サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

358日目「エドワード・スタイケン写真展/モダン・エイジの光と影(世田谷美術館)」用賀

2013年01月26日 | 姪っ子メグとお出かけ

姪っ子メグ おじさんはファッション・ショーとか行ったことあるの?
キミオン叔父 こんなよれよれ服着てたら、出入り禁止だろう(笑)。若い時は、知人が演出をやっていたイッセイ・ミヤケのショーに呼ばれたことはあるけどね。あとは、東京に出てきた頃、デザイナーの女の子から招待状をもらって、どこかのモード学園の学生たちのファッション・ショーを見たことがあるぐらい。まあ、まったく縁がないな。
バブルの時なんか、あちこちで特別な人たち向けのファッション・ショーなんか多かったじゃないの。
うん。20代のときはあるブランドの広報関係の仕事をしたり、前の会社では『エスクワイアマガジン日本版』をやってたから、広告なんかは尖がったブランドが多かったけどね。 また、よく仕事をしたデザイナーがファッション誌のアートディレクターだった。でもねぇ、次から次にモデルの子なんかがでてくると、勝手に自意識過剰になって気後れしちゃうんだよな(笑)
ははは。でも、おじさんの会社のある恵比寿なんかは、しょっちゅう撮影会やロケをやってるね。
そうそう。でもなんか近くに寄るのも、田舎者みたいでいやだしさ。で、なんか必要もなさそうなアシスタントや代理店やスポンサーみたいな人が来ていてさ、なんか大袈裟だよなと思うことがある。通行人にどいてどいてとかさ。おまえは警察かと言ってやりたくなるよ。頭を下げて頼めよ、と。
でも、この頃はスマホでパシャパシャやるじゃない。肖像権もなにもあったもんじゃないわね。
20代の頃さ、ある企画があって後藤久美子がまずデヴューしたてでね、そのCM撮影が西海岸であって、数日間招待されたよ。スポンサード側だったからね、なーんにもせずにおいしい料理ばかり接待されていたよ。


エドワード・スタイケンって、超有名な人でしょ。 
うん。モダンフォトの世界ではずば抜けているね。最初は絵画調というかピクトリアルの手法だった。 何年か前にさ、彼の1904年に撮った写真がオークションで3億5000万円で落札。一枚の写真の落札価格の新記録だった。
ヒエー!
今回の展示は、彼がアメリカのコンデ・ナスト社の 専属カメラマンとなってそこの出版物である『ヴォーグ』や『ヴァニティ・フェア』に発表したファッション写真のプリントが大量に発見されてその展覧会。1923年から1937年までの15年間。
あれ、コンデ・ナスト社って、『ワイアード』や『GQ』なんかを日本でも出しているよねぇ。
そう、『ワイアード』は最近休刊していたのをここが再発刊したの。
でも、戦前の第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の、束の間の開放的な享楽の時代よね。最後は大恐慌にかかっているけど。映画で言えば、サイレントのスターが全盛で、一部トーキーが出始める華やかな頃。光と影があわさって。
チラシポスターになっているのが女優のグロリア・スワンソン。サイレント時代の派手な女優さんで週に100万ドル稼ぎ、100万ドル使う女優さんって言われたの。初めての子持ちのスターで、初めての貴族と結婚した女優。生涯5,6回夫を変えたんじゃなかったかな。
ほほー。スケールが違うわね。あたしはスタイケンがミューズとしていたマリオン・モアハウスに魅かれるなぁ。この人は教養ありそうだし、彼女がデザイナーのファッションを身に着けるや否や空間がさっと変わったってスタイケンは絶賛してる。シャネルなんかが活躍していた時代だもんね。
だから、みんなスタイケンに撮ってもらいたがった。ファッション写真がアート写真になった先駆け。それだけでも驚きなのに、戦後はスタイケンはニューヨーク近代美術館の写真担当となり、冷戦期にもかかわらず38カ国を巡回して900万人を動員した一大写真展の「ザ・ファミリー・オブ・マン」を企画した。68カ国、273人の作品を展示したわけだからすごいよね。キュレーターとしても世界で一番だったわけだ。その後も40あまりの写真展を企画している。
出口のところに、日本での展示記録写真があったよね。高島屋だったっけ。押すな押すなの人がつめかけて。でもさ、戦後間もない頃だし。世界の現在を見せられるわけだからびっくりするでしょうね。ちょっと前まで、大本営発表の統制されたニュースフィルムしかないわけだから。もちろん、テレビ放映が始まる前だもんね。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 1万人/高橋亨平(南相馬市医... | トップ | DNA保存(シェークスピアがDN... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

姪っ子メグとお出かけ」カテゴリの最新記事