みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で免疫力アップ、若返り、老化防止、筋肉強化。

新型コロナ…安倍・厚労省が【最新検査法】を導入しない呆れた理由!スイスの製薬会社『ロシュ』が開発した検査キット導入せず!厚労省が検査方法を独自開発するために予算をつけ公共事業にした!安倍一味の利権

2020-02-21 19:11:13 | 政治
新型コロナ…安倍・厚労省が【最新検査法】を導入しない呆れた理由!スイスの製薬会社『ロシュ』が開発した検査キット導入せず!厚労省が検査方法を独自開発するために予算をつけ公共事業にしたからです!安倍晋三一味の利権!最初からロシュの検査キットを使っていれば【クルーズ船】の感染拡大をもう少し抑えられた!


新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由(NEWSポストセブン) - BLOGOS(ブロゴス)(記事は下記に)




新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由(NEWSポストセブン) - BLOGOS(ブロゴス)


新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由

2/21(金) 16:00 

厳戒態勢でクルーズ船から搬送される感染者(時事通信フォト)

 世界的に拡大している新型コロナウイルス。日本国内での感染者は、横浜港に寄港しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員を含めて615人(2月18日現在)となった。

【別写真】ダイヤモンド・プリンセス号の船内の様子をキャッチ!

 今後もさらなる感染拡大が懸念されるが、この先は「買い占め」が発生するリスクがあるという。

 すでに香港では、新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーや米が不足するとの情報が駆け回り、人々がスーパーマーケットに殺到して買い占め騒動が勃発した。

 日本でも、近年は台風などの自然災害の際に、店頭から食料品や水などが次々と消えたことが記憶に新しい。都内在住の30代女性が指摘する。

「すでに実店舗だけでなく、ネットストアからも除菌シートや消毒殺菌のハンドソープの在庫がなくなっています。今後、家から出られないなら、お米やレトルト食品、カップラーメンなども品薄になるのでしょうか。娘が小さいので、今後おむつが品切れになったらと不安でなりません」

 さらなる社会騒乱を心配するのは、感染症に詳しい医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんだ。

「家にこもる前に生活必需品を買い占めようとして物資の争奪戦が始まり、小競り合いがあちこちで起こる可能性がある。自粛ムードや風評被害で経済が大被害を受け、貧しい人から行き場を失っていくのが最悪のパターンです」

 2009年に新型インフルエンザが流行した際は街に閑古鳥が鳴き、経済は大きな打撃を受けた。こうした悲劇を回避して、事態をできるだけ早く終息させるには、検査体制を速やかに拡充すべきだった。

 これまで1日1000件程度しか行えなかったPCR検査を、2月18日からは最大1日3000件超の検査体制を整えたと加藤厚労相が発表した。しかし、ここにも大きな問題が潜んでいる。

「スイスの製薬会社『ロシュ』が開発した遺伝子検査キットで、喉の粘膜をとればいいだけの簡単なものもすでに実用化されています。しかし、日本政府はなぜか頑なに導入していません。理由は、厚労省が検査方法を独自開発するために予算をつけ、公共事業にしたからです。最初からロシュの検査キットを使っていれば、クルーズ船の感染拡大をもう少し抑えられたかもしれません」(前出・上さん)

 ナビタスクリニック理事長の久住英二さんも、厚労省の“不手際”を指摘する。

「中国ではすでに、CT検査が有効という論文があがり、すぐに切り替えました。しかし、厚労省はそうした最新の検査法を導入していません。感染が流行った国が対応している方法や論文を見て対応すべきなのに、どういう検査が優れているかという最新情報を知らないんです。その結果、本当は陽性なのに陰性と判断される人が増えています。

 しかも、ワクチンに関しても、国内のワクチンメーカーは厚労省の天下り先なので、日本で作ろうとしている。なぜ海外のメーカーと協力体制をとらないのか。国民の健康を省みないため、あらゆる対応が後手に回っています」

 実際に新型コロナウイルスに感染するとどうなるのか。クルーズ船に乗船して、新型肺炎を発症した70代女性の義弟であるAさんが言う。

「義姉は船内に隔離され、2月12日に検査を受けたところ陰性でした。ところが15日に舌と唇が真っ赤になり、慌てて医務室に連絡して検査を受けると陽性と診断され、その日の夕方に着の身着のまま埼玉県内の病院に搬送されました。それまではなんともなかったのに体調が急変したんです。現在は家族も面会できない状態で、彼女は血圧が高くて喘息もあるので心配です」

 新型コロナウイルスに感染すると発熱や倦怠感、咳や呼吸不全をもよおし、悪化すると肺炎を引き起こす。発熱の目安は37.5℃以上だ。

「クルーズ船では私の妻が義姉と同部屋でした。妻はいまのところ陰性ですが隔離後に発熱と食欲不振を繰り返しており、いつ陽性反応が出るか不安です」(Aさん)

 Aさんの妻は現在も心の休まらない日々を過ごしている。

※女性セブン2020年3月5日号


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型コロナ治療薬【日本のアビガン】中国で大量生産開始!一方、安倍晋三一味は【抗エイズ剤】の臨床試験をやって見せて【アビガン】を採用しない理由にするそうです!集団感染で日本にパンデミックを持ち込むのが、DeepStateの末端奴隷のお仕事!よって菅氏は適切に対応して日本を世界第2位の汚染国に昇格させました!安倍一味の利権!なお【アビガン】日本国内でも使用出来る病院は可能、保険は効かないが!richardkoshimizu のブログ - みんなが知るべき情報/今日の物語




冷静に!新型肺炎の【致死率・感染力】はインフルエンザと余り変わらないか!中国【軽症者】を除いたデータ【0.17%、インフルの倍程度】新型コロナ【パニックに踊らず】季節性インフル同様の対策を【免疫力】を高めて普通の生活を!すでに世界中に感染拡散必至!新型コロナも風邪、インフルと同じ風邪【流行性感冒】熱がでたら解熱剤など飲まず【2日3日安静で治る】と医師や薬剤師!風邪もインフルも薬を飲むと悪化し、折角の抗体が出来ない! 毎年、世界的に流行するインフルエンザと同程度、新型コロナウイルスが【パンデミック(世界的大流行)を起こす潜在力がある】新型コロナウイルスは【生物兵器】人口削減マフィア、医療マフィアらがバラまいた!いつでもどこでもバラまける!一味の安倍晋三政権、厚生労働省は…新型コロナ感染検査は民間を活用すれば1日に10万人単位で検査できるのに拒否して、感染者数を低く見せようとしている。感染拡大を狙っている。日本国民は【免疫力アップ】などで防御しなければ殺されてしまう。■私の免疫力アップの食材
主演【卵】助演【肉】共演【味噌・納豆・キノコ・海藻・カレー粉・各種スパイス・重曹・カツオ粉・ラード・オリバージンオリーブオイル・山芋】友情出演【お茶類・コーヒー・高カカオチョコ=ココア・ハーブなど】:- みんなが知るべき情報/今日の物語




コロナウイルスに勝つ【卵】がなぜ最強の食材か!卵の良質なコレステロール、蛋白質などが感染症・がん・心臓病を遠ざける!強く健康な細胞、細胞膜を作り出す卵!管理人の72歳の私は卵を4年間、毎日4個〜6個で、インフルエンザにも風邪も4年間かかっていません!日々元気になっています!仕事は内濃厚接触の【整筋整体】です!近藤誠著【薬に殺されない47の心得】より - みんなが知るべき情報/今日の物語

米国では予防目的の【マスク勧めず】新型コロナウイルス!米疾病対策センター【むやみに顔触らない】近藤誠医師はマスク・手洗い・うがいも効果薄いと著書で!卵・肉などで免疫力を高める事が最強の防御! - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/

コメント

コロナウイルスに勝つ【卵】がなぜ最強の食材か!卵の良質なコレステロール、蛋白質などが感染症・がん・心臓病を遠ざける!強く健康な細胞、細胞膜を作り出す卵!感染人の72歳の私は卵を4年間、毎日4個〜6個で

2020-02-21 14:50:29 | つぶやき
コロナウイルスに勝つ【卵】がなぜ最強の食材か!卵の良質なコレステロール、蛋白質などが感染症・がん・心臓病を遠ざける!強く健康な細胞、細胞膜を作り出す卵!感染人の72歳の私は卵を4年間、毎日4個〜6個で、インフルエンザにも風邪も4年間かかっていません!日々元気になっています!仕事は内濃厚接触の整【筋整体】です!近藤誠著【薬に殺されない47の心得】よりby整筋整体《くらはら施術院》






近藤誠医師「薬に殺されない47の心得」より情報を頂きました。

新型ウイルスもインフルエンザ(流行性感冒)も風邪も同じコロナウイルスです。

この本で近藤誠医師は、卵、肉、魚の他に牛乳も蛋白質補給に勧められていますが、私の経験からも乳製品、砂糖好きの人の方が癌、糖尿病になりやすいです。それから小麦粉系中心な人も体調も不健康な穂人が多いです。
参考にされて下さい。

【サラ子のつれづれ日記】さんから、コレステロールについて、参考になる記事を、ご覧下さい↓
コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける | サラ子のつれづれ日記

コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける

テーマ: コレステロール2019-12-21

 こんにちは

 いかがお過ごしですか

ーーーーーーーーー
今日は、「薬に殺されない47の心得」
(近藤誠著 アスコム)からの抜粋です

 <コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける>

 がんや、ウィルスをはね返す強い細胞膜の材料になるのがコレステロール。

 つまり、コレステロールこそ「長寿薬」なのです。

 実際、日本の男性はコレステロール値が高いほど長生きだし、女性にコレステロール値が高いからとクスリを飲ませているのは日本だけです。

 よく「高コレステロールが動脈硬化を引き起こす」とか「心臓病の原因になる」と言われているのは、100年来のデタラメです。

 最初にコレステロールを悪者にしたのは、1914年、ロシアの研究者でした。

 コレステロールの人体への影響を調べるため、草食動物のウサギに卵を食べさせると、動脈硬化の人のように、動脈にコレステロールがたまってしまった。この結論は瞬く間に世界中に伝わり、誤解が広がり続けました。

ウサギは草食動物だから、動物性脂肪をもてあまし、血管にたまるのは当たり前なのに。さらに1950年代、アメリカ・ミネソタ大学の生物学者アンセル・キースが精神病院で給食実験を行って「食事中の脂肪が多すぎると心臓病の原因になる」と唱え、22か国の食生活と病気についてのデータを調べました。

 すべてを解析したら、食事中の脂肪、コレステロールの量と心臓病にはなんの関係もないことが明らかだったのに、キース博士は6か国のデータだけを取り出して自説を裏打ちしたのです。

 これを真に受けて、アメリカで1960年代に「コレステロール仮説」がブームになりました。「動物性脂肪の多い肉類や、コレステロールの多い卵などをひかえリノール酸の多い植物油を増やせば、コレステロール値が下がって動脈硬化や心臓病を予防できる」と。

 ところが、この仮説に基づいた栄養指導で大規模な臨床試験をしたら、全体として心臓死亡率も総死亡率にも違いが認められませんでした。

 アメリカ政府が莫大な研究費をつぎ込んだ研究は、大失敗に終わったのです。

 <栄養指導を受けると死亡率が上がる⁉︎>

 フィンランドで行われた、最長18年に及ぶ実験でも「栄養指導を受けたほうが心臓病死亡率は2倍以上高く、総死亡率も1、4倍高い」という結果に終わりました。

 キース博士は1970年代に「食品中のコレステロールと血液中のコレステロールにはなんの関連性もない」と発表しています。

 ちなみに1975年に国立栄養研究所が行った、50歳までの成人に卵を1日10個、10日間食べさせた実験で、血中コレステロール値は通常のままでした。

別の、70歳以上の高齢者に30日間、卵を毎日1〜2個ずつ食べさせた実験でも、血中コレステロール値に変化はありませんでした。
ーーーーーーー
最後まで読んでいただき
ありがとうございましたサラ子


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


新型ウイルスに勝つ【卵・肉】で免疫力を高めるか、混乱パニック生活を選ぶのか!72歳なぜインフルエンザ、風邪に4年間…罹らないのか!4年間タマゴ中心の食事で、良質な栄養素をとり続けているからです【空気感染】卵・トリムネ肉で免疫力アップが最強の防御です!卵は毎日4個以上をお勧めです!卵アレルギーの人はトリムネ肉がお勧めです!【整筋整体職人】



冷静に!新型肺炎の【致死率・感染力】はインフルエンザと余り変わらないか!中国【軽症者】を除いたデータ【0.17%、インフルの倍程度】新型コロナ【パニックに踊らず】季節性インフル同様の対策を【免疫力】を高めて普通の生活を!すでに世界中に感染拡散必至!新型コロナも風邪、インフルと同じ風邪【流行性感冒】熱がでたら解熱剤など飲まず【2日3日安静で治る】と医師や薬剤師!風邪もインフルも薬を飲むと悪化し、折角の抗体が出来ない! 毎年、世界的に流行するインフルエンザと同程度、新型コロナウイルスが【パンデミック(世界的大流行)を起こす潜在力がある】新型コロナウイルスは【生物兵器】人口削減マフィア、医療マフィアらがバラまいた!いつでもどこでもバラまける!一味の安倍晋三政権、厚生労働省は…新型コロナ感染検査は民間を活用すれば1日に10万人単位で検査できるのに拒否して、感染者数を低く見せようとしている。感染拡大を狙っている。日本国民は【免疫力アップ】などで防御しなければ殺されてしまう。■私の免疫力アップの食材
主演【卵】助演【肉】共演【味噌・納豆・キノコ・海藻・カレー粉・各種スパイス・重曹・カツオ粉・ラード・オリバージンオリーブオイル・山芋】友情出演【お茶類・コーヒー・高カカオチョコ=ココア・ハーブなど】:- みんなが知るべき情報/今日の物語




インフルエンザは解熱剤などの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば、1~2日でよくなる!近藤誠医師!ネット→同じ仲間の【新型コロナウイルス】にかかっても安静にしていれば治る!?のではないか【新型コロナウイルス】パニック作戦に混乱するな!がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である!発熱はウイルスを殺すために白血球が一生懸命闘っているから出る!それなのに熱を下げるのは、白血球の力を弱めているわけで、熱が下がっている間にウイルスが増殖するため、結果的に症状が長引くだけです。勇気がいるかもしれないけど、意識の転換をしてクスリの呪縛を断ち切るべきです。「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠)



がん特効薬!?タマゴで【がん完治】糖尿病も簡単に完治!卵一日【10個から20個】ガンにならない体・健康向上には3個以上!タマゴは激安スーパーフード!卵アレルギーの人は肉で!生卵、ゆで卵、卵焼、卵料理中心の食事術!認知症、脳卒中、心臓疾患など …細胞をつくり、体を作る!- みんなが知るべき情報/今日の物語



「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語


卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスで重症化、死亡しやすい人【4種類以上の薬】を服用している人、持病のある高齢者!薬の副作用での死亡者【年間10 万人】薬剤師の本音・宇多川久美子著!食事・運動で【免疫力】を高めて!薬を使わない薬剤師!1剤が基本の米国は 【副作用】で死ぬ人年10万人!日本は4剤~7剤【近藤誠医師】インフルエンザは解熱剤、タミフルなどの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば【1~2日でよくなる】新型ウイルスで悪化したら日本には【特効薬アビガン】がある!- みんなが知るべき情報/今日の物語


新型コロナ【治療薬アビガン】が近々に中国・武漢現場に 近々投入され盛大に威力を発揮する!中国政府が【アビガンを正式採用】し富士フィルム提携先が大量生産を開始!アビガン使用を拒む【安倍一味】は退陣を余儀なくされる!動画公開!DSの目論んだウイルステロ作戦は4ヶ月たたずに頓挫する!- みんなが知るべき情報/今日の物語

米国では予防目的の【マスク勧めず】新型コロナウイルス!米疾病対策センター【むやみに顔触らない】近藤誠医師はマスク・手洗い・うがいも効果薄いと著書で!卵・肉などで免疫力を高める事が最強の防御! - みんなが知るべき情報/今日の物語





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
コメント

コロナウイルスに勝つ【卵】がなぜ最強の食材か!卵の良質なコレステロール、蛋白質などが感染症・がん・心臓病を遠ざける!強く健康な細胞、細胞膜を作り出す卵!管理人の72歳の私は卵を4年間、毎日4個〜6個で

2020-02-21 14:47:45 | 健康
コロナウイルスに勝つ【卵】がなぜ最強の食材か!卵の良質なコレステロール、蛋白質などが感染症・がん・心臓病を遠ざける!強く健康な細胞、細胞膜を作り出す卵!管理人の72歳の私は卵を4年間、毎日4個〜6個で、インフルエンザにも風邪も4年間かかっていません!日々元気になっています!仕事は内濃厚接触の【整筋整体】です!近藤誠著【薬に殺されない47の心得】よりby整筋整体《くらはら施術院》




近藤誠医師「薬に殺されない47の心得」より情報を頂きました。

新型ウイルスもインフルエンザ(流行性感冒)も風邪も同じコロナウイルスです。

この本で近藤誠医師は、卵、肉、魚の他に牛乳も蛋白質補給に勧められていますが、私の経験からも乳製品、砂糖好きの人の方が癌、糖尿病になりやすいです。それから小麦粉系中心な人も体調も不健康な穂人が多いです。
参考にされて下さい。

【サラ子のつれづれ日記】さんから、コレステロールについて、参考になる記事を、ご覧下さい↓
コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける | サラ子のつれづれ日記

コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける

テーマ: コレステロール2019-12-21

 こんにちは

 いかがお過ごしですか

ーーーーーーーーー
今日は、「薬に殺されない47の心得」
(近藤誠著 アスコム)からの抜粋です

 <コレステロールはがん、心臓病、感染症を遠ざける>

 がんや、ウィルスをはね返す強い細胞膜の材料になるのがコレステロール。

 つまり、コレステロールこそ「長寿薬」なのです。

 実際、日本の男性はコレステロール値が高いほど長生きだし、女性にコレステロール値が高いからとクスリを飲ませているのは日本だけです。

 よく「高コレステロールが動脈硬化を引き起こす」とか「心臓病の原因になる」と言われているのは、100年来のデタラメです。

 最初にコレステロールを悪者にしたのは、1914年、ロシアの研究者でした。

 コレステロールの人体への影響を調べるため、草食動物のウサギに卵を食べさせると、動脈硬化の人のように、動脈にコレステロールがたまってしまった。この結論は瞬く間に世界中に伝わり、誤解が広がり続けました。

ウサギは草食動物だから、動物性脂肪をもてあまし、血管にたまるのは当たり前なのに。さらに1950年代、アメリカ・ミネソタ大学の生物学者アンセル・キースが精神病院で給食実験を行って「食事中の脂肪が多すぎると心臓病の原因になる」と唱え、22か国の食生活と病気についてのデータを調べました。

 すべてを解析したら、食事中の脂肪、コレステロールの量と心臓病にはなんの関係もないことが明らかだったのに、キース博士は6か国のデータだけを取り出して自説を裏打ちしたのです。

 これを真に受けて、アメリカで1960年代に「コレステロール仮説」がブームになりました。「動物性脂肪の多い肉類や、コレステロールの多い卵などをひかえリノール酸の多い植物油を増やせば、コレステロール値が下がって動脈硬化や心臓病を予防できる」と。

 ところが、この仮説に基づいた栄養指導で大規模な臨床試験をしたら、全体として心臓死亡率も総死亡率にも違いが認められませんでした。

 アメリカ政府が莫大な研究費をつぎ込んだ研究は、大失敗に終わったのです。

 <栄養指導を受けると死亡率が上がる⁉︎>

 フィンランドで行われた、最長18年に及ぶ実験でも「栄養指導を受けたほうが心臓病死亡率は2倍以上高く、総死亡率も1、4倍高い」という結果に終わりました。

 キース博士は1970年代に「食品中のコレステロールと血液中のコレステロールにはなんの関連性もない」と発表しています。

 ちなみに1975年に国立栄養研究所が行った、50歳までの成人に卵を1日10個、10日間食べさせた実験で、血中コレステロール値は通常のままでした。

別の、70歳以上の高齢者に30日間、卵を毎日1〜2個ずつ食べさせた実験でも、血中コレステロール値に変化はありませんでした。
ーーーーーーー
最後まで読んでいただき
ありがとうございましたサラ子


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter


新型ウイルスに勝つ【卵・肉】で免疫力を高めるか、混乱パニック生活を選ぶのか!72歳なぜインフルエンザ、風邪に4年間…罹らないのか!4年間タマゴ中心の食事で、良質な栄養素をとり続けているからです【空気感染】卵・トリムネ肉で免疫力アップが最強の防御です!卵は毎日4個以上をお勧めです!卵アレルギーの人はトリムネ肉がお勧めです!【整筋整体職人】



冷静に!新型肺炎の【致死率・感染力】はインフルエンザと余り変わらないか!中国【軽症者】を除いたデータ【0.17%、インフルの倍程度】新型コロナ【パニックに踊らず】季節性インフル同様の対策を【免疫力】を高めて普通の生活を!すでに世界中に感染拡散必至!新型コロナも風邪、インフルと同じ風邪【流行性感冒】熱がでたら解熱剤など飲まず【2日3日安静で治る】と医師や薬剤師!風邪もインフルも薬を飲むと悪化し、折角の抗体が出来ない! 毎年、世界的に流行するインフルエンザと同程度、新型コロナウイルスが【パンデミック(世界的大流行)を起こす潜在力がある】新型コロナウイルスは【生物兵器】人口削減マフィア、医療マフィアらがバラまいた!いつでもどこでもバラまける!一味の安倍晋三政権、厚生労働省は…新型コロナ感染検査は民間を活用すれば1日に10万人単位で検査できるのに拒否して、感染者数を低く見せようとしている。感染拡大を狙っている。日本国民は【免疫力アップ】などで防御しなければ殺されてしまう。■私の免疫力アップの食材
主演【卵】助演【肉】共演【味噌・納豆・キノコ・海藻・カレー粉・各種スパイス・重曹・カツオ粉・ラード・オリバージンオリーブオイル・山芋】友情出演【お茶類・コーヒー・高カカオチョコ=ココア・ハーブなど】:- みんなが知るべき情報/今日の物語




インフルエンザは解熱剤などの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば、1~2日でよくなる!近藤誠医師!ネット→同じ仲間の【新型コロナウイルス】にかかっても安静にしていれば治る!?のではないか【新型コロナウイルス】パニック作戦に混乱するな!がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である!発熱はウイルスを殺すために白血球が一生懸命闘っているから出る!それなのに熱を下げるのは、白血球の力を弱めているわけで、熱が下がっている間にウイルスが増殖するため、結果的に症状が長引くだけです。勇気がいるかもしれないけど、意識の転換をしてクスリの呪縛を断ち切るべきです。「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠)



がん特効薬!?タマゴで【がん完治】糖尿病も簡単に完治!卵一日【10個から20個】ガンにならない体・健康向上には3個以上!タマゴは激安スーパーフード!卵アレルギーの人は肉で!生卵、ゆで卵、卵焼、卵料理中心の食事術!認知症、脳卒中、心臓疾患など …細胞をつくり、体を作る!- みんなが知るべき情報/今日の物語



「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語


卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスで重症化、死亡しやすい人【4種類以上の薬】を服用している人、持病のある高齢者!薬の副作用での死亡者【年間10 万人】薬剤師の本音・宇多川久美子著!食事・運動で【免疫力】を高めて!薬を使わない薬剤師!1剤が基本の米国は 【副作用】で死ぬ人年10万人!日本は4剤~7剤【近藤誠医師】インフルエンザは解熱剤、タミフルなどの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば【1~2日でよくなる】新型ウイルスで悪化したら日本には【特効薬アビガン】がある!- みんなが知るべき情報/今日の物語


新型コロナ【治療薬アビガン】が近々に中国・武漢現場に 近々投入され盛大に威力を発揮する!中国政府が【アビガンを正式採用】し富士フィルム提携先が大量生産を開始!アビガン使用を拒む【安倍一味】は退陣を余儀なくされる!動画公開!DSの目論んだウイルステロ作戦は4ヶ月たたずに頓挫する!- みんなが知るべき情報/今日の物語

米国では予防目的の【マスク勧めず】新型コロナウイルス!米疾病対策センター【むやみに顔触らない】近藤誠医師はマスク・手洗い・うがいも効果薄いと著書で!卵・肉などで免疫力を高める事が最強の防御! - みんなが知るべき情報/今日の物語





フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術

整体職人くりはら施術院ホームページhttps://seitaikurhara.jimdofree.com/
コメント

東京五輪に暗雲!今夏の五輪【ロンドン開催を】新型肺炎で市長選候補名乗り

2020-02-21 01:46:25 | 東京五輪
東京五輪に暗雲!今夏の五輪【ロンドン開催を】新型肺炎で市長選候補名乗り!


今夏の五輪「ロンドン開催を」 新型肺炎で市長選候補名乗り:時事ドットコム

今夏の五輪「ロンドン開催を」 新型肺炎で市長選候補名乗り

2020年02月20日

ロンドン五輪の閉会式=2012年8月、ロンドン(AFP時事)

 【ロンドン時事】5月に行われるロンドン市長選の主要2候補が19日、日本での新型肺炎の感染拡大を理由に今夏の東京五輪が中止となった場合を念頭に、2012年の五輪が開かれたロンドンでの代替開催の誘致に名乗りを上げた。<下へ続く>

 国政与党・保守党公認候補として出馬するショーン・ベイリー氏はツイッターで「2020年、ロンドンは再び五輪を開催できる」と宣言。「われわれにはインフラと経験がある。そして(新型)コロナウイルスの発生により、世界はわれわれの介入を必要とするかもしれない」と東京五輪中止の可能性に言及。「市長として、私はロンドンが呼び掛けに応え、五輪を開催する準備があると明確にする」と表明した。

 一方、サディク・カーン現ロンドン市長(国政最大野党・労働党)の広報担当者も地域紙シティーAMに「誰もが東京大会の素晴らしい成功に向けて取り組んでいる」と指摘しつつ、「万が一求められた場合には、ロンドンは過去そうしてきたように、積極的な行動を取るために最善を尽くすだろう」と代替開催を示唆した。

冷静に!新型肺炎の【致死率・感染力】はインフルエンザと余り変わらないか!中国【軽症者】を除いたデータ【0.17%、インフルの倍程度】新型コロナ【パニックに踊らず】季節性インフル同様の対策を【免疫力】を高めて普通の生活を!すでに世界中に感染拡散必至!新型コロナも風邪、インフルと同じ風邪【流行性感冒】熱がでたら解熱剤など飲まず【2日3日安静で治る】と医師や薬剤師!風邪もインフルも薬を飲むと悪化し、折角の抗体が出来ない! 毎年、世界的に流行するインフルエンザと同程度、新型コロナウイルスが【パンデミック(世界的大流行)を起こす潜在力がある】新型コロナウイルスは【生物兵器】人口削減マフィア、医療マフィアらがバラまいた!いつでもどこでもバラまける!一味の安倍晋三政権、厚生労働省は…新型コロナ感染検査は民間を活用すれば1日に10万人単位で検査できるのに拒否して、感染者数を低く見せようとしている。感染拡大を狙っている。日本国民は【免疫力アップ】などで防御しなければ殺されてしまう。■私の免疫力アップの食材
主演【卵】助演【肉】共演【味噌・納豆・キノコ・海藻・カレー粉・各種スパイス・重曹・カツオ粉・ラード・オリバージンオリーブオイル・山芋】友情出演【お茶類・コーヒー・高カカオチョコ=ココア・ハーブなど】:- みんなが知るべき情報/今日の物語




米国では予防目的の【マスク勧めず】新型コロナウイルス!米疾病対策センター【むやみに顔触らない】近藤誠医師はマスク・手洗い・うがいも効果薄いと著書で!卵・肉などで免疫力を高める事が最強の防御! - みんなが知るべき情報/今日の物語




フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術


コメント

今日の物

<script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//blog.goo.ne.jp/kimito39&nsid=114673808152993203%3A%3A114676501097544259&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script>

セイセキ

<script src="http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo_parts.rb?bu=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fkimito39"></script>