サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08317「母べえ」★★★★★☆☆☆☆☆

2008年07月29日 | 座布団シネマ:か行

山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱に翻弄(ほんろう)されながらも懸命に生き抜く人々にふんする。戦争の悲劇を描きながらも、平和や家族の大切さ、幸せとは何かを、改めて思い出させてくれる。[もっと詳しく]

山田洋次監督は最後の「啓蒙」する人であり、その立ち位置から現在は視えない。

僕の中では、日本映画の現存する最後の巨匠のひとりとなっている山田洋次監督に対しては、とても複雑な思いがある。
1931年に生まれ、満鉄エンジニアであった父に連れられて、2歳で満州に渡り、中学生ぐらいの時に日本への引き揚げを体験している。
山口県宇部から上京し、東大を経て、松竹に入社、カツドウ屋を始める。
野村芳太郎などに師事した後、喜劇色の強い作品が得意な監督として、一本立ちしていく。
松竹といえば、僕などは1960年代前半から大島渚、篠田正浩、吉田喜十など、旧来の制作体制に異を唱えて、あるいは本家フランスのヌーヴェルバーグの影響もあったのだろうが、松竹ヌーヴェルバーグとして、独立していった監督たちに、印象の方が強い。
大島渚の「青春残酷物語」が代表作となるが、「二階の他人」(61年)で監督デヴューとなった山田洋次は、60年代には「馬鹿」シリーズやハナ肇の「一発」シリーズなどの喜劇を核としたプログラムピクチャーで、手堅く頭角を現している。



ただ、この60年代に喜劇ではなく、現在に繋がるような社会派、ヒューマニズム派の片鱗を色濃く見せる作品も撮っている。
「下町の太陽」(63年)と「霧の旗」(65年)だ。
前者は倍賞千恵子を早くもヒロインとし、彼女の同名の歌も、大ヒットした。
後者は松本清張の社会派ミステリーの映画化で、これも倍賞千恵子をヒロイン役としたが、後にもこの原作は77年に山口百恵をヒロインに映画化、以降テレビでは繰り返しドラマ化されている。
69年にいよいよ「寅さん」シリーズが始まることになる。
以降、山田洋次の代表作となり、正月と盆には大衆の欠かせない定番映画となった。
結局、山田監督は最新作「母べえ」で80作目となるが、うち48作が「寅さん」シリーズであった。
すでに30作目にして、史上最長の劇場映画シリーズとして、ギネス記録に認定されている。



「男はつらいよ」で松竹の屋台骨を背負いながら、「家族」(70年)、「故郷」(72年)、「同胞」(75年)、「幸福の黄色いハンカチ」(77年)、「遥かなる山の呼び声」(80年)、「息子」(91年)など、時代の変化を誠実に題材に取り入れながら、人間愛を基調音とした、「良心的」な映画を発表していくのである。
93年からの「学校」4部作も同様だ。
高倉健主演の「幸福の黄色いハンカチ」など大ヒットした作品もあったが、僕にはこれらの作品群は、「寅さん」シリーズで松竹の顔となった山田洋次に対する、会社側からの「ご自由におやりなさい」といったような報奨であったようにも思われる。
そして、車寅次郎=渥美清亡き後、「釣りバカ日誌」シリーズ(88年~)の脚本を手がけながら、「たそがれ清兵衛」(02年)、「隠し剣 鬼の爪」(04年)、「武士の一分」(06年)といった藤沢作品歴史三部作になだれ込んでいくのである。



僕の中での、山田洋次監督に対する複雑な思いとは、なんだろうか?
山田洋次監督は映画作りが極めてうまい。
脚本からセットづくり、ロケーション、キャスティング、演出・・・つまり映画のあらゆる構成要素に破綻がなく、観客のほとんどを満足させる。
前衛的な実験映像の試みはしない。
「性」をあからさまには扱わない。
暴力や血のシーンも必要最低限だ。
だから、きわめて技巧的、職人的でありながら、じっくりと、作品世界に入っていったり、あるいは山田洋次が好きな落語の世界に似て、庶民の喜怒哀楽に感情移入したり、そうしたことが、実によく計算されている。



しかしながら、であればあるほど、映画表現そのものはきわめてコンサバであり、観客は途惑ったり、深層から揺さぶられたり、世界認識に衝撃を受けたり、呆気にとられたり、わだかまりのようなしこりが残ったり、ということがまったくというほどないのだ。
「感動」はあるが、こちらになにかを迫るような「衝撃」はないといいかえてもいい。
それが、「寅さん」シリーズに代表されるような喜劇的な笑いと涙の世界であろうとも、社会派的なヒューマニズム礼賛や理不尽なシステムへの小さな抵抗を描く良心的な作品群であろうとも、日常の細部をこれ以上ないほど細やかなリアリズムで映像化しようとするたとえば藤沢作品の映像化であろうとも、なんら変わりはない。
僕たちは、山田洋次の持っている歴史観、社会認識、ヒューマニズム、モラリズム、あるいはかすかに感じられるニヒリズムの稜線を決して出ることはなく、そのなかで所定の観客席に座らせられることになる。
それはたぶん、山田洋次が自分のことを、自分の映画的方法論を、よく認識しているからこそ逆に、無意識に滲み出る固有の資質のようなもの、あるいは自分でも制御できないところで破綻をきたしそうになるところが、まったくといっていいほどないことへの、ある意味での「失望」としか言いようのないものを感じさせる由来となっている。



僕は、たとえば、テレビのドキュメントなどで、訥々とこの現在社会への違和感を語る山田洋次が嫌いではない。
そこには、「正義」と「良識」の高みに立って、居丈高に物言いをする風情がないからだ。
だから、右であろうと左であろうとこの人は、大政翼賛会的な集団性にやすやすと身を預けてしまうことなどないだろうとの、信頼がある。
一方で、共産党同伴知識人とまでは言い切らないにしても、文化人の署名活動などに、安全牌のように名前を連ね、記者会見などに参列している姿を見ると、激しい嫌悪の感情を抱かざるを得ない。
「ブルータスおまえもか」といった失望に似た気持ちに苛まれることになる。



「母べえ」という作品に、主演の吉永小百合の渾身の演技も含めて、なんら含むものはない。
もう、僕の中では、山田洋次作品は、その職人芸を味わうという見方に徹しており、それ以上でもそれ以下でもないからだ。
「小さい茶の間を大きな時代が通り過ぎていく」
はたして、1940年から41年の、治安維持法のなかで、戦争の足音が家族に抑圧と悲劇をもたらしていく、そのことにただただ耐えること、その耐え方の姿勢に、このモデルとなった野上家の決して声高ではないが凛とした生き方を、丁寧に重ね合わせている。
この作品は、もし山田洋次監督の「遺言」であるといわれてもそうかな、と思わさせるだけの格調がある。そして、滅多に出さない、この人の資質が、いつもより過剰に作品に翳を落としているかのように感じられる。



あまり好きな言葉ではないが「啓蒙」という言葉を使うならば、もう山田洋次監督のあとには、日本の映画人として正面からそういう立ち位置を保てる人は、いないのではないかと、思わずにはいられない。
教育的な、ジャーナリズム的な、反権力的な作品は、これからも無数に創られていくだろう。
けれど、それは、山田洋次監督のような、立ち位置ではないだろう。
満州で育ち、日本の昭和という時代を伴走し、映画という仮構を借りて、世界でも五本指に入るであろう多くの劇場作品を送り出して来たような人は、今後はもう出ることはない。

その場所はもうないし、仮にあったとしても、その場所から現在の複雑な等高線は、たとえ、山田洋次であろうとも、見通すことはできない。

kimion20002000の関連レヴュー

隠し剣 鬼の爪
武士の一分





コメント (12)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« アラブの巨匠/ユーセフ・シ... | トップ | 役人マイレージ(馬鹿馬鹿し... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (sakurai)
2008-08-02 08:29:48
山田洋次論とでもいいましょうか。
実は、この人の映画というものをほとんど見たことがなく、というよりも見ないでもわかっちゃう的な感じ?を持っていたもんで、トンと目にも入らなかったのですが、藤沢三部作ではじめて見ました。
で、やはり感じたのが、映画作りのうまさ。
そして、それ以下でもそれ以上でもない。
とっても良くわかりました。
ありがとうございました。
でも、舞台挨拶等できたとき、スタッフに見せた顔はやな奴だったそうです。これ内緒。
こんにちは♪ (ミチ)
2008-08-02 08:38:48
「たそがれ清兵衛」以降の時代劇三部作が好きでした。
いつもなんとなく泣けてしまう作品を作る監督さんだな~とは思っていましたが、おっしゃるとおり
>「感動」はあるが、こちらになにかを迫るような「衝撃」はないといいかえてもいい
本当にそのとおりですよね。
でも、そこに山田監督の存在意義があるのかもしれません。
こんにちは~ (hito)
2008-08-02 13:01:30
TBありがとうございました。

山田洋次監督作品では、藤沢三部作がとても好きです。学校も良かった~
予想できる流れの中で感動させられるんですよね。

「母べえ」も優しい映画でした。
sakuraiさん (kimion20002000)
2008-08-02 13:30:57
こんにちは。

>舞台挨拶等できたとき、スタッフに見せた顔はやな>奴だったそうです。

ほんとかどうかは別として、えてしてそんなもんなんでしょうねぇ(笑)
ミチさん (kimion20002000)
2008-08-02 13:33:24
こんにちは。

山田監督は、自分の存在意義というのを、とてもよく意識されていますね。
で、それでいいじゃないかといえば、その通りなんですけどね(笑)
hitoさん (kimion20002000)
2008-08-02 13:36:35
こんにちは。
山田監督のことばかりで、「母べえ」に関しては、今回はほとんど触れませんでした。
邦画のある意味で、最高芸といってもいいんじゃないでしょうか。
感想は、みなさんとさして違わないんじゃないかなあ、と思います。
こんにちは♪ (Any)
2008-08-02 17:51:12
TBありがとうございました。
山田洋次監督の作品・・・多くは観ていませんが、
中でも学校シリーズのⅢまではお気に入りです。

>「小さい茶の間を大きな時代が通り過ぎていく」

本当にその通りですね・・・
吉永小百合さんの母親像は
年齢的な違和感を感じさせない魅力があったし、
山ちゃんもかなり良かったです。
Anyさん (kimion20002000)
2008-08-03 04:02:46
こんにちは。
吉永小百合は出演作品が、今回で112作目ですからね。
そして、この作品の演技は、彼女にとって、またひとつの可能性を開いたのかもしれません。
松竹ヌーヴェルバーグ (butler)
2008-08-03 23:14:39
確かに印象としては60年代の大島・篠田・吉田は強烈だったけれど、大局的に見れば山田洋次の偉大さのほうが、はるかに際立っているように思えます。

反権力を標榜した大島作品が、観客への浸透度が表層的だったのに対し、山田作品はジワ~っと浸み込み、時を経て姿を表わす湧水のような趣きだと感じられるのですが。
butlerさん (kimion20002000)
2008-08-04 02:04:24
こんにちは。
映画になにを求めるかですけどね。
たしかに、山田監督は、良質な娯楽作品という意味では、トップの位置を占めるようになりましたね。

コメントを投稿

座布団シネマ:か行」カテゴリの最新記事

44 トラックバック

母べえ (あーうぃ だにぇっと)
監督:山田洋次 出演:吉永小百合/浅野忠信/檀れい/志田未来/佐藤未来 /笹野高史/でんでん/神戸浩/近藤公園/茅島成美 /中村梅之助/松田洋治/赤塚真人/吹越満/左時枝 /鈴木瑞穂/戸田恵子/大滝秀治/笑福亭鶴瓶/坂東三津五郎 他 【ストーリー】 ...
母べえ (2007) 132分 (極私的映画論+α)
浅野さんの3変化(爆)
母べぇ (迷宮映画館)
ごく普通の映画・・・。
映画 【母べえ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「母べえ」 黒澤明作品の常連スタッフで知られる野上照代の自伝的小説「父へのレクイエム」を山田洋次監督が映画化。 おはなし:昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎)が反戦を唱えたとして逮捕されてしまう。悲しみにくれる母・佳代(吉永小百合)...
松竹モニター試写会鑑賞 東劇にて ~ 山田 洋次 「 母べえ 」 (** Paradise Garage **)
明けまして、おめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 良く晴れた元旦、火曜日です。 今日は、昨年の9月13日(木)に東劇にて行なわれた松竹モニター試写会で観させて頂いた、山田洋次氏の新作映画について。 『 母べえ 』 ( ‘07年 日本 ) 《 STA...
生きとるうちが花やで 生きとるうちに楽しまな損やのになあ ~ 野上 照代 「 母べえ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 良く晴れた金曜日です。 今日は、先日御紹介させて頂いた、 1月26日(土)より全国公開予定となっている、山田洋次氏監督作品の 映画『 母べえ 』 ( ‘07年 日本 ) の原作となった野上照代さんの本について。 『 母( かあ )べえ 』 野上 照代 ( 単行...
母べえ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ウチのが言うに、「婆べえ」じゃん。って(笑) 母べえ 通常版posted with amazlet at 08.05.15松竹 (2008-07-25)売り上げランキング: 2427おすすめ度の平均:...
「母べえ」:有明テニスの森バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}なに、ソワソワしてるの? {/kaeru_en4/}いや、吉永小百合って、テニスとか乗馬が趣味らしいから、ひょっとして有明あたりにいたりしないかなあと思って。 {/hiyo_en2/}いるわけないでしょ。 {/kaeru_en4/}でも、俺がいると知れば、来てくれるかもしれないぜ...
母べえ [監督:山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
----??なキャスティングも、「サザエさん」実写版だと思うと深みが出てくる----
母べえ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
母べえ 通常版家族、とりわけ母にスポットを当てた誠実な作品。治安維持法違反で逮捕された父に代わって家庭を支えた気丈な母親を、子供たちの目を通して描いていく。直接的に戦争を描かず、名もない市井の人々の痛みを表現する、練られた一つ一つのセリフが印象的だ。吉...
母べえ (Akira's VOICE)
叫ばなくとも強烈に響く「戦争反対」の声。
映画「母べえ」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 19日、有楽町よみうりホールにて「母べえ」を試写会にて鑑賞した。 客入りは7~8割くらいで、客層は子供連れの親子から年配の方まで様々である。 映画の話母べえ通常版(DVD)◆20%OFF! 世界情勢が緊張を帯びてきた昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎....
母べえ(映画館) (ひるめし。)
何もしなくても、母の手があった。悲しくても、母の胸があった。
「 母べえ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【母べえ 】2008年1月26日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 山田...
■ 母べえ (2008) (MoonDreamWorks)
【母べえ】2008年1月26日(土)公開監督 ・ 脚本 : 山田洋次出演 : 吉永小百合 / 浅野忠信 / 檀れい 他観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★原作 : 野上照代『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)「 母べえ (2008)」  監督は、「幸...
母べえ (ネタバレ映画館)
君は母べえを見たか?
【母べえ】 (日々のつぶやき)
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、浅野忠信、壇れい、坂東三津五郎、志田未来、佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶 予想していたよりも良かったです! 「昭和15年野上家、父べえと母べえと娘二人の幸せな暮しがある朝突然奪われた。父の滋はドイツ文学者で治安維持法
『母べえ』 劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
1000円の前売り券を主人が2枚買っていたので、視力の落ちた娘のメガネを作りがてら、近くのシネコンへ嫌がる娘と一緒に映画館に入れば。。。かなり年代層が高くて。。娘、プンプン!!.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(C)2007「母べえ」製作委員会『母べえ』2007年日本作....
【母べえ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山田洋次   脚本/山田洋次、平松恵美子    原作/ 野上照代 『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)    製作年度...
[映画『母べえ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼うちの<母べえ>が、映画『母べえ』の前売り券を持っていたので、いつもの<MOVIX昭島>に観に行く。 今夜は、レイトショーで『テラビシアにかける橋』も観に行く予定なので、<MOVIX昭島>三昧である。 うちの<母べえ>は、市の婦人会のお手伝いをしてい...
*母べえ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2007年  日本 日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」...
『母べえ』('08初鑑賞14・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 1月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:15の回を鑑賞。{%rice%}
母べえ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
混迷の時代を明るく懸命に生き抜いた母の物語。日本はもう、この「母」を忘れている__。 1940(昭和15)年の東京。野上家の父・滋(坂東三津五郎)と母・佳代(吉永小百合)、娘の初子(志田未来)と照美(佐藤未来)は、互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ...
「母べえ」自由のない時代でも信じる思想を通して信じ合った強い絆の家族愛 (オールマイティにコメンテート)
「母べえ」は野上照代さん原作、山田洋次監督作品で、太平洋戦争へ突入する前の1940年から太平洋戦争へ突入した1942年を中心に父べえが治安維持法違反で検挙されて帰りを待つ母べえら家族とその知人と親戚の絆を描いたストーリーである。当時戦争に突き進んだ日本...
母べえ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
山田洋次は、今の日本映画界で巨匠と言う称号の似合う、数少ない映画監督の一人だと思う。 その事を改めて実感させてくれた、藤沢周平原作に...
母べえ 野上照代 (粋な提案)
装幀は丸尾靖子。装画は上路ナオ子。本文イラストは野上照代。第5回女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞受賞の「父へのレクイエム...
母べえ (徒然なか話)
 山田洋次監督の新作「母べえ」の試写会に行った。黒澤映画のスクリプターとして名前だけはずっと昔から知っていた野上照代さんの自伝的小説の映画化だ。山田監督が、監督歴47年80本目にしてやっと巡り会った題材というべきか、今こそこの映画を作るべきだという時...
クレジット・タイトル (徒然なか話)
 先日見た「母べえ」のクレジット・タイトルの背景が、小津安二郎の映画でおなじみのキャンバス地が使われていた。山田洋次監督の小津さんに対するオマージュなのかどうかわからないが、何らかの想いが込められているのだろう。そう言えば成瀬巳喜男監督も時々このキャン...
母べえ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開 「人に指をさしちゃいけません!」・・・て、これよく言われたなぁ~、ウチの"母べえ"に。 はい、これはどこを切っても山田洋次監督作品でございます!!! そして、全国の"サユリスト"が...
年相応に…(映画/試写会:母べえ) (美味!な日々)
山田洋次監督、吉永小百合主演で話題の映画『母べえ』を我が母が「見たい見たい」と騒いでいたので、応募しまくって当たった試写会に母を伴って行ってきました。
「母べえ」 (元・副会長のCinema Days)
 出来映えには感心したが、本作が評価出来てしまうような昨今の“状況”とはいったい何なのか、思わず考え込んでしまった。  山田洋次監督の「家族」に初めて接したのは(当然、ビデオで ^^;)90年代初めだったと記憶している。丁寧に作られてはいるが、全体的に“...
母べえ (とりあえず、コメントです)
野上照代氏の原作を映画化した作品です。 太平洋戦争の東京で必死に生きた一人の女性の姿が描かれていました。 昭和15年。ドイツ文学者で本の執筆をしている父べえ(坂東三津五郎)は今日もがっかりしていた。 出版しようとした著書が検閲により発禁になってしまったの...
★「母べえ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人...
「母べえ」 (てんびんthe LIFE)
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 ...
母べえ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=野上照代「母べえ」。脚本=山田洋次、平松恵美子。監督=山田洋次。撮影=長沼六男。美術=出川三男。音楽=冨田勲。原作は、黒澤明監督のスクリプターを長年務めた野上照代さんが少女時代の思い出を綴ったノンフィクション。☆☆☆☆★
『母べえ』 @新宿ジョイシネマ (映画な日々。読書な日々。)
日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月...
『母べえ』 (『映画な日々』 cinema-days)
 昭和15年、一家の大黒柱を思想犯として収監された一家  残された母と娘二人の気丈な生活を描く。    個人評価 ★★☆  『 映画雑感...
母べえ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『歓喜の歌』で北京飯店のおかーさんにほろっとさせられた後に続いての勢い鑑賞は吉永小百合さん主演の『母べえ』でした。昭和15年から20年にかけての日本のある一家のお母さんの物語を娘が回想して語る・・・そんな手法でストーリーが進んでいきます。野上さんちは、...
【2008-22】母べえ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 激動の昭和を生きた家族 小さな家族の中を── 大きな時代が通り過ぎてゆく── 何もなくても、母の手があった。 悲しくても、母の胸があった。
母べえ (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【公開日】2008年1月26日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】山田洋次 【出演】吉永さゆり/浅野忠信/壇れい/志田未来/坂東三津五郎 【原作】野上照代「父へのレクイエム」 昭和15年の東京。父と母、娘の初子と照美の野上家は、お互いを「....
母べえ 25点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
黒べえはF、黒ベエはA 公式サイト 野上照代の自伝的小説を、吉永小百合主演、山田洋次監督によって映画化。 原作はもともと『父へのレクイエム』なるタイトルだったが、今回の映画化に際して映画と同じ『母べえ』に改題されている。 このタイトルの変遷から見て...
映画評「母べえ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり
『母べえ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家は、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月、滋が治安維持法違反で検挙されてから苦難の日々が始まった。そんな折、滋の教え子・山崎徹が訪ねてくる。それ以降...
『母べえ』(TV/地上波) (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「母べえ」 □監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子□原作 野上照代 □キャスト 吉永小百合、浅野忠信、檀れい、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎、       志田未来、佐藤未来、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公園、 ...