サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆

2011年03月29日 | 座布団シネマ:は行

足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演は数々の巨匠たちの作品に出演してきた名優・仲代達矢、彼の孫・春役には『アキレスと亀』の徳永えり。そのほか大滝秀治、菅井きん、小林薫ら実力派が脇を固める。[もっと詳しく]

ロケ地の災害前の気仙沼が、フィルムに焼きついている。

東北震災の直前に、宮城県気仙沼に講演で出向いていた知人に、自らのスナップで撮った町の写真や、地元のNPOが丁寧で素朴に制作した「気仙沼紹介映像」を見せていただいた。
静かな港の風景と、レトロで昭和の郷愁にひたれそうな町並み。
僕が震災の日に、帰宅難民の列から離れて、スマホの充電のために入ったDOCOMOショップの待合室におかれた大型テレビで、はじめてまともに震災の映像を見ることになった。
充電している1時間ほど、僕は食い入るように画面を見続けた。
ちょうど映し出されていたのが、津波に襲われた上に、打ち上げられた漁船の重油に引火したのだろうか、町のかなりな部分が業火に包まれている映像だった。
それは気仙沼だった。



『春との旅』で気仙沼は重要なロケ地のひとつとなっている。
北海道石狩市のとある侘しい漁村を飛び出た忠男(仲代達也)と心配してくっついてくる孫娘の春(徳永えり)。
忠男は身体不自由でいつまでも孫を拘束するわけには行かないと、親戚をあてにして自分の面倒をみてもらえないかと、プライドを捨てて頼みに行くつもりだ。
最初に来たのが、兄である重男夫婦(大滝秀治・菅井きん)のそれなりに立派な一軒家。気仙沼にあった。
「それが人にものを恃むときの口の利き方か!」と不仲の兄から毒づかれいたたまれず飛び出る忠男であったが、その兄夫婦にしてもこどもに家を渡し、自分たちは施設に入らなければならないという事情を抱えていたのだ。
忠男は年賀状だけは欠かさなかった気のあう弟の住所を尋ねるが、探し当てたのは内縁の妻愛子(田中裕子)であり、服役中の弟を待っているのだという。
忠男と春が入るおいしそうなラーメン屋や愛子が勤める食堂は、気仙沼の魚市場の近くがロケに使われた。



ロケは続く。
羽振りが良さそうに見える不動産業を営む弟の道男夫婦(柄本明・美保純)も実のところ借金で首が回らなくなっていたのだが、ここは市内にまで震災の被害をこうむった仙台市である。
有名な鳴子温泉では、姉茂子(淡島千景)が、旅館を仕切っていた。
茂子は孫の春を気に入り預かりたいと言うが、春は茂男との同行にこだわる。
この鳴子温泉は比較的震災被害が少なかったらしく、避難民の千人規模の温泉宿舎への受け入れをいち早く表明している。
小林政弘監督はこれまでも気仙沼をはじめ東北の三陸海外沿いをロケ地として、何度も使ったことのある監督であった。
監督のモンキータウンプロダクション含め、関係者のショックは想像に余りある。



この作品でも仲代達也の執念のような演技は高く評価されているが、僕は春を演じた徳永えりがこの作品で小林政弘の厳しい演技指導によって、また一皮剥けたように思えた。
もともと大ヒット作『フラガール』で蒼井優扮する主人公の同級で、夕張に転向せざるを得ない薄倖の少女を演じて以来、注目はしていた。
本作では、赤いジャージと白いスカートに運動靴、黒いソックスというまことにださい恰好で登場し、必死で茂男に寄り添おうとする。
演出だろうが、ひどい「がにまた歩き」で、この徹底した長まわしを本領とする監督の注文に、必死でこたえようとしている女優魂のようなものが観客によく伝わってくる。
特に、自分を捨てたかたちになった父(香川照之)に思いのたけをぶつけるシーンや、落ち着き先が見つからない武男と蕎麦を食べながら、「あたしはずっとじいちゃんと一緒にいる」と言ってのけるシーンは印象深い。



武男は、ニシン漁全盛期の夢が忘れられず、家族・兄弟とも疎遠に生きている孤独で、しかしどこか甘えん坊のようなところがある資質を持っている。
春の父の離婚も母の不倫が原因であり、その母は自殺している。
武男は、静かに春に寄り添い見守ってきた。
春は漁師町で小学校の給食係で勤めていたが、その小学校も統廃合で無くなってしまった。
しかし今度は、春が武男に寄り添おうとしている。
その姿が、いじらしく涙を誘う。



今回の東北震災は、多くの家族の一員を喪失させ、思い出の痕跡を洗い流し、身近なもの同士を分離させ、そしてそのことはまだ当分続くことになる。
血のつながりがどうのというよりも、もっと黙っていても通い合うものを、無意識に人々は求めている。
五百年、千年に一回の大災害だとしても、現にいまいる人々にとってみれば、不可避の運命的な災害経験である。
『パッシング』(05年)や『愛の予感』(07年)をはじめ海外では高く評価されている小林政弘の作品。
どこかでこの『春との旅』は、このインディペンダントな異色な監督の総決算のような感じもしてしまったりしたが、きっと小林政弘は今回の東北災害をテーマに組み入れながら、彼なりの視座からレクイエムを奏でることになるかもしれない。



武男と春の旅は、結局自分たちが世の中で生存していくことの、「気持ちの在り処」を確認しようとする旅であったかもしれない。
そして多くの災害を受けた関係者たちが、「なにもかも喪った」ところから、もう一度それぞれの関係回復の旅に踏み出すことになる。
たとえば気仙沼の美しい風景が、復興の中でどういうかたちになるのか今はわからない。
けれどもそこに住む人たちのなかに、在りし日の気仙沼はしっかりと脳裏に焼きついているはずだ。
何年もかかるかもしれないが、大きなことも小さなことも、復興劇の主人公には、当然のことだが、その記憶を持っている人たちが中心にならなければならない。
誰かと誰かが、新しい「寄り添い」をも懸命に、模索していきながら・・・。

kimion20002000の関連レヴュー

『パッシング
愛の予感

コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« 異端女優/沖山秀子(女優)/65歳 | トップ | 音羽の体現/野間佐和子(講... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-03-31 18:30:52
TB ありがとうございます

ロケ地は気仙沼でしたか・・・
驚きです

映画は 俳優陣の演技が素晴らしくて
家族というものについて 考えさせられました
リバーさん (kimion20002000)
2011-03-31 22:10:57
こんにちは。
小林政弘さんは、好きな映画とちょっと独りよがりの映画だなというのが交互にあります(笑)
この映画はとても心を打つものがありました。
そういや (sakurai)
2011-04-01 13:47:04
北海道、東北、太平洋岸が舞台の映画でしたね。今の惨状は夢にも思わなかった。
世の無情を痛烈に感じます。
独りよがりでない映画よりは、気骨があっていいとも思うかもです。
sakuraiさん (kimion20002000)
2011-04-01 22:24:04
こんにちは。
この監督は気骨はありますよ。
春が気仙沼の親族と共に、復興を生きていくと言う続編をつくってくれたらいいのになと思います。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2011-07-01 19:51:03
この監督の作品を観るのは初めてですが、じっくりと作っていますね。
特に、主人公が長男夫婦の現状を知った後も何も言わずに去る場面にぐっときました。

>血のつながりがどうのというよりも、もっと黙っていても通い合うものを、無意識に人々は求めている
この映画からも僕はそれを感じましたねえ。血を否定するのではなく、血縁者であろうとかなかろうと、互いの思いが大切なんだなあ、としみじみとしましたね。
オカピーさん (kimion20002000)
2011-07-03 12:57:22
こんにちは。
昔々、この監督はフォーク歌手だったんですよ。僕はその頃、唄を聞いたことがあるんです。

コメントを投稿

座布団シネマ:は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

『春との旅』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満...
「春との旅」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本:ティ・ジョイ=アスミック・エース配給原作・脚本・監督:小林 政広 「バッシング」(05)、「愛の予感」(07)で知られる小林政広監督が、10年前から企画を温め、8年かけて脚本を仕上げ
春との旅 (笑う学生の生活)
1日のことだが、映画「春との旅」を鑑賞しました。 老人とその孫とのロードムービー 足の不自由な忠男の面倒を見てもらうため 親族を訪ねていくのだが・・・ まさに こころにしみる作品 良い意味で 昔ながらの日本映画といった感じがでてて 家族を訪ねる旅 しかし それ...
『春との旅』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・原作・脚本:小林政広出演:仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこ...
春との旅 (映画的・絵画的・音楽的)
 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。  実は、公開直後に同じ映画館に出向いたのですが、同時に「爆音映画祭」を開催していて音漏れがありますなどと言われてしまったので、見るのを遅らせたものです。  実際のところも、実に静かでしっとりとした作....
春との旅(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、虎ノ門ニッショーホールでの「春との旅」試写会に、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人さん(Yamatoさん)に誘って頂き、丁度都合も良く行ってきました。これまで小林政広監督作品は8作品見て、最新は昨年の「白夜」。これは、昨年中唯一感想を書き損...
春との旅 (とりあえず、コメントです)
北海道から東北を舞台に、祖父と孫娘の居場所を探す旅を描いた作品です。 チラシの写真がとても印象的で、観てみたいなあと思っていました。 主人公の二人や彼らが訪ねる人々の人生がとても切なく感じる物語でした。
『春との旅』 (ラムの大通り)
----これって3年連続カンヌ国際映画祭の快挙を果たした 小林政広監督の大作だよね。 「そう。実はぼくは『殺し』がDVDリリースされるとき、 ライナーノーツを書いたことがあって、 そのときに、いろいろ調べたんだけど、 彼は、かつてフォーク歌手としてアルバムも出して....
春との旅 (2ちゃんねる映画ブログ)
春との旅 PART1 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1272815845/ 1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 00:57:25 ID:XTRPL6ws] 2010.5/22(土)全国ロードショー ...
【映画】春との旅 (新!やさぐれ日記)
▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親...
春との旅(ティーチ・イン付) (LOVE Cinemas 調布)
『白夜』、『ワカラナイ』の小林政広監督が自身で綴った原作を映画化。足の悪い元漁師の祖父と孫娘が疎遠となっていた祖父の兄弟を訪ね歩く旅を描いた人間ドラマだ。主演は、本作を過去5本の指に入る脚本だと絶賛したという仲代達也と『アキレスと亀』の徳永えり。共演に...
春との旅 (to Heart)
ある日、突然── ひとりの老人が家を捨てた。 孫娘、春が あとを追った…。 製作年度 2009年 上映時間 134分 原作 脚本 小林政広 監督 小林政広 出演 仲代達矢/徳永えり/大滝秀治/菅井きん/小林薫/田中裕子/淡島千景/長尾奈奈/柄本明/美保純/戸田菜穂/香川照之 足...
「春との旅」 (prisoner's BLOG)
孫とここ五年間ずっと面倒みてもらっていた老人が、孫が給食係を勤めていた小学校が廃校になり職を失ったのをきっかけに、世話してもらえる相手を探して兄弟の間を渡り歩く。 「東京物語」か、その元ネタである「明日は来らず」を思わせるような話だが、子供の世代をあた....
春との旅 (迷宮映画館)
仲代達矢!!渾身の一本。
「春との旅」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
原作、脚本、監督の三つの作業を手掛けた、小林政広監督へ終映後にティーチインの場を設けて頂いた今回の試写会、やはり、映画制作の中心に携わった方の話には、凄く説得力がありま...
春との旅 (試写会) (風に吹かれて)
老後の面倒は誰がみる公式サイト http://haru-tabi.com5月22日公開 原作・脚本・監督: 小林政広まだ寒い、北海道の四月。母の死後、春(徳永えり)は地元の小学校の給食係をして、元漁師
「春との旅」 (しぇんて的風来坊ブログ)
予告編の印象で懸念した事が増幅されたような気分.いかにも感動させようという音楽の使い方があざとい。それで騙された気分になって逆に損してる。老人が足に障害があるのに歩く速度が速い。後の方に耳が悪い人も出てくるが、そんな、障害という要素まで必要以上に散らさ...
「春との旅」は記憶すべき映画 (再出発日記)
あらすじ19歳の孫娘・春と、北海道の漁村・増毛で暮らす74歳の忠男。かつて漁師だった忠男は、妻と春の母である一人娘にも先立たれ、兄弟たちとも疎遠になっていた。しかし、春が勤...
映画『春との旅』 (健康への長い道)
 夜19:00、梅田ブルク7から帰ってきました。雨が激しく降っています。おかげで今日は洗濯できなかった・・・。 Story 北海道、4月。まだ寒さ厳しい中、元漁師の忠男(仲代達矢)は、18歳の孫・春(徳永えり)と共に気の乗らない東北への旅に出ることになる。2人が訪れ...
■映画『春との旅』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
仲代達矢、大滝秀治、淡島千景といった日本を代表する往年の名優たちが素晴らしい演技を見せる映画『春との旅』。 死ぬまでの人生を、誰と、どう生きるか…。 高齢化社会となるこれからの日本で、多くの人がこれから体験するであろう問題を、真っ向から描いた力作です...
No560『春との旅』~旅の果てにたどりついた、大切なこと~ (パラパラ映画手帖)
小林政広監督の最新作。あの仲代達矢がほれ込んだ脚本という。北海道の漁師だった頑固な老人が、孫娘の春の失業で、「お前は東京へ行け、俺は誰か親類の世話になる」ってな感じで、疎遠だった親類縁者達を順に訪ねていく。足の不自由な老人を一人で放っておけず、春も一緒...
「春との旅」:亀沢四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
家庭センターかあ。一緒に暮らすことを兄弟に拒否された老人の相談にも乗ってくれるのかなあ。 ここは、子どもに関する相談に乗るところみたいよ。 じゃあ、「春との旅」に出てくるような老人は、身の振り方をどこに相談すればいいんだ? 小林政広監督の「春との旅」は、...
「春との旅」 そしていつか、我らも旅する (明日へのヒント by シキシマ博士)
確かに作劇としてはありきたりだし、別のラストにしたほうが良いと言う人もいますが、行き着く現実とはやはりこういうことだと思います。 こういう現実を、私たちは誰でもいつか、受け入れなくてはならない日が来るのです。
映画評「春との旅」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・小林政広 ネタバレあり