失業・リストラ・ハローワーク・競売・任意売却

失業・リストラなどで住宅ローンの返済等でお困りの方へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

任意売却に関する誤解-2任意売却してしまえば残債務は消えてなくなる。

2013年11月20日 | 任意売却
2任意売却してしまえば残債務は消えてなくなる。


任意売却とは残債務額を下回った売買ですから、

当然に債務は残ります。

この残った債務は自動的に消えるようなことはありません。


したがって、

失業や病気などにより収入がない場は返済の猶予はありますが

それ以外の人は支払っていかなければなりません。

しかし、

支払える範囲内で支払っていくことになりますのでご安心ください。

任意売却に協力して残った債務の支払は

5,000円とか10,000円などの少額の分割返済を認めてくれます。


どうしても、残債務を解消したい方は

「自己破産」

を選択することも出来ます。


任意売却推進センターでは

こように任意売却したからといって残債務は消えることはありませんので

この残債務の処理までお付き合いいたします。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 任意売却に関する誤解-1任... | トップ | 任意売却に関する誤解-3任... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

任意売却」カテゴリの最新記事