サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09411「コレラの時代の愛」★★★★★★★☆☆☆

2009年10月22日 | 座布団シネマ:か行

ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの名作を、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが映画化。内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末から20世紀前半のコロンビアを舞台に、半世紀にわたって一人の女性への思いを貫いた男の純愛を描く。主演は『ノーカントリー』のオスカー俳優ハビエル・バルデム。多くの女性からの求愛に体で応えながら、心の貞節を守り続けた男の憎めない生きざまを感じ取りたい。[もっと詳しく]

76歳と72歳の、半世紀にわたる、痛々しくも馬鹿馬鹿しくも羨ましくもなる時間。

『コレラの時代の愛』という作品には、重要な数字がふたつ存在する。
ひとつは、51年9ヶ月4日。
もうひとつは622人。
前者は、17歳の電報配達をしているフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)が13歳のフェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)に一目惚れをし、長い歳月を経て、再び愛を告白するまでに費やした時間である。
後者は、その間、フロレンティーノが女性遍歴を几帳面にノートに記した数である。



半世紀以上にわたる間、「君に飢えて眠り、君を求めて目覚める」フロレンティーノが、フェルティナの連れ添いの医者であるフベニル(ベンジャミン・ブラッド)の葬儀の日、「この日をずっと待っていた。ずっと愛していた」と貞節をアピールしたのが、51年9ヶ月4日という数字なのだが、そのことと622人という性交渉の相手の数とが、どうにもマッチングしない。
622人といえば、51年という年月で単純に割算すれば、毎年12人という数字になる。
まあ、千人斬りという言葉があるぐらいだから、これぐらいの病的な「性豪」は巷には結構いるのかもしれないが(笑)、50年間にわたって毎月のように新しいSEXの相手を渉猟しながら、「貞節」を守ってきただと?
笑ってしまうような話だが、しかしノーベル文学賞作家であるガブリエル・ガルシア=マルケスの『コレラの時代の愛』の真骨頂は、この異和感にこそあるのだ。



電報配達人のフロレンティーノの一目惚れは本物である。
その盲目的な愛は、フェルティナの少女の幼い幻想も燃え上がらせ、相思相愛となる。
けれども、フェルティナの父親はロバ飼いからのしあがった野心家の成り上りもの。
娘は上流階級に嫁がせたいから、しつこいフロレンティーノとの仲を切り裂くために引っ越してしまう。
しばらくしてフロレンティーノがコレラの疑いが出たときに診断したのが、名声があり、家柄もいいフベニル。
彼もフェルティナの美しさにまいり、求婚することになる。
父親としては願ったりかなったり。
もちろん、フロレンティーノはショックを受けるのだが、「チャンスがあるまで諦めないぞ!」と執着を持ちつづけるのだ。
最初は、童貞を守っていたが、ある日女にいきなり引っ張り込まれ相手もわからぬまま「奪われて」以来、逆に女との交渉記録をノートにつけるほどの、「性の求道者」となるのである。
寓話といってしまえばそれまでなのだが、僕たち凡人にはなぜ?という疑問がいくつか擡げることになる。



「なぜ?」のひとつは、父親の引き離しの「強硬手段」はともあれとして、フェルミナが結構成人したフロレンティーノと町で再会した時、急に現実に醒めたように「あの恋は幻想だったのよ」と言い捨てて、逃げるようにその場を去り、そして、その後フベニルとの結婚へと至ったことである。
男の立場としては、それはないでしょ、と言いたくもなる。
成人したフェルミナの顔立ちが、出会った当初の初々しさから変化していたから動揺したのかもしれないし、彼女も少し大人になって「現実」ということに重きを置くようになったのかもしれない。



「なぜ?」のもうひとつは、いくら「SEXと愛あるいは結婚」は別物だとしても、最初のアクシデントはどうであれ、フェルミナが異常とも思える女性遍歴に執着した理由である。
ここではおそらくフェルミナの死んだ父親がとんでもない「女たらし」であったことが遺伝的性癖かどうかは別としても、大きく影響しているように思える。
フロレンティーノへの思いが断ち切れず独身生活を続ける息子を心配する母親に対して、マザコンのようでもあるフロレンティーノは、女たらしの父親の代替をしたのかもしれない。
あるいはもっと純粋に、「愛」から離れた純粋快楽としてのSEXに目覚めたのかもしれないし、少しは「幸せな結婚生活」を営んでいるであろうフェルミナへの意趣返しの気持ちもあるのかもしれない。



「なぜ?」はまだある。
名誉も財も得たフロレンティーノが76歳のとき、夫を亡くした72歳のフェルミナのもとを躊躇なく訪れ、拒絶されても若き日のように情熱的に手紙を送り、とうとう自分が経営する船会社の客船に招待し、結ばれ、あらためて永久の愛を約束するという呆れるほどの執念はどこから来るのか、ということだ。
ここにまた、人間の「生」と「死」を幻想譚のように「神」のような視線から物語るガルシア=マルケスの立ち位置の独自さもあるのだが・・・。
「百年の孤独」にしろ他の作品にしろ、コロンビアの「人工的」な架空の町を想定して、何代にもわたる自然と人間の営みを描き続ける彼の、ある時には熱く、ある時には醒めて、登場人物たちに「命」を与える方法を知るものにとっては、51年9ヶ月4日にわたり「捧げる愛」というのは、不思議でもないのかもしれない。



「コレラと内戦の時代」のコロンビア、カルタヘナ。
物語の途中で、1900年つまり20世紀を迎えることになる。
『ハリーポッターと炎のゴブレット』(05年)のマイク・ニューウェル監督と、『戦場のピアニスト』(02年)の脚本もてがけたロナルド・ハーウッドらは、粘り強く交渉し、映画化不可能といわれたこの名作を、驚くほど原作に忠実に仕立て上げた。
もともとこの作家に傾倒していたハビエル=バルデムは、『海を飛ぶ夢』(04年)、『宮廷画家ゴヤは見た』(06年)、『ノー・カントリー』(07年)などと並ぶ、なにかしら滑稽さも含めた鬼気迫る演技であった。
イタリアでは若手女優として注目されているらしいジョヴァンナ・メッツォジョルノも、13歳から72歳という幅をひとりで演じきり、とくに最後の結ばれるシーンでの裸身は、特殊メイクだろうが、垂れ下がった乳房と張りのない腰周りといういたしかたない肉体ながら、なおかつ尊厳を持ち続ける「美しい」老女をよく演じていた。



「コレラ」も「内戦」も、人間の無力さと愚かしさの象徴である。
しかし、それに拮抗するように、フロレンティーノとフェルミナの半世紀にわたる「愛の寓話」が対峙されている。
この愛は、どこからみても滑稽であり、人生の皮肉である。
しかし、76歳と72歳の見つめ合う二人を見ると、凡庸な僕たちはとてつもない「羨ましさ」を感じるようにもなる。
特に、若いときに、雷にうたれ発熱したかのような、怖れしらずの「一目惚れ」を経験した者たちにとってみれば・・・。

kimion20002000の関連レヴュー

海を飛ぶ夢
宮廷画家ゴヤは見た








ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« mini review 09410「初恋の... | トップ | mini review 09412「スラム... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も思いました^^ (latifa)
2009-10-24 16:46:03
kimionさん、こんにちは!
私も、あの女性が急に冷たくなった態度を見て、え?なんで?そりゃないよ~って同性ながら思いました。

>622人といえば、51年という年月で単純に割算すれば、毎年12人という数字になる。
 素晴らしい!計算されましたね♪
そうかー!そりゃ無理だろう・・と思います。若い時ならいざ知らず・・・(^^ゞ
latifaさん (kimion20002000)
2009-10-24 18:46:41
こんにちは。

そうですよね。
なんか、肩透かしを食わされたようで。

ハビエル=バビデルが、急にキモイ顔をなっちゃったことにたじろいたのかしらねぇ(笑)

葉隠 (佐藤秀)
2009-10-24 21:56:21
思い出しましたけど、「葉隠」に「恋の至極は忍恋と見立て候、会いてからは恋の丈が低し、一生忍んで思い死にすることこそ恋の本意なれ」というのがありましたけど、それに近いかもですね。
佐藤さん (kimion20002000)
2009-10-25 00:33:54
こんにちは。

そうですか、「葉隠」にそんな一節がありましたか。
こんな言葉を、文にしたためて、だれかに送りたいものですなぁ(笑)
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-03-02 01:21:22
僕の初恋シリーズ

僕の初恋も一目惚れに近いと思いますが、昨年家庭生活に色々問題が出てきたら、急に初恋の彼女が思い出されて、今は結婚してどこかへ行ってしまった彼女の実家を探してしまいましたよ。

そしたらその直後入院。彼女の家はその病院から真下の位置にあるんです。
ストーカーみたいなことをした僕の生霊が彼女に災いを起こすかと思っていたのに、僕自身に反射したように思えてきてゾッとした・・・というお話。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-03-02 09:33:50
こんにちは。

ちょっとしたミステリー短編になるようなお話ですね。僕も田舎に帰ると、なんか無意識に街なかで人を探しています。
40年も前のことなのに(笑)

コメントを投稿

座布団シネマ:か行」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

コレラの時代の愛 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『51年9ヶ月と4日、 君に飢えて眠り、 君を求めて目覚める。』  コチラの「コレラの時代の愛」は、ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの同名小説を映画化した8/9公開のPG-12指定のラブ・ストーリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪19世紀後半...
コレラの時代の愛 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ガルシア=マルケス原作、マイク・ニューウェル監督、ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ヘクター・エリゾンド。食わせ者フロレンティーノ(ハビエル・バルデム)に騙されると酷い...
映画 【コレラの時代の愛】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「コレラの時代の愛」 ガルシア=マルケスの名作をマイク・ニューウェル監督が映画化。 おはなし: 1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちるが、身分...
ハビエル・バルデムの「コレラの時代の愛」を観る! (とんとん・にっき)
ノーベル文学賞作家カブリエル・ガルシア=マルケスの「コレラの時代の愛」が原作のこの映画、50年にもわたる壮大な愛の物語です。ガルシア=マルケスとは誰か?1928年、コロンビア生まれ。1967年に代表作「百年の孤独」(邦訳・1972/1999年新潮社)を発表、大江健三郎な...
「コレラの時代の愛」ハビエルが少々不気味・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
うむ~結構微妙な映画だった。スペイン語じゃなくて英語なのが少々萎える・・・
『コレラの時代の愛』 (千の天使がバスケットボールする)
そもそもコロンビアがどこにあるのか。そんなことすら知らなかった私にその存在を強烈に知らしめたのが、1982年ノーベル文学賞を受賞したガブリエル・ガルシア=マルケス(Gabriel José García Márquezの著書「予告された殺人の記録」である。ひ弱な...
恩寵としての恋の病~『コレラの時代の愛』 (真紅のthinkingdays)
 LOVE IN THE TIME OF CHOLERA  19世紀末のコロンビア。電信局配達員のフロレンティーノは、美しい少女フェル ミーナを見初め、恋に落ちる。...
コレラの時代の愛 (Memoirs_of_dai)
心だけは51年と9ケ月と4日愛した男 【Story】 1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は配達先の令嬢フェル...
コレラの時代の愛 (ルナのシネマ缶)
1度振られたにもかかわらず、 51年間、同じ女性を思い続ける 究極のストーカーとも言える男を やはり、この人でしょう!という ハビエル・バルデムが怪演しています。 ここまでくると、情熱というより 妄執で、かなり怖いんだけど わりと淡々と描かれています。 ...
「コレラの時代の愛」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Love in the Time of Cholera」2007 USA “51年9ヶ月と4日”、一人の女性を待ち続けた男のロマンを描いたラヴ・ストーリー。 フロレンティーノ・アリーサに「ノーカントリー/2007」のハビエル・バルデム。 フェルミーナに「向かいの窓/2003」のジョヴァンナ・...
コレラの時代の愛 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
コレラの時代の愛 [DVD]愛する女性を奪うのではなく夫が死ぬまで50年以上待つ。この主人公の執念は滑稽でキモいのだが、見終わると美しく思えるから不思議だ。内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末のコロンビアを舞台に、心では初恋のフェルミナに純潔を誓いながら、現実...
コレラの時代の愛 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2007年 製作国:アメリカ 監 督:マイク・ニュー
コレラの時代の愛 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
51年9ヶ月と4日、君に飢えて眠り、君を求めて目覚める。 愛は、どこまで愛でいられるのか__あなたは、“究極”の純愛を目撃する。 51年間、同じ女を思い続ける。奇妙で情熱的な男を描いたガルシア=マルケス原作「コレラの時代の愛」。オスカー俳優のハビエル...
「コレラの時代の愛」 (てんびんthe LIFE)
「コレラの時代の愛」試写会 九段会館で鑑賞 純愛小説が原作なんですと。 でも、これって純愛って言うんですかねえ。 でも純愛なんですよ。 一人の女性を生涯プラトニックに愛し続けたわけですから。 でも体はそうはいかなかったみたいで、精神的なものと肉体的な...
コレラの時代の愛 (心のままに映画の風景)
1897年、コロンビア。 郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は、配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と...
第六十四幕 コレラの時代の愛 (日刊 Anthony's CAFE 2.0)
純愛の放つ異様で芳醇な芳香    映画 『コレラの時代の愛』  南米コロンビアの港街カタルヘナ。医師のフベナル・ウルビーノ(ベン...
★★★「コレラの時代の愛」ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・... (こぶたのベイブウ映画日記)
こ、こんな男があなたの恋人だったらどうする?「君のために純潔を守り通した」といいながら、622人の女と「習慣」で寝て日記までつけてるの。Aちゃんと寝た、Bちゃんと寝たと、律義に記録を残し、他の女と寝るのは「僕の習慣だから」と・・。フロレンティー丿が、次々に....
113●コレラの時代の愛 (レザボアCATs)
『ノーカントリー』+『ハモンハモン』、ストーキング+種馬っぷりをハビエル様に学ぶ。
「コレラの時代の愛」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年も残り数日・・・もうそろそろレビューも終了かなーー、 キリがいいし・・・ 今回で。
映画評「コレラの時代の愛」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督マイク・ニューウェル ネタバレあり
コレラの時代の愛 (悠雅的生活)
1897年、コロンビア、カルタヘナ。
コレラの時代の愛 (mama)
LOVE IN THE TIME OF CHOLERA 2007年:アメリカ 原作:アフォンソ・ビアト 監督:マイク・ニューウェル 出演:ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラ ...
コレラの時代の愛 (いやいやえん)
純粋な愛という意味では純愛なんだろうけれど…^; 内戦とコレラの蔓延するコロンビアを舞台に、身分の違いから引き離されてしまった初恋の女性を、彼女が夫と死別するまで51年9ヵ月と4日もの間待ち続けた男の愛を描く。 普通ならば、愛するならば奪えば、もしくは...