サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10468「夏時間の庭」★★★★★★★☆☆☆

2010年07月10日 | 座布団シネマ:な行

フランス・オルセー美術館20周年企画の一環で製作された、美しい芸術と印象派を思わせる自然を堪能できる感動的な家族ドラマ。母から遺された貴重な美術品を整理する兄妹たちの姿を通して、いつの時代も変わらぬ人の心を描きだす。主演はオスカー女優のジュリエット・ビノシュ。フランス映画の異才、『イルマ・ヴェップ』のオリヴィエ・アサイヤスが監督を務める。スクリーンを彩るコローやルドンの絵画、アール・ヌーヴォーの家具など、色あせることのない本物の重みが印象深い。[もっと詳しく]

誰にでも、思い輝く場所がある。

フランスの国立美術館と言うのは、その収集対象がわかりやすくていい。
オルセー美術館は、オルセー駅の骨格を利用しているので有名だが、基本的に19世紀美術を対象としている。もう少し正確に言えば、1848年の二月革命から1914年の第一次世界大戦以前ということになる。
例外を除けば、それ以前の古典文物はルーブル美術館、それ以降の現代美術はポンピドーセンターということになる。
もちろん、印象派好きの日本人にとっては、オルセー美術館には親しみがあり、この間でも国立新美術館でオルセー展をやっている。
そのオルセー美術館が20周年記念事業として、美術館が全面協力しての映画制作プロジェクトが始まった。
その第一弾が、『ホウ・シャオシェンのレッドバルーン』(07年)。
台湾ニューシネマの旗手である侯孝賢が指名されて、アルベール・ラモリス監督の名作『赤い風船』(56年)にオマージュを捧げた作品である。
赤い風船が少年の手を離れてパリの下町をプカプカと浮遊する。
その行き先の最後がオルセー美術館で、ちょうどそこでは少年たちが学芸員からヴァロットンの「赤い風船を追う子供の絵」の解説を受けている・・・。
この映画にも、実はジュリエット・ビノシュが出演している。
ビノシュ自身が、現在では俳優業の他に、画家としての仕事や展覧会の企画もしており、もしかしたらそういう面で、オルセー美術館とのなんらかの縁が深いのかもしれない。



『夏時間の庭』はオリヴィエ・アサイヤス監督が指名されたが、彼の最近の映画では結婚もしていたマギー・チャン出演の『クリーン』(04年)という作品があった。マギー・チャンはこの作品で、カンヌ映画祭で女優賞を獲得している。
アサイヤス監督は、アジアに造詣が深いそうだが、もともとは少し遅れてきた5月革命世代であり(1955年生まれ)、「カイエ・デュ・シネマ」誌の論客の一人でもあった。
『夏時間の庭』という作品で言えば、フランスの郊外の田園地帯であるイルー・ド・フランスのヴァルモンドワ地方が舞台になっている。
まさに印象派の画家たちがアトリエから飛び出して、光を求めて題材を探した土地なのだが、本作でも緑の濃い光と影に囲まれた、一軒の瀟洒なアトリエとその周辺の庭や林や湖水やといった風景をまことに美しく撮っている撮影監督のエリック・ゴーティエが素晴らしい。
最近では、『モーターサイクル・ダイアリーズ』(03年)や『イントゥ・ザ・ワールド』(07年)のカメラワークが印象深い。



七十数歳になる母エレーヌは、画家であった大叔父ポール・ベルティエのアトリエを一人で守っている。長男はパリに住む経済学者、次男は中国で商売をしており、長女はデザイナーで世界中を飛び回っている。
エレーヌは身辺整理をする中で、長男に「家やポールの作品や彼が収集していた美術品を売却して子供たちで分割しなさい」と告げる。
長男は、思い出の家や美術品を本当は売りたくないのだが、相続税のことがあったり、兄弟も海外が中心でほとんどこの家に戻らないということがあったりして、処分を決定せざるを得ない。
そして美術品などは、オルセー美術館に寄贈が決まったりするのだが・・・。



さすがオルセー美術館の制作協力という背景もあるのだろうが、そのアトリエに付随する美術品がなかなかに泣かせる。
子供たちからは古臭いと言われるが、印象派風景画の先駆者でもあるバルビゾン派のコローの風景画。
黒の抽象画で有名であるが、晩年はパステル画を残したルドンの絵。
アールヌーボーの旗手であるルイ・マジョレの家具机。
北斎に傾倒しジャポニズムをヨーロッパに広めた印象派銅版画家である、フェリックス・ブラックモンの残したガラスの花器。
失明寸前のドガが制作した浴女の塑造。
ウィーン分離派の正方形を多用したヨーゼフ・ホフマンのモダンな棚・・・。
それらが飾られた家とともに、処分されることになる。



エロイーズという年老いた使用人が形見分けのような形で、花器をひとつもらいうける。
「上等なものだと困るから、なるべく平凡で、いつも季節の花を摘んで活けていた花器をもらって、花を挿すたびにこの家のことを偲ぶわ」とガラスの花器を持って帰る。
もちろんそれはブラックモンの制作物などとは知らずに。いいエピソードだ。
お婆ちゃんのいるこの家が大好きだった長男の娘は、親たちが想い出も売り払ってしまうことに反発して涙ぐむ。
三人の相続者である子どもたちだって、心のどこかで、処分することに心を痛めている。
けれどもそれも仕方がないことなのかもしれない。
ただただ「夏の日の思い出」の中にだけ、この家で費やした時間が、記憶に刻まれる。



僕も少し、田舎で育った家のことを思い出す。
もともと借家であったが、大家の死去に伴って、処分されることになった。
旅館の離れに使っていたような家で、鯉が数十匹いるような大きな池があり、庭にはほとんどの果樹が植わり、裏庭には大家が漢方薬の医師をしていた関係で、植物園のように百種近い草花が植えられていた。
もうとっくに亡くなってしまったが、両親や、僕を含めて三人の兄妹や、孫の世代までが、その家の記憶を共有しているが、もう1年に二回は入ってもらっていた庭師さんの仕事の形跡を偲ぶものはなにもなく、たぶん一千坪はあったであろう敷地は、跡形もなくコンクリートで舗装されてしまった。
その家が処分されたと同時に、僕たちに「田舎」はある意味で無くなってしまった。
ただ記憶の中にだけ、屋根瓦のシャチホコや、大きな池でフナ釣りをしたことや、柿や蜜柑や枇杷や無花果を季節ごとにもいで食べたことや、家を取り囲む牧垣に瓢箪をはわせたことや、玄関まで数十メートル続く石畳を掃き掃除したことや、水仙や朝顔やそのほかさまざまな草花を移植したりしたことや、夜の虫や蛙の鳴き声や・・・そんなことがとりとめもなく、記憶の中を駆け巡ることになる。
誰にでも思い輝く場所がある。
それはそこに費やした日々の記憶だけが、貴重なものとして残ることになる。
寂しい事だが多くのなにがしかの文物は、博物館や美術館や個人収集家に、保存され、価値付けられ、展示されるしか時を超えていくことは出来ない。

kimion20002000の関連レヴュー

ホウ・シャオシェンのレッドバルーン
クリーン
モーターサイクル・ダイアリーズ
イントゥ・ザ・ワイルド




コメント (4)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 山小屋トイレ(事業仕分けと... | トップ | 178日目「奈良の古寺と仏像/... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました。 (オカピー)
2010-07-14 01:19:50
最後の方の文章にはこの映画よりじーんとさせられましたよ。
映画の方はちょっと文学趣味すぎるかな、という気が致します。

>フェリックス・ブラックモンの残したガラスの花器
ふーむ、全く知らないなあ。
勉強不足を痛感。すみません(笑)
オカピーさん (kimion20002000)
2010-07-14 05:17:39
こんにちは。
日本の工芸美術や浮世絵やといったものが西欧に大きな影響を与えた頃の美術の東西交流にとても関心があります。
オルセーのバックアップですが、団体客が学芸員の早口の説明にただ見て回るだけになってしまう博物館をシーンに入れるあたりは、ちょっと自己批評めいていて面白かったですね。
夏の日の思い出 (ミ・アモーレ)
2010-07-17 01:40:37
お久しぶりです。
またまた、観ていない映画にコメントして…
緑の庭に美しさに心惹かれる映画です。
これは近日中にDVDで必ず鑑賞します。

kimionさんのところへ来ると、必ず読み耽ってしまう文章に出会います。
その秘密の一端が、今日わかったような気がしました。

夏の日の思い出は年月とともに輝きを増し、
血を分けた近しい人々と分かち合ったその時間に、もう一度めぐり合うすべは最早どこにも無いことに、愚かな私などは呆然とするのです。

また、お邪魔します。

ミ・アモーレさん (kimion20002000)
2010-07-17 05:43:15
コメントありがとう。
映画の見方はもちろん各人各様ですからね、僕の場合は自分の記憶や体験やに牽強付会しているだけではないかと、恥ずかしくもなりますけどね。
今後とも、気軽にコメント残してくださいな。

コメントを投稿

座布団シネマ:な行」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

「夏時間の庭」 (のほほん映画鑑賞)
オルセー美術館20周年企画。 芸術の国フランスで繰り広げられる、家族の崩壊とアートへのオマージュ。 パリ郊外の邸宅で、母エレーヌの誕生日を祝う家族。 その日、エレーヌは長男に美術品の品々を自分の死後、処分するよう話す。 一年後、母は急逝。 本当に処分...
夏時間の庭 (シネマ大好き)
オルセー美術館開館20周年記念の企画で製作された映画「夏時間の庭」。 光あふれる広い庭、元トリエの古い屋敷。年老いた母エレーヌ(エディット・スコブ)の誕生日パーティーに集まった3人のこどもたち。母は、長男のフレデリック(シャルル・ベルリング)に、自分の...
夏時間の庭◇原題: L'HEURE D'ETE/SUMMER HOURS (銅版画制作の日々)
 オルセー美術館開館20周年記念作品 作品を観るまで知らなかった(汗)あのオルセー美術館開館記念で製作されたとは・・・。それにしても凄いですよね。贅沢な企画に驚き!! 残念ながら、フランスにも行ったことがありません。だからオルセー美術館もですが、ルーヴ...
夏時間の庭 (LOVE Cinemas 調布)
フランスのオルセー美術館の20周年企画として全面協力を受け制作された作品。フランスらしい豊かな風景の中に描かれた家族の絆はとても温かいものでした。主演は『イングリッシュ・ペイシェント』でオスカー女優となったジェリエット・ビノシュ、長男役のシャルル・ベッ...
夏時間の庭 (映画と本の『たんぽぽ館』)
形は残らなくても、心は受け継がれてゆく             * * * * * * * * パリ郊外、大きな庭のある邸宅。 母エレーヌの75歳の誕生日、久々に家族が集まります。 エレーヌは長男フレデリックに言うのです。 自...
「夏時間の庭」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「L'heure d'été 」...aka「Summer Hours 」2008 フランス 長男フレデリクに「ソフィー・マルソーの愛人〈ラマン〉/2003」「恋は足手まとい/3005」のシャルル・ベルリング。 長女アドリエンヌに「隠された記憶/2005」「こわれゆく世界の中で/2006」「パリ/20...
夏時間の庭 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
夏時間の庭 [DVD]老いと孤独。家族の崩壊。この物語の穏やかな喪失感は、どこか小津映画を思わせる。パリ郊外の瀟洒な一軒家に住んだ母の死後、家と美術品コレクションを処分することになり、3人の兄妹はそれぞれの思いで人生に向き合うことに。緑あふれる家と庭はすべて...
夏時間の庭 (だらだら無気力ブログ)
フランス・オルセー美術館20周年記念の企画の一環として制作された映画。 母親の遺産を巡って、母への想いと彼らにつき付けられる甘くない現実との 間で揺れ動く子供たち姿を描いた家族ドラマ。パリ郊外の町で広い庭と赴きのある一軒の邸宅にエレーヌという女性が お手...
映画評「夏時間の庭」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年フランス映画 監督オリヴィエ・アサイヤス ネタバレあり
~『夏時間の庭』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:フランス映画、オリヴィエ・アサイヤス監督、ジュリエット・ビノシュ主演。
夏時間の庭 (こんな映画見ました~)
『夏時間の庭』 ---L'HEURE D'ETE  SUMMER HOURS--- 2008年(フランス) 監督:オリヴィエ・アサイヤス 出演: ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング、ジェレミー・レニエ 、エディット・スコブ 急逝した母が遺した瀟洒な一軒家と貴重な美術品の数々を...
『夏時間の庭』 (2008)/フランス (NiceOne!!)
原題:L'HEURED'ETE/SUMMERHOURS監督:オリヴィエ・アサイヤス出演:ジュリエット・ビノシュ、シャルル・ベルリング、ジェレミー・レニエ、エディット・スコブ、ドミニク・レイモン、ヴァレ...
夏時間の庭 (墨映画(BOKUEIGA))
なんとなく、物悲しい。 母の誕生日を祝う会。二人の息子と娘。そして孫達が集う。 そんな、母の他界。愛着のある屋敷と美術品の数々。 本当は、手放したくない。しかし、そうはいかない現実。 そんな現実的な次男と少女をさびしく思う長男。 私も、親元を離れ家庭を...
「ベルサイユの子」「夏時間の庭」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
一緒に借りたフランス映画が「ベルサイユの子」と「夏時間の庭」。 あまりにかけはなれた両極端?とも思われる暮らしぶりでした(^^ゞ それぞ...
夏時間の庭(’08) (Something Impressive(KYOKO?))
先日オルセー美術館展で、チラシのイベント欄で、6月に「炎の人ゴッホ」7月に「夏時間の庭」の映画上映会があったと見かけ、「夏時間・・」は気になりつつ未見だった作品で、DVDで少しずつ見て昨日終わりました。 オルセー美術館20周年企画で、オルセー全面協力の...