サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第七十六話

2011年08月16日 | 夢脳
夕暮れの街を、私は駆けている。周囲は瓦礫が積み重なっており、暗く沈んでいる。隣に居るのは、大学時代に違う大学だが、いっしょに闘争をやった奴だ。もう何十年も会ってないのに、昔とまったく変わっていない。私たちは、カーキ色の軍服のようなジャンパーを着て、倉庫の中に入る。そこには爆薬が隠されている。銃器もある。彼がそれらをかき集めて、ズタ袋に詰め込んで私に渡す。「ヤバイ」と思ったが、私はなんとなく受け取り . . . 本文を読む
コメント