サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

起業家精神(公務員の副業禁止規定のなんだか度80点)

2008年11月29日 | それでも世界は回る

消防士がヤミ副業、TVで発光帽子PR…同僚見てばれる


読売新聞2008年11月28日(金)13:23


 福岡市消防局は28日、有限会社を9年間にわたって実質的に経営し、地方公務員法(公務員の副業禁止)に違反したとして、博多消防署の消防司令補の男性職員(47)を減給1か月(10分の1)の懲戒処分にした。


 職員は訓練を休んでテレビ番組に出演し、会社で販売予定のアイデア商品をPRしていた。


 消防局によると、職員は1999年12月、自ら考案した痴漢撃退ブザーを複数の大手量販店に卸販売。2003年11月に父親名義の会社を設立し、同市東区で約半年間、女性専用のフィットネスクラブを経営、今年5月に米ハワイで健康グッズの販売もした。


 9月24日にはテレビ東京のニュース番組「ワールドビジネスサテライト」の収録に、「社長」として出演するため上京。ニュージーランドから輸入販売予定の太陽光充電で発光する帽子をPRした。この日は非番だったが、訓練が行われる予定で、上司には「自己啓発セミナーに参加する」と伝えて休んでいた。


 この番組を複数の同僚が見ており、消防局が同26日、職員から事情聴取。「父親の代理で出演した。二度としない」と話したため、10月3日付で厳重注意にした。しかし、11月に「会社経営を続けている」との匿名の電話が消防局に寄せられ、改めて問いただすと、「非番の時に会社の仕事をしていた。会社は父親名義なので、言い逃れできると思った」と副業を認めた。


 消防局は「会社の書類が父親名義だったので信用してしまった。調査が甘かった」と話している。管理監督が足りなかったとして、博多消防署長ら上司2人を口頭訓戒とした。

別に消防署の備品を横流ししたとか、業務委託先から金品を授与されたとかいうことではない。
古典的な「副業禁止規定」に違反したということのようだ。

記事で見る限りでは、なかなか「起業家精神」の富んだ、アイデアマンであったようだ。
惜しいことだ。消防士としての適性が欠如しているのなら、「商い」に専念して、やったらいいのだと思う。

公務員の副業禁止は、法律で明記されているが、本当のところ、グレーゾーンはたくさんあるのだろう。
マルチレベルマーケティングなどの物品販売にかかわっているものもいるだろうし、ネットの中でFXディールをやっているものもいるかもしれない。
民間企業の大手どころでは、PCの利用に関してもうるさい規定をもうけてはいるが、公務員の場合は結構野放しなのかもしれない。

今後、ワークライフバランスやワークシェアリングの議論などで、公務員の一部に関しても、コアタイムの給与とルール設定をして、ある時間帯は副業も含めて、むしろ奨励されるなんてことがおきるかもしれない。

公務員にはスト権がないし、本来的には退職金規定が民間とは異なっている。
だから、公務員を削減したり、リストラしたりすることはできないのだという議論もよく聞くところだ。
要は、すべての公務員の生涯雇用が前提になっている。

けれど、今後はこういう議論そのものを、ご破算にして、体系を整備し直そうという動きが出てくるようにも思う。



コメント   この記事についてブログを書く
« 青春の万引き(群集心理でや... | トップ | 74日目「石内都展 ヒロシマ/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

それでも世界は回る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事