サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10484「夜更かし羊が寝る前に」★★★★★★★☆☆☆

2010年09月11日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行
自分が執筆する小説に登場する女性に幻想を抱く作家の恋を描くラブファンタジー。ある日、コーヒーショップでひとりの女性と出会ったダニエルは、彼女が自分の小説に登場するルシンダであることに気付く。これを機に、ふたりの恋の物語が始まるが…。

これは「夜更かし羊」ではなく「衛星と隕石」をめぐる暗喩の物語かもしれない。

原題は『SATELLITES & METEORITES』だから、『衛星と隕石』とでも訳しておけばいいものを、『夜更かし羊が寝る前に~君を捜しに行くまでの物語』などという不思議ちゃん的な長ったらしい邦題は、誰がつけたのか?
しかも日本では劇場公開もされていないから、公式サイトもつくられていないくせに。
なかなかいい映画であったミシェル・ゴンドリー監督の『恋愛睡眠のすすめ』(06年)の線を狙ったのか、それとも村上春樹の「羊シリーズ」を連想させようとしたのか。
DVDのジャケットだって、なんかファンタジーぽい感じなのだが、クリエイターが本気で制作しているとは、とても思えない。
監督はリック・ラーキン。
僕には『Onceダブリンの街角で』(07年)のジョン・カーニー監督ぐらいしか知らないアイルランドの監督さんだ。
おそろしく低予算映画なのだろうとも思う。
まあ、夢の中の出来事であるから構わないのだが、庭園に落ちてきた隕石は紙のハリボテのようであったし、自作のロケットはロボコン選手権のようなしろものであった。
編集もこなれているとは思えないし、脚本ももう少し練りようがあるだろうというものだ。



にもかかわらず、僕はこの作品をとても興味深く見ることが出来た。
それはそれほど哲学的にも、脳のメカニズム的にも、あるいは夢や集合無意識の理論としても、深く掘り下げられていないとしても、リック・ラーキン監督が取り上げたかったテーマに関しては、僕もことのほか、関心があるからだ。
そして、「不思議でヘンテコなラブ・コメディですね」とは簡単に片付けられそうにない、とっても奥深い領域をともあれテーマとしようとしているからだ。



作家であるダニエル(アダム・ファーガス)は、虚構の作中人物を思わせるルシンダ(エイミー・ハバーマン)という女性と「現実世界」で接触し、ふたりは急速に惹かれあうことになる。
ふたりが接触している時間はだんだん長くなるが、その空間に異なる世界からの声が入り込んだり、既知の人物が他人のように登場したり、奇妙な入れ子構造が出現するようになってくる。
一方で、病院の中で、事故にあったダニエルとルシンダは、それぞれ意識が回復しないまま、治療を受けている。
どうやら、それぞれが「夢」のなかでシンクロしあって、その世界で恋愛感情を持ち、もうひとつの「現実」を生きているらしい。
医者のジョンや看護婦であるイザベルは、医学では説明がつきそうにないこの事態に混乱しながらも、ホルモン治療で「こちらの世界」に連れ戻そうとするのだが・・・。



どこからどこまでが、「現実」であり「夢(非現実)」なのか?
「夢」がそうであるように、「意識」の覚醒も何を指して、そう呼ばれるのか?
もし「夢」あるいは無意識ないし非覚醒の状態で、脳が感じる世界が「リアル」だとしたら、それはひとつの「現実」ではないのか?
荘子の「胡蝶の夢」の説話のように、病床のダニエルたちは夢を見ているのか、あるいは恋するダニエルたちがもうひとつの現実に無理やり引き戻されようとしているのか?



医者のジョンは、ダニエルの執事のような存在であり、会社の上司のような存在であり・・・、そうした役割の変容は、僕たちがふだん夢の中で普通に経験することであり、あるいは統合失調症の症例には頻繁に登場するものである。
けれど、たまたまこの作品では、妻との数年来の浮気が理由の不和に苦しむジョンにとってみれば、ダニエルやルシンダの覚醒も、また妄想であるかもしれない。
現実世界に戻りたくないけれども戻されてしまったダニエルに、「ルシンダとの時間は現実よ」と囁き、病院を連れ出すイザベルにとっても、それもまた妄想であるかもしれない。
ダニエルを送り出すイザベルの背後には、執事の姿になったジョンが佇んでいたりしたのだから・・・。



ダニエルとイザベルは時々、奇妙な日本語を使いながら、東京の渋谷の交差点でプロポーズの儀式をおこなうことを約束しあっている。
どうしてそこに渋谷の交差点のイコンが登場するのは不明なのだが、もう脳内の「現実」が作り出す世界の、どれがホンモノでどれがニセモノなのかという問いも、どこかで虚しいような気もする。
植物状態であろうが、非科学的だという謗りを受けるかもしれないが「脳死」状態であろうとも、未明な階層にある未分化な意識は、もしかしたら「胡蝶の夢」の中を漂っているのかもしれない。
たぶんそこでは「衛星と隕石」がもたらす、なんらかの特異なエネルギー磁場のような暗喩を、この監督は本当はこめたかったのかもしれない。
少なくとも「夜更かし羊」といったわけのわからぬメルヘンな暗喩というよりは。








コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« mini review 10483「今度は... | トップ | ガチョーン/谷啓(俳優)/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

座布団シネマ:や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

夜更かし羊が寝る前に ~君を捜しに行くまでの物語~ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
target=_blank>  『恋に、おちた』  コチラの「夜更かし羊が寝る前に ~君を捜しに行くまでの物語~」は、現実と幻想が交錯する中で出会った男女が恋に落ちるラブ・ロマンスです。どことなく「エターナル・サンシャイン」や「恋愛睡眠のすすめ」といったミシェル・...
夜更かし羊が寝る前に ~君を捜しに行くまでの物語~ / Satellites & Meteori... (Art-Millー2)
アイルランドからやってきた、可愛くも切ないファンタジー映画ですが、劇場未公開です。こういう映画こそ劇場に配給してほしいですね。ぜひ。 「once ダブリンの街角で」のスタッフが送る、、、、、のコピーが目にとまり、思わず手にしたDVDです。これは良かったです...
夜更かし羊が寝る前に ~君を捜しに行くまでの物語~ (試行錯誤)
誰だ、こんな可愛い邦題つけたのは! 原題は『SATELLITES & METEORITES』…可愛くないですね。 物語は可愛くて不思議なラブストーリーでした。 ...
夜更かし羊が寝る前に SATELLITES & METEORITES (映画の話でコーヒーブレイク)
デンマーク映画の次はアイルランド映画です。 同じヨーロッパ映画の棚に並んでいた本作、題名とかわいいパッケージに魅かれてレンタル決定! 「夜更かし羊が寝る前に」って、原題とはかけ離れたタイトルで内容とも合っているとは思えないけれど 興味を引くタイトルですよ...