サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

六価クロム(独占事業体火葬場の不思議度80点)

2009年01月20日 | それでも世界は回る

火葬の灰に六価クロム、最大で基準の1200倍…厚労省調査


 火葬場の焼却灰に国の環境基準値を大幅に上回る有害物質の六価クロムが含まれていることがわかった。



<SCRIPT type=text/javascript>
dart2("ad2.yomiuri.daikou/science","",10000000000000);
</SCRIPT>

<SCRIPT language=JavaScript1.1 src="http://ad.jp.doubleclick.net/adj/ad2.yomiuri.daikou/science;sz=300x250;ord=9363527376476?"></SCRIPT>

<STYLE type=text/css>#rect-l{position:relative;left:-5px}</STYLE>
Click here to find out more!

 厚生労働省研究班(主任研究者=武田信生立命館大教授)によると、調査した4火葬場すべての灰から高濃度の六価クロムが検出され、基準の1200倍という灰もあった。大半の火葬場で使用されている、ひつぎを載せるステンレス製台が発生源とみられる。


 火葬による灰は、工場のばい煙などと比べ少量のため、直ちに周辺住民の健康に影響する恐れは少ないが、埋め立て処分が続くと地下水が汚染される懸念がある。


 調査は2006年に行った。国内4か所の火葬場の火葬炉内に残った灰と、煙に含まれる集じん灰を回収し、灰を溶かした溶液1リットル中にどんな有害物質が含まれるか分析した。


 六価クロムは、環境基準(1リットル中0・05ミリ・グラム)の180~1200倍にあたる9~60ミリ・グラムを検出。炉内の灰よりも、集じん灰に多く含まれていた。


 大半の火葬場では、1000度超の高温に耐え、比較的安価なステンレス製ひつぎ台が、少なくとも20~30年間使われている。鉄とクロムの合金であるステンレスの一部が、繰り返し高温にさらされ、六価クロムに変化した可能性が高い。


 ダイオキシン類を除き、火葬場から出る煙や灰の処理を規制する法律はない。


 調査した京大大学院工学研究科の高岡昌輝准教授によると、対策として、ステンレス台をれんが台などに変更したり、化学処理で六価クロム量を基準以下に減らしてから排出したりする措置が必要という。


2009年1月19日15時01分  読売新聞)

これは、関係者にとって、予想もしていなかった盲点なのか。
あるいは、かなり前から指摘されていて、しぶしぶ腰をあげて調査に入ったことなのか。
よくわからない。
だいたい、この調査は2006年に実施されたらしいが、調査したのは4火葬場であり、なぜ、原因突き止めと発表に、こんなに時間がかかるんだ?

火葬場というのは、法律的にもその利用が義務付けられており、独占事業体である。
この年になると、火葬場に連なることもままあるのだが、いつも思うのだが、結構な時間がかかり、その間所在無げに関係者が待つことになる。
もっと、公園施設や集合施設を拡張して、お役所の片隅の待合室に押し込められるような現在の施設はなんとかならないものか。
別に故人を偲んでの、酒盛りまでの施設はなくてもいいが・・・。
コメント   この記事についてブログを書く
« mini review 09350「テラビ... | トップ | 動画共有サイト規制(中国政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

それでも世界は回る」カテゴリの最新記事