サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中年の星(なかなか渋く泣かせるね度70点)

2007年06月21日 | それでも世界は回る

イチロー 桑田の姿に「いいもんだなあ」


2007年6月21日(木)06:13

  • スポーツニッポン

イチロー 桑田の姿に「いいもんだなあ」
(スポーツニッポン)


 【マリナーズ3-5パイレーツ】マリナーズのイチローは、桑田の投球をネクストバッターズサークルで見守った。結果的に対戦は実現しなかったが「勝つためにはあそこで打たなきゃいけなかったんですけど。ちょっと抑えてほしいという気持ちはありました」と複雑な心境を語った。桑田が登板する際、ブルペンから小走りに出てきた姿に「いいもんだなあと思いました。すごく力が抜けている感じ。がむしゃらな感じがない。それを殺している感じが僕は好き」。試合前には握手を交わしてエール交換。「ケガしないから凄い。特別なことしているの?」と聞かれたイチローは「特別なことをしないのが特別なこと、と生意気な答えをしました」と笑った。試合は敗れたが、自らは2安打。7年連続20盗塁も達成した。


桑田がすっかり、「中年の星」となっています。
コメントも謙虚でいいし、本心から少年のようにメジャーで野球をやる歓びを語っていますね。
敗戦処理からのメジャーデヴューでしたが、評価をぐんぐんとあげています。
でも、「明日を約束されていない自分だから」と桑田は冷静です。

ジャイアンツをやめて、相談もせずに、メジャー挑戦となりました。
ナベツネなんかは面子をつぶされたと思っていたと想像しますが、とにかく応じてくれる球団があり、マイナーから地道に這い上がったわけですからね。しかも、審判と激突して入院、これで、みんな、ここまでだろうな、よくやったよ、という気分であっただけにね、立派なものです。

桑田も全盛期は逆に、「歩く不動産男」なんて揶揄されて、評判悪かったんですけどね。勉強熱心ですから、古武道はじめ、いい出会いがあったんでしょう。
さて、そうなると・・・おい、どうしたんだ、清原!!


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ネットで大騒ぎ(ありがたい... | トップ | mini review 07238「パトリ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
southAsia (southAsia)
2007-06-23 18:18:57
はじめまして。southAsiaと申します。いつもはROMオンリーで楽しくBLOGを見せてもらっています。
楽しみにしてるんで更新頑張って下さいね!
僕のブログではターバン野口の折り方を紹介しています。
暇があったら是非どうぞ。
http://panicblog.blog109.fc2.com/?eid=4572

コメントを投稿

それでも世界は回る」カテゴリの最新記事