サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10489「プール」★★★★★☆☆☆☆☆

2010年09月24日 | 座布団シネマ:は行

漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。出演者も独特の空気感をまとう小林聡美やもたいまさこらベテラン勢に加え、若手実力派の加瀬亮や、新人の伽奈が見事なアンサンブルをみせる。自然体で生きる個性的な人々のシンプルライフが心地いい。[もっと詳しく]

大凡作なのか、あるいは「黄泉の国」の視線を繰り込んだ「傑作」なのか。

小林聡実、もたいまさこ、加瀬亮といったメンバーの顔ぶれと、なにやら明るげなプールサイドで静かに佇んでいる映像を目にすれば、『かもめ食堂』(05年)、『めがね』(07年)の荻上直子の新作か、と一瞬、思ったりもしてもおかしくはない。
『かもめ食堂』ではヘルシンキを、『めがね』では与論島あたりの南島を舞台にしているが、本当は具体的な場所は、ある意味でのスローライフの心地よさ、逆に言えば虚無のようなものを描写できれば、どこでもよかったのだ、と僕は思った。
だから、今回のようなタイのチェンマイらしい場所に、舞台を設定しても不思議はなかったのだ。



どうやらスタッフはその陣営で、桜沢エリカの原作を基にして、テレビ脚本出身で『ネコナデ』のような猫好き以外にはどうでもいいような映画作品を撮った大森美香に監督を託したらしい。
少し前に、タイのバンコクの南のある村落を舞台にして、長谷川京子扮する日本の女性旅行者が、言葉も通じず暑苦しく騒ぎまくる、癒しなのかパニックなのかどちらともつかない奇妙な『七夜待』という国辱物(相手の国に失礼なという意味で)の河瀬直美の作品で、不快な気分になってしまったが、今回はチェンマイを舞台に、逆になんの事件も起こらない5人の男女の6日間をたんたんと映し出している。
スローライフ=シンプルライフの無害な環境映像のように。



余命半年といわれながら、この地で自然のリズムに身を任せるように生きながら、3年を超えて存命しているゲストハウスのオーナーである菊子(もたいまさこ)がいる。
そのゲストハウスで、マイペースでもてなし役をしている京子(小林聡美)がいる。
いつのまにかいついてしまったような人の良さそうな市尾青年(加瀬亮)がいる。
京子が身元保護をしたのか、地元の親に見捨てられた少年ビーがいる。
そんなゲストハウスに京子の娘のさよ(伽奈)が訪ねてくる。
どうやら初めての海外旅行らしい。
ゲストハウスは清潔で、簡素だが居心地が良さそうなコテージ風のつくりになっている。
庭は綺麗に整備され、美しく水をたたえたプールが風で漣を立てている。
鳥の囀りが飛び交い、のんびりとした牛や豚や鶏の鳴き声も牧歌的に混じっている。
菊子は猫や犬を何匹も保護しては、慈しむように餌やリを欠かさない。



彼らがなぜこの地に来て、「生きていくのにいい場所」を見つけ、定住するようになったのか、ほとんど何も説明されない。
ただ、さよの話から、京子は昔から夢中になるものがあればすぐに行動に移し、結果として祖母とさよを置き去りにしたということがわかる。
さよはそんな母親に不満を持っており、そのことで京子を諫めるような会話もあるが、なんとなくそんな話も曖昧に終わってしまう。
作品の中で少し事件らしきものがあるとすれば、ビーの母親が見つかったらしいという連絡があり、あわてて市尾青年がビーを連れて警察に向かう場面ぐらいだ。
あとは、パパイヤサラダ、タイカレー、揚げバナナ、手製のピクルス、市場で買い集めた材料と釣ってきた魚での鍋料理・・・などを、実においしそうに静かに食事する。
時々は、プールの周囲の椅子に腰掛けたり、傍らに座り込んだりしながら、京子はアコースティックギターを奏でて、歌を口ずさんだりする。



「自然体で生きる個性的な人々のシンプルライフが心地いい」という謳い文句に、ああそうですか、というしかない。
町ののんびりとした雑貨屋の店先でお茶をする以外に、ほとんど村人も登場しない。
どうでもいいが、つい先日までタクシン支持・非支持派が対立して、民衆が政権批判で町を占拠したようなざわめきは、いっさい聞こえない。
もちろんゲストハウスのプールも落ち葉ひとつなく、誰も歓声をあげてバシャバシャと泳ごうともせず、せいぜい静かに足を水に浸す程度である。
ここには、なんの「生」の蠢きもなければ、「自然」がもたらす悪意もない。
ただただ静かに、お互いに過剰に踏み込まず、必要最低限の儀礼の中で、時が「心地よく」経過していく。



そんなリアルのなさを批判してもしょうがない。
凡作といえば大凡作の映画以前の作品なのだが、ただ一点逆説的に言えば、自分の心身を極限まで収縮させてしまったあとの、ほとんど隠遁生活のような閉じこもりの果てを描いたのだとしたら、このスタッフたちは、相当したたかであるとも思えるのだ。
現代版の「清潔」な方丈記の世界・・・。
『かもめ食堂』や『めがね』でも思ったことなのだが、「快適なスローライフ」というよりは、半分「死者の国」に足を踏み入れたかのような寂量が、この世界を覆っているのではないか。
最初にチェンマイに足を踏み入れたさよに涅槃像を案内し、筒状の紙気球を祈りを込めて空に飛ばしながら、ラストシーンは帰国するさよを送る車の両側に、オレンジ色の袈裟を纏った出家僧が列をなしている。
プールサイドの寝椅子に身を任せている菊子の魂が、なにやら浮遊しているような気配もある。
これはほとんど、「彼岸」の世界の暗示のようなものではないか。
スタッフがそのことを意識したかどうか、それとも僕の勝手な深読みなのか、そのことだけが引っかかっていることである。

タイヨウ

 

だんだん長くなっていく 壁に伸びる影
だんだん薄くなっていく 僕たちの影
窓の外 なんて美しい色
なんだか 足の先の方から なくなっていくみたい

だんだん細くなっていく 僕たちの火
だんだん遅くなっていく 僕たちの時間

何だろう この美しい音
なんだか頭の上の方から聞こえてくるみたいだ




主題歌である小林聡美作詞・作曲の「君の好きな花」もよかったが、僕はハンバート・ハンバートの「タイヨウ」という挿入歌がもっと好きだった。
なにやら僕たちの世代では、早川義夫や五つの赤い風船を想起するようなメロディ・ラインと歌詞なのだが、小林聡美がギターを奏でてひっそりと淡々と歌うのを聞いていると、これはもうほとんど「黄泉の国」からの招待ではないか、と思ってしまうのだった。

kimion20002000の関連レヴュー

かもめ食堂
めがね
七夜待

 






 

コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« 偽装ラブホ(大きな鏡はホテ... | トップ | 招待券無断販売(招待券をネ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはー♪ (latifa)
2010-10-03 13:41:17
kimionさん、こんにちは。
>癒しなのかパニックなのかどちらともつかない奇妙な『七夜待』~~~不快な気分になってしまったが

私もこのプールを見ながら、その映画の事が頭をよぎりました。レンタルで見ずに劇場行ったら、頭に来たかもな・・って思った映画でした。
プールは、少なくともイヤな気持ちになる映画ではなかったし、ぼわ~~っと見る分には普通に楽しめました。
latifaさん (kimion20002000)
2010-10-04 00:14:03
こんにちは。

「七夜待」ねぇ。それまでは、彼女を結構、絶賛してたんですけどねぇ、カンヌに行くのはいいけど、安易に奈良を離れてもらっては困ります(笑)

プールは歌がよかったかな。小林聡美、歌うまくないけど、何度も聴きたくなります。

コメントを投稿

座布団シネマ:は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

「プール」 サチエへの共感、京子への反発 (はらやんの映画徒然草)
小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんという出演者で、まったりと癒し系な予告
プール (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。桜沢エリカ原作、大森美香監督、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ。眠っているのは菊子(もたいまさこ)だけではない。映画そのものが睡眠薬のようで、眠気を誘い、登場人物も、風景も皆嘘っぽく、嘘の自然の中で嘘の睡眠で憩っ...
プール (POCKET BASE)
桜沢エリカが原作、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が出演の映画『プール』を観てきた。 舞台は、タイの古都チェンマイ。郊外の、小さなプールのあるゲストハウス。そこに集まった、5人の6日間の物語。 小林聡美、もたいまさこが出演とくれば、大好きな映画の『かもめ食堂...
『プール』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:大森美香原作:桜沢エリカ出演:小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ公式サイトはこちら。<Story>大学生のさよ(伽奈)は卒業を控...
プール (いい加減社長の映画日記)
「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」「しんぼる」と注目作品が公開されたこの土曜日。「しんぼる」は、前作「大日本人」でガッカリさせられたので、私には合わないと思い、最初からパス。「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」は興味あるんだけど・・・ちょっと...
プール◇◆POOL (銅版画制作の日々)
かもめ食堂、めがね、そして今度はプール・・・・。 前回の“めがね”のメンバー、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が登場。そして今回初登場のモデルの伽奈は映画初出演だそうです。そしてそしてタイの男の子も登場しちゃいます。19日の土曜日に舞台挨拶があるそうです...
プール (LOVE Cinemas 調布)
人気漫画家・桜沢エリカの原作を映画化。と言うよりも元々映画化を前提に書き下ろされた作品なのだそうだ。監督は『ネコナデ』(監督)、『デトロイト・メタル・シティ』(脚本)の大森美香。タイのチェンマイにあるゲストハウスを舞台に、日本から母を訪ねてきた娘が帰...
プール (悠雅的生活)
曜日占い。コムローイ。君の好きな花。
プール (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
原作は、漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした作品。 大学卒業を控えたさよは、タイの古都、チェンマイのゲストハウスで働く母、京子を訪ねます。4年前、祖母にさよを預け、旅立った京子は、小さなプールのある場所で、オーナーの菊子や手伝いの市尾、タイ人の少...
プール (Diarydiary! )
《プール》 2009年 日本映画 タイのチェンマイにありゲストハウス、そこで働く
プール (だらだら無気力ブログ)
桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を基に『ネコナデ』の大森美香監督 が映画化した癒しドラマ。 タイのチェンマイを舞台にそれぞれ事情を抱えたワケありの男女5人の 6日間の人間模様を描く。大学卒業を控えた女子大生のさよは、卒業旅行でタイのチェンマイを訪れ...
プール (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
プール [DVD]気持ちはいいが中身がない。それって映画としてどうなのか?!と問いかけたくなる作品だ。大学生のさよは、タイの古都チェンマイのゲストハウスで働く母の京子を訪ねる。自分や家族を置いてタイに渡った母は、ゲストハウスのオーナーやタイ人の少年、ハウスを...
映画「プール」 (Andre's Review)
プール 2009 日本 2009年9月公開 劇場鑑賞   『かもめ食堂』も『めがね』も劇場鑑賞しているので、やっぱり気になるこのシリーズ(?)。今回は監督・脚本が違うのでちょっと不安ではあったのですが、もうすぐ公開も終了しそうな中、滑り込みで観にいってきまし...
プール (そーれりぽーと)
『かもめ食堂』、『めがね』を彷彿とするキャストとシチュエーションに期待をして、『プール』を観てきました。 ★★★★ なんだこの似て非なる違和感、それもそのはず『かもめ食堂』や『めがね』とは監督も原作者も違って、悪い言い方をすればバッタモン映画。 でもオリ...
『プール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「プール」□監督・脚本 大森美香 □原作 桜沢エリカ □キャスト 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ、シッティチャイ・コンピラ■鑑賞日 9月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) チェン...
プール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。出演者も独特の空気感をまとう小林...
『プール』 (日々のつぶやき)
監督:大森美香 出演:小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ タイのチェンマイ、  キラキラ光る小さなプールのまわりに集まる5人の、   6日間の物語。 この秋、風の吹き抜ける    プールサイドに出かけてみませんか。 「
『 プール 』 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
これこそ どんな映画か全く知らずに鑑賞してしまった。 全くのノーマーク MOVIXで 『 エヴァンゲリオン 破 』 を観た直後 劇場内に貼ってあったポスターに 「 脚本 大森美香 」 という名前を見つけたのが この映画を知るきっかけだった。 大森美香・・・ 彼...
「プール」「おとうと」う~~ん・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも脇役に加瀬君が出演している家族の物語。
「プール」:豊島区役所前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「音楽はいいぞ」なんていいキャッチフレーズだねえ。ここの楽器屋でギターでも買うか。 {/hiyo_en2/}なんでまた急にギターなんか欲しくなったの? {/kaeru_en4/}決まってるじゃないか、大森美香監督の「プール」を観たからだ。 {/hiyo_en2/}ああ、あの映画...
プール (メルブロ)
プール 281本目 2009-41 上映時間 1時間36分 監督 大森美香 出演 小林聡美  加瀬亮 伽奈 もたいまさこ シッティチャイ・コンピラ 会場 吉祥寺バウスシタター 評価 6点(10点満点)  漫画家桜沢エリカ先生が原作の映画。タイのチェンマイ郊外にあるゲストハ...
「プール」 (てんびんthe LIFE)
「プール」新宿ピカデリーで鑑賞 色々なレビューを読んでいて、「期待を裏切られる内容」というのが多かったので、どういうことなのか自分で確かめようと行ってきました。 「期待を裏切られる内容」それでも出来栄えはそれなりに良いらしく、それも鑑賞理由の一つ。 ...
【映画】プール (新!やさぐれ日記)
▼動機 かもめ食堂が面白かったから ▼感想 なんてことのない映画 ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ さよ(伽奈)はタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母(小林聡美)を訪ねる。4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所...
プール (いやいやえん)
かもめ食堂の流れの作品のひとつ。 娘である自分を置いて、小さなプールがあるゲストハウスで楽しそうに暮らしている母の姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じるのは当然。 チェンマイのどこかゆったりとした気質はこの世界感にあっているもの...