満、糖尿病の他にも

いろいろな体調不良の原因のようです。。。

老化の原因でも、あるようですね。。。


甘いソフトドリンクがうつ病を引き起こす?【うつ病になる確率30%上昇!!】その関係とは


楽々【スロージョギング】ダイエット、 血管の若返り、脳の体積が大きくなりボケ予防!!


オリーブオイルで【免疫力アップ、便秘解消!!血管、生活習慣病にも】スプーン1杯!!【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇【腰痛、肩首こり、元気が戻る不思議な療術院】


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

脳はバカ、腸はかしこい
腸を鍛えたら、脳がよくなった


東京医科歯科大学名誉教授 藤田 紘一郎 [著]
四六判並製/224ページ/本体価格1,200円


本当に大切なのは「脳」ではなく「腸」だった!

バカな脳は自分だけが満足すればいいので、
甘いものや煙草やアルコールがやめられず、
そのたびに身体(腸)は悲鳴をあげ ています。

人間をコントロールしているはずの脳は、
じつはダ マされやすい、偏見まみれの自惚れ屋でした。

悠久の生物の歴史では、40億年前にまず腸ができ、
そのずっと あと5億年前にようやく脳が誕生。

生物と腸とのつきあいは長 いものの、
脳とのつきあいはまだ短く、
それゆえ生物は脳をうまく使いこなせていない。

「腸内環境を整えることでドーパミンやセロトニンなどが
脳に運ばれ、良好な精神状態が作られる」とする著者自身の
最新研究成果も盛り込み、「脳」と「腸」の
関係性について、わかり やすく紐解きます。

脳にばかり注目していると見落としてしまう大切な話
●脳には性的モラルがない
●意志薄弱で偏見まみれ、うぬぼれ屋の脳
●腸内細菌が「幸せ物質」を脳に運んでいる
●大食いによって癒される脳、壊される腸
●脳は糖を欲しがり、腸は糖の摂りすぎを嫌がる
●腸を整えると、トキメキ&ドキドキの恋愛が長続き
●生物と腸との歴史は40億年、脳とはたった5億年


三五館より
http://www.sangokan.com/books/978-4-88320-568-4.html

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 原発がわが国を襲う これだ... | トップ |  <柏崎刈羽原発>新潟知事 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事