サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08333「トゥヤーの結婚」★★★★★★★☆☆☆

2008年11月20日 | 座布団シネマ:た行

砂漠化の進むモンゴルの草原でたくましく生きるヒロインの姿を描き、2007年ベルリン国際映画祭金熊賞に輝いたヒューマンドラマ。厳しい現実の中でも凛としたトゥヤーを、コン・リー、チャン・ツィイーに続く中国出身の国際派女優として期待されるユー・ナンが熱演。監督は、脚本家として活躍し、デビュー作『月蝕』で注目を集めたワン・チュアンアン。自身の母の姿をヒロインに重ね、ユーモアを交えて描き出した物語が温かな感動を誘う。[もっと詳しく]

もう草原を疾走する民の誇りは、現実にはその場所を喪っていくとしても・・・。

外蒙古に位置し、ソ連の影響下でモンゴル人民共和国となった「モンゴル」には、「モンゴル人」が200万人ほどいる。モンゴル相撲で御馴染みの朝青龍などは、こちらの出身である。
一方、内蒙古に位置し、中華人民共和国との関係の中で「内蒙古(モンゴル)自治区」となった「モンゴル」には400万人ほどの「蒙古(モンゴル)人」がいる。中国でもっとも早く成立した「少数民族」自治区である。
同じように内陸ユーラシア地方であるのだが、もともといくつかの放牧民族の部族の対立・連合の歴史の中で、チンギス・ハーンが統一をなしとげ、何代にもわたって騎馬民族として「モンゴル帝国」の版図を世界史の中で拡大していった。
その「蒼き狼」の末裔らは、いまやひっそりと地政学的には存在している。



「モンゴル人」は、また中国国内に数百万人が拡散している。
「元」の時代からの覇権の流れもあろうし、草原の民を捨てて、各地に流出せざるを得なくなった人々もいるだろう。
逆に、「内モンゴル自治区」でいえば、(他の少数民族自治区とおなじように)中国政府の「同化政策」もあり、漢民族が侵入してくることになる。
現在で言えば、当然、漢民族の圧倒的な支配権にあるわけだから、経済的にも文化的にも自治区内であろうと、漢民族が大手を振ることになる。
「内モンゴル自治区」の人口に占める漢民族の割合は、90%にあたる。
もちろん、チベットであろうが、ウィグルであろうが、同化政策は同じように進んでおり、それが政治的緊張を孕むことにもなる。
いわゆる中国の少数民族問題である。



中国政府は、21世紀に入ってからは「内モンゴル自治区」に対しては、そのことを「生態移民」政策と命名している。
もう豊かで広大な草原を駆け巡る放牧の民の悠々とした姿は、一部の限定された地域で、まるで野生動物の自然保護区のように存在するしかないところまで急速に変貌している。
第一に草原の砂漠化の問題であり、水の枯渇化ということが大きな問題として横たわっている。
これには、人為的なことも自然生態系的なことも、両方が関与しているのだろう。
自然要因としては、降水量の低下、旱魃、強風といったことなどがあげられる。
人為的要因としては、漢族の移住による人口増加、草原の農地転換政策、羊の過剰放牧といったことなどがあげられる。
どちらにせよ、草原の民たちは、中国政府(漢民族)の政策により徹底して管理され、そのライフスタイルをも変えていかざるを得ない。
現実には、漢民族が支配する経済構造下における単純な「労働力」として、「都市」に移民するしかないということになる。
その「労働力」がどのような産業に収斂するとしても、もう、草原を自在に駆け巡る姿は、保護区のような場所でしか、成立しなくなる。



「トゥヤーの結婚」も、喪われゆくモンゴルのスタイルが、半ば記録映画のような想いを込められながら、制作されている。
ベルリン国際映画祭で金熊賞グランプリを受賞しているが、監督のワン・チュアンアンの初監督作品である。
ワン監督は、自分の出自であるモンゴル地区の失われてゆく光景を、もういましかフィルムに押さえておくことはできないという想いで、映画化に向かったのである。
監督が自分の母と重ね合わせたヒロインのトゥヤーを演じるユー・ナンは、審査委員でもあった「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟によって、「アジア最高の女優」と絶賛されているが、それ以外の主要な登場人物は、すべて地元の素人である。
黒澤明監督作品の常連であった千秋実とどこか似ているトゥヤーの夫であるバータルは、監督が偶然出あった放牧民である。
また、お笑いトリオネプチューンのホリケンとどこか似ているトゥヤーと再婚することになるセンゲーは、地元の遊牧民であり騎手である。



モンゴル自治区の首府フフホト市から西南に8000キロ離れたアラシャ盟が舞台となっているが、物語の軸となっているのは「水不足」である。
水を得るための井戸を掘ろうとして、大黒柱であるバータルはダイナイマイトの爆破で下半身麻痺となり、日がな一日幼い息子と娘につきあったり、あやしたりすることしか出来ず、憂鬱な顔をしている。
それでも、夫を愛しているトゥヤーは、水を汲むために毎日何十キロも往復し、羊を育て、という生活をしている働き者である。
トゥヤーとは幼馴染のセルゲイは、都会が好きな女房の尻に敷かれながら、何度も金遣いの荒い女房に逃げ出されている情けなくも素朴な男である。
親戚からは、バータルと別れて、再婚を勧められるトゥヤー。バータルも家族のことを思えば、寂しいが、そのことを了解している。
トゥヤーは気立てがよく、人気者でもあるのだろう、噂をききつけて求婚の申し出がいくつか。
同級生で昔からトゥヤーに懸想しており、いまや石油成金となったボロルも、求婚する。
ここで、トゥヤーは、再婚は承知だが、ひとつ難問を突きつける。
バータルも家族として一緒に引き取って欲しいと・・・。
求婚者たちは、その条件に怯むことになる。
結局、わがまま女房に(捨てられたように)離婚したセルゲイが、トゥヤーの一家に入り込むことになる。



最初と最後のシーンが重なっている。
トゥヤーとセルゲイの結婚の宴。
一族の人たちが、祝いに駆けつける。
セルゲイはバータルに酒を勧める。セルゲイはバータルのことを尊敬もしているし、子供たちとも仲がいい。
バータルは美しい妻を「性」的には喪うことになるが、もう下半身付随で性愛を営めなくなって久しい。
セルゲイとバータルは、相互に相手を気遣うかたちで、逆に揉みあっているように知らない人には見える。
外では、息子が同じぐらいの背丈の子どもと取っ組み合いをしている。
からかわれたのかもしれない。
「お父さんが二人いたっていいじゃないか」と、息子は相手に、叫んでいる。
「勝手にしなさい」と言い放ち、トゥヤーは一人、誰もいない天幕に入り込む。
宴の場所から、トゥヤーを呼ぶ声が聞こえてくる。
トゥヤーは誰にも見せなかった涙を、止めることが出来ない。
束の間の幸せかもしれない。いつまで、放牧の生活を続けられるのかはわからない。
子どもたちも、いつか家を離れるだろう。
けれど、今日ぐらいは、思うように感情を出せばいい・・・。



トゥヤーはモンゴル語で「光」。バータルは「英雄」。センゲルは「獅子」。
世界がグローバル化し、ワンワールドになっていくことは、必然なのかもしれない。
けれども、その名の由来のように、光に照らされて、英雄や獅子は大地に立つ。
そのことは、遺伝子に刻まれた記憶のように、何代も何代も、引き継がれていくのだと思いたい。

kimion20002000の関連レヴュー

らくだの涙
天空の草原のナンサ

 










コメント (11)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 大麻調査(なんかとっても健... | トップ | mini review 08334「白い馬... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-11-21 08:40:39
女性のたくましさと、母の強さが見えましたが、草原の民の女性は、いつも大地に足をしかと据えてますよね。
「白い馬の季節」もなかなか興味深い作品でした。
sakuraiさん (kimion20002000)
2008-11-21 08:58:50
こんにちは。
本当は「白い馬の季節」の女性とふたりをとりあげようとしましたが、別稿にすることにしました。
国際結婚@COM (宣伝)
2008-11-21 10:59:37
平成12年の国際結婚の総数は36,263組と、国際結婚は、割と珍しいことではなくなってきています。
宣伝失礼しました。
TBありがとうございます (HIROMI)
2008-11-21 21:59:13
トゥヤーはモンゴル語で光なんですか。本能的な大きな愛情で家族を包む主人公は、まさに光のようでした。
映画の風景が消えていく、というのは、現代とは思えない過酷な労働からの解放になるのかな、と思う反面、文化の破壊なんだろうかとか、複雑な感じがします。
HIROMIさん (kimion20002000)
2008-11-22 00:26:52
こんにちは。
名前の由来を知ると、親近感がわきますよね。
お久しぶりです。 (hyoutan2005)
2008-11-30 22:52:43
TBありがとうございました。
お返しが遅くなり申しわけありません。
この作品は、今年観た中でも印象に残る作品のひとつです。
トゥヤーを演じたユー・ナンの自然体の魅力に、今でも心惹かれています。
でもここで描かれている世界はもう今は存在しないのですよね・・・。
hyoutanさん (kimion20002000)
2008-12-01 00:22:28
こんにちは。
そうですね、どんどん都市に移住させられていますからね。ユー・ナンはとてもいい女優さんですね。
こんにちは (ゴブリン)
2009-01-04 11:32:28
 コメントを頂きありがとうございました。本格レビューを書くつもりではいるのですが、書けない可能性もあるので短評をTBさせていただきました。
 昨年は注目すべき中国映画が少なからず公開されました。そのうち観たのはごく一部ですが、「トゥヤーの結婚」は中国映画の水準の高さを示す優れた映画だと思います。
 これからDVDで順次中国映画を観てゆこうと考えていますが、今から楽しみでわくわくしまています。 
ゴブリンさん (kimion20002000)
2009-01-04 15:43:27
こんにちは。
韓国映画は結構届くのですが、あたりはずれが大きすぎますからね。
中国映画は、もっともっと新作DVDが出て欲しいな、と思います。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2012-02-17 21:23:34
この間イタリア生まれのクルド人が作り「息子を殺す祖国(イラクのこと)へ」という献辞のあった「クルドの花」という映画の内容についてこの献辞をベースに論議するうちに、アイヌ人の祖国は日本か、といった論議に至ったのですが、僕は日本だと思います。
kimionさんはどう思われます?

いずれにしても、モンゴル人はクルド人と違ってモンゴルという国家を持ちつつ、一方でクルド人同様国を超えて散らばっています。
一つの民族が一つの国家を持つ絶対的必要性はないと思いますが、毛沢東の写真とジンギス・カンの絵が飾られてあるのを観て不思議な気持ちにはなりました。

中国映画は、変な検閲がなくなったら、きっともっと凄い映画が続々出てきますね。
他方、制限があるから作家たちは苦労して良いものを作り出す、という持論もありますが(笑)。

コメントを投稿

座布団シネマ:た行」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

トゥヤーの結婚 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そのとき、彼女は安堵の涙を流した……。 張藝謀監督、コン・リー主演『紅いコーリャン』から19年。 ベルリンは、凛として生きる美しいヒロインを、グランプリに選んだ。』  コチラの「トゥヤーの結婚」は、2007年ベルリン国際映画祭金熊賞グランプリを受賞した...
王全安監督の「トゥヤーの結婚」を観た! (とんとん・にっき)
王全安監督の「トゥヤーの結婚」は、第57回ベルリン国際映画祭《金熊賞》グランプリ受賞!とあります。ベルリン映画祭は、カンヌ国際映画祭、トロント国際映画祭と並び、世界三大映画祭のひとつに数えられる映画祭です。 最近のニュースで、若松孝二監督の「実録・連合
トゥヤーの結婚 (迷宮映画館)
これは面白い!
「トゥヤーの結婚」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
中国、内モンゴル北西部に広がる荒れ果てた草原に暮らす美しい人妻トゥヤー(ユー・ナン)。 夫バータルは下半身不随で、幼い2人の子供を抱え、一家4人の生活をトゥヤーひとりで 支えなければならない。過酷な労働はトゥヤーの身体を蝕み、見かねたバータルは自分と離婚...
トゥヤーの結婚/ユー・ナン、バータル、センゲー (カノンな日々)
予告編は一度も観てないんだけど、チラシに記された数行のあらすじが心に留まって気になってました。先週、体調が悪くて鑑賞予定をキャンセルしたのがこれなんです。2007年ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞してる作品だそうです。 +++ちょいあらすじ
『トゥヤーの結婚』王全安 (藍空放浪記)
図雅的婚事 昨日観た『ぜんぶ、フィデルのせい』と続けて観なければ絶対思わない比較だろうが全然違う話なのに昨日と今日の作品は非常に似通った主張が込められているみたいである。 『フィデル』の主人公アンナがまだ9歳の少女であり本作の主人公トゥヤーはすでに2...
トゥヤーの結婚 図雅的婚事 (まてぃの徒然映画+雑記)
内モンゴルの壮大な自然が美しい。夫のバータルが井戸掘りで怪我をして歩けないため、家事労働のすべてを一手に引き受けて一家4人を養うトゥヤー。しかし重労働がたたって自らも体を壊しそうになり、新たに結婚相手を探すのだが。。ベルリン映画祭で金熊賞をとったんだけ....
トゥヤーの結婚 (シネマ大好き)
ベルリン国際映画祭グランプリの「トゥヤーの結婚」を観た。 内モンゴルの砂漠に暮らすトゥヤー(ユー・ナン)は、井戸掘りで怪我して動けない夫バータルに代わり、過酷な力仕事に耐えるが、無理がたたって腰椎脱臼で入院。共倒れを防ごうと夫と離婚し再婚することを決...
トゥヤーの結婚 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
トゥヤーの結婚モンゴルの草原で暮らすヒロインの、妻として母として女としての苦渋の決断を、中国の近代化の問題と共に描く秀作。トゥヤーが障害のある夫と離婚するのは、新しい夫に彼の面倒まで見てもらうためで、新夫もそれを承知という状況が切ない。砂漠化が進み、水...
「トゥヤーの結婚」 (てんびんthe LIFE)
「トゥヤーの結婚」試写会 プレスセンターホールで鑑賞 モンゴルの大自然のなかで力強く家族を支える女性の物語。 結婚とか再婚とかそれがあって初めて生活があるってところからはじまって、水が無いとか、井戸を掘るとか、実際の生活へと繋がります。 あのモンゴル...
荒野の草原に生きる花嫁が見せた涙~トゥヤーの結婚 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『トゥヤーの結婚』 (Tuya de hun shi) TUYA'S MARRIAGE/図雅的婚事。 (2006年・中国/96分) 公式サイト 2007年度ベルリン国際映画祭グランプリ(金熊賞)受賞 2007年ベルリン映画祭は、 内...
「トゥヤーの結婚」を観ました (銀の森のゴブリン)
 12月11日に「トゥヤーの結婚」を観た。「白い馬の季節」も12月22日に鑑賞。
トゥヤーの結婚 52点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
「この井戸が掘れたら、結婚申し込むんだ」(死亡フラグ) 公式サイト 中国、内モンゴル自治区にて、昔ながらの牧畜を生業とするモンゴル民族の一女性を主人公とした作品。 撮影の地となった内モンゴル自治区にて砂漠化が進行し、牧畜民の生活には適さなくなってき...
『トゥヤーの結婚』'06・中 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじトゥヤーは、中国内モンゴルの北西部の草原で暮らしている。ダイナマイト事故で下半身が麻痺してしまった夫バータル。幼い子供たち。朝から夜までわずかな畑を耕し、羊を放牧し数十キロ離れた井戸まで水を汲みにいく生活。力強く凛として働くトゥヤー。しかし、寝...
トゥヤーの結婚 (映画大好き)
2006年 中国 出演 ユー・ナン、バータル、センゲー ★ワン・チュアンアン監督が描くドラマ。 ベルリン国際映画祭、金熊賞グランプリ受賞。 内モンゴル北西部。 若いトゥヤーは、事故で下半身不随になってしまった夫バータルと二人の子供と4人で暮らしていた。 ...
映画評「トゥヤーの結婚」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年中国映画 監督ワン・チュアンチュアン ネタバレあり