みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

「辺野古移設」安倍一味の金儲け・利権の証明【米側の声】ジャパンハンドラーのジョセフ・ナイも「民意と相談して慎重に進めるべき」元米海兵隊次長「兵隊も移設を望んでいるわけではない」

2018-12-21 09:13:15 | 政治
「辺野古移設」安倍晋三一味の金儲け・利権の証明【米側の声】ジャパンハンドラーのジョセフ・ナイも「民意と相談して慎重に進めるべき」元米海兵隊次長ロバート・D・エルドリッヂも「海兵隊も移設を望んでいるわけではない」

【米側の声】ロバート・D・エルドリッヂ氏「辺野古への土砂投入は非常に残念」「海兵隊も移設を望んでいるわけではない」ジョセフ・ナイ氏「沖縄に大規模基地を置く体制見直す必要」 | ゆるねとにゅーす(記事は下記に)



ナイ教授「辺野古移転を強行すべきではない」 | アメリカから見た世界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業「宇部興産」が協力!カミソリの刃を反対派市民に向ける異常措置も!宇部興産と安倍の岸信介から続く深い繋がり!辺野古移設は安倍一味の利権!米国の沖縄撤退提案を拒否していた「琉球セメント」母体は山口県の国策会社「宇部興産」で安倍政権への政治献金常連企業!- みんなが知るべき情報/今日の物語


沖縄・辺野古に象徴される一事が万事【嘘つき政権の横暴と蛮行】目的は安倍一味の利権、金儲け!法的合理性も軍事的合理性もない!土砂投入強行にアベ友企業「宇部興産」 米国の沖縄撤退提案を拒否していた安倍政権!- みんなが知るべき情報/今日の物語


「米国の声」辺野古移設、原発再稼働…は日本マスコミが作った神話『猿田佐世弁護士』米シンクタンクは日本政府からの多額の資金提供(年約30億円)で運営!アーミテージでさえ辺野古以外の代替案があった方がいいと語るもメディアは伝えず!沖縄タイムス+プラス/日本の自作自演、沖縄米軍存続は…安倍自民党、ゼネコンらの利権! - みんなが知るべき情報/今日の物語





辺野古停止署名 - mimiの日々是好日 - Yahoo!ブログ

辺野古請願署名 発起人のロブさん #ホワイトハウスへ10万筆署名 達成を受けてコメント 「限界に挑み、できるだけ多くの署名を獲得しましょう!とくにアメリカ国民から!36万筆を目覚しましょう!」 ( 自然保護 ) - mimiの日々是好日 - Yahoo!ブログ

辺野古移設抗議署名!ローラ、りゅうちぇる、村本大輔らに玉城知事が感謝!一筆も多く、簡単電子署名!ホワイトハウスの請願サイト!辺野古移転は安倍晋三一味の金儲け利権!米国の沖縄撤退案も拒否! - みんなが知るべき情報/今日の物語





■署名はコチラ⇒Stop the landfill of Henoko / Oura Bay until a referendum can be held in Okinawa | We the People: Your Voice in Our Government


QRコードからも請願サイトを開くことができる。


反辺野古デモがアメリカ各地で起きているらしい! ( 社会政治問題 ) - mimiの日々是好日 - Yahoo!ブログ


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

クリックお願い致します

【米側の声】ロバート・D・エルドリッヂ氏「辺野古への土砂投入は非常に残念」「海兵隊も移設を望んでいるわけではない」ジョセフ・ナイ氏「沖縄に大規模基地を置く体制見直す必要」 | ゆるねとにゅーす


【米側の声】ロバート・D・エルドリッヂ氏「辺野古への土砂投入は非常に残念」「海兵隊も移設を望んでいるわけではない」ジョセフ・ナイ氏「沖縄に大規模基地を置く体制見直す必要」

2018年12月19日 ゆるねとにゅーす

■どんなにゅーす?

●安倍政権が沖縄県民の意思を無視し、強行的に辺野古基地建設に向けて土砂投入を始めた中、

●米国側からも安倍政権の民主主義を無視した「無法的」な手法に憂慮する反応が出てきている。

●「ジャパンハンドリングの指令書」として知られる「アーミテージ&ナイレポート」の作成者の一人、ジョセフ・ナイ氏は、以前より安倍政権が進める米軍基地政策に対して「民意と相談して進めるべき」「沖縄に大規模基地を置く体制を見直す必要がある」などと提言してきたほか、元米海兵隊次長のロバート・D・エルドリッヂ氏も、「辺野古への土砂投入は非常に残念」「海兵隊も辺野古移設を望んでいるわけではない」と述べており、辺野古基地建設を強行するべきではないとの考えを示した。

ナイ教授「辺野古移転を強行すべきではない」
日本列島各地への分散配置を検討せよ

~省略~

沖縄に大規模基地を置く体制は見直す必要がある

──沖縄は不安要因であり続けている。普天間代替施設計画について米国はどうするべきなのか。

辺野古に代替施設を建設することについて、沖縄側に十分な政治的な支持があるなら、計画を進めるべきだ。しかし、それが可能かどうかは分からない。先行きを見守る必要がある。もっと大切な問題は、10年先を見通すことだ。米軍をどのように配備したいのか。

私は、日本列島各地の複数の基地に米軍を分散配置することを検討するよう提案する。そうすることで基地の脆さを軽減し、同時に、日本の国旗を掲げた日本の基地でありながら米軍が交代で駐在していることを明確に示すことができる。三沢飛行場が好例だ。10年先を見越して、米軍と自衛隊が共同で行動できる、同盟関係の継続、米軍の強いプレゼンスの継続をどうやって確保するかを考えれば、長期的な解決策として、沖縄に固定させた大規模基地の考え方から離れることがどうしても必要になる。

この10年を見越したプロセスに向けて計画するべきであって、普天間の米軍を辺野古の新しい設備に移設する計画に一か八かすべてを賭けるべきではない。

~省略~

【東洋経済オンライン 2015.5.5.】 ナイ教授「辺野古移転を強行すべきではない」 | アメリカから見た世界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「辺野古への土砂投入、日米関係の悲劇」元米海兵隊次長

ロバート・D・エルドリッヂ
米国生まれ。大阪大大学院准教授や米海兵隊太平洋基地政務外交部次長を歴任。主著に「沖縄問題の起源」。月刊誌「正論」など保守系論壇に多く登場している。

~省略~

私は安倍政権を評価する立場ですし、日米同盟は当然、強く支持しています。それだけに辺野古への土砂投入は、非常に残念です。いったん砂を入れてしまえば、なかなか取り出せない。日米関係における「悲劇」だと思います。住民の支持がなければ、同盟が弱体化しかねません。

海兵隊も辺野古移設を望んでいるわけではありません。移設後の基地は、普天間飛行場よりも滑走路が短く、有事に動く主力の軍用機が離着陸できない。普天間のように高台にもないから津波にも弱い。住宅地にも隣り合うため、騒音被害も生まれるでしょう。

日本の方々には今も、米国に占領されているような意識があると思います。私は即時、沖縄にあるすべての基地を自衛隊の管理下に置き、日米の共同使用にすべきだと思います。基地の中で何をしているのかが今は県民に見えませんが、自衛隊管理となれば透明性が高まります。

~省略~

【朝日新聞 2018.12.16.】

へっ? 元米海兵隊政務外交部次長エルドリッヂさん「海兵隊も辺野古移設を望んでいるわけではありません。移設後の基地は、普天間飛行場よりも滑走路が短く、有事に動く主力の軍用機が離着陸できない。普天間のように高台にもないから津波にも弱い」https://t.co/sQyjcAfjfr

— 想田和弘 (@KazuhiroSoda) 2018年12月18日

しかしまあ、これだけゴリ押しして埋め立て強行している辺野古基地が、自然破壊と巨額の工事費をかけて完成したとしても、滑走路が短いから有事の際に使い物にならんとか、シャレにならん噴飯ものだよな。もんじゅかよ。豊洲市場かよ。

— 想田和弘 (@KazuhiroSoda) 2018年12月18日

元米海兵隊次長、辺野古移設を望まない
「辺野古への土砂投入は、非常に残念。いったん砂を入れてしまえば、なかなか取り出せない。日米関係における『悲劇』だと思う。住民の支持がなければ、同盟が弱体化しかねません。海兵隊も辺野古移設を望んでいるわけではありません」https://t.co/7GS9A5Wkde

— 盛田隆二 (@product1954) 2018年12月19日

安倍政権を評価している元米海兵隊次長ですら、
「辺野古への土砂投入、日米関係の悲劇」と言うhttps://t.co/EyyhjW2W8P
「日本の方々は今も、米国に占領されているような意識があると思います。」

— 岡ロ基ー (@okaguchikii) 2018年12月17日

「反対している人たちを排除している。日本政府が説明責任を果たしていない」と言い切っておられます即刻止めてほしい辺野古への土砂投入、日米関係の悲劇」元米海兵隊次長https://t.co/zScevQwSBa…野古への土砂投入、日米関係の悲劇」元米海兵隊次長:朝日新聞https://t.co/LNBBtANiQ1

— aquaapple (@aquaapple) 2018年12月17日

保守派人脈のエルドリッヂがここまで土砂投入を批判し、「いずれ米軍はいなくなる」とし、県民投票の意義を語るとは。https://t.co/FF2TlhNx7W

— こたつぬこ (@sangituyama) 2018年12月17日

なんじゃこりゃ?ってなるよね。辺野古基地建設強行はいったい誰のため?答えはもちろん。。

『海兵隊も辺野古移設を望んでいるわけではありません。』

「辺野古への土砂投入、日米関係の悲劇」元米海兵隊次長:朝日新聞デジタル https://t.co/ux8gmM6ohS

— 平林啓一(ケビン) (@kevin_db1) 2018年12月19日

正直なところ、驚き。あれだけ海兵隊と日米同盟寄りに発言してきたエルドリッヂ氏が辺野古の土砂投入に反対している。この件、無理があると日米安保堅持派のど真ん中の日本人がもっと発言すべきだ。 … #NewsPickshttps://t.co/TdLBgP9Dew

— Ken Endo 遠藤 乾 (@ken_fiore_endo) 2018年12月18日

ジョセフ・ナイ氏はお人好しではなく、米国の利益を考え続けている人物。その彼が、辺野古強行には民意の支持がないことを危惧している。突破口にしたい。→ナイ教授「辺野古移転を強行すべきではない」(東洋経済オンライン- Yahoo!ニュース http://t.co/pSM6knSerL

— 渡瀬夏彦 (@natsuhikowatase) 2015年5月5日

米軍覇権維持派(自衛隊の米軍化)を提唱するナイ氏やエルドリッヂ氏までもが「辺野古を強行すべきではない」との考えを表明!民意を無視して辺野古基地建設に突き進む安倍総理にクギ!


出典:YouTube 【報ステ】辺野古土砂投入へ・・・想定外の軟弱地盤とは(18/12/13) - YouTube

安倍政権が、日本国民(とりわけ沖縄県民)の意思を徹底無視し、辺野古基地建設に向けて土砂投入を強行し始めた中で、米国側からもこれを憂慮する声が上がっています。
元米海兵隊次長のロバート・D・エルドリッヂ氏も、辺野古基地の様々な問題点を指摘した上で、「辺野古への土砂投入は非常に残念」「海兵隊も移設を望んでいるわけではない」と発言している上に、ジャパンハンドラーの一人として知られるジョセフ・ナイ氏も「民意と相談して慎重に進めるべき」との提言を以前より行なっており、いずれも安倍政権による「民主主義無視の暴政」を憂慮する意向を見せています。

上の二人の「知日派」は、米・イスラエルの軍需産業と深く繋がっては、米覇権を維持・拡大しようとしている、いわゆるネオコン系の関係者だけど、こうした米国の強硬派ですらも、安倍政権による辺野古基地建設強行の「無法的な行為」に強い懸念を示しているということだろう。

どちらも、「自衛隊の米軍化」(米軍の”下請け部隊”として自衛隊が戦場に次々駆り出される上に、日本が主戦場にされる危険性)を提唱しており、その点においては強く警戒する必要があるものの、彼らの話を聞いていると、米側は辺野古基地にそこまでこだわっているわけではないことが浮かび上がってくる。
それに、トランプ氏も以前に在日米軍撤退をほのめかしたことがあるし、これらの話を総合すると、「今や米国側は、(時代の変化により)日本国民が思っているほど沖縄の米軍基地(辺野古基地)にそこまで強く固執しているわけではない」ということがいえそうだ。

つまり、辺野古基地を一番作りたがっているのは日本の安倍政権で、「米側の強い意向」という幻想を国民に刷り込み、「辺野古しか選択肢がない」との印象を国民に強く植え付けつつ、国民の間に「諦めの念」を作り出した上で、強行的に基地建設に血道を上げているということですね。

安倍政権がここまで狂ったように基地建設を進めているのは、この記事などでも紹介したように、何よりも基地を建設することでオイシイ利権が発生する側面があることが考えられる。
現に、大成建設や宇部興産やALSOKなどを始め、建設業者や警備会社と強力に癒着している中、「マヨネーズ並みの軟弱地盤」の発覚によって、建設費が高騰し、建設期間が長引く可能性が高くなっているけど、彼らにとっては、むしろこの方がますますオイシイ金儲けが出来るということになる。

その一方で、米軍からすれば、こんなぐにゃぐにゃの地盤の上に米軍基地を作っても、大した利益がないどころか、地盤沈下や陥没などで重大な損害を被る懸念もあるし、こうなると、異様なまで鼻息を荒くして張り切ってるのは安倍政権(と癒着企業)だけということになるわけだ。

そういう意味でも、今回のホワイトハウスに向けての署名運動で、より多くの署名を集めることが出来れば、アメリカ側も本格的な対応を考える可能性もあるかもしれませんし、私たち日本国民にとってはまだまだ諦めるような段階ではないということですね。

まさしく、今回の安倍政権による「辺野古基地建設強行」を止めるためのポイントは、「どれだけの日本国民が諦めずに強い民意を示せるかどうか」にかかっているといえるだろう。
米政府側は日本国民の民意をとりわけ気にしている一方で、安倍政権の方は、すっかり日本国民を「真性奴隷」として手なずけた気になっていて、どんな暴挙を働いても、多くの国民が「されるがまま」に大人しく屈するものと考えている状況だ。

まさしく、日本国民が、自己主張や意思を持つ「人」として存在感を示せるかどうかの「重要な局面」に差し掛かっている状況だし、「どうせ何をやってもダメだ」ではなく、「自分たちが主体になって状況を打破させていく」という前向きの意識を持てるかどうかが、日本国民の未来を大きく変える分岐点になるだろう。

りゅうちぇるさんやローラさんが公式に署名を呼びかけてくれたことも、多くの日本国民に力を与えましたし、さらに多くの日本や沖縄を愛する有名人の方々が声を上げてくれれば、この難局を変えるための大きなうねりになっていくかもしれません。

私たちが人間らしい生き方や生活を失ってしまわないためにも、まさに今が「最も重要な頑張り時」なのかもしれませんね。


日本を裏で操る米国「ジャパンハンドラー」はなぜ排除されたのか?=高島康司 | マネーボイス(抜粋引用)


排除されたジャパンハンドラー

トランプ政権がこれまで外交の中枢を担っていた外交官・職員を排除している。これにより日本と歴代米政権を仲介する「ジャパンハンドラー」も排除された可能性が大きい。

~中略~

これとともに、日本と歴代の米政権を仲介していたジャパンハンドラーと呼ばれるチームも排除された可能性が大きい。ジャパンハンドラーとは、ジョセフ・ナイハーバード大学教授、ジェラルド・カーチスコロンビア大学教授、リチャード・アーミテージ元国務副長官、マイケル・グリーン戦略国際問題研究所(CSIS)副理事長、カート・キャンベル元国務次官補などの面々だ。

彼らは、日本の主要メディアでは「知日派」として報道されているが、それは事実に反する。彼らは、軍産やネオコンなどの歴代の米政権をコントロールしているパワーグループの指令を日本に伝えることを役割としている、いわばエージェントの集団だ。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

日本人の低賃金労働の固定化・仕事減!外国人労働者の入管法改正案!五輪後の不況で大量の失業者「アベノバイコク」フランスでは増税・大量失業で国民反乱!安倍政府や経団連は低賃金労働を目当てにして外国人労働者を大量に受け入れようとしている!日本が売られる!- みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍のキチガイ自動車税!自動車の走行距離に応じて課税?多くの日本人が激怒!日本経済、運送業界に大打撃!フランスでは反乱革命中、日本国民は!ただでさえバカ高い自動車関連の税金!電気自動車やPHVからも徴収! - みんなが知るべき情報/今日の物語







スーパーフードたまご【インフルエンザ・風邪・ノロウィルスを予防】免疫力アップ、がん、糖尿病、生活習慣病!1日に3個以上!70歳の私…1日6個で筋肉増強、免疫力、認知症 、疲労回復、脳の栄養、受験生、スポーツ、若返り、心臓強化、熱中症、寒さに強くなる!
- みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter



★お勧めの整体院
筋肉系・気経絡整体【くりはら施術院】腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足、膝痛・姿勢改善・若返り…独自の姿勢改善術「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」 心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区

気分上々物語/みんなが知るべき情報

楽笑楽園M

日々物語 - Yahoo!ブログ


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 12月20日(木)のつぶやき | トップ | 露プーチン大統領「辺野古に批... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事