サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スコアリング/津島利章(作曲家)/77歳

2013年11月27日 | 毎日がメメント・モリ

「仁義なき戦い」手がけた作曲家、津島利章さん死去

産経新聞 11月27日(水)19時10分配信

 人気映画「仁義なき戦い」など数々の映画やドラマの音楽を手掛けた作曲家の津島利章(つしま・としあき)さんが25日、誤嚥性肺炎のため亡くなった。77歳だった。通夜は12月3日午後6時、葬儀・告別式は4日午前9時半、品川区西五反田5の32の20、桐ヶ谷斎場で行われる。喪主は妻、ハル子(はるこ)さん。

 代表作に「仁義なき戦い」のほか、映画「トラック野郎」シリーズ、ドラマ「銭形平次」「鬼平犯科帳」などがある。

『仁義なき戦い』シリーズのdadadadadadadadaというズシンズシンと迫ってくるサウンドにしても、明るく元気になれる『トラック家郎』シリーズのサウンドにしても、テレビの『銭形平次』シリーズのヨオ!と掛け声をかけたくなるようなサウンドにしても、津島利章さんの作曲された映画やテレビのサウンドは数多く、耳について離れないのだが、業界関係者以外はそれほど津島さんの名前を知っているわけではない。

400曲以上を手がけた多作の人らしいが、ご本人は「津島節なんて存在しない」と飄々とされていたらしい。
作曲には、ギターやピアノを使わず、スコアリングで提出し、そのスコア譜面も保存しないと言う。
どこかで表現者やクリエーターとして出しゃばりたいという気持ちなど、持ちたくなかった人のような気がする。

ある意味で天才なのだろう・・・合掌! 

コメント   この記事についてブログを書く
« 雑誌の神様/甘糟章(編集者)... | トップ | 父との確執/堤清二(元セゾ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

毎日がメメント・モリ」カテゴリの最新記事