サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第六十四話

2011年02月18日 | 夢脳

ATM機から2万円を引き出した。
離れようとすると、ピーという音がして、10万ほど追加で出てくる。
周りを見渡してラッキーと思い、それも手にしたら、次から次に
紙幣が出てくる。
やめるわけにもいかず、ポケットに突っ込んだり、カバンに突っ込んだりしても、
出てくるのは止まらない。
私は監視カメラがついているのだなぁと思いながら、うなりをあげて次々と紙幣を吐き出す
ATMに対して、一体いくらぐらいまで紙幣はセットされているのだろうか、と思ったりする。
これは、不幸の予兆か、と思いながら、呆然とあふれ出す紙幣に囲まれている。

図版:煙羅煙羅(えんらえんら)

コメント   この記事についてブログを書く
« ママ友(40代女性の見果てぬ... | トップ | 217日目「包むー日本の伝統パ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夢脳」カテゴリの最新記事