書庫blog

きみこのlogなどの置き場です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タライ船船団出航準備

2008-06-26 22:40:32 | SS
 FVBでは難民の地下居住区への避難と食糧輸送の準備で大わらわだった。
吏族のきみこは食糧輸送準備の担当だった。FVBの船乗りは一人でボートで2万トンの物資を緊急輸送できるのである。船乗りによる通称タライ船船団が、輸送用に組まれていた。
きみこ「皆さん、これらの食料を2万トンずつにわけて下さい。遠方の国宛は保存食で。近隣なら生鮮食品も入れます。えーと米が20万t、干し飯が10万トン…」
部下「干し飯なんて、東国人の国以外に送って、食べ方わかりますかねえ。」
きみこ「あーわからないかも。送るのは生米にしておきましょう。干し飯は、国内向けで。」
着々と船荷が組み上がっていく。
きみこ「よーし、犬士の皆さんは片っぱしから船乗りアイドレスに着替えて下さいねー!」
「わん、わわん!」
きみこ「今こそこの食料が天下の役に立つとき! 食べ物に困っている人々を助けましょう!」
「おー!」
FVBは意気軒昂であった。