失業・リストラ・ハローワーク・競売・任意売却

失業・リストラなどで住宅ローンの返済等でお困りの方へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

任意売却に関する誤解-3任意売却後の残債務の請求は妻や子供まで及ぶ。

2013年11月21日 | 任意売却

「任意売却後の残債務の請求は妻や子供まで及ぶのか?」


保証人や連来保証人になっていない限り、

そのようなことは絶対にありません。

ですから、任意売却後の残債務の取立てについても

本人以外に請求されることはありません。


また、

本人への請求についても、

隣近所や職場など、たとえ妻でも子供でも

借金の請求だとわかるような取立ては禁止されています。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 任意売却に関する誤解-2任... | トップ | 任意売却に関する誤解-4競... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

任意売却」カテゴリの最新記事