サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08332「大いなる陰謀」★★★★★★★★☆☆

2008年11月02日 | 座布団シネマ:あ行

ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展開に、戦場でのドラマ、大学教授と無気力な生徒のやりとりが複雑に絡み合う。戦争や生死の意味という根源的な問題への、レッドフォードのアプローチに注目したい。[もっと詳しく]

もうすっかり年をとった。私たちに、まだ出来ることはあるのだろうか?

前回のレヴューでは、アフガニスタン戦争の端緒の時期に、CIAを通じてアフガニスタンのゲリラたちに武器を用意するための予算獲得に動いた実在の下院議員を、コメディタッチも含めて描いた「チャーリー・ウィルソンズ・ウォーズ」を取り上げた。
引き続きアフガニスタンに関連する映画だ。
「チャーリー・ウィルソン・ウォーズ」がソ連のアフガン侵攻の真っ只中の1980年代半ばを描いた作品だとすれば、「大いなる陰謀」は、まさにここ半年ほどのアフガンとアメリカの状況を、予言したようにも思える作品だといえる。



この作品は、野心を持つ上院議員アーヴィングにトム・クルーズ。
信念を持って生徒に世界に参画することを考えさせる講義を持ちながら結果として優秀な学生を戦場(アフガニスタン)に送り込んでしまうことになるマレー教授にロバートレッドフォード。
そして、ジャーナリストの正義ということを模索し貫こうとするニュースジャーナリストにメリル・ストリープ。
豪華な布陣である。
監督は、ロバート・レッドフォードが自らメガフォンを持っている。
ロバート・レッドフォードは第1回の監督作品である「普通の人々」(80年)でアカデミー監督賞、作品賞に輝き、並々ならぬ才能を見せた。
その後も、いくつかの監督作品があるが、ブラッド・ピットが若手俳優としての地位を確立し、その美しい川釣りの映像でアカデミー作品賞にも輝いた「リバーランド・スルー・イット」(92年)は、特に心に沁みる映画だった。
81年には若手映画人の育成のためにサンダンス・インスティテュートを設立、若手の登竜門たるサンダース映画祭はその後毎年、多くの関係者を惹きつけている。
もちろん、なかなか製作機会がなく予算が確保できない才能のある人間には、自らがプロデューサーとして資金を集め、世に送り出している。
そこからマイケル・カラスニコ監督の劇作家の心温まるお話である「舞台よりすてきな生活」(00年)や、ウォルター・サレス監督の若き日のチェ・ゲバラを瑞々しく描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」(04年)などを、僕たちにプレゼントしてくれたのだ。
いつまでも2枚目俳優のイメージがあるレッドフォードだが、1936年生まれだからもう72歳になる。



マレー教授は、青春時代にベトナム戦争を抱え込み、その矛盾に苦しんだ経験から、若い学生たちに、人の受け売りではなく自分自身で考えること、自分の意見を持つこと、社会や他者に関与する想像力を持つことを、信念を持って指導している。
しかし、ゼミの生徒の多くは、どうやって有利で高級な稼ぎが出来る職業につけるかといった、刹那的な関心しかもっていないように見える。
最初はユニークな発言をして見所があった一人の青年が、授業にあまり出てこなくなった。
その学生との面接で、辛抱強くマレー教授は、この矛盾に満ちた世の中で、しかし考えることを止めては駄目だと忠告する。
しかし、学生はどこか斜めに構えながら、馬鹿げた世の中を皮肉ることばかりで、その矛先は大学教授におさまっているマレーへのあてこすりのような対話になっていく。
マレーは、生徒の中で優秀だと思った二人の生徒のエピソードを語り出す。



シーンは、ゼミでのディベート討論会シーンに移る。
ひとりは、貧しい黒人学生。学問を続けたいが、もう学費を払える環境にない。
もうひとりも、中近東出身の学生。彼も貧しく、しかし「自由の国」アメリカで自分が学んだものをどう社会で実践するか、考えている。
テーマはアメリカの高校生。まったく社会に関心を示さないし、世界でなにがおこっているかも、ひとごとだ。驚くべき無知と無関心の高校生の実態データを二人は次々と発表する。
では、どういう処方箋があるのか?
二人は、「社会参画」を高校生たちに義務付けることを提案する。
徴兵制ということより、強制的に国内外の社会に参画し、社会活動なりボランティアなりをさせるということだ。
居並ぶゼミの生徒たちは、どこかでせせら笑っているようだ。



一方で、野心を持つ上院議員のアーヴィングは、大統領の椅子をも狙う愛国者である。
泥沼に入り込んだ膠着したイラク派兵問題に関して、アーヴィングは焦っている。
「9.11のあのテロへの恐怖を忘れたのか」「アメリカのみが世界を安心に導ける」「愛国心は直接的な行動によって鼓舞されるのだ」・・・。
いわば、新保守主義の思想を極端化したような役割に設定されている。
アーヴィングは忙しくあちこちに電話で指示をしながら、かつては自分が政界に登場したときに、好意的な記事を書いてくれたジャーナリストのロスを執務室に招く。
自説を改めて展開しながら、「特ダネ」を提供しようと匂わして来る。
もちろん、マスコミ政策の一環であり、自らの野心が含まれている。
「特ダネ」は、アフガニスタンへの再びの極秘戦闘作戦であった。
隠密に、いまや手のつけられなくなったタリバン勢力の拠点を、急襲するというものだ。
そして、もうすでに十分前にその極秘作戦は、開始されている・・・。



ロスも当然のことながら、ジャーナリストとしての野心がある。
だけど・・・・と、ロスは相手の腹のうちを探りながら、威勢のいい「正論」を吐くアーヴィングにどこかで異和感を抱かざるを得ない。
若い時は、自らの信念から、あるいは若者特有の世界への異議申し立てから、ベトナム戦争を焦点とした反戦運動の取材などで、トップジャーナリストに躍り出た自分。
いろんな政治家や時の人に、畏れられたり歓迎されたりしながら、自分の力で獲得してきたこのポジション。
しかし・・・9.11のあのヒステリーじみたマスコミの挙国体制化のなかで、自分もまたその一人となったのではなかったか。
イランで無駄死にする若者たちに、いま自分は何が出来るのだろう。
もう、私も、すっかり年をとってしまった・・・。
けれど、この目を輝かせながらブリーフィングする議員は、ベトナム戦争も体験したことはないし、もちろんアメリカの光と闇の長い歴史を、学んでいるかどうかは疑わしい。
私は、このすごいネタを結局どう扱ったら、いいのだろうか。
私を利用しようとする議員との黙契のなかで、この大スクープをものにすれば、また私には日があたる、けれど・・・。



舞台は、アフガニスタンの秘密作戦の高原に。
その作戦機に乗っていたのは、ミレーが教えた例の二人の青年である。
自ら、社会参画と学費稼ぎのために、兵役志願したらしい。
その新米兵士たちは、情報が漏れたのか、民兵の急襲を受け、高原に取り残される。
助けは来ない。「敵」は迫ってくる。応酬した銃の弾も尽き果てた。
いつもいっしょだった二人は、お互いに傷ついた身を抱えあって、胸を張って、「敵」に向かって歩き出す。

この作品は、ある意味真面目すぎるようなつくりであり、娯楽性にも欠けるため、おおかたの評判は、あまりかんばしいものではないことが予想される。
ラストの描き方も、なんの救いもないものである。
にもかかわらず、もしハリウッドの良心があるとしたら、しかもそれを、メジャーな商業作品の枠内で表現するとしたら、こういう「苦渋」を演じることしかできないのではないか、と思わせるほどの良質な作品だと僕は思う。
反戦を大声で説くわけではない。
わかりやすい善悪で、為政者をのみ裁くのではない。
あるいは戦争につきもののスペクタクルで観客を酔わせるのではない。
また、ことさら被害者に感傷的に寄り添うのでもない。
いってみれば、私たちは、すべて当事者であるのだ、と。
すべての人間が過ちを持っている。絵に描いたような正解はない世界だ。
しかし、どのように世界に対する無関心に苛まれ、無力さに絶望し、あるいは自分が迎える「老い」に不安を感じながらも、私はまだこの世界と全面的に和解するわけにはいかない。
たとえ、それが、暗闇の中のたった一筋の光であっても、私たちは希望を探さなければならない。
そのために、いまのこの「老いた」私にも、なにか出来ることがある、ある筈だと信じたい・・・。
そういう、苦渋のようなものかもしれないな、と僕は思う。



身も蓋もないような邦題とは異なり、原題は「Lions for Lambs」。
第一次戦争当時、次々と命を賭けて勇敢にも突き進み死者の山を築く英国軍に、ドイツ兵が畏敬の念をこめて吐いた言葉から採られている。
しかし、本当は、「このような(愚鈍な)羊たちに率いられたこのような(勇敢な)ライオンを、私はほかに見たことがない」という、皮肉とも揶揄ともとれる意味を内包している言葉だ。

kimion20002000の関連blog

舞台よりすてきな生活
モーターサイクル・ダイアリーズ
チャーリー・ウィルソン・ウォーズ







コメント (10)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
« mini review 08331「チャー... | トップ | ダンディ/フランク永井(歌手... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意義。 (BC)
2008-11-07 19:48:20
kimionさん、お久しぶりです。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

私的には、この作品はドキュメンタリー映画にしたほうがしっくりきたような気はするのですが、
シビアな題材を商業映画で大スターを起用して作る事に何かの意義を見出そうとしていたのかな。
BCさん (kimion20002000)
2008-11-07 22:30:59
こんにちは。
まあ、トム・クルーズもメリルも安い出演料で参加したんじゃないかと、僕は勝手に推測してますけどね。
どう考えても、大衆受けする映画じゃないし・・・。
TBありがとうございました! (小米花)
2008-11-07 22:56:46
レッドフォード、72才ですかぁ・・・。
そうですよね~。

レッドフォードらしい、ヒットしなくても
作らなくちゃならないって思いで作った映画ですね。
彼だから撮れる映画だと思います。

「苦渋」を感じられたことが、意味のある作品なのだって事ですね・・・。

小米花さん (kimion20002000)
2008-11-07 23:46:17
こんにちは。
72歳でも、やっぱりジーンズも似合いますけどね。
苦渋が似合う、知性派です。
TBありがとうございました。 (ryoko)
2008-11-09 17:39:01
レッドフォード、メリルにトムの出演ということで映画館に足を運びましたが、出演者全員の台詞は一回見ただけでは咀嚼しきれない量でした。
もう一度DVDを借りようと思いながらなかなか手が伸びません
ryokoさん (kimion20002000)
2008-11-09 23:14:49
こんにちは。
そういうことであるかもしれませんね。
まあ、なんとなく、あの役者たちがなんか言ってたなあ、という感じでいいんじゃないかと思います。
Unknown (moriyuh)
2008-12-02 00:47:54
再びお邪魔しております。

>私たちは希望を探さなければならない。
そのために、いまのこの「老いた」私にも、なにか出来ることがある、ある筈だと信じたい・・・。


そうですね、希望は自分で探さなくてはいけないとは思いつつ、その「導き」は必要だと思います。

それは人生を少しだけ長く生きてきた人間の役割だと思います。

今、私は中間にいて、そのことを真剣に考えなくてはいけない状況に身をおき、もがいています。

ですが答えは自分の中にあるのかも?と過去を振り返ったりしつつ、先輩に相談する…そんな日々です。

役割があるのだと信じているのですが…なかなか答えが見い出せないでいます。

まだまだ考えが足りないのかも?しれませんね。
moriyuhさん (kimion20002000)
2008-12-02 04:55:27
こんにちは。

現在の世界をとってみれば、消費国家となっていますから、民主主義的な数ということではなく、ふたりにひとりの認識が変われば、事実上国家はそれを無視できないという構図になっています。
そういう意味では、やはり、認識こそが必要なことだと思います。
TB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2009-03-28 18:08:04
「こんな映画はゴミだ、0点だ」と僕の記事にコメントが残されていました。
そういう人に限って具体的に「何が悪いのか」一言も書かないので、困るんですよねえ。

ちょっと映画が解ったつもりの映画マニアの中には
「台詞で説明してはダメ、映像で語れ」などと語る人がいます。
一般論としては極めて正論ですが、台詞でしか説明できないことについてはそうするのが正しいのであって、そんな固定観念だけで映画を語られても・・・。

映画を測る定規はタイプによって実際に即して使い分けないと。

と、内容に関係のないことばかりになりましたが、最後に一言。
僕は編集が気に入りました。^^
オカピーさん (kimion20002000)
2009-03-28 18:21:22
こんにちは。

>「こんな映画はゴミだ、0点だ」と僕の記事にコメントが残されていました。

はは。評価は自由ですからね。ゴミでもいいんですけど、わざわざそういうコメントを残すのなら、その理由を一言でもあげるべきですよね。

僕も、この作品の編集は優れていると思います。


コメントを投稿

座布団シネマ:あ行」カテゴリの最新記事

57 トラックバック

大いなる陰謀 (Memoirs_of_dai)
トム・クルーズは正義か悪か? 【Story】 未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストの...
大いなる陰謀 Lions for Lambs (いい加減社長の映画日記)
昨日は、会社を早退して、「大いなる陰謀」。 「UCとしまえん」のポイントが溜まっていたので、無料で。 「王妃の紋章」も、今日の夜に観る予定だけど。 なぜか金曜に公開した「大いなる陰謀」を折角だし公開日に、それに時間的にもちょうど良かったので。 「UCとし...
[映画『大いなる陰謀』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆とりあえず、この作品の公式HPで、作品の画像を一枚貰おうと思って、飛んだ。 すると、『ライラの冒険』の「あなたのダイモンは?」に似た、「(この作品中の登場人物での)あなたのタイプは?」みたいな企画がありまして、私が挑戦したところ、トム・クルーズ演じる...
大いなる陰謀 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
大いなる陰謀 (5125年映画の旅)
ジャーナリストのロスは、上院議員アーヴィングに招かれ、彼に単独インタビューを行う。そこで語られたのはアフガン戦争で行われる新作戦の概要だった。同じ頃、カリフォルニア大学の一室では、不登校の学生と顧問の教師が話し合っていた。顧問の教師は、自分の教え子...
劇場鑑賞「大いなる陰謀」 (日々“是”精進!)
「大いなる陰謀」を鑑賞してきましたロバート・レッドフォード監督が、トム・クルーズ、メリル・ストリープという2大スターを迎えた社会派ドラマ。政治、マスメディア、軍隊、教育とことなる視点から、アメリカが掲げる”対テロ戦争”の実態と、米国の構造的な問題点を浮...
「大いなる陰謀」 R・レッドフォードの監督魂 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 昨年秋、アメリカで公開された時は興行的には振るわず、評判も賛否に分かれていて、どちらかと言えば“否”の評判の方が多く聞こえて来ていたこの作品…。 これだけの映画人が関わっていながら、ひょっとして駄作?と、恐る恐る観に行ったの...
アメリカの現実?『大いなる陰謀』 (水曜日のシネマ日記)
対テロ戦争を巡る物語です。
映画 【大いなる陰謀】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「大いなる陰謀」 ロバート・レッドフォードの7年振りの監督作品。 おはなし:上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート...
『大いなる陰謀』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大いなる陰謀」□監督 ロバート・レッドフォード□脚本 マシュー・マイケル・カーナハン □キャスト ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ぺーニャ、アンドリュー・ガーフィールド、デレク・ルーク&...
大いなる陰謀(Lions for Lambs) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ロバート・レッドフォード監督・出演、トム・クルーズ、メリル・ストリープ。およそこれほど看板に偽りありの邦題の大いなる陰謀はないだろう。それだけならまだ耐えられるが、内容も、3大スター競演なのにぬるさが際立つ。
アメリカよ、何処へ行く~『大いなる陰謀』 (真紅のthinkingdays)
 LIONS FOR LAMBS  9・11同時多発テロから6年、出口の見えない対テロ戦争に疲弊するアメリカ。 ワシントンでは野心家の上院議員アーヴィン...
*大いなる陰謀* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** ベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議員の独占インタビューに赴き、対テロ戦争の新作戦について知らされる。同じ時刻、カリフォルニア大学の歴史学教授マレーは、...
大いなる陰謀 (しーの映画たわごと)
トムの新しい作品だったので少々期待。メリルも出てて、ロバートレッドフォードが監督も務めた豪華なキャスト。中盤までは3展開の作りやキャストは十分楽しめました。気にくわないのはこの作品のメッセージと終わり方だろうね。
映画DVD:「大いなる陰謀」(邦題と内容の乖離編) (時評親爺)
洋画を日本国内で配給(公開)する際においては、配給当事者が当該映画の持つ”原題”をおよそ日本語に変更するか、そのままカタカナで通すか(EX:『ダイハード』他)がある。前者の場合”原題”を意訳したり、あるいはシナリオ内容や作品テーマ等を、抽象的な観点で日...
大いなる陰謀(映画館) (ひるめし。)
何のために戦い、何のために死ぬのか―――?
【映画】 大いなる陰謀 (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、映画「大いなる陰謀」 ベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院...
大いなる陰謀 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
豪華キャストだけど・・・どうかなぁ~【story】未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード...
大いなる陰謀/Lions for Lambs (我想一個人映画美的女人blog)
トムちんが、「イエスか、ノーか{/eq_1/}」と迫るシーンが予告篇で一番印象的。 『モンタナの風に抱かれて』(←つまらなかった)以来約7年振りとなる ロバート・レッドフォード監督作品。 アフガニスタンにおけるアメリカの対テロ戦争の裏側を描くといった社会派映画...
大いなる陰謀 (映画鑑賞★日記・・・)
【LIONS FOR LAMBS】2008/04/18公開(04/08鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロバート・レッドフォード出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク、アンドリュー・ガーフィールド、ピーター・バーグ正義感...
大いなる陰謀・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年はアメリカ大統領選が行われる年。 言い換えれば二期八年のブッシュ政権の総決算がされる年でもある。 ロバート・レッドフォード監督の...
【大いなる陰謀】 (日々のつぶやき)
  監督:ロバート・レッドフォード 出演:トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク 「対テロ戦争で、新たな作戦が実行された。 自分の野望のため作戦を掲げ行使した議員のアーヴィングは懇意にし...
「大いなる陰謀」投げっぱなし (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
私と年がそれほど変わらないのに、いつかどこかでトム・クルーズに会って、結婚することになるかもしれないから・・・と言って、英語の勉強を欠かさない友達のお付き合いで、恒例のトム・クルーズ映画を観に行った。
『大いなる陰謀』・・・ (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:アメリカ映画、ロバート・レッドフォード監督&主演、メリル・ストリープ、トム・クルーズ共演。 ≪DVD鑑賞≫
大いなる陰謀 (Yuhiの読書日記+α)
ロバート・レッドフォードが監督&出演し、その他のキャストもメリル・ストリープ、トム・クルーズなど超豪華!!これは見るしかないということで、観に行ってきました。 <あらすじ> ベテラン・ジャーナリストのジャニーン(メリル・ストリープ)は、アーヴィング上院...
「大いなる陰謀」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lions for Lambs 」2007 USA 「スパイ・ゲーム/2001」「二重誘拐/2004」のロバート・レッドフォード。 「プラダを着た悪魔/2006」「いつか眠りにつく前に/2007」のメリル・ストリープ。 「M:i:III/2006」のトム・クルーズ。 三大ハリウッド俳優共演の戦争をテ...
『大いなる陰謀』 (めでぃあみっくす)
この邦題は映画の内容を考えるとちょっと筋違いだと思います。全米ではUA社の初作品にもかかわらず大コケしたこともあって20世紀FOX JAPANも大衆受けしそうな邦題を選んだと思うのですが、それでも陰謀と呼べるほどの陰謀のない映画にこのタイトルはないと思います。 ...
『大いなる陰謀』('08初鑑賞51・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 4月19日(土) 神戸ハーバーランド シネモザイク シネマ3にて 18:20の回を鑑賞。{%観覧車?(クルクル)hdeco%}
「大いなる陰謀」 (てんびんthe LIFE)
「大いなる陰謀」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC6で鑑賞 豪華キャスト共演ということで一応みておこうと思ってみましたが、予想通り、私には向かない作品でした。 地味~な感じ。 というのもアメリカが抱える国際問題、アフガニスタンの攻撃で軍がどうのとかいうお話を...
大いなる陰謀(2007年) (勝手に映画評)
9.11以降、アメリカの映画と言えば”テロとの戦い”がテーマになっていますが、これもその一つ。しかも、最近のアメリカの風潮を反映して、「テロ戦争とは何か?」と言うテロとの戦いへの疑問を明示する内容となっています。 「事件は会議室で起きているんじゃない! 現...
大いなる陰謀 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード(スティーヴン・マレー教授)    トム・クルーズ(ジャスパー・アーヴィング上院議員)    メリル・ストリープ(ジャニーン・ロス)    ...
「大いなる陰謀」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
対テロ戦争の持論を展開している上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)は、世論の支持を 得るため、ニュース番組の女性ジャーナリスト、ロス(メリル・ストリープ)へ言葉巧みに情報操作 しながら売り込みをかる。だが、アーヴィングが掲げた戦略の裏には“仕組まれた真...
大いなる陰謀 (こんな映画見ました~)
『大いなる陰謀』 ---LIONS FOR LAMBS --- 2007年(アメリカ) 監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード 、 メリル・ストリープ 、トム・クルーズ 、 マイケル・ペーニャ 、デレク・ルーク 、アンドリュー・ガーフィールド 対テロ戦争...
「大いなる陰謀」 (かいコ。の気ままに生活)
アメリカの対テロ政策の裏を描く レッドフォード監督作品。「大いなる陰謀」公式サイトレッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズの豪華キャストにもかかわらず、公開前から酷評。どんな映画なんダロー て思って観てきました。観客 おじいさんばっかりでした...
大いなる陰謀(2007年・米) (SCARECROW'SROOM)
★色々考えさせられる映画でした。でも『考えている』だけじゃ駄目なんですけどね…。★以前「ノーカントリー」のブログ記事で、邦題の酷さをネタにしたばかりなのですが、早くも本年度の『外国映画のダメダメ邦題大賞』の強力ノミネート作品があらわれました(笑)。なん...
大いなる陰謀 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
大いなる陰謀 (特別編)無関心こそが罪。これが映画のテーマだ。政治、報道、教育という異なる世界の人間を通して、対テロ戦争を会話で検証する。クルーズとストリープの攻防が見せ場の一つだが、大学教授と生徒のやりとりこそ注目すべき。ただ、作品の志の高さは理解でき...
大いなる陰謀 (そーれりぽーと)
迷走するトムちんと、貫禄たっぷりなメリル・ストリープの掛け合いをチェックしに、『大いなる陰謀』を観てきました。 ★★★ 机上の理論だけで作戦を立てる政治家と、その犠牲になっているアメリカ国民を描いている。 観ている間は「俺もダラダラ生きてたらダメだなぁ」...
「大いなる陰謀」アメリカの苦悩 (ももたろうサブライ)
監督 ロバート・レッドフォード少しあらすじ 野心あふれる上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に対テロ戦争の最新戦略についての情報をリークする。大学教授マレー(ロバート・レッドフォード)は欠席続きの...
大いなる陰謀 (ネタバレ映画館)
自衛隊イラク派兵が違法判決を受けたというのに映画を観ていてもいいのか?!
120「大いなる陰謀」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
目的のためなら手段は選ばない  ワシントン。ジャスパー・アーヴィング上院議員は、現在ネットワーク局で働くベテラン・ジャーナリストのジャニーン・ロスを自分のオフィスに呼び出す。そして対テロ戦争中のアフガニスタンで展開する新たな作戦について情報をリークする...
大いなる陰謀 (ダイターンクラッシュ!!)
4月27日(日) 17:30~ 日劇1 料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円 『大いなる陰謀』公式サイト 想定外の地味映画。ほとんど会話。 教授役のロバート・レッドフォードの教え子との会話 政治家のトム・クルーズと新聞...
大いなる陰謀 (★ Shaberiba ★)
ロバートレッドフォード監督 懇親のメッセージ・・・!?
映画「大いなる陰謀」 (<花>の本と映画の感想)
大いなる陰謀    映画館にて鑑賞 監督 ロバート・レッドフォード 出演 ロバート・レッドフォード メリル・ストリープ  トム・クルーズ 2007年 アーヴィング上院議員は、ジャーナリストのジャニーン・ロスに今度の作戦を独占インタビューさ...
大いなる陰謀 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年4月18日(金) 公開 「オバマ・ビンラディン・・・あ、すいません、言い間違えました・・。」 ヒラリー「グッドタイミング~~~~~~♪」 そぉ~ですねぇ、ひたすら社会派に徹した作品でした。 好きか嫌いかと問われたら...
「大いなる陰謀」:元浅草三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}キズもヘコミも早く直さなくちゃいけないわよねえ。 {/kaeru_en4/}ああ、特に国家レベルのキズやヘコミはな。 {/hiyo_en2/}あれ、なに、いきなり高邁な話になってるの? {/kaeru_en4/}いや、「大いなる陰謀」とか観ると、そう感じるわけさ。 {/hiyo_en2/}ト...
大いなる陰謀 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。 政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展...
大いなる陰謀 (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿プラザ劇場にて鑑賞大いなる陰謀/LIONS FOR LAMBS 2007年/アメリカ/92分 監督: ロバート・レッドフォード 出演: ロバート・レッドフォ...
大いなる陰謀 (B-scale fan's log)
公開中 ロバート・レッドフォード監督     出演 ロバート・レッドフォード、     メリル・ストリープ、トム・クルーズ 満足度 4.5 かって「私と共に敵を討て。YESかNOか。」と、 ヒステリックに叫んだおっさんが居まして、 それを信じた人、信じたい人、...
『大いなる陰謀』・・・う~ん微妙にハズレ(^^ゞ (SOARのパストラーレ♪)
『ブラックサイト』を観るつもりが時間が合わず、GWに観ようと思っていた『大いなる陰謀』に急遽変更。ま、こちらもかなり期待していた作品だったので。 それにしてもふだんは公開最終週にあわてて観に行くことの多い私にとって、公開2日目の鑑賞というのは非常~にめず...
大いなる陰謀 (映画の話でコーヒーブレイク)
何のために立ち上がり、 何のために戦い、 何のために生き、 何のために死ぬのか? という何とも勇ましいキャッチフレーズ。 こういうの、アメリカ人は好きやね~。 J・F・ケネディーの有名な言葉を思い出しました。 「祖国があなたのために何ができるかを問うより、 ...
大いなる陰謀 (You got a movie)
 監督    ロバート・レッドフォード  キャスト  ロバート・レッドフォード         トム・クルーズ         メリル・ストリープほか  この映画は三つの構成からなる。いずれは大統領戦へと野望を抱く上院議員と一時間のインタビューを持ちかけ...
『大いなる陰謀』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【LIONS FOR LAMBS】 2007年/FOX/92分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、ピーター・バーグ、マイケル・ペーニャ
『大いなる陰謀』 2008-No25 (映画館で観ましょ♪)
忙しさやあれこれからの 現実逃避! のつもりで出かけた映画ですが、 逃げ込んだ先もスッキリしない感じで、前半は眠気に襲われた。 ...
大いなるボブ (Akira's VOICE)
「アイム・ノット・ゼア」 「大いなる陰謀」 
大いなる陰謀 を観ました。 (My Favorite Things)
久しぶりの原題VS邦題対決かな?
大いなる陰謀 56点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ひつじにあやまって なかなおししてくる 公式サイト ロバート・レッドフォードによる7年ぶりの監督作となる、アメリカの対テロ戦争を題材としたポリティカルドラマ。 監督がビッグネームだけに、そちらの名前ばかりが謳われがちだが、脚本を担当しているのが『キン...
映画評「大いなる陰謀」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ロバート・レッドフォード ネタバレあり