サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まだいたの?(引退表明もパフォーマンス度70点)

2007年06月23日 | それでも世界は回る

大仁田参院議員が政界引退表明、国会の会期延長に抗議

2007年6月23日(土)11:36
  • 読売新聞

 プロレスラーで自民党の大仁田厚参院議員(49)は23日午前、都内で記者会見し、来月の参院選での党公認を辞退し、出馬を取りやめる意向を表明した。


 今期限りで政界から引退する考えだという。大仁田氏は、「国会の会期延長により、参院選の日程が延びたことへの抗議だ」と述べた。

そんな抗議でやめることなどありえないことは、みんなわかっている。
このお調子者が、そもそも国政の場に打って出たことは、別にどうでもよい。
プロレスラーでなくても、パフォーマンス議員はたくさんいるからだ。

任期中にろくな仕事などしてこなかったことも、みんなわかっている。
でも、そんな議員はとくに参院には、他にもたくさんいる。

「辞退」ということは、もう次の参院選ではほぼ指名の目がなくなったか、なんらかのスキャンダルが隠されていて、オモテに出さない条件に、「辞退」を迫られたんだろう、と考えるのが普通だ。

勉強不足を自覚したので、今度は、最終学府(東大)を目指すと、ヌカシテイル。勝手にしてくれ、だ。




コメント   この記事についてブログを書く
« mini review 07238「パトリ... | トップ | mini review 07239「家の鍵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

それでも世界は回る」カテゴリの最新記事