みんなが知るべき情報gooブログ

脱原発、反戦、平和憲法、健康情報!トランプ大統領誕生を早くから応援、記事に。たまご中心の食事で若返り

ノーベル物理学賞/赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏!「3人の発明は革命的」15億人の生活の質を高める!

2014-10-07 21:10:33 | ニュース
ノーベル物理学賞/

赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏!

「3人の発明は革命的」

15億人の生活の質を高める!

青い光を放つLED=発光ダイオード

誰もが失敗してきたなか、

3人は成功した。


ブログランキング・にほんブ ログ村へ












ブログランキング・にほんブ ログ村へ

ノーベル物理学賞に

赤崎勇氏 天野浩氏 中村修二氏


NHKニュース 10月7日 18時58分

ノーベル物理学賞に赤崎勇氏 天野浩氏 中村修二氏



ことしのノーベル物理学賞の受賞者に、青い光を放つLED=発光ダイオードの開発に成功し、フルカラーの大型画面の実現などさまざまな応用への道を開いた、名城大学教授の赤崎勇さんと、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、カリフォルニア大学教授の中村修二さんの日本人研究者3人が選ばれました。



■赤崎さんは鹿児島県出身の85歳。

京都大学を卒業後、当時の松下電器の研究所を経て、昭和56年に名古屋大学の教授になり、現在は、名古屋市にある名城大学の教授を務めています。
天野さんは静岡県出身の54歳。
名古屋大学を卒業したあと名城大学理工学部の教授を経て、平成22年から名古屋大学大学院の教授を務めています。

■中村さんは愛媛県出身で60歳。
徳島大学大学院で半導体の研究を行ったあと、昭和54年に徳島県の化学メーカーに入社し、14年前からはカリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務めています。

3人は、LEDの中でも製作が技術的に難しく、20世紀中の開発は無理とさえ言われた青色LEDの開発に取り組みました。
当時、結晶の素材としてほとんど見向きもされていなかった窒化ガリウムに注目し、赤崎さんと天野さんは昭和61年に、青い光を出すのに必要な高品質の「窒化ガリウム」の結晶化に世界で初めて成功しました。

さらに中村さんが平成5年、独自に開発した装置を使って、極めて明るい青色LEDの開発に世界で初めて成功し、世界中の研究者を驚かせました。
3人の成果によって赤・緑・青の光の3原色のLEDがすべてそろい、組み合わせによってあらゆる色が出せるようになりました。



このため、フルカラーのディスプレイなど、さまざまな分野でLEDの実用化の可能性を広げました。
波長の短い青い色を出す技術は、DVDなどの記憶容量を大幅に増やすことができるブルーレイディスクの開発にもつながり、大量の情報をやり取りする

現代社会において欠かせない技術となっています。

こうした業績で赤崎さんと中村さんは、平成10年に世界の電子工学の優れた研究者に贈られる「ジャック・A・モートン賞」を受賞したほか、赤崎さんは平成16年に文化功労者を、中村さんは平成14年にアメリカのノーベル賞といわれる「ベンジャミン・フランクリン・メダル」を受賞しています。

■また、天野さんは平成10年にイギリスの「ランク賞」を受賞しています。
日本人がノーベル賞を受賞するのは、アメリカ国籍を取得している南部陽一郎さんを含め、おととしの山中伸弥さんに続いて合わせて22人になります。
物理学賞は6年前の平成20年に受賞した南部さんと益川敏英さん、小林誠さんの3人以来で、合わせて10人となります。

NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141007/t10015208401000.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

受賞の理由「3人の発明は革命的」

NHKニュース 10月7日 19時13分

ノーベル賞の選考委員会は3人の受賞理由について、

「3人の発明は革命的で、20世紀は白熱電球の時代だったが、21世紀はLEDによって照らされる時代になった。

誰もが失敗してきたなか、3人は成功した。

世界の消費電力のおよそ4分の1が照明に使われるなか、LEDは地球環境の保護にも貢献している。

LEDは電力の供給を受けにくい環境にある世界の15億人の生活の質を高める大きな可能性を秘めている」とコメントしています。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141007/k10015208931000.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

青色LEDのすぐれた特性

NHKニュース 10月7日 19時13分

明るい光を出す青色のLED=発光ダイオードは、電気を通すと光を出す半導体で、電球や蛍光灯より消費電力が少なく寿命が長いといったすぐれた特性を持っています。

しかし、本格的な実用化に必要な赤、緑、青の光の3原色のうち、青色については明るい光を出すことが難しく、20世紀中に明るい青色LEDを実現するのは困難だと言われていました。

世界中の企業が開発にしのぎを削っていた平成5年、当時の常識を覆す明るさを持った青色LEDが完成したことで、LEDであらゆる色の光を作ることが可能になり、応用範囲が一気に広がりました。

光の3原色がそろったことであらゆる色の光を作ることが可能になり、実用化も進んでいて、大型のディスプレイや信号機は、色が鮮明なために日光が当たっても、くっきりと見えるのが特長です。

また、この技術は白いLEDの開発にもつながり、家庭用の照明やスマートフォンの画面のバックライトなどに利用されています。

ここ数年、特に国内では、3年前の東日本大震災による節電などの影響で家庭用の照明が大幅に普及しました。

さらに、青色LEDの技術は、より短い波長のレーザー光線の開発にもつながり、従来のDVDよりも大幅に記憶容量を増やしたブルーレイディスクの再
生機に利用されるなど、大量の情報をやり取りする現代社会において欠かせない技術となっています。

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141007/k10015208971000.html


ブログランキング・にほんブ ログ村へ

平和憲法「9条」ノーベル賞本命?オスロの団体所長「紛争続く今こそ」署名41万人超、署名続く



奇跡の起きる4つの言葉「よかった」「ありがとう」「大好き」「楽しい」この4つの言葉を口にするだけで…


sohnandae Twitter→Twitter


ブログランキング・にほんブ ログ村へ


コメント   この記事についてブログを書く
« 原発過酷事故の時、国民を守... | トップ | 10月7日(火)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。